2017年版 メディカル給食、在宅配食の市場展望

本調査レポートは、給食サービス企業における病院給食(患者給食、職員給食)と高齢者施設給食(入所者給食、職員給食)の取扱い動向、在宅配食サービス企業における健康食、介護食、治療食の取扱い動向、加工食品メーカーにおける高加工度食品の取扱い動向、及び病院、特養、老健における入院・入所者への給食提供状況などを把握し、参入各社の市場戦略と市場の現状と今後の見通しを行うことを目的とする。

発刊日: 2017/06/29 体裁: A4 / 508頁
資料コード: C59105500 PDFサイズ: 14.0MB
カテゴリ: 食品、アグリ、バイオ / ヘルスケア、医療、医薬、介護、医療機器

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 237,600円 (本体 220,000円 消費税 17,600円 )
定価 237,600円 (本体 220,000円 消費税 17,600円 )
定価 270,000円 (本体 250,000円 消費税 20,000円 )
定価 475,200円 (本体 440,000円 消費税 35,200円 )
定価 507,600円 (本体 470,000円 消費税 37,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象分野:病院給食(病院、診療所)、高齢者施設給食(特養、老健、有料老人ホーム)、在宅配食サービス(クックサーブ、クックチル)
調査方法:企業については、直接面接調査を実施。施設については、郵送留置アンケート調査を実施
調査期間:2017年4月~2017年6月

調査結果サマリー
Close

メディカル給食・在宅配食サービス市場に関する調査を実施(2017年)
~患者や高齢者の在宅へのシフトにより、在宅配食サービス市場は拡大の見通し~
・2016年度のメディカル給食・在宅配食サービス市場規模は2兆2,011億円、前年度比101.3%と微増
・高齢者施設給食と在宅配食サービスが市場を牽引し、メディカル給食・在宅配食サービス市場は今後も堅調に推移

資料ポイント
Close

  • 2兆2,000億円のメディカル給食市場
  • 高齢化と生活習慣病が市場拡大の追い風に
  • 人手不足でCKと高加工品の活用が活発化
  • 低収益な案件では受託を断る動きも
  • 外部委託率が7割に近づく高齢者施設給食
  • 高齢者施設給食は施設の多様化に対応
  • 1,200億円に近づいても伸び続ける在宅配食
  • 在宅配食は自己負担の民間サービスが市場牽引
  • 厚労省が在宅配食のガイドライン作り進める
  • 小規模施設の朝食向けに冷凍介護食品が浸透
  • 大手給食企業もCKSKを研究、実施を検討
  • 加工食品メーカーはメディカル給食対応を強化
  • 病院、特養、老健の臨床現場を詳細アンケート
  • 有力33社の企業戦略を徹底研究
  • 参入企業328社の企業名鑑を掲載

資料概要
Close

第Ⅰ章 マーケットの現状と将来展望
第Ⅱ章 病院給食マーケットの現状と展望
第Ⅲ章 高齢者施設給食マーケットの現状と展望
第Ⅳ章 在宅配食マーケットの現状と展望
第Ⅴ章 メディカル給食における加工食品の現状と展望
第Ⅵ章 病院、特養、老健における食事実態調査
第Ⅶ章 有力参入企業の個別実態(33社)
第Ⅷ章 メディカル給食、在宅配食関連企業名鑑(328社)
第Ⅸ章 参考資料

リサーチ内容

■掲載内容

調査のポイント

1.市場動向
2.企業動向
3.展望と課題

第Ⅰ章 マーケットの現状と将来展望

1.メディカル給食、在宅配食サービスの市場概念
2.対象患者数、対象高齢者数の予測
3.市場環境の変化
  1)生活習慣病は日本人の死亡率上位
  2)制度開始9年のメタボ健診、ルール運用の弾力化で実施率向上狙う
  3)人口減少時代と超高齢社会の見通し
  4)拡大続く医療財政、介護保険財政
  5)病院数減少と入院期間の短縮化
  6)特養、老健は微増、有料老人ホームとサ高住が堅調
  7)NST加算開始から7年経過、その影響は
  8)高齢化が後押しする流動食市場
  9)厚生労働省が在宅配食推進にガイドライン
  10)農林水産省が普及推進する『スマイルケア食』
  11)労働力不足をセントラルキッチン、加工食品が補う
  12)食生活に対し高い意識を持つシニア世代
  13)シニアは調理が面倒だから配食サービスを利用
  14)日本メディカル給食協会の給食サービス実施状況
  15)医療関連サービス実態調査の給食委託数値
4.メディカル給食、在宅配食サービスの現状
  1)市場概況
  2)総市場規模推移(2012~2016年度)
  3)メディカル給食、在宅配食サービスの市場構成比変化(2012/2016年度比)
  4)マーケットの問題点と課題
5.メディカル給食、在宅配食サービスの将来展望
  1)2021年の市場見通し
  2)市場規模予測(2017~2021年度)
  3)分野別市場構成比の予測(2016/2021年度比)

