2009年版 ブロードバンド白書

ブロードバンド市場は、固定系が成熟期を迎える一方でワイヤレス系が急成長しています。本調査レポートでは「アクセスサービス市場」及び「利活用市場」の概況、及び、今後の市場に与える影響要因などを分析いたしました。
アクセスサービスは、固定系「FTTx/DSL/CATVアクセス」、ワイヤレス系「データ通信系(3G・3.5G/WiMAX/LTE/XGP)/公衆無線LAN」の市場について2014年度までの市場を予測いたしました。

発刊日
2009/10/30
体裁
A4 / 273頁
資料コード
C51205800
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:ADSL、FTTHなどのインフラ事業からインターネット接続サービス、ブロードバンド関連サービス市場など、
       「ブロードバンド関連市場」を包括的に捉え、通信キャリアをはじめとする各事業者及び消費者の将来動向を
       展望する。それに伴い、今後の当該国内市場の可能性を予測し、関連各社の事業戦略立案の基礎資料に
       供することを目的とする。
調査方法:当社専門研究員による直接面談、ならびに各種文献調査を併用
調査期間:2009年7月~2009年10月
 

リサーチ内容

ブロードバンド市場の定義

1.ブロードバンドアクセス市場
2.利活用サービス市場
3.市場規模について
  1.契約数ベース市場規模
  2.金額ベース市場規模


第1章 総論

1.市場成長の鍵を握るワイヤレスブロードバンド
  1.成熟期を迎えた固定系ブロードバンドサービス
  2.多様化する端末とコグニティブ無線の進化
  3.注目されるノン携帯電話・ノンPC向けサービス
  4.市場成長の鍵となるか?MVNOビジネス
2.クラウドコンピューティングを支えるブロードバンド


第2章 ブロードバンドアクセスサービス市場概況

1.光ファイバー(FTTx)市場概況
  1.2009年度の純増ペースは2008年度を下回るペース
  2.FTTHのキャリアスイッチが顕在化傾向
  3.拡大・深耕、事業者戦略の違いが明確に
2.DSL市場概況
  1.市場は成熟、純減続く
  2.2009年は純減ペースがやや回復基調に
3.CATVアクセス市場概況
  1.多チャンネル含めサービスバンドル率が高いCATVアクセス
  2.加入ペースは純増維持 エリア独自の展開進む
4.ワイヤレスブロードバンドサービス市場概況
  1.ワイヤレスブロードバンドサービス市場の定義
  2.「データ通信系」ワイヤレスブロードバンド市場概況
    ①スマートフォン・データ通信カードの伸びが昨年を上回る
    ②MVNOの占める累計比率は1%程度だが、動きは活発化
    ③公衆無線LANサービスは引き続き微増傾向
    ④事業者は「ビジネスコンシューマ」の獲得に注力


第3章 ブロードバンド市場の将来展望

1.ブロードバンドアクセスサービスの普及予測
  1.光ファイバー(FTTx)市場の中期展望
  2.DSL市場の中期展望
  3.CATVアクセス市場の中期展望
  4.ワイヤレスブロードバンド市場の中期展望
2.ブロードバンドアクセスサービスの市場規模予測


