「リラクゼーション(ボディケア・リフレクソロジー)市場に関する調査を実施(2019年)」に関する矢野経済研究所のマーケットデータをご紹介します。

マーケットレポート
2019年版 リラクゼーション・温浴ビジネスの実態と展望

価格:120,000円(税別)
「2019年版 リラクゼーション・温浴ビジネスの実態と展望」に関するマーケットデータを詳細にまとめた資料です。
市場動向、企業動向など、詳細なデータ・解説など、事業戦略の強力な武器となる情報が満載の書籍です。

掲載内容

全442ページ
掲載内容
OPEN ▼

調査結果のポイント

第Ⅰ章 リラクゼーション・温浴ビジネス市場の総論

1.市場概況と市場規模推移(2014~2018年)
2.市場の問題点と課題
 1)人材確保と人材育成
 2)サービスの多様化による単価向上
 3)インバウンド・アウトバウンドへの対応
3.市場規模予測(2019~2023年)

第Ⅱ章 リラクゼーションビジネス市場の現状分析と展望

1.市場概況
2.市場トレンド
 1)低価格サロンの台頭
 2)ストレッチ専門サロンの台頭
 3)M&Aの活発化
3.有力企業の店舗数ランキング(上位38チェーン)
4.有力企業の出店分布(上位38チェーン)
5.有力参入企業の戦略分析
 1)出店戦略
 2)人材政策
 3)広告宣伝・販売促進策
 4)今後の戦略
6.中小サロンの経営実態分析(郵送アンケート調査)
 調査要領
 調査結果要旨
 1)運営形態
 2)施術スタッフ人数
 3)平均顧客年齢
 4)顧客の男女比率
 5)年間来店客数
 6)客単価
 7)主な提供メニュー(調査数ベース)
 8)主な提供メニュー(延べ回答数ベース)
 9)主な提供メニュー(代表的なメニューの施術時間と価格)
  (1)ボディケア
  (2)整体
  (3)リフレクソロジー
 10)注力メニュー
 11)人気メニュー(1位)
 12)人気メニュー(1~3位計)
 13)実施している広告宣伝策
 14)注力している広告宣伝策
 15)運営上の問題点
 16)今後の運営方針
  (1)マーケティング面
  (2)経営管理面
 サロンの個別実態(124サロン)
7.市場規模推移(2014~2018年)
8.市場シェア(2018年、上位10社)
9.市場の問題点と課題
 1)セラピスト(施術者)の人材不足と待遇改善
 2)メニュー複合化による客単価の上昇
 3)インバウンド・アウトバウンドへの対応(海外需要取り込みの必要性)
10.今後の市場見通しと市場規模予測(2019~2023年)
参考①:日本標準職業分類における「リラクゼーション・セラピスト」の概要
参考②:日本リラクゼーション業協会「店舗認定制度」
参考③:日本リラクゼーション業協会「保険制度」

第Ⅲ章 温浴ビジネス市場の現状分析と展望

1.市場概況
2.参入企業類型
3.市場トレンド
 1)インバウンド需要の増加
 2)フィットネスクラブなどとの複合型温浴施設の増加
 3)建築費高騰と施設大型化によるイニシャルコストの増加とエネルギーコストの上昇
4.2018年温浴施設オープン一覧(26施設)
5.有力参入企業の戦略分析
 1)出店戦略
 2)人材政策
 3)広告宣伝・販売促進策
 4)今後の戦略
6.温浴施設の経営実態分析(郵送アンケート調査)
 調査概要
 調査結果要旨
 1)月間来客数
 2)1人あたりの平均単価
 3)月間水道料金
 4)月間光熱費
 5)実施しているリピーター獲得策
 6)注力しているリピーター獲得策
 7)実施している広告宣伝策
 8)注力している広告宣伝策
 9)運営上の問題点
 10)今後の運営方針
  (1)マーケティング面
  (2)経営管理面
 11)施設概要
  (1)料金
  (2)駐車場収容台数
  (3)開業年
  (4)延床面積
  (5)提供している設備・サービス
  (6)従業員数
  (7)シャンプー類等の関連商材仕入れ先
 温浴施設の個別実態(75施設)
7.市場規模推移(2014~2018年)
8.市場シェア(2018年、上位30社)
9.市場の問題点と課題
  1)将来の鍵を握る人材確保と人材育成
  2)付帯サービスの充実化とレベルアップ
  3)海外需要(インバウンド/アウトバウンド)の取り込み
10.今後の市場見通しと市場規模予測(2019~2023年)
参考①:温浴施設参加(利用)人口
参考②:温浴施設参加費用
参考③:温浴施設年代別参加率
参考④:公衆浴場施設数推移

第Ⅳ章 有力参入企業の事例研究(20社)

<リラクゼーションサロン運営企業(10社)>
株式会社グローバルスポーツ医学研究所
株式会社GENKIDO
JR東日本スポーツ株式会社
株式会社ファクトリージャパングループ
株式会社フュービック
株式会社ベアハグ
株式会社BEST HERBS
株式会社ホスピタリティ
株式会社ボディワーク
株式会社メディロム

<リラクゼーションビジネス関連企業(2社)>
株式会社ウィルワン
株式会社リジョブ

<温浴施設運営企業(8社)>
大江戸温泉物語ホテルズ&リゾーツ株式会社
株式会社極楽湯ホールディングス
株式会社コシダカホールディングス
常磐興産株式会社
株式会社スパサンフジ
株式会社東京ドーム
万葉倶楽部株式会社
株式会社リラフル

ショートレポート
「2019年版 リラクゼーション・温浴ビジネスの実態と展望」の概要版

価格:1,000円(税別)
「2019年版 リラクゼーション・温浴ビジネスの実態と展望(2019年発刊、税別120,000円)」の一部の内容についての概要をまとめたリーズナブルな資料です。 右記マーケットレポートの入門的な情報としてご活用ください。

掲載内容

全4ページ
掲載内容
OPEN ▼
1.市場概要 ※1


2.注目トピック
  低価格リラクゼーションサロンの台頭 ※1
  ストレッチ専門サロンの台頭
  M&Aの活発化


3.将来展望 ※2

掲載図表
  • リラクゼーション市場規模推移・予測 ※1
  •  ※データ掲載年:2014~2018年実績、2019年予測

※本レポートは、2019年発刊の「2019年版 リラクゼーション・温浴ビジネスの実態と展望」を元に作成しています。

※1…プレスリリースにて無料公開中です
※2…プレスリリースにて一部無料公開中です