「アトピー性皮膚炎治療薬市場に関する調査を実施(2019年) 」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2019年版 アトピー性皮膚炎治療薬の処方実態と治療満足度調査

価格:380,000円(税別)
「2019年版 アトピー性皮膚炎治療薬の処方実態と治療満足度調査」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全189ページ
掲載内容
OPEN ▼

調査結果のポイント

第1章 アトピー性皮膚炎の実態と展望

1.アトピー性皮膚炎の定義
 【表】年齢階層別の皮疹の特徴
2.アトピー性皮膚炎の発症因子・悪化因子
3.アトピー性皮膚炎の診断基準
4.アトピー性皮膚炎の重症度評価法
5.アトピー性皮膚炎の診断や重症度の参考になるバイオマーカー
 【表】アトピー性皮膚炎の診断/病勢判定の参考となるバイオマーカー
6.アトピー性皮膚炎の患者数
 【表】性・年齢階級別にみたアトピー性皮膚炎の通院者率(人口千対)
 【表】性・年齢階級別にみたアトピー性皮膚炎の総患者数(千人)
 【表】アトピー性皮膚炎の患者数推計(2019年)

第2章 アトピー性皮膚炎の治療実態と展望

1.アトピー性皮膚炎の治療方法
 【図】アトピー性皮膚炎の診断治療アルゴリズム
2.アトピー性皮膚炎の薬物療法
3.アトピー性皮膚炎治療薬の市場規模
4.アトピー性皮膚炎治療薬の新薬開発状況
 【表】主なアトピー性皮膚炎治療薬の開発状況
5.アトピー性皮膚炎治療薬市場の展望

第3章 アトピー性皮膚炎治療薬の処方実態と治療満足度

1.医師面接調査の集計分析結果
 (1)アトピー性皮膚炎患者数
  ①月間平均のアトピー性皮膚炎患者数(カルテベース)
  ②アトピー性皮膚炎患者の年齢と性別比率
  ③アトピー性皮膚炎患者の重症度比率
  ④全体の重症度の評価法
  ⑤年間平均のアトピー性皮膚炎の入院患者数
  ⑥アトピー性皮膚炎患者数は増加傾向にあるか。減少傾向にあるか
  ⑦今後、わが国ではアトピー性皮膚炎患者数は増加するか。減少するか
  ⑧患者が最初に訪れる医療機関の種類、規模
 (2)アトピー性皮膚炎の診断
  ①アトピー性皮膚炎の診断は、日本皮膚科学会による
  「アトピー性皮膚炎の定義・診断基準」を利用しているか
  ②診断や重症度の参考にしているバイオマーカー
  ③アトピー性皮膚炎の鑑別診断の方法
 (3)アトピー性皮膚炎治療の現状
  ①アトピー性皮膚炎の治療(薬物療法)は、「アトピー性皮膚炎診療
  ガイドライン2018」を参考にしているのか。ガイドラインとは異なる点がるのか。
  また、その他に参考にしているものはあるのか
  ②アトピー性皮膚炎患者の全てが薬物療法の対象になるのか。何か基準はあるのか
  ③処方している治療薬の種類と患者比率
  ④重症度と治療薬の選択について
  ⑤デュピクセント(デュピルマブ)を処方するのはどのような患者か。
  デュピクセント(デュピルマブ)の登場による薬剤選定の変化
  ⑥今後、デュピクセント(デュピルマブ)の処方は増加するか
  ⑦アトピー性皮膚炎治療に対する満足度、課題
  ⑧アトピー性皮膚炎の患者に対して、保湿・保護を目的とした
  スキンケア外用薬を使用しているか
  ⑨アトピー性皮膚炎の患者に対して、治療薬やスキンケア外用薬以外に、
  使用を薦める製品(患者が自費で購入)はあるか
 (4)今後のアトピー性皮膚炎の診断や治療
  ①アトピー性皮膚炎の診断や治療の課題
  ②アトピー性皮膚炎の診断や治療において、注目している新しい診断や治療の技術
  ③アトピー性皮膚炎の治療薬において、注目するもの
  ④現在開発中のアトピー性皮膚炎治療薬の治験参加状況
  ⑤現在開発中のアトピー性皮膚炎治療薬の印象や評価、期待する効果および課題
  ⑥現在開発中のアトピー性皮膚炎治療薬の処方の可能性、処方する患者のタイプ
  ⑦現在開発中のアトピー性皮膚炎治療薬が登場することで、
  治療や治療薬選択に変化が生じるか
  ⑧今後、アトピー性皮膚炎治療薬に望む点
 (5)アトピー性皮膚炎治療薬のメーカーについて
  ①アトピー性皮膚炎治療薬メーカーと聞いて、思い浮かべる企業名
  ②アトピー性皮膚炎治療薬メーカーに対する要望
  ③皮膚科関連薬メーカーのMRで優れたメーカー、情報提供活動で優れたメーカー
  ④アトピー性皮膚炎以外の皮膚科領域で新薬開発の必要性が高い疾患
2.医師面接調査結果
 (1)A医科大学附属病院 皮膚科
 (2)B医科大学病院 皮膚科
 (3)国立C病院 皮膚科
 (4)D医科大学病院 皮膚科
 (5)E医科大学病院 皮膚科
 (6)F大学医学部附属病院 皮膚科
 (7)G大学病院 皮膚科
 (8)H大学病院 皮膚科

ショートレポート
「2019年版 アトピー性皮膚炎治療薬の処方実態と治療満足度調査」の概要版

価格:1,000円(税別)
「2019年版 アトピー性皮膚炎治療薬の処方実態と治療満足度調査(2019年発刊、税別380,000円)」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全4ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1


2.注目トピック
  デュピルマブが市場への浸透度を深める ※1
  ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤を中心に新薬開発が進展


3.将来展望 ※2

掲載図表
  • アトピー性皮膚炎治療薬の市場規模(2019年見込、実売ベース)
  •  ※データ掲載年:2019年

※本レポートは、2019年発刊の「2019年版 アトピー性皮膚炎治療薬の処方実態と治療満足度調査」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です