2002年版 複写機市場の展望と戦略

発刊日
2002/06/10
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 272頁
資料コード
C43114900
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

113,300
103,000
10,300
226,600
206,000
20,600
339,900
309,000
30,900
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章 複写機市場の展望と戦略

複写機市場の展望と需要予測
1. 国内市場の縮小、海外市場は拡大、 デジタル複写機/複合機が市場を牽引
2. 複写機の複合化傾向強まる、ソリューション販売による新たな収益源を模索
3. 情報化時代、各社のソリューションは 入出力システムの提案以外でも顕著
4. システムベンダとの競合拡大、 技術力・開発力の強化を急ぐ
5. ソリューション販売の展開、 直販ルート・代販ルートの両方で推進
6. 利益重視、生産拠点において 国内・海外の役割分担を行う


第2章 デジタル複写機市場の展望と戦略

1.モノクロデジタル複写機市場の 実態と需要予測
1.複写機の成長神話、デジタル複合機に 受け継がれる
2. デジタル複合機によるD/V のアップ とソリューションで顧客の囲い込みを図る
2.カラーデジタル複写機市場の実態と需要予測
1.2001年度カラー複写機出荷台数 180,500台の対前年度比106.2%と拡大
2.「複合化」と並ぶ重点戦略「カラー化」 に向けてソリューションの強化図る
3.ランニングコストの高さがネック、 カラー複写機の本格的な導入進まず

第3章 海外市場の展望と戦略


海外市場の実態と展望
1. 海外の市場規模は国内の2.53倍、 メーカー各社グローバルでの競争激化
2. 北米市場、キャノンが圧倒的 トップシェア、リコーの追撃体制整う
3.欧州市場、キャノン、リコー、ミノルタが 三強で実力伯仲
4.アジア・その他地域、将来性№1市場の現状

第4章 複写機メーカーの展望と戦略
リコー
キヤノン
富士ゼロックス
シャープ
ミノルタ
東芝テック
コニカ
京セラミタ
松下電送システム

【メーカー別個表】

第5章 消耗品市場の展望と戦略


1.有力サプライヤのサプライ体制
(1) サプライ販売の隠れたプレイヤー、顧客サポートの一つとして重要視
(2) 00年度サプライ売上2,216億7千万円と対前年比1.3%の微増
(3) サプライ販売をサポートサービスの一環として、オフィス支援行う
(4) ネット販売への参画、事業の成否は独自性にあり
NBSリコー
キヤノン販売
富士ゼロックスオフィスサプライ
富士通コワーコ
NECフィールディング
2.トナー市場の最新動向
(1) カラー機販売好調により、 トナー市場拡大、販売に注力
(2) 2001年度トナー出荷数量88,950トンの 対前年比106.6%の状況
(3) 新世代、重合法トナーの将来性
(4) メーカー各社、トナーカートリッジのリサイクル体制強化
3.PPC用紙市場の現状と戦略
(1) 市場全体は2000年度も5.8%増、好調持続だが、国内メーカー不振輸入紙のシェアアップ
(2) 国産品は環境対応の再生紙、 輸入紙は価格対応に文化
(3) 再生紙比率の上昇と 古紙配合率100%品への移行
(4) 国内メーカーのシェア一斉にダウン サプライヤはネット販売に注力

【製紙メーカー動向】
日本製紙・大昭和製紙
王子製紙
大王製紙

【サプライヤ動向】
富士ゼロックスオフィスサプライ
NBSリコー
キヤノン販売

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

113,300
103,000
10,300
226,600
206,000
20,600
339,900
309,000
30,900

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。