2013年版 玩具産業白書

本調査レポートでは、「女児玩具」「男児玩具」等、定番のカテゴリだけでなく、「ハイターゲットトイ(大人をターゲットとした玩具)」「トレーディングカードゲーム」等、今注目されている市場にもスポットを当て市場規模を算出し、分析いたしました。

発刊日
2012/12/21
体裁
A4 / 642頁
資料コード
C54118800
PDFサイズ
5.7MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
121,000
110,000
11,000
154,000
140,000
14,000
242,000
220,000
22,000
275,000
250,000
25,000
363,000
330,000
33,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

企画趣旨
Close

調査対象:モノ、又はデジタルで提供される、玩具又はゲームに関するコンテンツを取り扱う、製造、流通、インフラ事業者
調査方法:事業者への面接取材、アンケート調査、電話調査、弊社独自の資料等により調査を実施
調査期間:2012年10月~2012年12月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 産業分野別市場規模と予測値を掲載
  • 産業分野別市場構造解説と主要プレーヤーの動向を分析
  • 玩具市場にインパクトを与える周辺産業分野の動向を分析
  • 解説市場分野
    知育玩具、乳幼児玩具、男子玩具、女児玩具、ホビー、ぬいぐるみ、電子玩具、TVゲーム(ソフト・ハード)、季節玩具、玩具菓子、フィギュア、カプセル玩具、オンラインゲーム(ソーシャルゲーム含む)、玩具小売、玩具卸、玩具流通など
    玩具周辺市場動向:幼児教育市場、アミューズメント施設市場、遊園地・テーマパーク市場など

■本資料の概要

第1章 総論
第2章 産業分野別市場動向
第3章 有力事業者の実態
第4章 玩具関連事業者個表

■掲載内容

第1章 総論

1.玩具産業全体動向
  ~2011年度は東日本大震災に伴う「イエナカ」志向等により堅調、2012年度は前年度の反動等で市場は停滞模様~
  (1)玩具市場の概況
    <表>2011~2012年度(もしくは、2011年度、2012年度のいずれか)好調・堅調に推移した市場分野とその要因
    <表>主要玩具分野のマーケット概況(2011~2012年度)
  (2)玩具市場の現況/市場規模推移~2011年度~2012年度見込み~
    ◇玩具市場規模推移(玩具9品目)/<図>玩具9品目国内市場規模推移
    【玩具8品目・国内出荷市場規模推移】/【玩具8品目・国内小売市場規模推移】
    【玩具9品目・国内出荷市場規模推移】/【玩具9品目・国内小売市場規模推移】
  (3) 各事業者のグローバル戦略について
2.玩具メーカーの動向
  ①メーカーの全体動向
    ◇玩具関連事業所・従業員数推移
    ◇玩具関連事業所別出荷額推移
  ②大手玩具メーカーの業績・戦略概況
    【各企業の動向】
  ③テレビゲームメーカーの動向
    【市場概要】
    ■テレビゲームソフト・ハードメーカーデータ比較
    ◇連結売上高/◇海外売上高◇販売費及び一般管理費等
    ◇項目別ランキング(金額ベース/売上高比率ベース)
    【市場動向及び今後の見通し】
3.玩具卸業の動向
  ●玩具問屋業界でも寡占化進む。中小事業者は個性やきめ細かな対応が生き残りの鍵に
  ●新たな流通チャネル(取引先)開拓を模索
  ●小売事業への進出や、メーカー機能を有する事業者が増える
    ◇玩具・TVゲーム主要卸売問屋業績推移(表)
4.玩具小売業者の動向
  ●玩具流通チャネルの変遷について
    <図>玩具流通チャネル比率(2011年度・テレビゲーム含む)/<表>有力玩具関連小売の販売状況
  ●玩具専門店の数は減少傾向が続く
    <表>玩具・小売状況
  ●大手専門チェーン店の概況
    日本トイザらス(株)/(株)赤ちゃん本舗/(株)キデイランド/(株)博品館
  【チャネル別の状況】
  ●家電量販店
    ◇玩具取扱額ランキング(家電量販店)
  ●インターネット販売
  ●GMS・SC
    ◇玩具取扱額ランキング(GMS・SC)
  ●コンビニエンスストア
    ◇玩具取扱額ランキング(コンビニエンスストア)
  ●玩具専門店(個店)
  ●メーカー直営店
  (株)バンダイ/(株)タカラトミー/(株)セガトイズ/(株)カワダ/(株)ポケモン/
  (株)ブシロード/(株)壽屋/(株)グッドスマイルカンパニー/(株)タミヤ
5.消費支出動向
  ●2007年度をピークに世帯当たり年間消費支出額は減少続く
  ●テレビゲームへの支出は減少も、テレビゲームを除く玩具への支出は堅調
  ●教育費は安定的に確保される傾向/電話通信料はわずかに減少ながら高水準を維持
  ●少子高齢化及び人口減に伴い、国内玩具市場は停滞が予測される
  ●販売・宣伝のチャネルとしてインターネットの重要性が増す

