2017 シェアリングエコノミー市場の実態と展望 ~民泊/カーシェア/駐車場予約/クラウドソーシング・ファンディング~

欧米ではモノ・スペース・乗り物などをシェアするシェアリングエコノミーサービスは既に主流となってきている。日本でも「Airbnb」「Uber」といった海外の大手シェアリングエコノミーサービス事業者が参入してきており、シェアリングエコノミーサービスが浸透してきている。
本調査レポートでは、シェアリングエコノミーサービスの普及による「自動車業界」「タクシー業界」「ホテル・旅館業界」「コインパーキング業界」「テナント業界」「アパレル業界」「人材派遣業界」「BPO業界」「金融業界」などの既存業界への影響を踏まえながら、その方向性を記した。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:本レポートではシェアリングエコノミーサービス市場についての調査を行い、下記を明らかにすることを目的としている。
 (1)シェアリングエコノミーサービス市場の実態と展望
 (2)市場規模と将来予測(2015年度~2021年度)
 (3)シェアリングエコノミー事業者の動向
調査対象市場:シェアリングエコノミーサービス市場
調査対象エリア:日本
調査対象企業数:シェアリングエコノミーサービス提供事業者28社、民泊物件の運営代行事業者1社
調査方法:直接面接取材、文献調査その他データ収集
調査期間:2017年4月~2017年10月

調査結果サマリー
Close

シェアリングエコノミー(共有経済)市場に関する調査を実施(2017年)
~民泊新法成立を背景に大手企業の参入が増加~
・2016年度の国内シェアリングエコノミー市場規模は前年度比26.6%増の503億4,000万円
・民泊新法成立を背景とした大手企業の参入と訪日外国人客の利用増加により市場が拡大
・現状はまだ小規模だが、多様な業界のサービスを徐々にリプレースしながら成長と予測

資料ポイント
Close

  • シェアリングエコノミーサービス市場とは
  • 「自動車業界」「タクシー業界」「ホテル・旅館業界」「コインパーキング業界」「テナント業界」「アパレル業界」「人材派遣業界」「BPO業界」「金融業界」 などの既存業界に与える影響と度合
  • シェアリングエコノミーサービス市場規模予測(2015年度~2021年度)
  • シェアリングエコノミーサービスの将来予測と方向性
  • 参入企業の動向と戦略
  • 個別企業実態調査票
  • 掲載カテゴリー
    ・乗り物のシェアリングエコノミー(カーシェアリング、サイクルシェアリング、ライドシェア、配車アプリ)
    ・スペースのシェアリングエコノミー(民泊サイト、間借りサイト、オンライン駐車場予約サービス)
    ・モノのシェアリングエコノミー(ファッションシェアリング、オンラインレンタルサービス)
    ・ヒトのシェアリングエコノミーサービス(クラウドソーシング、オンラインマッチングサービス)
    ・カネのシェアリングエコノミーサービス(クラウドファンディング、ソーシャルレンディング)

資料概要
Close

I シェアリングエコノミー市場の実態と展望
II 市場規模と将来予測
III シェアリングエコノミー事業者の定量データ
IV 乗り物のシェアリングエコノミー 個別企業実態調査票
V スペースのシェアリングエコノミー 個別企業実態調査票
VI モノのシェアリングエコノミー 個別企業実態調査票
VII ヒトのシェアリングエコノミー 個別企業実態調査票
VIII カネのシェアリングエコノミー 個別企業実態調査票

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

1.市場動向
2.企業動向
3.課題と展望

I シェアリングエコノミー市場の実態と展望

1.シェアリングエコノミー市場とは
  (1)シェアリングエコノミーサービスとは
  (2)注目されている背景
  (3)サービス活用のメリット
  (4)サービス提供事業者の課題
2.各業界に与える影響
  (1)自動車メーカーへの影響
    ①カーシェアリングが与える影響
    ②カーシェアリング車両台数・会員数の推移
  (2)タクシー会社への影響
    ①ライドシェアが与える影響
    ②タクシーの運送収入推移
  (3)ホテル・旅館業界への影響
    ①民泊サイトが与える影響
    ②民泊サイトにおける流通額推移推計
  (4)コインパーキング業界への影響
    ①駐車場シェアが与える影響
    ②駐車場総共用台数の推移
  (5)テナント業界への影響
  (6)衣料業界への影響
    ①ファッションシェアリングが与える影響
    ②国内アパレル(婦人服・洋品)小売市場規模の推移
  (7)人材派遣・BPO業界への影響
    ①クラウドソーシングが与える影響
    ②BPO及び人材派遣の市場規模推移
  (8)金融業界への影響
3.シェアリングエコノミー事業者の方向性
  (1)シェアリングエコノミーの認知度
  (2)協業による事業拡大