第Ⅱ章 病院給食マーケットの現状と展望

1.病院給食の現状と外部委託状況
2.病院給食市場の参入企業動向
3.市場規模推移(2012~2016年度)
  1)全体市場(患者給食、職員給食)
  2)委託市場
4.参入企業シェア(受託市場)
5.病院給食有力参入企業の企業戦略分析
  1)事業パターンと運営システム
  2)調理加工方法
  3)メニューの状況
  4)食材仕入状況
  5)営業状況
  6)鮮度維持・安全管理対策
  7)人手不足への対応
  8)物流対策
  9)今後の市場戦略
6.病院給食市場の問題点と課題
7.病院給食市場の展望
  1)2021年の市場見通し
  2)市場規模予測(2017~2021年度)

第Ⅲ章 高齢者施設給食マーケットの現状と展望

1.高齢者施設給食の現状と外部委託状況
2.高齢者施設給食市場の参入企業動向
3.市場規模推移(2012~2016年度)
  1)全体市場
  2)委託市場
4.参入企業シェア(受託市場)
5.高齢者施設給食有力参入企業の企業戦略分析
  1)事業パターンと運営システム
  2)調理加工方法
  3)メニューの状況
  4)食材仕入状況
  5)営業状況
  6)鮮度維持・安全管理対策
  7)人手不足への対応
  8)物流対策
  9)今後の市場戦略
6.高齢者施設給食市場の問題点と課題
7.高齢者施設給食市場の展望
  1)2021年の市場見通し
  2)市場規模予測(2017~2021年度)

第Ⅳ章 在宅配食マーケットの現状と展望

1.惣菜宅配マーケットにおける在宅配食サービスの位置付け
2.在宅配食サービスの現状(市場概況)
3.在宅配食サービス市場の参入企業動向(新規参入パターン)
4.市場規模推移(2012~2016年度)
5.参入企業シェア
6.在宅配食サービス有力参入企業の戦略分析
  1)事業パターンと運営システム
  2)調理加工方法
  3)メニューの状況
  4)食材仕入状況
  5)営業状況
  6)鮮度維持・安全管理対策
  7)人手不足への対応
  8)物流対策
  9)今後の市場戦略
7.在宅配食サービス市場の問題点と課題
8.在宅配食サービス市場の展望
  1)2021年の市場見通し
  2)市場規模予測(2017~2021年度)
9.急成長する冷凍宅配食市場

第Ⅴ章 メディカル給食における加工食品の現状と展望

1.メディカル給食における加工食品の使用背景
2.メディカル給食における加工食品の使用状況
3.メディカル給食における加工食品の流通フロー
4.加工食品メーカーの製品動向
5.加工食品メーカーの対応状況と課題
6.メディカル給食市場における加工食品の展望

第Ⅵ章 病院、特養、老健における食事実態調査

回答属性
1.施設の種類
2.入院・入所者の介護レベル
3.食事の提供方法
4.食事の外部委託状況
  1)食事の外部委託状況
  2)食事の外部委託業者
  3)食事を外部委託した理由
5.食事メニューについて
  1)食事メニュー数と治療食、介護食構成比
    ①食事メニュー数
    ②治療食、介護食の構成比
  2)食事のメニュー別構成比
6.おやつ(3食以外)を提供している場合の目的
7.提供している郷土料理
8.食材について
  1)使用している『地域食材』
  2)『地域食材』を使用する理由
9.介護食品、治療食品の使用状況
  1)使用の有無
  2)使用している場合のメーカー名
  3)介護食品、治療食品の使用理由
  4)介護食品、治療食品の使用上の問題点
  5)介護食品、治療食品の今後の使用意向
  6)介護食品、治療食品の今後の使用意向の理由
10.食事に対する問題点
11.食事についての今後の予定
12.在宅患者、在宅高齢者への栄養対応について
  1)退院時や退所時に実施している栄養指導
  2)既製品の『介護食品、治療食品』の使用を推奨する場合の理由

