メカトロ機器のサイバーセキュリティ対応(2016年5月調査)

発刊日: 2016/09/15 体裁: B5 / 20頁
資料コード: R58201902 PDFサイズ: 0.4MB
カテゴリ:

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 32,400円 (本体 30,000円 消費税 2,400円 )
定価 64,800円 (本体 60,000円 消費税 4,800円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

本調査レポートは、定期刊行物 Yano E plus 2016年6月号 に掲載されたものです。

リサーチ内容

~IoT機器のセキュリティ対策がソフトウエア開発を変革する~

1.メカトロニクスのサイバーセキュリティ
  1-1.コピー機、POS端末のセキュリティ(事例1)
    (1)コピー機へのハッキング
    【表1.コピーメーカー各社のセキュリティ対策例】
    (2)POSへのハッキング
    【表2.POSシステムの情報漏えいに対するネットワークセキュリティの方法】
  1-2.自動車のセキュリティ(事例2)
    (1)現代の自動車
    (2)機械からメカトロへ
    (3)コネクテッドカーの進展
    (4)コネクテッドカー、そしてHM
    (5)車載システムのハッキング
    (6)車載システムのセキュリティ対策
2.組込みシステムのセキュリティ対応の難しさ
  2-1.車のHMIで浮かび上がった問題点
  2-2.セキュリティ対応に必要な見通しの良さ
3.まとめ及び関連市場規模

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 32,400円 (本体 30,000円 消費税 2,400円 )
定価 64,800円 (本体 60,000円 消費税 4,800円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C58122200 2017 IoT/M2Mマーケット
R58202801 セキュリティウォッチ ~クライアント運用管理編
C58122800 2017 危機管理ソリューション(事業継続/防災/情報セキュリティ)市場の実態と展望
C58107100 VOL.1 戦略編 2017年度版 車載用ソフトウェア関連企業の次世代戦略 ~OEM/Tier1,2/SWベンダ/チップメーカ各社の考え方~
R58202702 ワイヤレス計装の技術動向(2016年9月調査)