第2章 産業分野別市場動向

Ⅰ.玩具産業分野別市場動向
  1.電子玩具市場
    【定義】
    【市場動向】
    【主要事業者動向】バンダイ/タカラトミー/タカラトミーアーツ/セガトイズ/エポック社/
    マテル・インターナショナル
    【販売チャネル動向】玩具専門チェーン店/家電量販店/e コマース/GMS/玩具専門店/百貨店/その他
    <図>電子玩具流通チャネル比率(2011年度)
    【電子玩具市場の構成】
  2.模型・ホビー市場
    【定義】
    【市場動向】
    【主要事業者動向】バンダイ/タミヤ/京商/青島文化教材社/壽屋
    【販売チャネル動向】ホビーショップ/eコマース/家電量販店/玩具専門チェーン店/GMS/その他
    【模型・ホビー市場の構成】
    <図>模型・ホビー商品流通チャネル比率(2011年度)
  3.男児キャラクター玩具・男児玩具市場
    ①男児キャラクター・男児玩具全般
    【市場動向】
    【主要事業者動向】タカラトミー/バンダイ/コナミデジタルエンタテインメント/セガトイズ
    【販売チャネル動向】玩具専門チェーン店/家電量販店/e コマース/GMS/
    コンビニエンスストア/玩具専門店/百貨店/その他
    <図>男児玩具流通チャネル比率(2011年度)
    【男児キャラクター玩具・男児玩具市場の構成】
    ②トイラジコン市場
    【定義】
    【市場動向】
    【主要事業者動向】シー・シー・ピー/タカラトミー/京商
    【販売チャネル動向】玩具専門チェーン店/家電量販店/GMS/eコマース/ホビーショップ/その他
    <図>トイラジコン流通チャネル比率(2011年度)
    【トイラジコン市場の構成】
  4.女児キャラクター玩具・女児玩具市場
    【市場動向】
    【主要事業者動向】タカラトミー/タカラトミーアーツ/バンダイ/エポック社/
    パイロットインキ/セガトイズ/ピープル
    【販売チャネル動向】玩具専門チェーン店/GMS/eコマース/家電量販店/玩具専門店/百貨店/その他
    <図>女児玩具流通チャネル比率(2011年度)
    【女児キャラクター玩具・女児玩具市場の構成】
  5.ゲーム類(アナログゲーム)市場
    【定義】
    【市場動向】
    【主要事業者動向】エポック社/エンゼルプレイングカード/任天堂/タカラトミー/バンダイ/メガハウス/
    マテル・インターナショナル/ビバリー/ハナヤマ
    【販売チャネル動向】玩具専門チェーン店/家電量販店/玩具専門店/GMS/eコマース/百貨店/その他
    <図>アナログゲーム流通チャネル比率(2011年度)
    【ゲーム類市場の構成】
  6.季節・雑玩具市場
    【定義】
    【市場動向】
    【販売チャネル動向】玩具専門チェーン店/GMS/e コマース/玩具専門店/家電量販店/雑貨店/その他
    <図>季節玩具流通チャネル比率(2011年度)
  7.基礎玩具市場
    ①知育・乳幼児玩具市場
    【定義】
    【市場動向】
    【主要事業者動向】レゴジャパン/ボーネルンド/パイロットインキ/コクヨS&T/カワダ/くもん出版/ピープル/
    マテル・インターナショナル/その他事業者
    【販売チャネル動向】玩具専門チェーン店/GMS/家電量販店/eコマース/百貨店/雑貨店/玩具専門店/
    ホームセンター/書店
    <図>知育・乳幼児玩具流通チャネル比率(2011年度)
    ②ジグソーパズル市場
    【市場動向】
    【主要事業者動向】テンヨー/エンスカイ/ビバリー/エポック社/やのまん
    【販売チャネル動向】玩具専門チェーン店/家電量販店/玩具専門店/GMS/ホームセンター/
    雑貨店/書店/eコマース/文房具店/百貨店/その他
    <図>ジグソーパズル流通チャネル比率(2011年度)
    【ジグソーパズル市場の構成】
    【基礎玩具市場推移】
  8.ぬいぐるみ・人形市場
    【定義】
    【市場動向】
    【主要事業者動向】ナカジマコーポレーション/タカラトミーアーツ/セキグチ/吉徳
    【販売チャネル動向】玩具専門チェーン店/GMS/e コマース/家電量販店/玩具専門店/雑貨店/百貨店/その他
    <図>ぬいぐるみ流通チャネル比率(2011年度)
    【ぬいぐるみ・人形市場の構成】
  9.テレビゲームハード市場
    【市場動向】
    ●3DSは値下げ攻勢で出荷数急増、PSヴィータは伸び悩み
    ●テレビゲーム機からスマートフォンにユーザーが移行
    ●ゲーム機メーカーは、通信機能等によるサービスの多様化で差別化を図る/
    ●家庭用ゲーム機の多機能化、スマートフォンとの融合も進む/
    ●市場は5年連続縮小、12年度はWii U効果が期待される
    <表>テレビゲームハード・機種別国内出荷数量
    【TVゲームハード国内出荷額】
    【販売チャネル動向】玩具専門チェーン店/eコマース/家電量販店/GMS/ゲーム専門店/その他
    <図>TVゲームハード流通チャネル比率(2011年度)
  10.テレビゲームソフト市場
    【市場動向】
    ●有力タイトル依存・大手ソフトメーカーのソーシャルゲーム対応進む/
