「冷凍パン生地・冷凍パン市場に関する調査を実施(2019年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2019年版 冷凍パン生地、冷凍パンの市場実態と展望

価格:220,000円(税別)
「2019年版 冷凍パン生地、冷凍パンの市場実態と展望」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全289ページ
掲載内容
OPEN ▼

調査のポイント

1.市場動向
2.企業動向
3.展望と課題

第Ⅰ章 マーケットの現状分析と展望

1.冷凍パン生地、冷凍パンの市場概況
  (1)パン市場における冷凍パン生地、冷凍パンの位置付け
  (2)参入パターン別の流通動向
  (3)冷凍パン生地、冷凍パンの輸入商社動向(海外動向)
  (4)ベーカリー製品の輸入推移(2010~2018年)~輸入額は増加傾向~
  (5)人手不足と人件費高騰が冷凍パン生地・冷凍パン市場に影響
  (6)冷凍パン生地、冷凍パンの販売チャネル動向
  (7)ベーカリーにおける冷凍パン生地・冷凍パンの使用状況
  (8)冷凍パン生地、冷凍パンの主要参入企業
  (9)冷凍パン生地、冷凍パンの主要製品
  (10)冷凍パン生地向け小麦粉使用量推移(2010~2018年)
2.冷凍パン生地、冷凍パンの現状と展望
  (1)加工度別の市場動向
  (2)販売チャネル別の市場動向
  (3)冷凍パン生地、冷凍パン市場の問題点と課題
  (4)冷凍パン生地、冷凍パンの市場拡大要因
3.冷凍パン生地、冷凍パンの市場規模推移(2014~2018年度)
  (1)冷凍パン生地全体~2018年度は1,765億円に~
  (2)食パン、食卓パン~手間いらずの高加工度品が増加、高級食パンブームも影響~
  (3)菓子パン類~需要分野が拡大、高加工度への引き合いが強まる~
  (4)生地玉冷凍~人件費高騰と人手不足から、原価率低減への対策商品に~
  (5)成型後冷凍~冷凍パン生地の主力市場は増加傾向~
  (6)ホイロ後冷凍~管理の難しさから伸び悩む~
  (7)半焼成冷凍パン、焼成後冷凍パン(冷凍パン)~市場ニーズを受け、260億円市場に拡大~
  (8)外部販売分~新チャネルが市場を牽引~
  (9)内部使用分~直営店が伸び悩む中、自社工場内の効率生産目的が健闘~
  (10)輸入冷凍パン生地・冷凍パン~高加工品へのニーズが市場を後押し~
  (11)国産冷凍パン生地・冷凍パン~大手メーカーが注力し堅調推移~
4.冷凍パン生地、冷凍パンのメーカーシェア(2018年度)
  (1)全体~トップは僅差で山崎製パン~
    ①メーカーシェア
    ②売上高ランキング一覧
  (2)食パン、食卓パン~アンデルセングループとホールセール企業が上位~
    ①メーカーシェア
    ②売上高ランキング一覧
  (3)菓子パン類~「セブンイレブンオリジナルパン」向けが高シェア~
    ①メーカーシェア
    ②売上高ランキング一覧
  (4)生地玉冷凍
    ①メーカーシェア
    ②売上高ランキング一覧
  (5)成型後冷凍
    ①メーカーシェア
    ②売上高ランキング一覧
  (6)ホイロ後冷凍
    ①メーカーシェア
    ②売上高ランキング一覧
  (7)半焼成冷凍パン、焼成後冷凍パン(冷凍パン)
    ①メーカーシェア
    ②売上高ランキング一覧
  (8)外部販売分
    ①メーカーシェア
    ②売上高ランキング一覧
  (9)内部使用分
    ①メーカーシェア
    ②売上高ランキング一覧
5.冷凍パン生地、冷凍パンの今後の市場見通し
6.冷凍パン生地、冷凍パンの市場規模予測(2019~2023年度)
  (1)冷凍パン生地全体~2023年度は1,959億円に~
  (2)食パン、食卓パン~半焼成、製品冷凍が牽引し微増推移~
  (3)菓子パン類~市場の7割占める主力商品は今後も堅調~
  (4)生地玉冷凍~人手不足で微減推移~
  (5)成型後冷凍~メイン市場であるが、高加工度品に押される~
  (6)ホイロ後冷凍~当面、微減推移を予測~
  (7)半焼成冷凍パン、焼成後冷凍パン(冷凍パン)~400億円を超える~
  (8)外部販売分~年率2~3%の推移を予測~
  (9)内部使用分~微増傾向が続く~
  (10)輸入冷凍パン生地・冷凍パン~2023年度の市場規模は198億円に~
  (11)国産冷凍パン生地・冷凍パン~2023年度の市場規模は1,761億円に~
7.冷凍パン生地、冷凍パンの市場規模推移と予測一覧(2014~2023年度)

