2017年版 住宅ストック活用の実態と展望

住宅ストックの活用は、空家の戸数が年々増加する日本において大きな課題となっており、今住宅ストック活用方法として注目されている「空家管理」と「シェア型賃貸住宅(シェアハウス)」について調査を行った。

発刊日: 2017/07/31 体裁: A4 / 196頁
資料コード: C59109300 PDFサイズ: 12.6MB
カテゴリ: 建設、住宅、不動産、建材、住宅設備機器

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象事業:空家関連事業、シェア型賃貸住宅事業、民泊事業、その他、住宅ストック活用に関わる事業
調査方法:直接面接取材、公表データ収集及び文献調査
調査期間:2017年5月~2017年7月

資料ポイント
Close

  • 空家管理に関する事業者アンケート調査を実施
  • シェアハウスの運営の実態を分析

資料概要
Close

第1章 住宅業界の概況
第2章 空家の概況
第3章 空家関連事業の実態と展望
第4章 シェア型賃貸住宅の実態と展望

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章 住宅業界の概況

1.住宅市場
  (1)新設着工戸数(年計)の動向
  (2)土地取引件数の動向
  (3)持家と借家の推移
  (4)住宅ストック総数
  (5)住宅ストックの分析
  (6)建築時期別の住宅の状況
2.人口動態
  (1)人口移動数の推移
  (2)3大都市圏の転出入状況
  (3)人口・世帯数の動向
  (4)年代別持家率
3.住宅ストックに関連する法令等
  (1)住生活基本計画
  (2)住宅セーフティネット法
  (3)宅建業法改正
  (4)空家等対策の推進に関する特別措置法
  (5)相続税制改正
  (6)賃貸住宅管理業者登録制度
  (7)民泊新法
  (8)民泊関連その他
4.住宅ストック活用に繋がる新サービス
  (1)住宅事業の概況
  (2)①民泊事業
    ②ホームステージング
    ③既存住宅状況調査技術者講習制度(インスペクション)
    ④“○○ × △△” (クロスビジネス)

第2章 空家の概況

1.空家の現状
  (1)空家数の推移
  (2)空家率の推移
  (3)空家の分析
  (4)空家区分別空家率の推移
  (5)建築物滅失統計調査
2.空家実態調査
  (1)調査概要
  (2)調査結果概要
    ①所有者の属性等
    ②利用状況
    ③管理状況
    ④今後5年程度のうちの利用意向・内容及びその理由等
  (3)空家実態調査における空家の実態

第3章 空家関連事業の実態と展望

1.空家関連事業の市場環境
  (1)都道府県別空家率、築古戸建の状況
  (2)住宅ストック数と世帯数の推移
  (3)相続財産の内訳
  (4)警備業界の空家関連事業への取り組み
2.空家関連事業の実態
  (1)空家関連事業の対象となる空家住宅の定義
  (2)空家関連事業の位置付け
3.空家の管理・巡回サービス事業の動向
  (1)調査概要
  (2)調査結果概要
    1)現在の空家関連の事業動向について
    ①管理に関する相談(問い合わせ)件数の動向
    ②契約件数(前年比)
    ③消費者の認知度
    ④主たる業務への相乗効果
    ⑤相続件数の増加と空家の戸数増加の関連性
    2)空家関連事業の実態について
    ①所有者像(空家関連のサービスを利用している方)
    ①-1.所有者年齢層
    ①-2.所有者居住地
    ①-3.管理している住宅の種類
    ②サービス提供状況
    ②-1.2017年度以降の管理物件数の増減傾向
    ②-2.サービス提供エリアの拡大予定
    ②-3.月額料金は今後どうなると予測するか
    3)空家関連事業の周知方法、広告展開、営業方法について
    4)空家の管理に関する課題と問題点
    ≪付表≫ 空家の管理・巡回サービス参入事業者
4.空家関連事業の展望

第4章 シェア型賃貸住宅の実態と展望

1.シェア型賃貸住宅の現状
2.シェア型賃貸住宅に関連する法令等
3.シェア型賃貸住宅の実態
  (1)シェア型賃貸住宅の定義
  (2)賃料水準・居住面積
  (3)管理・運営方法
  (4)入居率
  (5)入居対象
4.シェア型賃貸住宅の展望

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59107200 2017年版 住宅産業白書
C59106400 2017年版 次世代住宅の実態と関連主要設備機器市場の展望
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
C59101300 2017年度版 (CMOS/CCDカメラ応用)画像システム・機器の需要予測 -ビジュアル・コミュニケーション調査シリーズ-
C59110700 2017 製造業のIoT活用の実態と展望 -保全・故障予知の現状とAI(人工知能)の可能性-