    ●マルチプラットフォーム戦略、そして成長分野へのシフトによる裾野拡大へ/
    ●各種メディアとのコラボで需要拡大を図る/●「Wii U」効果は期待されるも市場縮小続く
    <表>テレビゲームソフト国内出荷数量(機種別)
    【TVゲームソフト国内出荷額】
    【主要事業者動向】任天堂/スクウェア・エニックス/カプコン/コーエーテクモゲームス/
    バンダイナムコゲームズ/セガ
    【販売チャネル動向】eコマース/家電量販店/玩具専門チェーン店/GMS/ゲーム専門店/
    コンビニエンスストア/その他
    <図>TVゲームソフト流通チャネル比率(2011年度)
  11.オンラインゲーム市場
    【定義】
    【分類定義】
    【市場動向】
    【オンラインゲーム市場規模】
    【主要事業者動向】ガンホー・オンライン・エンターテイメント/NHN Japan/ネクソン/
    ゲームポット/エヌ・シー・ジャパン/スクウェア・エニックス/コーエーテクモゲームス/ゲームオン
  12.モバイル・スマートフォンゲーム市場(旧:携帯アプリゲーム市場)
    【定義】
    【市場動向】
    【モバイル・スマートフォンゲーム市場規模推移】
    ●ソーシャルゲームの成長が続く/●「コンプガチャ」等、多額の請求が社会問題に
    【主要事業者動向】ディー・エヌ・エー/グリー/ジー・モード/その他
  13.ソーシャルゲーム市場
    【定義】
    ○オンラインゲーム市場におけるソーシャルゲーム市場の位置付け
    【市場動向】
    【主要事業者動向】ディー・エヌ・エー/グリー/ミクシィ/サイバーエージェント/
    コーエーテクモゲームス/バンダイナムコゲームス/カプコン/ケイブ/Klab
    【ソーシャルゲーム市場規模推移】
  14.玩具菓子市場
    【定義】
    【市場動向】
    【主要事業者動向】バンダイ/カバヤ食品/フルタ製菓/リーメント/タカラトミーアーツ/
    江崎グリコ/エフトイズ・コンフェクト
    【販売チャネル動向】GMS、スーパーマーケット/コンビニエンスストア/玩具専門チェーン店/eコマース/その他
    <図>玩具菓子流通チャネル比率(2011年度)
    【玩具菓子市場の構成】
  15.カプセル入り玩具市場
    【市場動向】
    【主要事業者動向】バンダイ/タカラトミーアーツ/エポック社/海洋堂/奇譚クラブ
    【販売チャネル動向】GMS/アミューズメント施設/玩具専門チェーン店/家電量販店/駅/
    ホビーショップ/コンビニエンスストア/外食チェーン店/その他
    <図>カプセル玩具流通チャネル比率(2011年度)
    【カプセル入り玩具市場の構成】
  16.フィギュア市場
    【定義】
    【分類・素材】
    【市場動向】
    【フィギュア市場推移】
    【主要事業者動向】グッドスマイルカンパニー/バンダイ/壽屋/ボークス/メディコム・トイ/海洋堂/メガハウス
    【販売チャネル動向】eコマース/家電量販店/ホビーショップ/メーカー直販/雑貨店/
    玩具専門チェーン店/GMS/その他
    <図>フィギュア流通チャネル比率(2011年度)
  17.ハイターゲットトイ市場
    【定義】
    【市場動向】
    【ハイターゲットトイ市場推移】
    【主要事業者動向】バンダイ/セガトイズ/タカラトミー/タカラトミーアーツ/エポック社/
    タミヤ/京商/グッドスマイルカンパニー/壽屋
  18.トレーディングカードゲーム市場
    【定義】
    【市場動向】
    【主要事業者動向】コナミデジタルエンタテインメント/タカラトミー/ブシロード/バンダイ/ポケモン/ブロッコリー
    【販売チャネル動向】トレーディングカード専門店/玩具専門チェーン店/GMS/家電量販店/
    コンビニエンスストア/eコマース/ホビーショップ/その他
    <図>トレーディングカードゲーム流通チャネル比率(2011年度)
    【トレーディングカードゲーム市場の構成】
Ⅱ.玩具周辺産業の分野別市場動向
  1.幼児英才教育市場の動向
    【市場動向】
    <図>幼児英才教育市場規模推移
    <図>幼稚園児学校外活動費の推移
    <図>幼稚園児補助学習費の推移
    【玩具産業への影響】
  2.幼児・子ども英会話教室市場の動向
    【市場動向】
    <図>幼児英会話教室の市場規模推計
    【玩具産業への影響】
  3.eコマース市場の動向
    ●2010年以降、BtoB のeコマースは順調に回復・浸透が進む/
    ●BtoB のeコマースは経済環境に影響されずに普及、玩具のEC化は平均レベルで進む
    <表>電子商取引 BtoBの市場規模~全体像/電子商取引 BtoB市場規模推移
    <表>電子商取引 BtoCの市場規模~全体像/電子商取引 BtoC市場規模推移
    【玩具産業への影響】
    <表>主要玩具専門通販サイト
  4.アミューズメント施設市場の動向
    【市場動向】
    <図>国内アミューズメント産業の市場規模
    【玩具産業への影響】
  5.遊園地・テーマパーク市場の動向
    【市場動向】
    <図>遊園地・レジャーランドの売上高と参加人口
    【玩具産業への影響】

