2019年版 アトピー性皮膚炎治療薬の処方実態と治療満足度調査

アトピー性皮膚炎とは、増悪と軽快を繰り返す瘙痒のある湿疹を主病変とする疾患であり、患者の多くは「アトピー素因」を持つ。一般に乳幼児・小児期に発症し、加齢とともにその患者数は減少するものの、小児や思春期のみならず、20歳代・30歳代の若い成人においても頻度の高い皮膚疾患で、近年患者数は増加していると言われている。アトピー性皮膚炎に対する治療では、ステロイド外用薬やタクロリムス軟膏などの外用薬の他、内服薬や保湿剤などが使用されているが、十分な効果が得られなかったり、副作用が問題になるケースもあり、より効果や安全性の高い治療薬が求められている。そのような状況下、2018年4月にアトピー性皮膚炎治療薬としては初めての抗体医薬「デュピルマブ」が発売された他、JAK(ヤヌスキナーゼ)阻害薬の開発が進展している。JAK阻害薬はヤヌスキナーゼを阻害し免疫反応に関わるサイトカインの働きを抑えることで各種疾患に効果を示す。関節リウマチや潰瘍性大腸炎ですでに承認されたものがある他、クローン病などでも開発が進められている。アトピー性皮膚炎に対しては、経口剤と外用剤を合わせ少なくとも5成分の開発が進行中と見られる。こうした新薬の登場に伴い、治療効果の向上と同時にアトピー性皮膚炎治療薬市場の拡大に繋がると見込まれる。
本調査レポートでは、引き続き患者数の増加が予測されるアトピー性皮膚炎について、臨床医に対する調査を中心に、患者動向および治療の実態を解明するとともに、治療の将来動向、治療薬の選定要因、アトピー性皮膚炎治療薬メーカーの評価などを総合的に分析します。

発刊日
2019/09/下旬
体裁
A4 / 約180頁
資料コード
C61110500
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

410,400
380,000
30,400
410,400
380,000
30,400
442,800
410,000
32,800
820,800
760,000
60,800
853,200
790,000
63,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

資料ポイント
Close

  • 臨床医10名に対する面談調査を中心に患者数が増加する注目市場の将来を徹底分析
  • アトピー性皮膚炎の患者動向および治療の実態を解明
  • 治療の将来動向、治療薬の選定要因、治療薬メーカー評価を分析
  • 患者数の増減傾向と将来見通し。診断・検査の実態と将来見通し
  • 治療薬の選定理由、薬物療法の変化と将来見通し
  • 診断、治療の課題や今後注目される診断・検査、治療方法、薬剤は何か
  • 治療薬メーカーの評価と理由
  • 発売から1年が経過したアトピー性皮膚炎治療薬としては初の抗体医薬「デュプルマブ」の動向
  • 開発が進展するJAK(ヤヌスキナーゼ)阻害薬の発売により、アトピー性皮膚炎の治療効果と市場はどう変わるのか

リサーチ内容

2019年8月21日更新
※掲載予定内容、発刊予定日等に一部変更が生じる場合がございます。

■掲載予定内容

第1章 アトピー性皮膚炎市場の実態と展望

1.患者動向
2.診断基準
3.アトピー性皮膚炎治療薬の市場規模
4.アトピー性皮膚炎治療薬の新薬開発状況
5.参入企業動向
6.市場展望

第2章 アトピー性皮膚炎の治療実態と展望

1.診断基準・検査方法
2.薬物療法
3.非薬物療法

第3章 アトピー性皮膚炎治療薬の処方実態と治療満足度

1.治療薬の選択理由
2.治療薬の評価・満足度の動向
3.今後注目する薬剤
4.今後の治療方針と薬剤選択の方向性
5.治療薬メーカーの評価

〔医師調査対象者〕
「アトピー性皮膚炎診療ガイドライン2018」(日本皮膚科学会、日本アレルギー学会)作成委員、日本皮膚科学会・理事、日本アレルギー学会・理事および代議員などアトピー性皮膚炎のKOL10名

〔医師調査内容〕
1.患者数について
2.診断基準・検査方法について
3.薬物療法について
4.薬物療法以外の治療方法について
5.開発中の新薬について
6.アトピー性皮膚炎治療薬メーカーについて

〔分析内容〕
1.アトピー性皮膚炎の患者数の増減傾向と将来見通し
2.アトピー性皮膚炎の診断・検査の実態と将来見通し
3.アトピー性皮膚炎の薬物療法の変化と将来見通し
4.アトピー性皮膚炎治療薬の選定理由
5.アトピー性皮膚炎の診断、治療の課題
6.今後注目される診断・検査、治療方法
7.今後注目される薬剤
8.アトピー性皮膚炎治療薬メーカーの評価
9.アトピー性皮膚炎治療薬の市場動向(市場規模、製品売上高、新薬開発状況)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

410,400
380,000
30,400
410,400
380,000
30,400
442,800
410,000
32,800
820,800
760,000
60,800
853,200
790,000
63,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。