VOL.1 戦略編 2017年度版 車載用ソフトウェア関連企業の次世代戦略 ~OEM/Tier1,2/SWベンダ/チップメーカ各社の考え方~

「2017 車載用ソフトウェア市場」レポートは、2つの切り口「市場分析編」と「企業戦略編」で製作を行った。
「市場分析編」では、国内車載ソフトウェア市場規模を算出。2030年にかけてのツール類市場推移、アプリケーション/インテグレーション市場推移、AUTOSAR市場推移などを詳細項目で分析、明確化した。また標準化、AUTOSAR CLASSIC Platform、AUTOSAR Adaptive Platform、車載セキュリティ、ゲートウェイ、オープン系ソフトウェア、MBD、ISO26262、自動運転/AI対応ソフトウェア、コネクテッドカー対応、オフショア開発等のキーワードについて現状と将来を分析していく。
本調査レポート「企業戦略編」では、OEM、Tier1、ソフトウェアベンダ33社に対して、車載ソフトウェア開発規模、開発内容、取引先、開発体制、開発委託・協業先、制御/情報/制御&情報連携別開発戦略、ツール・PF/アプリ・インテグレーション別戦略、セキュリティ戦略、AI・自動運転対応、車載ネットワーク等について調査をかけ個票として収録した。国内OEM・Tier1はもちろんAUTOSAR-BSW関連を含む主要ソフトウェアベンダをもらさず収録。各社の動向を丹念に追う事で、AUTOSAR Adaptive Platform時代のソフトウェアがどうなっていくのかが浮き上がってくる。

発刊日: 2017/03/31 体裁: A4 / 316頁
資料コード: C58107100 PDFサイズ: 6.8MB
カテゴリ: 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス / 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 178,200円 (本体 165,000円 消費税 13,200円 )
定価 178,200円 (本体 165,000円 消費税 13,200円 )
定価 210,600円 (本体 195,000円 消費税 15,600円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:自動運転に向けて大きく変貌しようとしている車載用ソフトウェア市場の国内主要プレーヤ24社に対して、車載ソフトウェア開発規模、開発内容、取引先、開発体制、開発委託・協業先、制御/情報/制御&情報連携別開発戦略、ツール・PF/アプリ・インテグレーション別戦略、セキュリティ戦略、AI・自動運転対応、車載ネットワーク等について調査をかけ個票として収録した。またAUTOSAR関連企業9社、注目車載ソフトウェア・プレーヤ20社の最新動向についても分析した。
調査対象製品:1)自動車用組込みソフトウェア 2)開発ツール/プラットフォーム 3)AUTOSAR関連 4)車載セキュリティ 5)ISO26262関連 6)自動車用ECU
調査対象企業:OEM(自動車メーカ)3社、Tier1 10社、車載ソフトウェア/開発ツールベンダ18社、半導体メーカ2社、他 33社(個票収録24社)
調査対象地域:日本国内(国内の海外企業も調査)
調査方法:海外/国内の面接取材から、各種分析を実施した。
調査期間:2016年11月~2017年3月

資料ポイント
Close

資料概要
Close

第Ⅰ章.総論 -AUTOSAR Adaptive時代に向けての主要各社戦略分析-
第Ⅱ章.主要企業24社の車載ソフトウェア開発戦略個票
第Ⅲ章.注目企業20社の車載ソフト最新動向

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第Ⅰ章.総論 -AUTOSAR Adaptive時代に向けての主要各社戦略分析-