第3章 有力事業者の実態

Ⅰ-a.玩具メーカー <ケーススタディ>

■青島文化教材社
  1.業績概況/●不況の影響による買い控え傾向が続き、減収
  2.有力商品・サービス概況/①実車シリーズ(プラモデル)②ウォーターライン/
  ③デコトラシリーズ(プラモデル・ラジコン)/④その他プラモデル⑤ミニカー
  ⑥フィギュア、その他ホビー商品
  ⑦総合ホビーサイト「HW JAPAN(ホビーワールドジャパン)」の運営
  3.事業体制・事業戦略動向/●消費者の声を聴き、ニーズに即した商品投入とターゲットの絞込み/
  ●ライトユーザーの開拓
  4.業績見通・課題/●キャラクタービジネスが課題/●若年層の取り込み
■エポック社
  1.業績概況/●2011年度は増収増益に/●海外売上の拡大が続く
  2.有力商品・サービス概況/①シルバニアファミリー②アクアビーズ③ホイップる④野球盤/⑤ジグソーパズル
  3.事業体制・事業戦略動向/●プロモーション、広告等について/●生産体制・販売チャネルについて
  4.業績見通・課題/●海外展開の促進を図る
■海洋堂
  1.事業概況/●フィギュアの企画力と技術力に定評
  2.有力商品・サービス概況
  ●業界のオピニオンリーダー、マーケットリーダーとして様々な価値を創出/●リボルテックシリーズ/
  ●カプセルミュージアム/●アッセンブルボーグ
  3.事業体制・事業戦略動向/●職人集団として少数精鋭を貫く
  4.事業見通・課題/●ユーザー層拡大のため、文化的なフィールドでの展開を強化/
  ●「海洋堂かっぱ館」を2012年7月、高知県四万十町にオープン
■京商
  1.業績概況/●2012年3月期は減収が続くが底入れ感もみられる
  2.有力商品・サービス概況/①ラジコン②ダイキャストミニカー③デアゴスティーニシリーズ
  3.事業体制・事業戦略動向/●商品開発に注力
  4.業績見通・課題/●クルマ離れが進むなか、将来の顧客層に遊ぶ楽しさを提案
■グッドスマイルカンパニー
  1.業績概況/●創業以来売上拡大継続
  2.有力商品・サービス概況/①フィギュアの製造・販売②他社製品の販売請負
  ③子会社の(株)グッドスマイルレーシングによるモータースポーツ事業等の展開
  3.事業体制・事業戦略動向/●「グッドスマイル&カラオケの鉄人カフェ」の展開、
  有限会社から株式会社へ組織変更/
  ●ユーザーやショップへの情報発信・コミュニケーションを図る/
  ●流通体制の改革、「フィギュア」のイメージアップ・ユーザー層拡大
  4.業績見通・課題/●経営基盤の強化、人材育成や市場の活性化を目指す/
  ●自社コンテンツ制作、海外向け商品にも注力/●日本のアニメ産業活性化のため新会社を設立
■くもん出版
  1.業績概況/●知育玩具の業績は好調を維持
  2.有力商品・サービス概況/①くるくるチャイム②NEW スタディ将棋③NEW 日本地図パズル
  ④パチッとたまご⑤メモリーたまご⑥カード
  3.事業体制・事業戦略動向/●店頭PRを重視/●「KUMON TOY」として再整備
  4.業績見通・課題/●くもんの「玩具」としての認知向上を図る
■コクヨS&T
  1.業績概況/●2011年度総売り上げは、前年比微減
  2.有力商品・サービス概況/
  ①「Wammy(ワミー)」②「IQLIP(アイクリップ)」③パブロ④オルダゲーム⑤TOYPOGRAPHY
  3.事業体制・事業戦略動向/●体験型プロモーション、書籍による遊び方提案を重視/●海外展開も重視
  4.業績見通・課題
■壽屋
  1.業績概況/●継続して売上拡大
  2.有力商品・サービス概況/①フィギュア②プラモデル③その他雑貨等
  3.事業体制・事業戦略動向/●事業体制、直販の状況について/●広報・宣伝について/
  ●国内外で優秀な人材の育成・定着に努める
  4.業績見通・課題/●引き続き海外市場の拡大を目指す/●事業の多角化、ターゲット層の拡大
■シー・シー・ピー
  1.業績概況/●「瞬足バギー」がヒットするが2年連続の拡大には至らず
  2.有力商品・サービス概況/●ラジコンカー/●ラジコン・フライトトイ/●プレイキャスト
  3.事業体制・事業戦略動向/●事業規模100 億円に向けて、遠隔操作の楽しさを提案する
  4.業績見通・課題/●技術転用による顧客層の拡大が課題
■セガトイズ
  1.業績概況/●2012年3月期の売上高について
  2.有力商品・サービス概況/①爆丸②アンパンマンシリーズ③ホームスターシリーズ
  ④「ジュエルペット」シリーズ⑤「Zoobles!」シリーズ
  3.事業体制・事業戦略動向/
  ●事業体制・生産体制について/●大韓民国法人と提携した、幼児向けキャラクター事業の展開
  4.業績見通・課題/●クロスメディア展開を中心に、商材に合わせたマーケティングを実施/
  ●NHK教育テレビキャラクターでプリスクール層の更なる取り込みを図る/
  ●「東京ソラマチ」にて映像体験アトラクションをオープン/
