2002年版 紙流通経営総鑑

発刊日
2002/09/30
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 563頁
資料コード
C44106200
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

112,200
102,000
10,200
224,400
204,000
20,400
336,600
306,000
30,600
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章 紙流通産業の現状と将来展望

第1節 我が国の紙流通産業

 1.価格復元、NK破綻、環境激変する紙流通産業
2.メーカー×代理店、代理店×卸商、垣根越え競争激化
3.不況下の優良企業、勝ち組みの条件
第2節 紙流通の物流対策
 1.高まる物流戦略の重要性
2.進む小口化、即納化、巻取り増加で利益圧迫
3.JP、KPPの共同物流化構想
4.卸商も本格始動、パピックスの動向
第3節 メーカーの流通戦略
 1.メーカーの勢力図ほぼ固まり、次は流通改革へ着手
2.王子製紙、日本製紙の流通戦略
3.メーカーの物流体制
第4節 紙流通に押し寄せるITの波
 1.フォレスト好調、ベイツボも新展開続々
2.コラボレーション、競合入札、印刷企業もIT化へ
3.踊り場のE-コマース、今後の可能性を探る

第2章 主要代理店の部門別動向


1.卸商部門:厳しさ増す中で共存の道を探る
 日本紙パルプ商事、国際紙パルプ商事、大倉三幸、 サンミック代田、岡本
2.出版部門:収益部門からパイの奪い合いへ、大手出版苦戦
 日本紙パルプ商事、国際紙パルプ商事、大倉三幸、岡本
3.印刷部門:貸し倒れも懸念、過当競争の印刷産業
 日本紙パルプ商事、国際紙パルプ商事、大倉三幸、 サンミック千代田

第3章 主要代理店の徹底分析


1.日本紙パルプ商事:紙流通トップ企業の次なる展望は?
2.国際紙パルプ商事:海外部門強化、共同物流、積極的な動き図る
3.大倉三幸:合併から3年目に突入、存在感確立へ
4.サンミック千代田:ユニパック再編で求められる役割は?
5.三菱製紙販売:森林認証取得など新たな取り組みを見せる
6.岡本:長引く業界低迷の中で、いかに活路を見出すか
7.伊藤忠紙パルプ:ISO、森林認証取得。新規事業も軌道へ
8.旭洋紙パルプ:紙・板紙と化成品の両輪で展開
9.服部紙商事:堅実経営からの脱却で存在感を示せるか
10.王子通商:合併効果発揮と新規事業立ち上げで存在感示す。RPF(固形燃料)の自社製造設備を設けてメーカー機能発揮へ。
11.丸紅紙パルプ販売:規模を拡大、仕入・販売対策に生かす。合理化余地は限られるが、物流などのコスト削減へ。
12.オザックス:本業の紙事業の活性化に全力を傾注。紙事業だけでは02/3期は若干の赤字。自社・営業問わず物流拠点集約に着手。
13.マンツネ:紙・板紙、化成品に加え、特殊機能紙で新展開図る
14.コミネ日昭:合併で新展開へ。環境ブランドの構築目指す
15.カミ商事:製販一貫体制で自社ブランド浸透、新倉庫完成で物流体制も新構築
16.レイメイ藤井:紙・文具・事務用品の3本柱、文具低調で減収も収益アップ
17.シロキ:名古屋地盤の代理店。IT戦略で卸商の間口広げる


第4章 有力卸商の徹底分析


1.吉川紙商事:紙、産業資材、コンピュータ部門の相乗効果狙う
2.竹尾:企画・開発でファインペーパー市場をリード、物流の効率化で高収益体質の維持図る
3.はが紙販:フォーム用紙の草分け的存在。日本製紙との協調で新体制へ
4.文友社:環境対応製品に注力、素材仲介役としての役割発揮へ
5.平和紙業:エコロジーペーパー始め市場創造型の営業戦略で独自 性発揮
6.小津産業:紙卸からコンバーター型サプライヤーに変革
7.柏井紙業:情報用紙主力の展開、物流コスト削減で収益性向上図る
8.千代田洋紙店:出版向けを柱に商印分野強化へ
9.深山:板紙を主力に加工部門に注力
10.米山紙商事:既存物流にメス、積極的な取り組み図る
11.中庄:創業220年、事業4本柱で堅調に推移
12.桜井:インクジェット用品群のウェイトが高まる
13.鵬紙業:自社物流と共同物流のバランス良い運用を図る
14.昭和紙商事:来春に新本社ビル完成、組織活性化案も視野に
15.河内屋紙:経営環境の変化に対応しながら株主重視の経営を推進
16.シオザワ:逆ピラミッド型の新組織で営業部門強化へ
17.サンオーク:三島製紙の薄葉紙主力の展開
18.ダイカ:共同持株会社「あらた」スタート、再編・統合による効率化を追及
19.富国紙業:専売品を中心に、時代のニーズに対応して堅実な事業展開
20.大文字洋紙店:洋紙と板紙の2本柱、特殊紙分野での一味違った展開
21.城南洋紙店:IT関連の失速で伸び悩み、新規開拓で底支え
22.一進紙業:段ボール原紙が減少、白板・紙管原紙でカバーへ
23.中野紙商事:板紙主力の展開、国内空洞化で機能紙・洋紙に注力
24.神田洋紙店:国際紙パルプ商事系の卸商、中小印刷向けの積み上げでの展開