II 市場規模と将来予測

1.シェアリングエコノミー市場全体の市場規模予測
  (1)全体の市場規模推移予測(2015年度~2021年度)
2.シェアリングエコノミー市場カテゴリ別の市場規模予測
  (1)乗り物の市場規模推移予測(2015年度~2021年度)
  (2)スペース(民泊)の市場規模推移予測(2015年度~2021年度)
  (3)スペース(駐車場・その他スペース)の市場規模推移予測(2015年度~2021年度)
  (4)モノの市場規模推移予測(2015年度~2021年度)
  (5)ヒトの市場規模推移予測(2015年度~2021年度)
  (6)カネの市場規模推移予測(2015年度~2021年度)

III シェアリングエコノミー事業者の定量データ

1.シェアリングエコノミー事業者の収益獲得方法
2.シェアリングエコノミー事業者の売上高
3.シェアリングエコノミー事業者のユーザ数(人)
4.シェアリングエコノミー事業者のユーザ数(社数)
5.シェアリングエコノミーのユーザ属性

IV 乗り物のシェアリングエコノミー 個別企業実態調査票

1.株式会社アース・カー
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)課題と解決の方向性
  (6)市場の将来展望および今後の事業展開
2.Uber Japan株式会社
  (1)サービスの概要とビジネスモデル
  (2)ターゲットと営業スタイル
  (3)課題と解決の方向性
  (4)外部企業とのタイアップ
  (5)市場の将来展望および今後の事業展開
3.オリックス自動車株式会社
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
4.コギコギ株式会社
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
5.株式会社ジクウ
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
6.株式会社ディー・エヌ・エー
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)課題と解決の方向性
  (6)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (7)外部企業とのタイアップ
  (8)市場の将来展望および今後の事業展開
7.株式会社notteco
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
8.三井不動産リアルティ株式会社
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開

V スペースのシェアリングエコノミー 個別企業実態調査票

1.akippa株式会社
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
2.株式会社アグリメディア
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
3.Airbnb Japan株式会社
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ユーザーの募集及び交流
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの特徴
  (6)課題と解決の方向性
  (7)外部企業とのタイアップ
  (8)市場の将来展望及び今後の事業展開
4.株式会社エボラブルアジア
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (7)外部企業とのタイアップ
  (8)市場の将来展望および今後の事業展開
5.株式会社カウンターワークス
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
6.株式会社スペイシー
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
7.株式会社スペースマーケット
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
8.軒先株式会社
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
9.株式会社Hosty
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)課題と解決の方向性
  (6)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (7)外部企業とのタイアップ
  (8)市場の将来展望および今後の事業展開

VI モノのシェアリングエコノミー 個別企業実態調査票

1.株式会社エアークローゼット
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
2.株式会社オムニス
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
3.株式会社メルカリ
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開

VII ヒトのシェアリングエコノミー 個別企業実態調査票

1.株式会社AsMama
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)課題と解決の方向性
  (6)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (7)市場の将来展望および今後の事業展開
2.株式会社エニタイムズ
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
3.株式会社クラウドケア
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
4.株式会社グローバルウェイ
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
5.ストリートアカデミー株式会社
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (7)外部企業とのタイアップ
  (8)市場の将来展望および今後の事業展開
6.株式会社タスカジ
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
7.株式会社ビザスク
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開