  ●トイ事業を核とした新たなエンタテインメントの創出を目指す
■セキグチ
  1.業績概況/●業績は堅調に推移している模様
  2.有力商品・サービス概況/①モンチッチシリーズ(モンチッチの子どもとされるベビチッチ含む)
  ②momoko DOLL③その他のぬいぐるみ等
  3.事業体制・事業戦略動向/●当面のターゲットは若い世代の女性層に/
  ●販売チャネルも雑貨系などを拡大、インターネットでの先行販売も
■関水金属
  1.業績概況/●初心者向け商材の好調で2ケタ増収
  2.有力商品・サービス概況/●Nゲージ鉄道模型のパイオニア、世界のトップブランドへ
  3.事業体制・事業戦略動向/●事業体制/●社内一貫生産体制で培われた技術力・製品開発力/
  ●初心者層の拡大とコア層向け製品の開発/●販促方法について
  4.業績見通・課題/●一層の初心者市場の拡大(若年層からの取り込み)が課題/
  ●鉄道そのものの宣伝とのリンクを目指す/●日本向けスイス「氷河特急」の製作
■タカラトミー
  1.業績概況/●2012年3月期は海外輸出の好調やTI グループの買収等で増収減益に/
  ●2013年3月期は定番商品堅調も、夏商戦の不調等で減収減益に
  2.有力商品・サービス概況/①トランスフォーマー②デュエル・マスターズ
  ③メタルファイト ベイブレード④トミカ、プラレール⑤リカちゃん
  3.事業体制・事業戦略動向/
  ●2011年4月に買収した米国RC2社(現:TOMY International)との統合を推進/
  ●「商品を生み出す力」、「商品を最大限に売り切る力」の強化を目指した体制変更/
  ●宣伝・PRについて/
  ●生産体制について/●直営店舗運営による情報発信、マーケティング
  4.業績見通・課題/●更なるグローバル展開を目指す/●2012年度の年末商戦について
■タカラトミーアーツ
  1.業績概況/●2011年度は3年連続で増収増益に
  2.有力商品・サービス概況/①ガチャ(カプセル玩具)②アミューズメント筐体③ぬいぐるみ
  ④玩具菓子⑤玩具・雑貨等⑥OEM事業
  3.事業体制・事業戦略動向/●2012年4月より3事業本部制に変更、10月より営業部署を一本化/
  ●様々な販売チャネルの開拓により売上増を図る/●海外展開について
  4.業績見通・課題/●各事業の今後の課題・目標について
■タミヤ
  1.業績概況/●2008年3月期をピークに個人消費低迷を受け売上が減少傾向
  2.有力商品・サービス概況/①MM(ミリタリーミニチュア)シリーズ(プラモデル)
  ②ミニ四駆シリーズ(プラモデル)③ウォーターラインシリーズ④RCモデル(ラジコンカー)
  ⑤組立式工作キット「ロボクラフトシリーズ」
  3.事業体制・事業戦略動向/●イベントの積極開催でファンの囲い込み、
  プラモデルの価値とタミヤブランドの向上へ/
  ●2011年6月 JR静岡駅前に「静岡ホビースクエア」を設置/
  ●「タミヤモデラーズギャラリー」でのプラモデルやモデルとなった実車展示/
  ●「タミヤニュース」の発行
  4.業績見通・課題/●コアファンのみならず、子供、女性の取り込みで、誰もが楽しめるタミヤへ/
  ●「トヨタ86(ハチロク)」の1/24プラモデルを販売
■トミーテック
  1.業績概況/●2012年3月期は増収増益で堅調
  2.有力商品・サービス概況/①「TOMIX」(鉄道模型)②ジオラマコレクション
  ③コレクションフィギュア、プラモデル、自動車模型等の製造・販売/④技MIX(ギミックス)/⑤その他
  3.事業体制・事業戦略動向/●商品企画とマーケティングの連動を促進/
  ●製品分野毎に分かれていた事業部を統合し、シナジー効果の拡大を図る/●広告手法について
  4.業績見通・課題/●ホビー商品の充実化により、新規ユーザーの取り込みを図る
■パイロットインキ
  1.業績概況/●「スイスイおえかき」「メルちゃん」など定番シリーズも販売が減少
  2.有力商品・サービス概況/①「メルちゃん」シリーズ②「スイスイおえかき」シリーズ
  ③バストイシリーズ④「なかよしコレクション」⑤女児ホビー(旧 ハピステ)
  3.事業体制・事業戦略動向/
  ●玩具専門店が売上の45%、量販店は家電量販店が売り場面積拡大。アマゾンも好調続く/
  ●版権ビジネスで新たな収益源の確立に取組む
  4.業績見通・課題/●ターゲット層と価格戦略の見直し、商品カテゴリーのスリム化に着手/
  ●Aqua Doodle、メルちゃんを軸にグローバル展開への注力
■バンダイ
  1.事業概況/●2012年3月期のトイホビー事業は2年連続で増収増益に/
  ●2013年3月期第2四半期のトイホビー事業売上は、前年同期比微減に
  2.有力商品・サービス概況/①機動戦士ガンダムシリーズ
  ②「仮面ライダーシリーズ」、「スーパー戦隊シリーズ」③デジタルカードゲーム