Ⅰ.AUTOSAR Adaptive時代までの車載SWの歴史
  (当レポートにおける記載内容は(株)矢野経済研究所の独自分析によるものです)
  1.「頭脳を持つクルマ」の車載用ソフトウェアまでの流れ
  2.制御系は非競争領域に、「AUTOSAR Adaptive」はADAS/HMI中心に
  3.AUTOSAR Adaptive Platformの普及時期
  4.国内におけるAUTOSAR準拠BSWの群雄割拠の現状
Ⅱ.AUTOSAR 準拠BSW関連企業9社の動向と戦略
  (当レポートにおける記載内容は(株)矢野経済研究所の独自分析によるものです)
  1.APTJ株式会社(APTJ陣営)
    (1)APTJはOEMに対してオリジナルソフトウェアを売っていく
    (2)APTJはVECTORの次を狙う
    (3)制御系と汎用アプリをつなぐ「MDCOM」を公開
    (4)ブランド名「Julinar(ジュリナー)」発表
  2.SCSK株式会社(SCSK陣営)
    (1)BSW「QINeS-BSW ver 1.0」および周辺サービスの提供
    (2)6社+SRAでセキュリティ強化
  3.オーバス(オーバス陣営)
    (1)デンソーは、eSOLやNCOSと共同で車載BSW開発のオーバスを新設
    (2)オーバス車載BSWのロードマップ
    (3)デンソー故の強味
  4.eSOL(イーソル)、eSOLトリニティ(オーバス陣営(SCSK陣営にも加盟))
    (1)eSOLトリニティ
    (2)イーソル(eSOL)とAUTOSARの将来
  5.富士ソフト株式会社(APTJ陣営)
    (1)AUTOSARへの考え方
  6.海外ソフトウェアメーカA社(SWベンダ)
    (1)世界のAUTOSAR市場規模に対するA社の見方
    (2)日本のOEMと欧州OEMの違いに対するA社の見方
    (3)欧州Tier1に対するA社の見方
    (4)AUTOSARのインテグレーション事業に対するA社の見方
  7.ベクター(VECTOR)(ベクター陣営)
    (1)VECTORこそがAUTOSARの立役者
    (2)日本企業と欧州企業、AUTOSARへの姿勢の違い
    (3)17年、さすがのトヨタもAUTOSAR準拠の推奨ベンダーにVector社を選定
  8.エレクトロビット(Electrobit。EB)(EB陣営)
    (1)AUTOSARへの考え方
    (2)Elektrobit(エレクトロビット。EB)の車載事業、コンチネンタルが買収
    (3)IT事業者とOEMの要求をつなぐ鎖の輪として
    (4)ハードウェアに依存しない自動運転システム開発ツールを発売
  9.メンター・グラフィックス・コーポレーション(メンター陣営)
    (1)アイシングループはメンターをAUTOSARベース標準PFに採用
    (2)トヨタはメンター製ソフトウエアスタック使用を承認
Ⅲ.23のキーワードごとにみた主要企業の戦略分析
  主要企業24社
  <OEM>
   1.トヨタ自動車 2.本田技研工業 3.日産自動車
  <Tier1>
   4.デンソー 5.アイシンAW 6.富士通テン 7.ケーヒン
   8.日立オートモティブシステムズ 9.パナソニック 10.ボッシュ
   11.コンチネンタル
  <SWベンダ>
   12.NTTデータMSE 13.SCSK 14.東芝情報システム
   15.日立ソリューションズ 16.富士ソフト 17.オーバス
   18.ベクター 19.イーソル 20.メンター・グラフィックス
   21.イータス 22.APTJ 23.エレクトロビット
   24.QNXソフトウエアシステムズ

  1,OEM/Tier111社の車載ソフトウエア開発規模(単位;億円)
  2,ソフトウェアベンダ13社の車載ソフトウエア開発規模(単位;億円)
  3,OEM/Tier1/ソフトウェアベンダ24社の車載ソフトウエア開発の分野別規模
  4,OEM/Tier1/ソフトウェアベンダ24社のソフトウエア開発概要
  5,OEM/Tier1/ソフトウェアベンダ24社のソフトウエア開発実態
  6,OEM/Tier1/ソフトウェアベンダ19社の開発体制
  7,OEM/Tier1/ソフトウェアベンダ24社のソフト開発委託先、協業先など
  8,制御系(パワトレ、シャシー、ボディ系)ソフトウェア開発戦略
    8-1,OEM/Tier1/ソフトウェアベンダ15社の開発ツール/プラットフォーム戦略
    8-2,OEM/Tier1/ソフトウェアベンダ24社の製品・アプリケーション戦略
    8-3,OEM/Tier1/ソフトウェアベンダ17社のISO26262、機能安全関連戦略
    8-4,OEM/Tier1/ソフトウェアベンダ19社の制御系ソフトウェアの特徴
  9,情報系(パワトレ、シャシー、ボディ系)ソフトウェア開発戦略
    9-1,情報系(ナビ、エンタメなど)開発ツール/プラットフォーム14社の戦略
    9-2,情報系(ナビ、エンタメなど)製品・アプリケーションの24社の戦略
    9-3,情報系(ナビ、エンタメなど)7社の特徴
  10,制御系と情報系を連携するソフトウェア(クラスタ、ADAS、HMIなど)16社の開発戦略
    10-1,制御系と情報系を連携するもの(クラスタ、ADAS、HMIなど)
    開発ツール/プラットフォームの各社の戦略
    10-2,制御系と情報系を連携する(クラスタ、ADAS、HMIなど)24社の製品・アプリケーション戦略
    10-3,機械制御系と情報系を連携するもの(クラスタ、ADAS、HMIなど)14社の特徴
    10-4,制御系と情報系を連携する(クラスタ、ADAS、HMIなど)10社のセンサー
    (レーダー、ライダー、カメラなど)戦略
  11,車載セキュリティ各社の戦略
    11-1,車載セキュリティ24社の戦略(ハードウエア)
    11-2,車載セキュリティ24社の戦略(ソフトウエア)
  12,AI、自動運転(ハードウエア)24社の戦略
    12-1,AI、自動運転(ハードウエア)24社の戦略
    12-2,AI、自動運転(ソフトウエア)24社の戦略
  13,車載ネットワーク24社の戦略

第Ⅱ章.主要企業24社の車載ソフトウェア開発戦略個票

個票掲載企業24社
<OEM>
1.トヨタ自動車
2.本田技研工業
3.日産自動車

<Tier1>
4.デンソー
5.アイシンAW
6.富士通テン
7.ケーヒン
8.日立オートモティブシステムズ
9.パナソニック
10.ボッシュ
11.コンチネンタル

<SWベンダ>
12.NTTデータMSE
13.SCSK
14.東芝情報システム
15.日立ソリューションズ
16.富士ソフト
17.オーバス
18.ベクター
19.イーソル
20.メンター・グラフィックス
21.イータス
22.APTJ
23.エレクトロビット
24.QNXソフトウエアシステムズ

個票内容
1,会社概要
  1-1 会社概要
  1-2 製品・サービス・ソリューション
  1-3 車両販売台数(OEMのみ)*ダイハツ工業や日野自動車を含むグループ
     2014年/2015年/2016年
  1-4 研究所、研究部署
     アメリカ/日本/欧州/アジア・太平洋/中国 研究テーマなど
2,車載ソフトウエア開発規模
  2-1 車載ソフトウエア開発規模
     組込みソフト(国内原価)/組込みソフト(オフショア原価)/合計
     2015年/2016年/2020年/2025年/2030年(億円)
  2-2 車載システム関連製品(OEM以外)
  2-3 組込みソフト開発などの分野別規模
     パワトレ系/安全系(ADAS)/ボディ系/情報系/HMI/AI、自動運転
     2016年度割合/2020年度予測割合(%、億円)
3,ソフトウエア開発概要
4,機能性部品の主要ベンダー(OEMのみ)
  4-1 制御系 Tier1及び関連会社
     パワトレ系/シャーシ系/ボディ系/ADAS、HMI/車載ネットワーク/電池
  4-2 情報系(OEMのみ)
     ナビ/HMI/通信
  4-3 主要な取引先(OEM以外)
5,ソフトウエアの開発実態
6,開発体制
  6-1 自社の開発体制
  6-2 ソフトウエア開発委託先、協業先など
7,関連メーカの位置づけ(OEMのみ)
  系列の部品メーカなど/Hard/Soft/Pri/系列/先行/量産
8,組込みソフト開発概要
  (1)自動車搭載の機械制御系(パワトレ、シャシー、ボディ系)
    開発ツール/プラットフォーム/製品・アプリケーション/ISO26262、機能安全関連/特徴
  (2)運転関連の情報系(ナビ、エンタメなど)
    開発ツール/プラットフォーム/製品・アプリケーション/特徴
  (3)機械制御系と情報系を連携するもの(クラスタ、ADAS、HMIなど)
    開発ツール/プラットフォーム/製品・アプリケーション/特徴/センサー
    (レーダー、ライダー、カメラなど)
  (4)車載セキュリティ
    ハードウエア/ソフトウエア
  (5)AI、自動運転
    ハードウエア/ソフトウエア
  (6)車載ネットワーク
    車載ネットワーク

第Ⅲ章.注目企業20社の車載ソフト最新動向

1.トヨタ自動車株式会社
  1.トヨタの自動運転とソフトウェア
  2.トヨタの考えるITSコネクト
  3.トヨタの考える車載セキュリティ
  4.トヨタの考えるITSの電波
  5.AI研究所設立の目的
2.日産自動車株式会社
  1.日産の目指す自動運転
  2.日産の考える今後の自動車ビジネス
3.本田技研工業株式会社
  1.自動運転への期待
  2.通信利用ADAS
  3.本田の自動運転
4.株式会社デンソー
  1.デンソーの車載セキュリティ総論
  2.ドメイン定義
  3.クルマへの想定攻撃
  4.クルマのセキュリティの課題
  5.セキュリティ活動方針
  6.セキュリティ活動概要
  7.セキュリティプラットフォーム
  8.技術領域の整理
  9.ECUの保護
5.日立オートモティブシステムズ株式会社(日立AS)
  1.[製品戦略]安全統合制御システムの高度化による成長
  2.[製品戦略]日立グループ連携ソリューションによる成長
  3.[製品戦略]量産プロトタイプによる公道実証試験
  4.[顧客戦略]顧客ダイバーシティ戦略の実行
  5.[顧客戦略]事業拡大顧客事例
  6.フォードへの販売拡大
  7.[地域戦略]地域統括機能深化
  8.[地域戦略]二大市場に対する取組み
  9.グローバル投資とR&D
  10.IoT活用によるモノづくり力強化
  11.AUTOSARに対する考え方
6.アイシングループ
  1.ソフトウエア開発プロセスでISO 26262の第3者認証を取得
7.アイシン・コムクルーズ株式会社
  1.MBD、MBSE
8.クラリオン株式会社
  1.中国でのオフショア事業
9.株式会社ジェイテクト
  1.電動パワステ(EPS)のISO26262対応
  2.電動パワステ(EPS)の自動運転対応
10.パナソニック株式会社
  1.車載ソフト会社のOpenSynergyを子会社化
11.イーソル株式会社
  1.イーソルについて
  2.T-KernelとISO 26262
  3.統合されるECU
  4.機能安全規格対応支援サービス
  5.イーソルが提供する画像処理・画像認識技術
    5-1.増える車載画像処理の依頼
    5-2.Uurmi Solutions社の車載用画像処理ソフトウェア
    5-3.Uncanny Vision社の車載用画像処理ソフトウェア
    5-4.PUX社の車載用画像処理ソフトウェア
    5-5.eT-Kernel Platformの車載用画像処理ソフトウェア
12.イータス株式会社
  1.カーセキュリティ
  2.ISO26262
  3.AUTOSAR対応ツール
  4.新事業
13.QNXソフトウエア システムズ株式会社
  1.自動車技術の加速化しているポイント
  2.車載におけるハッキング行動
  3.車載セキュリティはどのように進むか
  4.QNXの車載セキュリティ担当部門
14.株式会社コア
  1.AUTOSARへの考え方
15.日本シノプシス合同会社
  1.自動運転と画像処理チップ「EVP」
16.富士通株式会社
  1.ISO26262
17.VECTOR
  1.AUTOSARへの考え方
18.大日本印刷
  1.スマホアプリの不正改ざん防止ソフト「クラックプルーフ」
19.ネットエージェント
  1.自動車セキュリティ検査事業
20.ルネサスエレクトロニクス株式会社
  1.車載ソフトウェア開発者コミュニティ

図表目次

第Ⅰ章.総論 -AUTOSAR Adaptive時代に向けての主要各社戦略分析-

表「国内のAUTOSAR関連ソフトウェア開発3陣営」
図「オーバスのBSWの開発ロードマップ」
図「オーバスの開発するBSWの仕様」
表「OEM/Tier1 11社の車載ソフトウエア開発規模(単位;億円)トヨタ自動車」
  トヨタ自動車 本田技研工業 日産自動車 デンソー アイシンAW 富士通テン ケーヒン
  日立AS パナソニックAuto Bosch Continental
表「ソフトウェアベンダ13社の車載ソフトウエア開発規模(単位;億円)」
  NTTデータMSE SCSK 東芝情報 日立SOL 富士ソフト オーバス ベクター イーソル
  メンターG ETAS APTJ EB QNX
表「OEM/Tier1/ソフトウェアベンダ24社の車載ソフトウエア開発の分野別規模」
  トヨタ自動車 本田技研工業 日産自動車 デンソー アイシンAW 富士通テン ケーヒン
  日立AS パナソニックAuto Bosch Continental NTTデータMSE SCSK 東芝情報
  日立SOL 富士ソフト オーバス ベクター イーソル メンターG ETAS APTJ EB QNX
表「OEM/Tier1/ソフトウェアベンダ24社のソフトウエア開発概要」
表「OEM/Tier1/ソフトウェアベンダ24社のソフトウエア開発実態」
表「OEM/Tier1/ソフトウェアベンダ19社の開発体制」
表「OEM/Tier1/ソフトウェアベンダ24社のソフト開発委託先、協業先など」
表「OEM/Tier1/ソフトウェアベンダ15社の開発ツール/プラットフォーム戦略」
表「OEM/Tier1/ソフトウェアベンダ24社の製品・アプリケーション戦略」
表「OEM/Tier1/ソフトウェアベンダ17社のISO26262、機能安全関連戦略」
表「OEM/Tier1/ソフトウェアベンダ19社の制御系ソフトウェアの特徴」
表「情報系(ナビ、エンタメなど)開発ツール/プラットフォーム14社の戦略」
表「情報系(ナビ、エンタメなど)製品・アプリケーションの24社の戦略」
表「情報系(ナビ、エンタメなど)7社の特徴」
表「制御系と情報系を連携するもの(クラスタ、ADAS、HMIなど)開発ツール/プラットフォームの各社の戦略」
表「制御系と情報系を連携する(クラスタ、ADAS、HMIなど)24社の製品・アプリケーション戦略」
表「機械制御系と情報系を連携するもの(クラスタ、ADAS、HMIなど)14社の特徴」
表「制御系と情報系を連携する(クラスタ、ADAS、HMIなど)10社のセンサー(レーダー、ライダー、カメラなど)戦略」
表「車載セキュリティ24社の戦略(ハードウエア)」
表「車載セキュリティ24社の戦略(ソフトウエア)」
表「AI、自動運転(ハードウエア)24社の戦略」
表「AI、自動運転(ソフトウエア)24社の戦略」
表「車載ネットワーク24社の戦略」

第Ⅱ章.主要企業24社の車載ソフトウェア開発戦略個票

図「トヨタの新体制概要図」
図「トヨタ自動車の新しい組織のイメージ」
図「2016年3月に発表されたトヨタの新体制」
図「コネクティッドカンパニーの設立」
図「AGLによる情報系、HMIの開発」
表「ホンダグループの組織と役割」
図「ホンダグループの組織」
図「本田の研究開発システム」
図「本田技術研究所の現場組織」
図「本田の三層のグローバル組織」
図「デンソーの組織図」
図「デンソーのドメイン定義」
図「デンソーの考える車載ネットワーク」
図「パナソニック オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社の組織図」
図「NTTデータMSEの組織図」
図「SCSKの組織図」
図「日立ソリューションズの組織図」
図「富士ソフトの組織図」
図「イーソルの組織図」
図「APTJのビジネスモデルと関連企業(2017年1月時点)」

第Ⅲ章.注目20社の車載ソフト最新動向

図「16年→20年 自動車はこう変わる」
図「ドメイン定義」
表「クルマへの想定攻撃」
表「車載セキュリティ 未然防止・事後対策の内容」
図「日立の安全統合制御システム技術のロードマップ~2030年」
図「自動走行システムにおいてワンストップで高品位なソリューションを提供」
表「システム主要構成(レベル2相当[高速道])」
図「売上収益構成比」
表「情報安全分野における産官学連携強化」
図「世界5極の生産ラインとカスタマ、ベンダをIoTで双方向につなぎ、高効率で高品質なモノづくりを推進」
図「アイシン・コムクルーズのMBSE」
表「イーソルの沿革」
図「ECU統合の狙い」
図「ECU統合の課題」
図「課題解決アプローチ」
図「統合ECUの実装例(既存技術)」
図「ISO 26262対応JASPARテンプレートを活用した支援」
表「PUX社のソフトウェアと採用事例」
図「オブジェクト認識」
図「オブジェクトトラッキング」
図「ナンバープレート認識」
図「リアルタイムOSの必要性;低遅延性」
図「リアルタイムOSの必要性;並列処理」
図「リアルタイムOSの必要性;機能安全」
表「eT-Kernelのパッケージ内容」
図「ETASの組込みソフト・コンサルティング」
図「ETASのOTAソフト・マネジメント」
図「富士通のISO26262対応ビジネス」

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 178,200円 (本体 165,000円 消費税 13,200円 )
定価 178,200円 (本体 165,000円 消費税 13,200円 )
定価 210,600円 (本体 195,000円 消費税 15,600円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C58103800 2016年版 メディカルバイオニクス(人工臓器)市場の中期予測と参入企業の徹底分析
C58120800 2017 次世代モビリティ市場の最新動向と将来展望
C58124400 2017年版 静電容量方式タッチパネル・部材市場の徹底分析
C58121400 2017年版 自動車アフターマーケット総覧