第5章 全国地域別の動向

<北海道地区>
札幌への一極集中。オフ輪も50台を突破、道内景気停滞も東京からの仕事が入り、紙需要は前年クリア。
1.大丸藤井:売上高570億円の道内トップ卸商。紙包材売上は200億円。
2.日藤:紙事業は堅調も、文具関係が低迷。事業本部制を導入。
3.北海道紙商事:数量は横バイも、単価ダウンで厳しい環境
4.大西紙店:旭川を拠点に道東地区の細かな需要を積み上げ

<東北地区>
宮城県(仙台エリア)中心の需要構造もボーダーレス化が進行、全エリア的に競争激化の様相。
1.オビサン:文具・事務用品部門を分離、山形中心に宮城、秋田まで展開
2.赤澤紙業:強い分野・エリアへの選択と集中を推進、売上横バイをキープ
3.七星社:日本製紙中心の扱い。段ボール工場・印刷会社も擁する
4.三傳商事:売上高100億円レベルの秋田県トップ卸商。多角的事業を展開。
5.木津屋本店:洋紙、板紙からオフィスサプライまで岩手県内中心に展開
6.誠文社:秋田県内に集中しての展開で、堅調な売上をキープ。
7.鳴海屋紙店:量より質にスタンス、激戦区仙台で安定した業績をキープ。

<中部地区>
1.同和紙業:板紙の落ち込みを印刷用紙でカバー。印刷業者のオフ輪化の流れの中で、既存商権を死守できるか。
2.協和紙商事:KPP、日本製紙とのパイプを強化し、卸機能を追求
3.名古屋紙商事:地元印刷業者に強い基盤。王子品をメインに収益力回復を目指す。
4.大河内紙業:物流拠点集約の次は、自動車内装向け開発製品の強化に取組む

<近畿地区>
1.大一洋紙:日本紙共販の代理店。銘柄統一によるコストダウンに期待
2.因州屋:中小印刷会社向け主体、鳥取では和紙を販売
3.土佐紙業:日本板紙の子会社として卸商、印刷業向け主体の展開
4.光陽社:通販向けに安定した実績誇る
5.関西シオザワ:印刷業向け塗工紙が主力。リサイクル事業にも参入
日本紙交易、松村洋紙店、オービシ、丸楽紙業
<中国・四国地区>
広島は重工業不振も商印で検討。四国は全国展開の企業多いが、堅実経営で利益確保。
1.木野川紙業:中国地区の老舗代理店、日本製紙グループと強調
2.広島洋紙:地場密着のキメ細かな配送で堅実経営貫く
3. 高田洋紙店:JPメインの展開、ショールームなど地元への啓蒙 にも力
4.岡山紙業:岡山県内中心の展開、新分野で売上拡大図る
5.ゴークラ:洋紙メインの展開、全国エリアをカバー
6.石崎商事:紙・包装資材・物資化学部門の3本柱で展開
7.セキ:総合印刷と紙販売の両輪。東京・大阪での展開にも注力

<九州地区>
量販店の相次ぐ倒産で与信管理強化に動くも、需要拡大との板挟み。
1.紙弘:堅調な伸びをみせる。フォレストネットも積極活用。
2.九州洋紙:安定した売上をキープ。事務用品・文具の低迷を紙でカバー。
3.永池:量から質への転換で、設立以来の連続増収ストップ。
4.ナガタ洋行:諫早営業所を分社化、キメ細かな物流体制で対応。
5.大平紙業:家庭紙での展開、高付加価値品へシフトで増収増益。
6.大空洋紙店:日豊紙販を吸収、大分県内中心の手堅い事業展開。

第6章 代理店、卸商の業績、需要分野、品種、地域別

ランキング
1.代理店・卸商の売上高ランキング
2.代理店・卸商の経常利益ランキング
3.代理店・卸商の税引後利益ランキング
4.従業員一人当りの売上ランキング
5.代理店・卸商の販売数量ランキング
6.代理店・卸商の地域別売上ランキング
7.代理店・卸商の業種別売上ランキング
8.代理店・卸商の品目別売上ランキング
9.紙卸売業申告所得ランキング

第7章 全国120社代理店・卸商の業務内容

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

112,200
102,000
10,200
224,400
204,000
20,400
336,600
306,000
30,600

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。