  ④「プリキュアシリーズ」⑤バトルスピリッツ⑥「たまごっちシリーズ」
  3.事業体制・事業戦略動向/●販売チャネル及び広告戦略について/●海外展開について/
  ●あらゆる年齢層に向けた商品展開により、玩具の全分野において「No.1」を目指す
  4.業績見通・課題/●グローバル展開の更なる強化/●フィリピンに自社工場を設立予定
■ピープル
  1.業績概況/●2012年1月期は市場停滞、中国製造コストの上昇により減収減益
  2.有力商品・サービス概況/①女児玩具②幼児・知育玩具③自転車・乗り物
  3.事業体制・事業戦略動向/●つくえちゃん 第三の柱「トイファニチャー事業」に/
  ●少数精鋭のファブレスメーカー/●バンダイナムコグループの一員
  4.業績見通・課題/●国内需要優先に事業の安定化を図る、今後は海外市場への進出も視野に
■ブシロード
  1.業績概況/●大幅に売上を拡大
  2.有力商品・サービス概況
  /●男児や大人をターゲットとしたトレーディング・カードゲームの企画・開発・発売/
  ●「Project MILKY HOLMES」の展開
  3.事業体制・事業戦略動向/●設立の経緯、事業方針/●2011年12月より持株会社制に移行/
  ●大規模な広告・宣伝により、更なる知名度向上を図る/
  ●子会社のインターネットラジオ配信会社と共にシナジー効果を発揮/●新日本プロレス子会社化
  4.業績見通・課題/●2013年7月期の売上目標について/●海外市場の開拓にも注力
■ポケモン
  1.事業概況
  2.有力商品・サービス概況/●「ポケットモンスター」関連ソフト/●ポケモンカードゲーム/
  ●ポケモン関連商品のオフィシャルショップ「ポケモンセンター」の展開/●コラボレーション商品/
  ●非営利事業
  3.事業体制・事業戦略動向/●同社の事業体制について/●「ポケモン」の世界観維持に努める/
  ●ソフト、ハードの連携、シナジー効果により継続的な事業拡大を目指す/
  ●ポケモンの人気は世界規模、海外の拠点を置き事業を展開/
  ●ポケモンにアクセスできる様々なチャネルを提供
  4.業績見通・課題
■ボーネルンド
  1.業績概況/●震災の影響受けるも、増収増益
  2.有力商品・サービス概況/①「パイプ・パニック」②「マグフォーマー」
  ③「透明ジャイアントビーズ」④「ZOOB(ズーブ)125」⑤「おさかなシロフォン」⑥「オーボール」
  ⑦「キッチンセンター」
  3.事業体制・事業戦略動向/●PRを強化し、多様なチャネルに販路拡大/●教育サービスを充実
  4.業績見通・課題/●事業領域を限定せずビジネス拡充へ
■マテル・インターナショナル
  1.業績概況/●2011年度は二桁成長、2012年度も引き続き増収の見込み
  2.有力商品・サービス概況/①フィッシャープライス②UNO③バービー④ディズニー
  ⑤シンガマジック!⑥ホットウィール
  3.事業体制・事業戦略動向/●日本市場に合わせ、商品のローカライズを行う/
  ●販売チャネルの拡大を目指す
  4.業績見通・課題/●2013~2015年度にかけ、売上高50%アップを目指す/
  ●国内玩具業界の活性化への寄与を目指す
■メガハウス
  1.業績概況/●2012年度は「ワンピース」フィギュア人気の一段落で減収見込も、トイ分野は堅調
  2.有力商品・サービス概況/①フィギュア②ルービックキューブ③オセロ④シューティングゲーム
  ⑤「番犬ガオガオ」等アクションゲーム⑥ハッピーキッチン⑦ハピトモ⑧コミュニケーションペット
  3.事業体制・事業戦略動向/
  ●営業機能を各事業部に組み込み、事業部内で商品企画から営業まで手掛ける体制に変更/
  ●宣伝活動について
  4.業績見通・課題/●あらゆる分野において商品ラインナップの拡充を目指す/
  ●海外市場の開拓、生産拠点の拡大に注力/●インターネット販売の拡大が見込まれ、価格競争が課題に
■リーメント
  1.事業動向
  2.有力商品・サービス概況/●キャンディトイ中心から、玩具、雑貨、書籍などに注力/
  ●オリジナル「ぷちサンプル」シリーズは、コレクション願望に訴求しヒット/
  ●キャラクター商品も人気、新たに「けいおん」「なめこ」が加わる
  3.事業体制・事業戦略動向●リーメントフェアやコンテストの開催でファンを囲い込む/●販売チャネル
  4.業績見通・課題
■レゴ ジャパン
  1.業績概況/●世界的にも国内も好調を持続
  2.有力商品・サービス概況/●基本セット/●レゴ マインドストーム/●レゴエデュケーションWeDo/
  ●レゴサイエンス&テクノロジー基本セット/●レゴエネルギーセット/●幼稚園・保育園向け事業/
  ●スクール事業/●レゴ エデュケーション センター
  3.事業体制・事業戦略動向/●「インフォマーシャル」を強化/
  ●トイザらス川崎の店舗にレゴ専門売り場設置
  4.業績見通・課題/●今後も学校向けの商材は拡大見込み/●幼稚園・保育園の課外授業にも参入

