2018 屋内位置情報ソリューションの可能性展望

我が国におけるインドアロケーション関連市場は、RFID、Wi-Fi、UWB、IMES、可視光通信など数々の測位技術方式にて研究開発が行われてきた歴史を持つ。実際のビジネス展開では、RFIDタグで製造、物流、流通の3分野を中心とした「モノの管理」用途で1990年代後半に市場が立ち上がった。2000年代半ばにはAeroScout社やエカハウ社によって製造現場向けにWi-Fiを利用した位置検知システムの提供が開始された。
一方、2007年の総務省による携帯電話事業者による位置情報通知の義務化、および2008年のiPhone3G発売以来、スマートフォンでのGPS搭載が当たり前の環境となった。2011年にはWi-Fi測位の標準化を背景にGoogleやYahoo!が屋外での地図情報サービスを開始するなど一般消費者ユーザーにおいても、位置情報取得を当然の機能として捉えるようになっている。
本調査レポートは、上記のような最新の屋内位置情報ソリューションの動向と可能性を展望したものである。

発刊日
2017/12/20
体裁
A4 / 181頁
資料コード
C59116100
PDFサイズ
18.4MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800
388,800
360,000
28,800
421,200
390,000
31,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:屋内位置情報ソリューション関連事業に取り組む各ソリューションベンダーへのヒアリングを実施することにより、市場の動向、メーカーの戦略を明らかにすると共に、市場の現状および将来展望を明らかにすることを目的とする。
調査方法:直接面接取材
調査期間:2017年9月~2017年12月

調査結果サマリー
Close

屋内位置情報システム市場に関する調査を実施(2017年)
~屋内位置情報システムは、製造業を中心とした業務分野での採用拡大を予測~
・2017年度の屋内位置情報システム市場規模は21.5億円の見込
・2022年度の屋内位置情報システム市場規模は78.5億円を予測

資料ポイント
Close

  • 国内市場を牽引する【主要15社へのヒアリング】をもとに取組動向や今後の戦略を分析
  • 技術検証フェーズから本格的なビジネス展開局面へ入る市場の実態と展望を明らかに
  • 具体的なサービス・アプリケーションの最新トレンドと展望を分野別に徹底解剖
  • 屋内位置情報関連ビジネスへの参入検討には必携の一冊

資料概要
Close

第1章 総論
第2章 市場動向
第3章 導入事例研究
第4章 技術動向
第5章 主要企業の動向

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第1章 総論

1.調査結果の概要
2.総括

第2章 市場動向

1.市場概況
2.参入企業一覧
3.市場規模推移
4.各社の強みと差別化ポイント
5.適用技術と採用の理由
6.競合技術の評価と採用の可能性
7.販売戦略
8.ターゲットユーザー
9.需要分野構成
10.現状の技術面の課題
11.現状の販売面での課題
12.今後の事業展開の方向性
13.市場の展望

第3章 導入事例研究

1.工場・物流
2.オフィス
3.店舗・流通
4.自治体
5.イベント・展示会
6.病院
7.大学・学校
8.鉄道・交通
9.美術館・博物館
10.宿泊施設

第4章 技術動向

1.携帯電話基地局
2.無線LAN(Wi-Fi)
3.BLE(Bluetooth Low Energy)
4.二次元コード、ARなど
5.RFID
6.UWB
7.可視光
8.赤外線
9.超音波
10.高感度GPS
11.IMES
12.自律航法(PDR:Pedestrian Dead Reckoning)
13.地磁気
14.技術別団体の取組み
15.実証実験の動向

第5章 主要企業の動向

アジアクエスト株式会社
株式会社アプリックス
株式会社インテック
株式会社NTTドコモ
クウジット株式会社
国際航業株式会社
サイトセンシング株式会社
株式会社ジェナ
株式会社タグキャスト
タメコ株式会社
パナソニックソリューションテクノロジー株式会社
株式会社日立ソリューションズ
フィリップス ライティング ジャパン合同会社
マルティスープ株式会社
株式会社ユビセンス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

194,400
180,000
14,400
194,400
180,000
14,400
226,800
210,000
16,800
388,800
360,000
28,800
421,200
390,000
31,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。