プレスリリース
No.2356
2020/01/27

2018年の国内リラクゼーション市場規模は前年比4.1%増の1,196億円
~低料金チェーン店の積極出店と潜在需要掘り起こしにより、市場は拡大~

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越 孝)は、国内リラクゼーション市場を調査し、市場動向、参入企業動向、将来展望を明らかにした。


リラクゼーション市場規模推移・予測
リラクゼーション市場規模推移・予測

1.市場概況

ボディケアやリフレクソロジーなどの施術を行うサービスであるリラクゼーション市場は、2016年まで1~2%ほどの微増で推移してきたが、2017年以降は低料金(3,000円/60分間目安)によるサービスを提供するチェーン店経営企業による積極的な新規出店と、それによる潜在需要(疲労回復や癒しを求めるニーズ)の掘り起こしにより市場は拡大傾向で推移し、2018年の国内リラクゼーション市場規模(事業者売上高ベース)は前年比104.1%の1,196億円となった。

2.注目トピック

低価格リラクゼーションサロンの台頭

リーマンショック後のデフレ時代に、60分間で3,000円を目安とする、従来の半額程度の料金で施術する店舗が出現した。その嚆矢となるのが、2009年に株式会社りらくが出店した「りらくる」である。「りらくる」は低価格を訴求することで大幅に店舗数を拡大しており、現在は「りらくる」のビジネスモデルに追随する低価格なリラクゼーションサロンが多数存在する。景気に一定の回復がみられる現在でも、事業規模を拡大するチェーン店経営企業は多く、リラクゼーション市場に定着する存在となっている。

3.将来展望

今後のリラクゼーション市場は、低価格サロンによるサービスを提供するチェーン店経営企業の積極的出店の継続により一定の成長を維持するものの、伸び率に関しては鈍化傾向の見込みである。2019年の国内リラクゼーション市場規模(事業者売上高ベース)は前年比102.0%の1,220億円になると予測する。

オリジナル情報が掲載された ショートレポート を1,000円でご利用いただけます!

【ショートレポートに掲載されているオリジナル情報】
  • 注目トピックの追加情報
  •  ストレッチ専門サロンの台頭
     M&Aの活発化
  • 将来展望の追加情報

  • 以下の 利用方法を確認する ボタン↓から詳細をご確認ください

    調査要綱

    1.調査期間: 2019年5月~7月
    2.調査対象: リラクゼーション(ボディケア・リフレクソロジー)を提供している企業、及び関連団体等
    3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話・FAX・郵送によるヒアリング、ならびに文献調査併用

    <リラクゼーション市場とは>

    ボディケアとは「人間の体に触れ、働きかけ、あるいは反射によって働きかけることによって、癒しを与えたり、ストレスを解消するなどを目的とするサービス」と同義とする。このようなサービスでは、マッサージという呼称を通称として用いることがあるが、マッサージは国家資格者(マッサージ師)のみしか施術を行えないことから、本調査では有資格者に限らずボディケアを行うサービスを対象としている。
    また、リフレクソロジーとは足裏にある特定のゾーン(反射区)を刺激することにより、血行を促進し、身体の新陳代謝を活発にさせることで健康増進や頭痛・肩こり・腰痛などの身体の不調を解消する施術療法であり、本調査ではこうした施術療法を行うサービスを対象としている。

    本調査におけるリラクゼーション市場は、ボディケアやリフレクソロジーなどの施術療法を行うサービスを対象として、事業者売上高ベースで算出した。但し、鍼灸、指圧、マッサージ、柔道整復などの国家資格を有して行う治療・施術を除く。

    <市場に含まれる商品・サービス>

    リラクゼーション(ボディケアやリフレクソロジーなど)ビジネス、温浴ビジネス

    出典資料について

    資料名
    発刊日
    2019年07月16日
    体裁
    A4 442ページ
    定価
    120,000円(税別)

    お問い合わせ先

    部署
    マーケティング本部 広報チーム
    住所
    〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
    電話番号
    03-5371-6912
    メールアドレス
    press@yano.co.jp
    ©2020 Yano Research Institute Ltd. All Rights Reserved.
      本資料における著作権やその他本資料にかかる一切の権利は、株式会社矢野経済研究所に帰属します。
      報道目的以外での引用・転載については上記広報チームまでお問い合わせください。
      利用目的によっては事前に文章内容を確認させていただく場合がございます。