VIII カネのシェアリングエコノミー 個別企業実態調査票

1.maneo株式会社
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)プラットフォームの構築と運用
  (6)課題と解決の方向性
  (7)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (8)外部企業とのタイアップ
  (9)市場の将来展望および今後の事業展開
2.クラウドクレジット株式会社
  (1)市場の概況
  (2)サービスの概要とビジネスモデル
  (3)ターゲットと営業スタイル
  (4)他社との差別化ポイント
  (5)課題と解決の方向性
  (6)シェアリングエコノミーが影響を与える業界
  (7)外部企業とのタイアップ
  (8)市場の将来展望および今後の事業展開

<図表目次>
図表1 シェアリングエコノミー市場規模推移予測(2015~2021年度)
図表2 シェアリングエコノミーサービスの仕組み
図表3 カーシェアリング車両台数・会員数の推移
図表4 国内新車登録車の販売台数
図表5 新車登録車の販売台数に対する比率
図表6 タクシーの運送収入推移
図表7 ホテルの市場規模推移(2015年度~2017年度)
図表8 民泊サイトにおける国内流通額推移(2015年度~2021年度)
図表9 駐車場総共用台数の推移
図表10 国内アパレル(婦人服・洋品)小売の市場規模の推移
図表11 国内アパレル小売(通販等)の市場規模の推移
図表12 BPO市場規模推移(2015年度~2020年度)
図表13 人材派遣業市場規模推移(2011年度~2016年度)
図表14 全体の市場規模推移予測(2015年度~2021年度)
図表15 乗り物の市場規模推移予測(2015年度~2021年度)
図表16 スペース(民泊)の市場規模推移予測(2015年度~2021年度)
図表17 スペース(駐車場・その他スペース)の市場規模推移予測(2015年度~2021年度)
図表18 モノの市場規模推移予測(2015年度~2021年度)
図表19 ヒトの市場規模推移予測(2015年度~2021年度)
図表20 カネの市場規模推移予測(2015年度~2021年度)
図表21 シェアリングエコノミー事業者の収益獲得方法
図表22 シェアリングエコノミー事業者の売上高
図表23 シェアリングエコノミー事業者のユーザ数(人)
図表24 シェアリングエコノミー事業者のユーザ数(社数)
図表25 シェアリングエコノミーのユーザ属性
図表26 カーシェアリングの利用例
図表27 Uberのサービス概要
図表28 「オリックスカーシェア」会員数および車両台数推移
図表29 「オリックスカーシェア」の料金設定
図表30 「オリックスカーシェア」の主な提携先
図表31 Anycaの個人間カーシェアリングサービス
図表32 「カレコ・カーシェアリングクラブ」の利用料金
図表33 「カレコ・カーシェアリングクラブ」会員の属性
図表34 カウンターワークスのSHOPCOUNTER
図表35 スペイシーの会議室シェアサービス
図表36 スペイシー利用ユーザの内訳
図表37 スペースマーケットの利用方法
図表38 「軒先ビジネス」の概要
図表39 Hostyの民泊向け運用代行サービス
図表40 「airCloset」ビジネスモデル全体像
図表41 「SUSTINA」サービスの強み
図表42 「メルカリ」内販売点数ジャンル別販売点数シェア
図表43 AsMamaの「子育てシェア」
図表44 「ANYTIMES」の「リクエスト」ビジネスモデル
図表45 サービス「TimeTicket」イメージ図(単価1000円の場合)
図表46 「ストアカ」のカテゴリー
図表47 タスカジのシェアリングエコノミーサービス
図表48 タスカジの料金パターン
図表49 ビザスクの「WEBマッチング」と「フルサポートマッチング」
図表50 「maneo」のサービス運営体制
図表51 「maneo」の仕組み
図表52 クラウドクレジットのビジネスモデル
図表53 ローン別の構成比
図表54 ファンド累計成約額の内訳
図表55 クラウドクレジットの収入源
図表56 クラウドクレジットの累計ユーザー登録数の推移
図表57 クラウドクレジットのパートナー
図表58 中期残高推移(億円)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C58104500 2016 シェアリングエコノミー市場の実態と展望 ~民泊/カーシェア/駐車場予約/クラウドソーシング・ファンディング~
C59109400 2017年版 進化する食品製造・加工機械 ~人手不足を解決する最新技術の動向~
C59102000 2017年版 リチウムイオン電池部材市場の現状と将来展望 ~主要四部材編~
C59103100 2017-2018 BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)市場の実態と展望