下水道創エネの市場動向(2016年12月調査)

発刊日: 2017/04/14 体裁: B5 / 34頁
資料コード: R59200202 PDFサイズ: 3.0MB
カテゴリ:

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 32,400円 (本体 30,000円 消費税 2,400円 )
定価 64,800円 (本体 60,000円 消費税 4,800円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

本調査レポートは、定期刊行物 Yano E plus 2017年1月号 に掲載されたものです。

リサーチ内容

~消化ガス発電が牽引役となり売電を前提とした案件が増加傾向
 下水道管の熱回収技術の開発が進み、熱利用の可能性が広がる~

1.下水道創エネの概要

1-1.下水道から得られるエネルギーの種類と利用状況
1-2.エネルギーの種類別特徴
  (1)消化ガス発電
  (2)小水力発電
  (3)下水熱
  (4)水素

2.下水道創エネの市場動向

2-1.発電の市場動向
  (1)消化ガス発電
  【図・表1.消化ガス発電及び小水力発電の発電容量規模推移と予測
  (数量:2014年度-2019年度予測)】
  【図・表2.民設民営型消化ガス発電事業と参入企業発電容量シェア(2015年度)】
  (2)小水力発電
2-2.下水道管からの下水熱回収及び水素製造の市場動向
  (1)下水道管からの下水熱回収
  (2)水素

3.下水道創エネにかかわる企業・団体の取組動向

3-1.月島機械株式会社
  (1)消化ガス発電事業参入の背景
  【図1.民設民営型消化ガス発電事業仕組み】
  【図2.バイオガスエンジンコージェネレーションシステム】
  (2)市場動向と同社の見通し
3-2.JFEエンジニアリング株式会社
  (1)消化ガス発電関連の技術
  【図3.消化ガス発電用ガスエンジン】
  【図4.下水消化ガス発電システムフロー】
  (2)消化ガス発電事業実績及び今後の見通し
  【図5.豊橋市バイオマス資源利活用施設整備・運営事業処理フロー】
3-3.水ing株式会社
  (1)事業概要と主な取り組み
  (2)消化ガス発電事業の実績と今後の見通し
  【図6.鶴岡バイオガスパワー】
  【図7.スキーム図】
3-4.東京発電株式会社
  【図8.水車発電機設置後のイメージ図】
3-5.株式会社協和コンサルタンツ
3-6.積水化学工業株式会社
  (1)下水熱活用システム事業の概要
  【図9.SPR工法のイメージ図】
  【図10.下水熱活用システム構成例(空調利用)】
  【図11.「らせん型」イメージ図(左)及び「管底設置型」画像(右)】
  (2)導入実績と今後の見通し
3-7.東亜グラウト工業株式会社
  (1)下水熱活用システム事業の概要
  【図12.ヒートライナー工法イメージ図】
  【図13.施工概要】
  (2)導入実績
3-8.三菱化工機株式会社

4.下水道創エネ市場の見通し

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 32,400円 (本体 30,000円 消費税 2,400円 )
定価 64,800円 (本体 60,000円 消費税 4,800円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C59100100 2017年版 日本マーケットシェア事典
R59200102 光電センサー市場(2016年12月調査)
R59300100 ビッグデータがつくる世界 ~ビッグデータ/IoT/AIはインフラ化し産業構造の変化をもたらす~
R58309900 eラーニングの動向と展望 ~先端ICTで生まれ変わるeラーニングからEdTechへ~
C58103800 2016年版 メディカルバイオニクス(人工臓器)市場の中期予測と参入企業の徹底分析