Ⅰ-b.玩具メーカー<調査データ>

アガツマ、イガラシ、池田工業社、イワヤ、ウィズ、ウィズコーポレーション、ウェーブ、エイコー、エスケイジャパン、
エフトイズ・コンフェクト、エンスカイ、尾上萬、学研ステイフル、児玉産業、セキデン、ティーエスティーアドバンス、
トイポート、東京ローソク製造、童心、友田商会、ハナヤマ、バンプレスト、ヒオキ、フジトーイ、丸彰、八幡光雲堂

Ⅱ.テレビゲーム/オンラインゲームメーカー

■NHN Japan
  1.業績概況/●2011年12月期は前期比11.5%で増収続く
  2.有力商品・サービス概況/●ターゲットは全方位、幅広いユーザー層向けのコンテンツを開発/
  ●PC向けのハンゲームは、モバイル連動ゲームが特徴
  3.事業体制・事業戦略動向/●国内外のパートナー企業との提携を積極的に推進/
  ●マイクロソフト「MSNゲーム」の運営
  4.業績見通・課題/
  ●ネイバージャパン、ライブドアとの経営統合によりオンラインゲームとウェブサービスを一貫して提供/
  ●スマートフォンアプリケーション「LINE」の全世界ユーザー数が7,000万人を突破
■カプコン
  1.業績概況/●2012年3月期は、前年度の「モンハン」大ヒットの反動で減収減益
  2.有力商品・サービス概況/①「バイオハザード」シリーズ②「モンスターハンター」シリーズ
  ③「ストリートファイター」シリーズ
  3.事業体制・事業戦略動向/●開発費抑制、機動的なソフト開発を目指す/
  ●メディアミックスによる販売強化
  4.業績見通・課題/●開発体制強化、ソフト供給拡大狙う
■ガンホー・オンライン・エンターテイメント
  1.業績概況/●2011年12月期は増収減益に
  2.有力商品・サービス概況/●「ラグナロクオンライン」シリーズ/
  ●「エミル・クロニクル・オンライン」/●「パズル&ドラゴンズ」/●「ケリ姫クエスト」
  3.事業体制・事業戦略動向/●スマートフォンを主軸に、ワンソース・マルチユースでの展開
  4.業績見通・課題/●生涯顧客(ロイヤルカスタマー)の育成を目指す
■ゲームオン
  1.業績概況/●中長期の成長に向け、国内強化、新規事業、グローバル展開に取り組む
  2.有力商品・サービス概況/●レッドストーン/●Alliance of Valiant Arms/●ポータルサービス事業
  3.事業体制・事業戦略動向/
  ●国内オンラインゲーム運営事業の強化、新規事業、グローバルビジネス戦略
  4.業績見通・課題/●PCからモバイルへのデバイスのシフトへの対応が求められる/
  ●上場廃止により、事業戦略の意思決定・スピード感・統一感を高めグループシナジーを高める
■コーエーテクモゲームス
  1.業績概況/●コーエーテクモグループとして事業再編
  2.有力商品・サービス概況/①「信長の野望」シリーズ②「三國志」シリーズ③「無双」シリーズ
  ④「NINJA GAIDEN」シリーズ
  3.事業体制・事業戦略動向/●成長性と収益性の実現
  4.業績見通・課題/●総売り上げ9.8%増、ゲームソフト販売本数6%増を見込む
■コナミデジタルエンタテインメント
  1.業績概況/●2011年度は2008年には及ばないものの好調を持続
  2.有力商品・サービス概況/①コンシューマゲーム②SNS③カードゲーム
  3.事業体制・事業戦略動向/
  ●ソーシャルゲーム対応、ゲーム音楽のCD展開などのメディアミックス戦略/
  ●Zyngaを通じてグローバル市場のソーシャルゲームを強化/●アミューズメント機器との連携強化/
  ●アーケードゲームは、自社で開発・製造からメンテナンスまでを行う/
  ●アンテナショップを2010年7月にオープン
  4.業績見通・課題/●メタルギア初のソーシャルゲームを配信
■スクウェア・エニックス
  1.業績概況/●ファイナルファンタジー14の課金再開で品質トラブル対策に目処
  2.有力商品・サービス概況/①「ドラゴンクエスト」シリーズ
  ②「ファイナルファンタジー」シリーズ③「キングダムハーツ」シリーズ
  3.事業体制・事業戦略動向/
  ●家庭用ゲーム機向けソフト中心から、ソーシャルゲーム・オンラインゲームへシフト/
  ●ネット活用、新たなゲーム販促策模索
  4.業績見通・課題/●オンラインゲームへの取り組みと開発体制の安定化が課題/
  ●ヤフーと提携しスマートフォン向けオンラインゲーム事業へ/
  ●新たなプロモーションで顧客層開拓に注力
■セガ
  1.業績概況/●ゲーム事業が主力の海外市場を中心に苦戦
  2.有力商品・サービス概況/①五輪を題材にしたゲームソフト②ソニックジェネレーションズ
  3.事業体制・事業戦略動向/●コンシューマ事業と構造改革の着手/
  ●アジアでのオンラインゲームの取組みを強化/
  ●デジタルゲーム分野が大きく伸長、ネットワークゲームコンテンツ戦略を策定
  4.業績見通・課題/●2013年3月期はコンシューマ事業の構造改革の成果が期待される
■ソニー・コンピュータエンタテインメント
  1.業績概況/●ゲーム事業黒字化へ
  2.有力商品・サービス概況/①「プレイステーション3」②「プレイステーション2」(PS2)
  ③「プレイステーション・ポータブル」(PSP®)④「PlayStation®Vita(PS Vita)」
  ⑤プレイステーションネットワーク
  3.事業体制・事業戦略動向/●「PSP」後継機の「プレイステーション・ヴィータ」を2011年12月に発売/
  ●グループのコンテンツを活かし、PSNの強化を図る/
  ●Androidスマートフォン向け「プレイステーション モバイル」にてゲーム配信開始
  4.業績見通・課題/●ゲーム機及びソフト群と、コンテンツのダウンロード販売を中心に事業拡大を図る
■任天堂
  1.業績概況/●3期連続の減収減益に
  2.有力商品・サービス概況/①ニンテンドーDS②Wii③ゲームソフト
  3.事業体制・事業戦略動向/●誰もが楽しめる新しい娯楽を世界に発信
  4.業績見通・課題/●12年度予測は下方修正/●中長期的な目標
■ネクソン
  1.業績概況/●連結業績は大幅な増収増益
  2.有力商品・サービス概況/●メイプルストーリー/●マビノギ/●アラド戦記
  3.事業体制・事業戦略動向/●2011年12月東京証券取引所に上場/●積極的なマス広告展開
  4.業績見通・課題/●韓・日・中を中心としたユーザー層、欧米展開を加速/
  ●ソーシャルゲームへの取り組み、Gloops(グループス)社を買収して強化/
  ●情報セキュリティ管理の強化
■バンダイナムコゲームス
  1.業績概況/●国内家庭用ゲームが好調、2012年3月期は増収増益に
  2.有力商品・サービス概況/①旧バンダイレーベルのゲームソフト②旧ナムコレーベルのゲームソフト
  ③旧バンプレストレーベルのゲームソフト④バンダイナムコゲームス体制後のゲームソフト
  3.事業体制・事業戦略動向/●ソーシャルゲーム市場を狙いDeNAと共同出資で設立のBNDeNA/
  ●コンテンツの有効活用目指す/●玩具とゲームの連携、ガンダムから/
  ●パソコン向けオンラインゲームの展開
  4.業績見通・課題/●「ゲームメソッド」を開発、ゲーミフィケーションの先駆者として/
  ●海外事業拡大加速/
  ●2012年4月 製品開発部門は「(株)バンダイナムコスタジオ」として新設分割/
  ●ライトゲーム開発に向けた人材育成
■日本マイクロソフト(日本法人)
  1.業績概況/●ワールドワイドでオンライン、ハードウェア販売ともに拡大
  2.有力商品・サービス概況/●オンラインサービス拡充 新OS「Windows 8」との連携も/
  ①「Xbox360」②Xbox LIVE③Xbox Video④Xbox SmartGlass⑤Xbox Music
  3.事業体制・事業戦略動向/●「Xbox LIVE」はゲームのみならず幅広いオンラインサービスを展開
  4.業績見通・課題/●Xboxサービスは本物志向追求 Kinectは遊びの領域にとどまらず活用分野を拡大

