2002年版 建材流通経営総鑑 東日本版

発刊日
2002/02/19
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 371頁
資料コード
C43111100
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章 総論

  • 市場縮小、歴史的転換期に再編さらに急
  • 三井住商建材の誕生による専門商社の行方、中抜きが進行
  • 市場に全社を支える力はない
  • 大手問屋のナイス、ジャパン建材、日本ベニヤと三井住商建材との関係、影響度
  • ジャパン建材と日本ベニアの連合軍、はみ出す問屋
  • 北海道、東北地区:地場の卸業は苦しい、特徴ある企業も続々
  • 首都圏、関東地区:競争一段と激化、厳しい中にも新しい芽
●ランキング:売上高、一人当り売上高
・売上総利益、営業利益、経常利益、当期利益
・売上総利益率、営業利益率、経常利益率、当期利益率
●地域別・問屋・販売店別仕入・販売先ベスト10一覧
●都道県別・新設住宅着工数推移

第2章 建材専門商社


1.伊藤忠建材
  • それでも三井住商建材との競合が激しくなる
  • 仕入トップは東陶機器、販売はジャパン建材
  • 品種別売上高、仕入メーカー
  • 住宅機器、建設資材、工事は得意分野だが中味はまだ脆弱
  • 第一営業本部に集中、業界再編の旗振り役を担えるか
2.三井住商建材
  • 業界最大手誕生、合併効果を検証
  • メーカーへの影響力どこまで強まるか
  • 販売先:ジャパン建材、日本ベニアに圧倒的なシェア、今後は
  • 住商建材は関東、物産は北海道、西日本に地盤?
  • 住商建材の品種別売上高、取引メーカー
  • 新会社組織図、営業拠点
3.サン建材
  • “限りなく川下、限りなく川上”垂直統合を目指す
  • 木質系の専門商社になるjか、総合建材商社になるか
  • 合板で他社が真似できないことの確立が先決
  • 東京、大阪で65%、トップの手腕がことのほか重要
4.安宅建材
  • 安宅木材の営業譲渡で増収、創業以来赤字なし
  • ニチハ、ノダ、吉野が3枚看板、販売は3子会社と問屋
  • 窯業建材、住宅機器、そして独自開発品
  • 首都圏・関東の比率42%、年々高まる傾向
5.丸紅建材
  • 再編の荒波をどう乗り越えるか、住宅分野に軸足
  • 核になるメーカー、問屋はどこか
  • 合板を安定収益源に、得意分野を強化
  • 関東地区53%、少ない拠点をどう生かすか
6.住友林業
  • 木の文化にこだわる経営を展開、住宅部門への販売約12%
  • 木材を軸に一般建材、イノスまで
  • 三協アルミ、永大、住林クレスト、販売先ではトップシェア多い
  • 東京・大阪・名古屋で60%、四国を始め地方に強い地盤
7.三菱商事(木材・建材部門)
  • 今後とも社内に残り、生き残りを賭ける
  • 仕入販売ともにベスト10で約60%
  • マスプロ製品からキメ細かな商売への仕組み作りへ
8.三菱商事建材
  • 不況下でも利益は確保、粗利は徐々に向上
  • ゼネコン部隊、大型物件で潤う
  • ALC,押出し成型板、パイル…がもう一つの柱
  • 今後はさらに関東圏の比重高まる
9.兼松日産農林
  • “商社からメーカーヘ”を強力に推進し業績安定
  • ジオテック事業が収益を引張る
  • 住宅資材本部のドル箱は防腐剤、プレカット事業も能力増強
  • 建材本部の柱MDFは輸入が主力
10.トーメンマテリア
  • 粗利益率5%確保が至上命題
  • 仕入・販売:川下分野の充実がカギ
  • 木質系建材85%、独自製品も付加

