環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

カーボンニュートラルへの取り組み
~脱炭素社会実現のための動向について~

近年、パリ協定をさらに強化する2050年のカーボンニュートラルを目指す動きが欧米を中心に急速に広まったことから、日本政府も2050年のカーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指すことを2020年10月に宣言した。温室効果ガス排出を削減する目標にむけて、政府はさまざまな政策を進めているが、地方自治体や民間企業においてもさまざまな取り組みがスタートしている。そうした自治体や産業界の動向について、当社でとりまとめている情報を公開いたします。

カーボンニュートラルに向けた施策に関する自治体アンケート調査を実施(2021年)
~2050年のカーボンニュートラル実現に向けて再生可能エネルギーの導入コスト低減と発電場所の選定・確保がカギ、約6割の自治体が地域の特徴を生かした再生可能エネルギーとして「屋根置き太陽光発電」と回答~

<この調査結果掲載の資料>
2021 カーボンニュートラルに向けた自治体の施策の現状と将来展望
体裁:A4 / 322頁
販売価格:198,000円(税込)
詳細はこちらから

脱炭素社会を実現するための国内エネルギー設備・システム市場を予測(2021年)
~カーボンニュートラルのための2050年度の国内エネルギー設備・システム市場規模は3兆9,850億円に成長を予測、脱炭素社会を実現するために水素、CO2フリーアンモニア、CCUS・カーボンリサイクル、再生可能エネルギー、蓄電池の各分野において設備・システムが新規導入・更新設置される見通し~

<この調査結果掲載の資料>
2021 カーボンニュートラル市場の将来展望 -脱炭素を実現するエネルギー設備・システム成長市場の分析-
体裁:A4 / 頁
販売価格:165,000円(税込)
詳細はこちらから