第Ⅶ章 有力参入企業の個別実態(33社)

株式会社あおもりコープフーズ
  ~CKはHACCP対応、医療生協と購買生協の共同事業~

一冨士フードサービス株式会社
  ~採用環境の良い業種・地区に注力、保育所・その他福祉施設が大幅伸長~

イフスコヘルスケア株式会社
  ~人手不足エリアを避け受託、高齢者施設・保育所給食が伸長~

株式会社魚国総本社
  ~『3S経営』で、お客様、従業員、社会から信頼される企業へ~

エームサービス株式会社
  ~健康経営を掲げ、「食」から日本の未来を支える~

大阪いずみ市民生活協同組合
  ~7期目を終え、夕食宅配事業は売上11.5億円超に~

クックデリ株式会社
  ~調理済み冷凍食品を高齢者施設向けに販売~

株式会社グリーンハウス
  ~有料老人ホームでも「ゲストシェフイベント」が好評~

生活協同組合コープこうべ
  ~事業開始から6年経過、1日8,400食を配食~

四国医療サービス株式会社
  ~受託給食、食材販売にセントラルキッチンが大活躍~

シダックスフードサービス株式会社
  ~「やわらかマザーフード」で高齢者施設給食を省力化~

株式会社シニアライフクリエイト
  ~高齢者施設で調理済食品「特助くん」の需要高まる~

株式会社ジョイント
  ~冷凍病態食「けんたくん」、機軸は個人向け宅配~

株式会社シルバーライフ
  ~「まごころ弁当」「配食のふれ愛」は月間約130万食~

西洋フード・コンパスグループ株式会社
  ~ハイグレードの有料老人ホーム受託に注力~

株式会社ナリコマエンタープライズ
  ~1日150,000食、高齢者施設給食に強み~

株式会社日米クック
  ~東京事務所を設置、介護系の受託を目指す~

株式会社ニッコクトラスト
  ~CK活用と現場手作り併用でモチベーションをアップ~

日清医療食品株式会社
  ~病院、老健、特養の主要3施設に注力~

日本ケータリング株式会社
  ~愛知県下№1、地域に根差したセントラルキッチン~

日本ゼネラルフード株式会社
  ~「一手間、一工夫を凝らした手作り料理」を訴える~

株式会社はーと&はあとライフサポート
  ~治療食配食に強み、介護食等のカタログ販売を開始~

ハーベスト株式会社
  ~高齢者施設、社会福祉施設の受託を目指す~

富士産業株式会社
  ~メディカル給食に特化、安定成長軌道~

株式会社ベスト
  ~ソフト食『まろやか食専科』の生産量は月間30万食~

マルハニチロ株式会社
  ~常食から軟菜食まで活用できる「みんなの献立」を推奨~

有限会社みやぎ保健企画
  ~セントラルキッチン事業で治療食にも対応~

メーキュー株式会社
  ~CPU・CK活用で、2025年までに売上高100億円目指す~

株式会社メフォス
  ~事業部毎の得意分野に注力、学校給食が伸長~

株式会社ヤヨイサンフーズ
  ~業務用やわらか食「ソフリ」が順調に推移~

株式会社LEOC
  ~正社員・契約社員で80歳定年制を導入~

株式会社レパスト
  ~在宅配食は新企画を投入~

ワタミ株式会社
  ~1日平均22万8,000食、配食数は下げ止まる~

第Ⅷ章 メディカル給食、在宅配食関連企業名鑑(328社)

企業簡易個表

第Ⅸ章 参考資料

社団法人日本メディカル給食協会会員名簿
日本医療福祉セントラルキッチン協会会員名簿
日本介護食品協議会加盟企業

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 237,600円 (本体 220,000円 消費税 17,600円 )
定価 237,600円 (本体 220,000円 消費税 17,600円 )
定価 270,000円 (本体 250,000円 消費税 20,000円 )
定価 475,200円 (本体 440,000円 消費税 35,200円 )
定価 507,600円 (本体 470,000円 消費税 37,600円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59104800 2017年版 宝石・貴金属市場年鑑<市場分析編>
C59101200 2017 ネット通販市場白書
C58122700 2017 ワークスタイル変革ソリューション市場の実態と展望
C59105000 2017 DIY・ホームセンター市場の展望と戦略