第3章 建材問屋・販売店

第1節 大手問屋の徹底分析
1.ジャパン建材
  • 吸引力増し今期増収増益見込む
  • 仕入・販売の中味は変わりつつある
  • 品種別仕入状況:建材商社との蜜月関係はいつまで続く
  • 販売・営業各部の実態:一人当たり売上高、関東第一部がトップ
  • 三井住商建材の比重が高まり、今後どう発展するか
2.ナイス
  • 資材部門と住宅部門の2本柱によるバランスのとれた事業展開
  • 今期売上高は微増の2,310億円も、収益的には厳しい
  • 資材部門のサポート体制を充実、IT戦略も推進
  • 住宅部門はマンションから戸建住宅、仲介、賃貸まで展開
3.日本ベニア
  • ジャパン建材との格差いかに縮めるか
  • 仕入ベスト10で約70%、商社は使い方で有効
  • 品種別・メーカー別・商社別仕入状況、品種別利益率
  • 営業所別・ブロック別動向、ネスト間の補完関係がどこまで進展するか
  • 新規・注力事業に積極的に取組む方向
  • 日本ベニア興産を分割、吸収合併し、より開かれた会社へ
第2節 関東地区有力問屋・販売店分析
1.丸増ベニヤ
  • 施主までを視野に入れた川下戦略を強化
  • 01/12期売上高12%減の180億円も利益率はアップ
  • 合板生産は撤退、材・工販売にも取組む
2.丸長産業
  • 住環境のトータルコーデイネイトを指向、住宅資材から工事、ホームセンターまで
  • 今期は4%増の600億円見込み、創立50周年イベント開催で売上増加
  • トータル販売指向で営業マンのスキルアップに取組む、将来は設計まで視野
3.マルシン建材
  • 有力販売店50社によるメンバー制の建材商社
  • 02/1期売上高103億円、創立以来40期連続黒字をキープ
  • 会員70社を目指すとともに直営店も開設
4.江間忠合板
  • プレカット製品とメラミン化粧繊維板で高収益達成
  • プレカッタ3工場、嵐山工場は能力倍増
  • 収益の柱、メラミン化粧繊維板には最大限の力を注ぐ
  • 仕入:国内40%、輸入60%、今後さらに輸入比率高まる
5.東合交易
  • セイホク、吉野石膏の資本参加で前進なるか
  • 木質系建材50%以上、セイホクの比重高まる
  • 仕入の80%は商社経由、営業所は統廃合進行中
6.江戸川木材工業
  • 得意分野に集中し高収益維持、来期から子会社4社を統合
  • 製材、プレカット、フローリング…ハードからソフトへ
7.高島
  • 「顧客満足営業」の充実度が課題
  • 建設関連:ALC,コンクリートパイルが中心、材工増やす
  • 仕入の約65%は旭化成建材、販売はゼネコン、住宅分野
8.カナエ
  • 建材部門と化成品部門の両輪での事業展開
  • 02/3期売上高は、4.6%減の142億円(見)
  • 建材部門は再開発ビルが底支え
9.十条木材
  • 日本製紙の外材事業部、新陽との事業統合へ
  • 2期連続の増収増益も今期は一服基調
  • 第三次中期計画策定、03年度売上高440億円目指す
10.マデラ
  • 卸販売、納材の2本柱での事業展開
  • 工事部門は収益低下から撤退
  • 02/4売上高10%減の75億円
11.荏原
  • 城南・神奈川地区に地盤、ダンゴ3兄弟の理論を実践
  • メーカー、商社を逆指名する方向で取組む
  • 生き残り策:工務店・施主対策が第一義
12.松坂屋建材
  • 北関東地区中心に展開する有力建材問屋
  • 卸部門ト工事部門の2本立て、環境事業は別会社
  • エコ建材に注力、情報発信機能強化で提案営業
13.野原産業
  • 社内カンパニー制導入で組織再編、グループ経営強化へ
  • 02/3期は売上高2.7%増の848億円、利益も大幅アップ
  • リフォーム分野での拡販、オリジナル製品に注力
14.ミトモク
  • 材木店へのサポート体制強化し、トータル受注を指向
  • 今期売上高5%増の54億円(予)、経営改善効果で増収増益
  • 施工販売・外材製品が大きく伸びる、県産材、エコ建材に注力
15.富国物産
  • 長野県内最大手の建材流通企業、地元木建ルートの中核的存在
  • 02/2売上高は横ばいの84億円、材・工販売で底支え
  • ALC工事では全国トップクラスの実績、ISO9001の認証取得へ
16.簡易個票
  • 石田建材工業
  • 宇敷木材工業
  • 小泉東関東
  • 辻由
  • テノン
  • 西田
  • 林屋
  • ヤブ原産業
  • 氏橋商店
  • 沖ガラス
  • 加藤ベニヤ
  • 協同機材
  • 群峰工業
  • コウダ
  • 小林商事
  • コヤナギ
  • 斎藤木材
  • サトウ
  • サン・カミヤ
  • タカキ
  • 瀧口木材
  • タナチョー
  • 東京木工所
  • ボード
  • マエダ
  • 松浦商事
  • ミシマ
  • ムカサ興産
  • ヤマキ
  • 和興スチール
  • 渡辺ベニヤ
第3節 北海道地区有力問屋・販売店分析
1.クワザワ
  • クループ経営の効率化、ネストの関係強化
  • 仕入はメーカー直、販売はグループ会社が多い
  • 品種別・メーカー別・商社別仕入状況