Ⅲ.玩具卸売

■石川玩具
  1.業績概況/●創業80年の老舗玩具問屋、一部玩具製造、子会社では小売やぬいぐるみ等の製造も
  2.有力商品・サービス概況/①卸売事業②グッズ製造・販売③「こぐま」を通じて中国進出
  3.事業体制・事業戦略動向/●組織・体制について/●グループ会社とのシナジー発揮を図る
■カワダ
  1.業績概況/●海外売上の拡大が国内売上の軟調をカバー、2011年度の総売上高は前年度比微減に/
  ●製造部門が大きく伸びる、eコマースによる流通の増加
  2.有力商品・サービス概況/①ダイヤブロック②ナノブロック③輸入玩具④国内玩具
  3.事業体制・事業戦略動向/●業態ごとに細やかな営業活動、メーカー部門は3部体制で分業図る/
  ●海外生産、海外向け販売の強化/●自社主催の商談会「in KAWADA」や店頭プロモーションによるPRを重視
  4.業績見通・課題/●地方小売店の利便性向上を図る/
  ●オリジナル商品の開発により、安定した経営基盤の確立に努める/
  ●最大手独立系問屋としての強みを活かす/●シニア層の取り込みを目指す
■タカラトミーマーケティング
  1.業績概況/
  ●SPA一貫態勢へ製販一体による営業力強化 タカラトミーマーケティングへ社名変更売上拡大に取り組む
  2.有力商品・サービス概況/●定番商品ブランド・ラインナップ拡充によるユーザー層拡大/
  ●キーワードは“子供文化”、直営店での商品育成を図る
  3.事業体制・事業戦略/
  ●トイザらス、家電量販店好調 ボリュームゾーンのGMS・小売店は微減、Amazon 大幅増/
  ●定番「トミカ」「プラレール」は定例イベント開催により販促強化/
  ●収益性の高い独自商品「催事菓子」の拡販を図る
  4.業績見通・課題/●中期的なテーマは、マーケティング、販売効率化、グローバル化/
  ●2011年タイ洪水を契機に生産拠点を分散しリスクヘッジ
■ハピネット
  1.業績概況/●2012年3月期は玩具事業、アミューズメント事業の好調で増収増益/
  ●2013年3月期は、前年度好調の反動で減収減益の見込み
  2.有力商品・サービス概況/①玩具②TVゲーム③カプセル玩具、キッズカードゲーム
  3.事業体制・事業戦略動向/●子会社や物流センターにおける分業体制について/
  ●緻密な商品管理システム
  4.業績見通・課題/●中間流通業としてのシェア拡大を目指す
■マルカ
  1.業績概況/●コスト構造の改善を進め、黒字転換を達成
  2.有力商品・サービス概況/①花火②ウォーターガン③ドライブタウンシリーズ、他クルマ関連商品
  ④キャラクター商品⑤アミューズメント
  3.事業体制・事業戦略/●メーカーとして取り組みを強化、自社オリジナル製品が70%に/
  ●季節商品のアイテム拡充を目指す/●海外向け販売への取り組み
  4.業績見通・課題/●事業構造の見直しを図り、経営体質の強化に取り組む/
  ●チャネルの拡充・強化を推し進める

Ⅳ.玩具小売

■赤ちゃん本舗
  1.業績概況(玩具事業関連のみ)/●2012年2月期は4年ぶりに増収に転じ、増収増益となる
  2.有力商品・サービス概況/●ベビートイをメインとした品揃えを行う
  3.事業体制・事業戦略動向/●出店戦略について/
  ●総合的な育児支援・サービス、ユーザーに配慮した店舗作りを目指す/
  ●パーソナルマーケティングに注力/●インターネット通販サイトの展開
  4.業績見通・課題/●新店舗の展開を継続的に行い、売上拡大を図る
■アマゾンジャパン
  1.業績概況/●2000年のAmazon.co.jp 創業以来、躍進を続ける
  2.有力商品・サービス概況/●様々な角度から顧客満足度向上に努める/
  ●中古ゲームソフトの買い取り開始
  3.事業体制・事業戦略動向/●Amazon.com の海外展開と、日本国内の事業体制・展開について/
  ●ユーザーの購買履歴を活かしたマーケティングを行う/●2012年以降も、商品・物流の拡充を目指す
■キデイランド
  1.業績概況/●原宿店グランドオープン、専門店拡充と品揃え充実を図る
  2.有力商品・サービス概況/●価格帯によらずヒット商品を産み出す 文具やギフトにも注力/
  ●店頭プレゼンテーションの強化を図る 個店プロモーションは今後のテーマ
  3.事業体制・事業戦略動向/
  ●キャラクター特化型専門店を積極展開 複合型「キャラパーク」も大都市へ展開予定
  4.業績見通・課題/●売り場づくり、商品づくりの強化 玩具専門店のトップランナーを目指す
■日本トイザらス
■博品館
  1.業績概況/●銀座本店を中心に外国人観光客需要にも応える店舗展開と品揃え
  2.主力商品・サービス概況/●レトロな木製玩具ブーム RC玩具もマニア需要に応えてヒット
  3.事業体制・事業戦略動向/
  ●リアル店舗を重視し情報発信に注力“遊品”をコンセプトとした品揃え強化

第4章 玩具関連事業者個表

○玩具関連メーカー一覧
○TVゲーム・アミューズメント関連メーカー一覧
○玩具関連問屋一覧
○玩具関連小売業一覧
○その他玩具関連企業一覧

~付属資料~
●参考データ:玩具関連商品の輸出入動向(表)
●日本アミューズメントマシン工業協会会員名簿
●全日本アミューズメント施設営業者協会連合会会員名簿
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
121,000
110,000
11,000
154,000
140,000
14,000
242,000
220,000
22,000
275,000
250,000
25,000
363,000
330,000
33,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています