2017年版 激動するドラッグチェーン

医薬品、化粧品、トイレタリーの各メーカー、卸をはじめGMS、SM、HC、DSなど小売業の営業、企画、市場調査、マーケティングの各担当者およびDgS事業への参入やドラッグチェーンとのビジネス展開をご検討の皆様方に必携の資料。ドラッグストアの成長継続に求められる、さらなる専門性の強化と利便性の追求。調剤併設型ドラッグストアでは、かかりつけ薬剤師・薬局への対応が不可欠。

発刊日: 2017/05/23 体裁: A4 / 361頁
資料コード: C59100600 PDFサイズ: 3.3MB
カテゴリ: 流通小売、一般・事業所向けサービス、金融 / ヘルスケア、医療、医薬、介護、医療機器

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本書においてはドラッグストア市場の調査を行い、下記を明らかにすることを目的としている。
(1)ドラッグストアの企業別の動向 (2)ドラッグストア市場の展望と課題 (3)ドラッグストア市場の将来
調査対象市場:ドラッグストア
調査対象エリア:日本
調査対象企業数:ドラッグストア 詳細調査16件、簡略調査169件 合計185件
調査方法:直接面接取材、郵送式アンケート調査、文献調査その他データ収集
調査期間:2017年2月~2017年5月

資料ポイント
Close

  • 健康拠点に加え、多様な商品・サービスの提供による社会的基盤としての役割を期待。調剤併設型ドラッグストアでは、かかりつけ薬剤師・薬局への対応不可欠
  • ウエルシアホールディングス、マツモトキヨシホールディングスの将来目標は売上高1兆円。大手チェーン各社は中期目標達成に向けて、出店に加えM&Aにも積極的姿勢
  • 顧客ニーズ対応の充実へ新業態開発に注力。医療や介護に対する取り組みも強化、ヘルスケアネットワークの構築で健康、医療、介護に関する総合的なサービス提供を目指す
  • ドラッグストア経営に関するアンケート調査を実施-今後取り扱いの強化・充実を図るカテゴリー、処方箋応需の状況と調剤部門運営上の問題点、他

資料概要
Close

第1章 ドラッグチェーンの現状と将来展望
第2章 主要ドラッグチェーンの展望と戦略
第3章 主要ドラッグチェーン個表

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章 ドラッグチェーンの現状と将来展望

1.薬局・薬店数の推移
  ・2015年度の薬局は0.9%増、店舗販売業は1.6%増
   医薬品販売業態全体では1.1%増で事実上10年連続の増加
    【表】薬局・薬店数の推移
2.主要ドラッグチェーンの動向
  ・ウエルシアホールディングスは、2020年2月期に売上高8,000億円、
   経常利益360億円、経常利益率4.5%、総店舗数1,850店舗を目指す
  ・マツモトキヨシホールディングスは、経営ビジョン実現のための経営目標として、
   2021年3月期にグループ売上高8,000億円、ROE10%以上を設定
    【表】主要企業の売上高・経常利益・店舗数(最新年度実績)
    【表】主要企業の出店・閉店実績と計画
  ・サンドラッグの主たる経営指標は、
   総資産経常利益率15.0%以上および自己資本純利益率15.0%以上
  ・ツルハホールディングスは、2019年5月期に2,000店舗、
   売上高7,000億円、営業利益率8.0%以上の達成を目指す
  ・コスモス薬品は中長期的には九州地区600店舗、
   中国・四国地区600店舗、関西地区1,000店舗、
   中部地区1,000店舗を目指す。5年後をメドに北関東への進出も検討
  ・スギホールディングスは、
   2021年2月期に1,500店舗、売上高5,000億円を目標
  ・ココカラファインは、
   2020年3月期に売上高4,200億円、経常利益220億円を目標
3.主要ドラッグチェーンの戦略
  ・顧客ニーズ対応の充実へ新業態開発に注力
   医療や介護に対する取り組みも強化、ヘルスケアネットワークの構築で
   健康、医療、介護に関する総合的なサービス提供を目指す
  (1)業態開発
    ①小商圏型・狭小商圏型、食品売場の強化
    ・小商圏または狭小商圏型で高来店頻度の実現へ、食品強化の動きが目立つ
    【表】主要企業の食品売上高(最新年度)
    【表】主要企業の主な小商圏型・狭小商圏型店舗の
     開発状況および食品売場の強化状況
    ②ディスカウント型、ディスカウントストア
    ・コスモス薬品は完全EDLP路線への転換から2年以上が経過、2017年5月期
     第2四半期の既存店売上高は前年同期比4.2%増と顧客への浸透が進む
    ・ゲンキーのNew300坪タイプはスーパーマーケットがない地域では、
     商圏人口7,000~8,000人でも集客と収益を確保可能な店舗と位置付け
    ・サンドラッグとダイレックスを融合した新業態店は100店舗を超える
    ・マツモトキヨシホールディングスは、
     ディスカウント型の新業態「petit madoca(プチマドカ)」を25店舗展開
    ③コンビニエンス複合型
    ・コンビニエンスストアとの複合店
     サンドラッグCVSは東京都区部に11店舗を展開
    ④その他
    ・マツモトキヨシホールディングスは、美と健康の分野に特化した
     商品・サービスを展開する次世代ヘルスケア店舗
     「matsukiyo LAB(マツキヨラボ)」を地域の拠点として展開
    ・スギホールディングスは、「美・健康・快適生活の総合サポート」をコンセプト
     とした核店舗を、10店舗に1店舗の割合で出店。早期に100店舗体制を目指す
    ・ウエルシアホールディングスは、新業態として
     ビューティケアと調剤・ヘルスケアを融合させた都市型店舗の出店を開始
  (2)調剤事業
    ・調剤業界での存在感が増すドラッグチェーンの調剤事業
    【表】主要企業の調剤売上高(最新年度)
    ・ウエルシアホールディングスのビジネスモデルの柱となる
     調剤併設率は66.9%、2017年2月期の調剤売上高は974億84百万円
    ・「地域医療対応型ドラッグストア」の最強ビジネスモデル確立を目指す
     スギホールディングス、2017年2月期の調剤売上高は754億48百万円
    ・ツルハホールディングスの調剤店舗数は400店舗を超える
     2017年5月期に調剤売上高は500億円台後半の見込み
    ・ココカラファインの2017年3月期の調剤売上高は
     前期比2.5%減の489億94百万円、調剤取扱店舗数は249店舗
    ・マツモトキヨシホールディングスは、
     調剤サポートプログラムで個人・小規模薬局を経営支援
     5年後に直営店と加盟店の合計で調剤売上高1,000億円規模を目指す
  (3)介護事業
    ・トータルヘルスケアサービスの実現へ、介護事業対応を強化する企業が増加
     ウエルシアホールディングスは、
     調剤併設、カウンセリング営業に次ぐ柱として介護領域を加える
    ・ココカラファインの介護事業はコア事業との連携を強化
     物販に調剤、介護、在宅医療を融合した新たなビジネスモデルの構築を目指す
    ・クリエイトSDホールディングスは、
     機能訓練型デイサービス41施設を運営、既存施設の収益力改善に注力
  (4)PB戦略
    【表】主要企業の主なPB戦略
  (5)インバウンド対応
    【表】主要企業の主なインバウンド対応
  (6)海外事業
    ・ツルハホールディングスはタイに注力、現在19店舗まで拡大
    ・ウエルシアホールディングスは、シンガポールを海外展開の拠点とする方針
    ・マツモトキヨシホールディングスは、2015年にタイに海外第1号店を出店
    ・キリン堂ホールディングスの中国事業はグループ内統合を実施
4.ドラッグチェーンの将来展望
  ・ウエルシアホールディングス、マツモトキヨシホールディングスの
   将来目標は売上高1兆円。大手チェーン各社は中期目標達成に向けて、
   出店に加えM&Aにも積極的姿勢
    【表】主要企業の中期計画(数値目標)
  ・ドラッグストアの成長継続に求められる、
   さらなる専門性の強化と利便性の追求
  ・調剤併設型ドラッグストアでは、かかりつけ薬剤師・薬局への対応が不可欠
  ・多様な品揃えを持つドラッグストアの強みを生かし、
   セルフメディケーションの推進役に
  ・健康拠点に加え、多様な商品・サービスの提供による
   社会的基盤としての役割を期待
    【表】主要企業の出店戦略
    【表】2008年以降のドラッグストア・
   調剤薬局業界における主な合併および提携状況
    【表】株式公開企業の収益状況
    【表】株式公開企業の商品部門別売上構成比
    【表】主要ドラッグチェーンの店舗数推移
    【表】主要ドラッグチェーンの地域別売上高・店舗数
    【表】主要ドラッグチェーン160社の売上高・経常利益一覧
5.ドラッグストア経営に関するアンケート調査

第2章 主要ドラッグチェーンの展望と戦略

1.(株)アインホールディングス
  ・物販事業は2020年4月期に売上高500億円を目標
   オリジナルブランドの単独店「LIPS and HIPS Style Store」の展開を開始
    【表】業績推移
    【表】出店・閉店数推移
    【表】物販事業の状況
    【表】物販事業の売上高、出店計画
    【表】セグメント別販売実績
    【表】地域別販売実績
    【表】沿革
2.ウエルシアホールディングス(株)
  ・2020年2月期に売上高8,000億円、経常利益360億円、
   1,850店舗を計画。調剤併設率85%、毎期100店以上の出店を目指す
    【表】業績推移
    【表】会社別業績推移
    【表】出店・閉店数推移
    【表】調剤併設店、深夜営業店店舗数推移
    【表】品目別売上高推移
    【表】地区別売上高推移
    【表】沿革
3.(株)カワチ薬品
  ・専門性と便利性を融合させた独自業態のドラッグストアに、
   調剤薬局を併設した「最も身近なヘルスケアセンター」の実現を目指す
    【表】業績推移
    【表】出店・閉店数推移
    【表】部門別売上高推移
    【表】地区別売上高推移
    【表】沿革
4.(株)キリン堂ホールディングス
  ・関西ドミナントの推進、既存店の活性化など6つの重点課題に取り組み、
   2020年2月期に連結売上高1,370億円を目標
    【表】業績推移
    【表】出店・閉店数推移
    【表】タイプ別店舗数推移
    【表】事業別売上高推移
    【表】品目別売上高推移
    【表】地域別売上高推移
    【表】沿革
5.(株)クスリのアオキホールディングス
  ・小商圏対応を強化した300坪型を中心に、
   生鮮を付加した450坪型も揃え、北関東と東海・近畿エリアに集中出店
    【表】業績推移
    【表】出店・閉店数推移
    【表】形態別店舗数
    【表】商品部門別売上高推移
    【表】地域別売上高推移
    【表】沿革
6.(株)クリエイトSDホールディングス
  ・利便性の向上や調剤機能の追加で、個店の収益力を強化
   2021年5月期に700店舗、売上高3,500億円を目指す
    【表】業績推移
    【表】出店・閉店数推移
    【表】業態別店舗数推移
    【表】品目別売上高推移
    【表】地区別売上高推移
    【表】沿革
7.ゲンキー(株)
  ・2018年6月期に売上高1,000億円の突破を目標
   岐阜県と愛知県を重点エリアに展開、New300坪型を標準に出店ペースを加速
    【表】業績推移
    【表】出店・閉店数推移
    【表】商品別売上高推移
    【表】地区別売上高推移
    【表】業態別売上高推移
    【表】沿革
8.(株)ココカラファイン
  ・2020年3月期に売上高4,200億円、経常利益220億円を目標
   既存店の再編に目処、出店ペースを加速し年間50~60店舗の出店目指す
    【表】業績推移
    【表】出店・閉店数推移
    【表】会社別店舗数推移
    【表】商品別売上高推移
    【表】地域別売上高推移
    【表】沿革
9.(株)コスモス薬品
  ・完全EDLP路線に転換、継続的に運営コストを低減。出店は関西と
   中部に重点をシフト。売上高、店舗数とも年率10%の成長を目指す
    【表】業績推移
    【表】出店・閉店数推移
    【表】品目別売上高推移
    【表】地域別売上高推移
    【表】沿革
10.サツドラホールディングス(株)
  ・2021年5月期までの中期計画で、売上高1,000億円、経常利益30億円を目標
   小商圏対応の標準店を年10店舗超のペースで出店
    【表】業績推移
    【表】出店・閉店数推移
    【表】部門別売上高推移
    【表】沿革
11.(株)サンドラッグ
  ・サンドラッグとダイレックス融合の新業態店は100店舗超える
   郊外型ドラッグストアの単独出店が増加、集客力アップへ食品部門を強化
    【表】業績推移
    【表】出店・閉店数推移
    【表】地区別店舗数
    【表】商品別売上高推移
    【表】沿革
12.スギホールディングス(株)
  ・2021年2月期に1,500店舗、売上高5,000億円を目標
   物流施設の整備が完了、トータルコストの最適化実現で出店スピードを加速
    【表】業績推移
    【表】事業部門別売上高推移
    【表】出店・閉店数推移
    【表】エリア別・子会社別店舗数
    【表】事業別出退店実績・計画
    【表】商品部門別売上構成比
    【表】沿革
13.(株)ツルハホールディングス
  ・2019年5月期に売上高7,000億円、2,000店舗を目標
   持続的かつ高成長の追及へ、ドミナント戦略とM&Aを含む多店舗展開を推進
    【表】業績推移
    【表】出店・閉店数推移
    【表】会社別出店状況と計画
    【表】地域別出店状況と計画
    【表】品目別売上高推移
    【表】地域別売上高推移
    【表】沿革
14.(株)トモズ
  ・毎年10店舗以上を出店、30億円ペースの増収で2020年3月期に
   売上高750億円を目標。店舗フォーマットは「青トモズ」の深耕に重点
    【表】業績推移
15.(株)マツモトキヨシホールディングス
  ・2021年3月期にグループ売上高8,000億円、
   ROE10%以上を目標。関東、関西、東海を重点エリアに出店を強化
    【表】業績推移
    【表】出店・閉店数推移
    【表】小売事業会社の会社別店舗数推移
    【表】地区別売上高推移
    【表】事業部門別売上高推移
    【表】商品別売上高推移
    【表】沿革
16.(株)薬王堂
  ・商圏人口5,000人で成立する独自の店舗モデルの確立で出店余地の拡大を図る
   福島県への進出は2018年を予定、東北6県で500店舗体制を目指す
    【表】業績推移
    【表】出店・閉店数推移
    【表】地域別店舗数推移
    【表】部門別売上高推移
    【表】地域別売上高推移
    【表】沿革

第3章 主要ドラッグチェーン個表

〔ア〕
(株)アインホールディングス、(株)アカカベ、赤松製薬(有)、雨宮商事(株)、
アローファーマ(株)、いしざか薬局(株)、(株)石丸一正商店、(株)いちや薬局、
(株)一本堂、(株)いでや、(株)犬飼通作商店、(株)岩崎宏健堂、
ウエルシアホールディングス(株)、(株)ウェルパーク、(株)エービン、
(株)永寿屋本店薬局、(株)江頭エーザイ、(株)エトフ、(株)エフケイ、
(株)遠藤薬局、(株)大賀薬局、(株)大島薬局、(有)大手町薬局、
(株)岡田薬局、(有)沖舘薬局、(株)オダギリ、(株)小田薬局

〔カ〕
(有)春日薬局、(株)勝原薬局、(株)勝山薬局、金光薬品(株)、(株)カメガヤ、
河上薬品商事(株)、(株)カワチ薬品、(株)きくや、(株)キク薬舗、
(株)木山薬局、(株)杏林堂薬局、協和商事(株)、(株)キリン堂ホールディングス、
薬日本堂(株)、(株)クスリのアオキホールディングス、(株)くすりのコーエイ、
(株)クスリのサンロード、(株)くすりのスミレ、(株)くすりのダイイチ、
(株)クスリのナカヤマ、(株)くすりの福太郎、(株)クスリのマルエ、
(株)くすりのマルト、薬ヒグチ&ファーマライズ(株)、
(株)クリエイトSDホールディングス、クレハ薬品商事(株)、(株)ケアーズ、
(株)ケイポートドラッグマート、ゲンキー(株)、(有)ケンコー、(株)健康一家、
(株)ケンミン、(有)コーソ薬局、弘陽薬品(株)、(株)コクミン、
(株)ココカラファイン、(株)ココ第一薬品、(株)コスモス薬品、ゴダイ(株)、
小林薬局(有)、(株)コメヤ薬局、(株)子安

〔サ〕
(株)サカイヤ、(株)ザグザグ、(株)佐々浪ファーマシー、
(株)サッポロドラッグストアー、(株)三愛薬局、(株)サンキュードラッグ、
(株)三千里薬品商会、(株)サンドラッグ、JR九州ドラッグイレブン(株)、
シグマ薬品(株)、(有)しげみ薬店、(株)至誠堂下山薬局本店、シミズ薬品(株)、
(株)示野薬局、(株)下川薬局、(株)湘南薬品、昭和薬業(株)、昭和薬品(株)、
(有)新共薬局、新生堂薬品(株)、(株)新生堂薬局、スギホールディングス(株)、
(株)スギヤマ薬品、(有)杉山薬局、(株)スマイルドラッグ、(株)星光堂薬局、
(株)セキ薬品、瀬高薬品(株)、(株)セトウチ、(株)扇長

〔タ〕
第一薬局(株)、(株)ダイコク、(株)大屋、(株)太陽堂、(株)高島屋前岐薬、
(株)高田サンキュー薬局、(有)タカヤマ、竹下薬品(株)、(株)タケダドラッグ、
(株)田多井薬局、(株)千葉薬品、中部薬品(株)、(株)辻薬店、(株)ツジ薬局、
(株)ツルハグループドラッグ&ファーマシー西日本、(株)ツルハホールディングス、
(株)テイコク製薬社、(株)東海セイムス、(株)同仁堂、(株)東北セイムス、
(株)トーチ、常盤漢方(株)、(株)トモズ、(株)とをしや薬局、
(株)ドラッグ・アーバン、(株)ドラッグストアモリ、(合)ドラッグヤマシン

〔ナ〕
内外新薬(有)、(株)中島薬局、(有)永瀬永壽堂、(株)ナガタ薬品、
ナンバ薬品(株)、(株)ニシイチドラッグ、(株)西日本セイムス、
(株)西本真生堂

〔ハ〕
(株)灰吹屋薬局、(株)ハシドラッグ、(株)ぱぱす、(株)ハロー、
(株)阪神薬局、(株)ビー・アンド・ディー、光(株)、(株)広島中央薬局、
(株)ファーマシー木のうた、(株)ふく薬品、(株)富士薬品、
(株)ププレひまわり、紅屋商事(株)、(株)星野薬局、(株)ほしまん

〔マ〕
(株)町田アンド町田商会、(株)マツモトキヨシ九州販売、
(株)マツモトキヨシ甲信越販売、(株)マツモトキヨシホールディングス、
(有)まつや、マリン薬局(株)、(株)マルエーうちや、(株)丸大サクラヰ薬局、
(株)ミズ、(株)ミック・ジャパン、ミネ医薬品(株)、(株)宮崎薬局、
(株)宮本薬局、(株)村源、(株)明治堂薬品、(株)モリキ、森久保薬品(株)

〔ヤ〕
(株)薬王堂、(株)安武商店、薬局実践研究会(有)、(株)薬局白十字、
(株)ヤックス、(株)ヤナセ薬局、山口薬品(株)、(株)ヤマザワ薬品、
山田薬品(株)、(株)ユタカファーマシー、ユニバーサルドラッグ(株)、
(株)横浜ファーマシー、(株)よどや、(株)ヨネキ十字堂、(株)萬屋薬局

〔ラ〕
(株)龍生堂本店、(株)レデイ薬局

〔ワ〕
(株)若井薬品、(株)ワン・ツー

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円 )
定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59100200 2017年版 パッケージ印刷市場の展望と戦略
C58122700 2017 ワークスタイル変革ソリューション市場の実態と展望
C59101200 2017 ネット通販市場白書
C59102100 2017 自治体向けソリューション市場の実態と展望 ~自治体別アンケート回答結果編~