第4章 注目「利活用サービス」市場

1.IP放送・映像配信サービス
  1.市場の定義
    ①IP放送サービス
    ②映像配信サービス
  2.市場概況
    ①IP放送(多チャンネル・IP方式)
    ②IP放送(多チャンネル・RF方式)
    ③映像配信(動画配信サービス)
    ④映像配信(動画共有サービス)
  3.注目すべき動向
  4.将来展望
    ①IP放送市場
    ②映像配信市場
2.オンラインゲームサービス
  1.市場の定義
  2.市場概況
    ①パソコン向けサービス
    ②ゲーム専用機(据置型)向けサービス
    ③携帯電話向けサービス
    ④映像配信(動画共有サービス)
  3.注目すべき動向
  4.将来展望
3.ビジュアルコミュニケーションサービス
  1.市場の定義
  2.市場概況
    ①業務用会議システム(テレビ会議/WEB会議)
    ②業務用遠隔モニタリングシステム市場(ネットワークカメラ等)
  3.注目すべき動向
    ①業務用会議システム(テレビ会議/WEB会議)
    ②業務用遠隔モニタリングシステム市場(ネットワークカメラ等)
  4.将来展望
    ①業務用会議システム(テレビ会議/WEB会議)
    ②業務用遠隔モニタリングシステム市場(ネットワークカメラ等)
4.eラーニングサービス
  1.市場の定義
  2.市場概況
  3.注目すべき動向
  4.将来展望
5.SNSサービス
  1.市場の定義
  2.市場概況
  3.注目すべき動向
  4.将来展望
6.電子地図サービス
  1.市場概況
    ①カーナビ/PND分野
    ②GIS(地理情報システム)分野
    ③Webサイト/ケータイサイト向け地図配信・データ提供
  2.将来展望
7.デジタルサイネージ
  1.市場の定義
  2.市場概況
  3.注目すべき動向
  4.将来展望
8.SaaS・クラウドコンピューティング
  1.市場の定義
  2.市場概況
  3.注目すべき動向
  4.将来展望


第5章 データ編

1.主要通信事業者動向
  東日本電信電話株式会社
  西日本電信電話株式会社
  株式会社NTTドコモ
  NTTコミュニケーションズ株式会社
  株式会社NTTぷらら
  KDDI株式会社
  中部テレコミュニケーション株式会社
  UQコミュニケーションズ株式会社
  ソフトバンク株式会社(ソフトバンクグループ)
  株式会社UCOM
  株式会社ケイ・オプティコム
  株式会社エネルギア・コミュニケーションズ
  株式会社STNet
  九州通信ネットワーク株式会社
  沖縄通信ネットワーク株式会社
  イー・モバイル株式会社
  ニフティ株式会社
  NECビッグローブ株式会社
  ソネットエンタテインメント株式会社
  日本通信株式会社
2.地域別ブロードバンド普及動向
1.北海道/東北地方
  ①契約数推移
  ②世帯普及率推移
  ③アクセスサービス比率
  ④非BB世帯からの新規加入比率
  ⑤FTTH主要事業者シェア
  ⑥DSL事業者シェア
  ⑦CATV事業者シェア
2.関東地方
  ①契約数推移
  ②世帯普及率推移
  ③アクセスサービス比率
  ④非BB世帯からの新規加入比率
  ⑤FTTH主要事業者シェア
  ⑥DSL事業者シェア
  ⑦CATV事業者シェア
3.信越/北陸地方
  ①契約数推移
  ②世帯普及率推移
  ③アクセスサービス比率
  ④非BB世帯からの新規加入比率
  ⑤FTTH主要事業者シェア
  ⑥DSL事業者シェア
  ⑦CATV事業者シェア
4.東海地方
  ①契約数推移
  ②世帯普及率推移
  ③アクセスサービス比率
  ④非BB世帯からの新規加入比率
  ⑤FTTH主要事業者シェア
  ⑥DSL事業者シェア
  ⑦CATV事業者シェア
5.近畿地方
  ①契約数推移
  ②世帯普及率推移
  ③アクセスサービス比率
  ④非BB世帯からの新規加入比率
  ⑤FTTH主要事業者シェア
  ⑥DSL事業者シェア
  ⑦CATV事業者シェア
6.中国地方
  ①契約数推移
  ②世帯普及率推移
  ③アクセスサービス比率
  ④非BB世帯からの新規加入比率
  ⑤FTTH主要事業者シェア
  ⑥DSL事業者シェア
  ⑦CATV事業者シェア
7.四国地方
  ①契約数推移
  ②世帯普及率推移
  ③アクセスサービス比率
  ④非BB世帯からの新規加入比率
  ⑤FTTH主要事業者シェア
  ⑥DSL事業者シェア
  ⑦CATV事業者シェア
8.九州/沖縄地方
  ①契約数推移
  ②世帯普及率推移
  ③アクセスサービス比率
  ④非BB世帯からの新規加入比率
  ⑤FTTH主要事業者シェア
  ⑥DSL事業者シェア
  ⑦CATV事業者シェア

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。