第Ⅱ章 パン市場の現状分析と展望

1.市場概況~パン業界は構造転換進む~
2.商品動向~商品の絞込みと定番を育成~
3.企業動向~業態・業種間での熾烈な戦いは続く~
4.チャネル動向~チャネル構成比の20年~
5.踊り場にあるコンビニパン
6.有力ベーカリーは新業態開発と海外展開を積極化
7.メーカー、ベーカリーの海外展開
8.高級食パンブームの今後
9.ロングライフパンと缶詰パンは備蓄・支援用で注目集める
10.ダイエットに喧伝される低糖質パン
11.パンの総市場規模推移(2013~2017年度)~2017年度は1兆5,582億円~
12.商品別市場構成比(2017年度)~惣菜パンと調理パンがシェアアップ~
13.末端チャネル別市場構成比(2017年度)~コンビニ、その他チャネルが拡大~
14.地域別市場構成比(2017年度)~関東は39.3%、近畿は18.6%~
15.メーカーシェア(2017年度)~上位10社の占有率は6割近く~
16.パン市場の拡大要因・阻害要因と2022年展望
17.パンの総市場規模予測(2018~2022年度)~2022年は1兆6,245億円に~

第Ⅲ章 有力冷凍パン生地・冷凍パンメーカー、商社の市場戦略分析

1.参入経緯、参入方法
2.注力商品の傾向と商品開発動向
3.生産・輸入動向
4.販売動向
5.物流体制、及び対策
6.今後の市場戦略

第Ⅳ章 注目企業の個別実態調査(19社)

アリスタフードソリューションズジャパン(株)
~グループ年商34.4億ユーロのグローバル企業~

(株)アンデルセン・パン生活文化研究所
~家庭向け石窯パンの焼成後冷凍パンを発売、食事パン軸に成長図る~

(株)イズム
~クロワッサン、デニッシュが伸長~

オーランドフーズ(株)
~利益向上のため玉子ドーナツをコア・コンピタンスに~

(株)オイシス
~冷凍パン生地を活用して計画生産~

岡野食品グループ
~地元商圏のシェア拡大、外食ホテル向け営業を強化~

給食企画体
~冷凍パン生地と保育園向け食器が二本柱~

(株)神戸屋
~高級食パンブームで専用生地が好調~

(株)サンフレッセ
~新工場「湘南工場」は安定稼働に向かう~

敷島製パン(株)
~設備増強で焼成後冷凍(業務用、家庭用)を拡販~

昭和冷凍食品(株)
~外食・高齢者施設へ広がる冷パン需要~

(株)スタイルブレッド
~今期はデニッシュラインを増強~

テーブルマーク(株)
~業務用はホテルを軸に、介護施設・病院の給食需要を見込む~

トップトレーディング(株)
~フランス産小麦、ヨーロッパ産バターで価値ある商品を提供~

フジパングループ本社(株)
~商品アイテムを絞り、生産の効率化を図る~

(株)フランソア
~コンビニエンスストアの飽和により、冷凍パン生地は伸び悩み~

ミヨシ油脂(株)
~製パン油脂開発のアンテナ的存在の冷凍パン生地~

山崎製パン(株)
~新規販路、RTB、焼成後冷凍に注力~

(株)リョーユーパン
~ベーカリー展開の拡大が冷凍パン生地の成長に~

ショートレポート
「2019年版 冷凍パン生地、冷凍パンの市場実態と展望」の概要版

価格:1,000円(税別)
「2019年版 冷凍パン生地、冷凍パンの市場実態と展望(2019年発刊、税別220,000円)」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全6ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1

2.セグメント別動向
 冷凍パン生地全体
 生地玉冷凍
 成型後冷凍
 ホイロ後冷凍
 冷凍パン(半焼成冷凍、焼成後冷凍〔製品冷凍〕)

3.注目トピック
  人手不足と人件費高騰が冷凍パン生地・冷凍パン市場に影響 ※1
  半焼成と焼成後冷凍が新規チャネルを開拓
  ホテル、レストランなど外部販売が拡大
  家庭用焼成後冷凍パンへの取り組み


4.将来展望 ※2

掲載図表
  • 冷凍パン生地・冷凍パン市場規模推移 ※1
  •  ※データ掲載年:2014年度〜2018年度
  • 冷凍パン生地・冷凍パンの総市場規模予測
  •  ※データ掲載年:2019年度(予)~2023年度(予)

※本レポートは、2019年発刊の「2019年版 冷凍パン生地、冷凍パンの市場実態と展望」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です