  • 関東地区も売上の23%占める、グルーク経営を推進
2.丹波屋
  • 厳しい状況にも安定収益保つ、卸主体は堅持、上場も
  • 三井住商建材のシェアがダントツになる
  • 品種別仕入状況
  • 三井物産、中部飼料が新たに資本参加
3.テーオー小笠原
  • 今期増収増益、粗利も2.2ポイントアップ見込む
  • スタートはフローリング、まだ根強い需要がある
  • 建材事業の中心は函館、住機のセット販売、工事に力点
  • 木材建材事業、住宅事業、流通事業が3本柱
  • テーオーハウスの伸びがカギ
4.建材社
  • 道内市場20%以上減の中でも今期増収増益見込む
  • 東陶機器、松下電工は2大メーカー、タイル工事に強力な地盤
  • タイル工事を核に地盤は強化、大株主、関係子会社
5.濱野建材店
  • 内装工事を中心に安定してきたが今期は厳しい、体質は良い
  • ゼネコンが販売のメイン、仕入はメーカー直が圧倒的
  • 職人の安定化に注力
6.北都建材
  • 今期減収になるが利益は確保
  • 工務店への材料販売70、工事30の割合
  • 取引先減少しても与信管理を厳格に
7.高橋建材店
  • 年商40億円は減少気味だが、利益は死守
  • 地元工務店といかに対峙していくかが課題
8.建材のタイラ
  • 内装工事60、材料販売40
  • 仕入は松下電工、吉野石膏が中心、販売は直需も視野
9.簡易個票
  • 相田木材
  • 麻生木材工業
  • 一山リ松並建材店
  • 伊藤組木材
  • イワクラ
  • 岩倉建材
  • 北見木材
  • 黒川ベニヤ商会
  • 近藤銘木店
  • サトウ
  • 辻木材
  • 長江建材
  • ニヘイ
  • 北斗商会
  • 北海道木材市場(協)
第4節 東北地区有力問屋・販売店分析
1.吉田産業
  • 土木・建築・住宅が3本柱、売上は東北随一も利益はイマイチ
  • 3部門の売上高は拮抗
  • 商社経由よりメーカー・工場・現場仕入が増加
  • 品種別・メーカー別・商社別状況」
  • 東北の雄は大きな産業構造の変化にどう対応していくか
2.北洲
  • 合併により最有力企業ヘ、上場し5年後には260億円規模に
  • 高収益を堅持しているが、これからが勝負
  • 建材事業部:ダントツは伊藤忠建材、集中購買で上位のシェア高まる
  • 建材事業部の品種別・メーカー別・商社別動向
  • 住宅事業部は将来倍増の500棟目指す
3.タカカツ
  • グループ売上高100億円、粗利益率23%の高収益
  • 建材事業部:仕入先の削減、掛率ダウンで利益貢献度大
  • 建材・住機の品種別仕入状況
  • ホームセンター事業部:より一般ユーザーに近づく がモットー
4.山大
  • 川上、川下の挟撃に合い苦戦、住宅分野に活路
  • 住宅資材事業が80%、中央の攻勢にどう対応していくか
5.東北住建
  • 建材・住機50、工事50
  • 商社は住林、メーカーは大建
  • 工事分野での特徴をどう出すか
6.鈴 建
  • 原木・製材から地元ホームビルダー・工務店強化に軸足
  • 5分野を一元化
  • 本社、盛岡の分野別内訳
7.ホーム建材店
  • 国産端材を活用した燻煙乾燥材、独自商品の開発で業績安定
  • どんなに厳しい環境になろうと体質改善には自信
  • 設備増強により燻煙乾燥木材の能力さらにアップ、中国進出も
8.丸三商事
  • 内装工事に特徴、安宅建材からチューオーの子会社に
  • 外装・外工工事、商品販売にも力点
  • 工事会社のポイント、仕入は上位3社で60%以上
9.簡易個票
  • イワキ
  • オーカム
  • 小原商店
  • 角繁
  • 角弘
  • キムラ
  • グリーンハウザー
  • 昭和木材
  • 仙台木材市場
  • 大清
  • 田村建材
  • 橋爪商事
  • ホーム建材店
  • 丸乃タイル
  • 渡清
第5節 建材流通店に対するアンケート調査結果
1.建材流通店が抱えてる問題
2.建材流通店が興味・注目している内容について
3.建材流通店が注目している建材・住宅設備機器について
4.これからの取引先について
5.これからの事業展開について
アンケート票


第4章 東日本建材問屋・販売店一覧

■東日本有力建材問屋・販売店一覧
■建材流通企業(東日本)売上高ランキング(上位300社)
■建材流通企業(東日本)利益率ランキング(上位200社)


第5章 建材流通関連データ集

■建材関連品種別のメーカーシェア分析
(1)合板
(2)石膏ボード
(3)木質ボード
(4)木質系床材
(5)窯業系サイディング
(6)グラスウール
(7)アルミサッシ
(8)ユニットバス
(9)システムキッチン
(10)洗面化粧台
(11)木質住機
■メーカー別主要代理店・特約店と地区別売上比
■期待されるリフォーム市場の動向
~リフォーム市場規模予測~
<地域別ストックの状況>
■構造別地区別着工新設住宅戸数推移(1989[H1]~2000[H12])
■2001年度推計着工新設住宅戸数及び月別着工新設住宅(2001年1月~11月)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。