バイオサービス市場の中期展望

発刊日
2003/12/04
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 183頁
資料コード
C45108700
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章 市場分析編

1.バイオサービス・ビジネスの現状と課題

1)市場概況(現状と課題)
(1) 市場の現状
(2) 市場の課題
1. 海外・国内ベンチャー企業との提携
2. 技術革新のペースが極めて速いこと
3. 価格競争の激化(高付加価値化)
4. 国の施策に左右される
2)バイオサービスビジネス参入メーカー一覧
3)バイオサービス・ビジネスの最新注目動向
1. DNAチップの急速な普及
2. タンパク質解析
3. バイオ人材求人の急増
4. タンパク質、抗体作製、精製のニーズの拡大化
4)分野別バイオサービス・ビジネス市場動向
(1) 合成受託サービス(DNA、タンパク質、ペプチド等)
(2) 解析・分析受託サービス(DNA、タンパク質、糖鎖等)
(3) 作成・精製受託サービス(タンパク質、抗体等)
(4) バイオ人材派遣・育成サービス

2.バイオサービス・ビジネスの市場規模(2001~2003年度見通し)
1)全体の市場規模となるシェア推移(2001~2003年度見通し)
2)分野別市場規模とシェア推移(2001~2003年度見通し)
(1) 合成受託サービス(DNA、タンパク質、ペプチド等)
(2) 解析・分析受託サービス(DNA、タンパク質、糖鎖等)
(3) 作製・精製受託サービス(タンパク質、抗体等)
(4) バイオ人材派遣・育成サービス)

3.バイオサービス企業の参入企業動向(市場戦略)

1. 高付加価値サービス化
2. パッケージ受託化
3. 提携の強化
4. サービスのスピード化、技術の蓄積化
5. 外部スタッフの積極的利用

4.バイオサービス研究開発・新サービス動向
(1) 研究開発動向
1. DNAチップの高集積化及び専門化(特化)
2. ダイヤモンドチップの開発
3. プロテインチップの開発
4. バイオアッセイの高感度化開発
5. タンパク質解析・分析技術の開発
(2) 新サービス動向
1. 遺伝子免疫法によるタンパク質、抗体受託生産サービス
2. 研究用細胞培養提供サービス
3. KOマウス、TGマウスの作製・飼育サービス
4. メッセンジャー・スケープ解析サービス
5. 微生物ゲノムの解析

5.バイオサービス・ビジネスの今後の市場見通し
1)市場規模予測(2003年度~2008年度)
2)成長・有力分野・市場見通し
1. DNAチップ(DNAマイクロアレイ)及びDNAチップ解析
2. タンパク質解析市場
3. 遺伝子免疫法(DNA免疫法)
4. SNP(一塩基多型)解析サービス
5. 微生物解析サービス
6. 抗原ペプチド合成、抗体作製・精製サービス
3)今後の市場見通し


第2章 市場各論編

A.合成受託サービス市場

1.市場の現状と見通し
(1) 市場概況
(2) 技術動向
1. DNAチップ開発
2. GMP対応のペプチド合成技術開発
3. 解析ソフトの開発
(3) 流通動向(サービス提供チャネル・形態)
(4) 新サービス動向
1. 高付加価値サービスの提供
2. パッケージ受注化
3. カスタムメイドDNAチップ作製に解析まで含めたサービス化
(5) 新規参入動向
2.市場成長性
(1) 市場規模(2001~2003年度見通し)
(2) 市場性評価

B.解析・分析受託サービス(DNA、タンパク質、糖鎖等)

1.市場の現状と見通し
(1) 市場概況
(2) 技術動向
1. 未知の遺伝子を対象にした解析技術開発
2. タンパク質の立体構造解析
3. ガンの遺伝子多型解析
4. 微生物解析
5. バイオコンピュータの開発
(3) 流通動向(サービス提供チャネル・形態)
(4) 新サービス動向
1. タンパク質の構造解析
2. DNAチップによる解析サービス
3. SNP(一塩基多型)解析サービス
4. 自己組織化マップ法(SOM法)
5. 高付加価値化サービス
6. パッケージ化(一括受注化)
(5) 新規参入動向
2.市場成長性
(1) 市場規模(2001~2003年度見通し)
(2) 市場性評価

C.作製・精製受託サービス(タンパク質、抗体等)

1.市場の現状と見通し
(1) 市場概況
(2) 技術動向
1. 遺伝子免疫法(DNA免疫法)
2. 差別化技術開発
3. 大量培養技術の開発
(3) 流通動向(サービス提供チャネル、形態)
(4) 新サービス動向
1. 臨床試験や実用化のための作製・精製サービス
2. GMPに対応した作製・精製サービス
3. 遺伝子改変マウスの生産と関連受託サービス
(5) 新規参入動向

2.市場成長性
(1) 市場規模(2001~2003年度見通し)
(2) 市場性評価

D.バイオ人材派遣・育成サービス

1.市場の現状と見通し
(1) 市場概況
(2) 技術動向
1. 人材教育(スタッフ育成)
2. スタッフスキル判定の細分化、細項目化
(3) 流通動向(サービス提供チャネル、形態)
(4) 新サービス動向
1. 研究開発アシスタントサービス
2. 分析、検査、測定サービス
3. カスタムメイド教育養成サービス
4. バイオ起業家養成サービス
(5) 新規参入動向
2.市場成長性
(1) 市場規模(2001~2003年度見通し)
(2) 市場性評価


第3章 参入企業実態編


□ 旭硝子 株式会社
□ 旭テクノグラス 株式会社
□ オリエンタル酵母工業 株式会社
□ 片倉工業 株式会社
□ クラボウ 株式会社
□ 株式会社 ザナジェン
□ シグマジェノシスジャパン 株式会社
□ 住商ファーマインターナショナル 株式会社
□ タカラバイオ 株式会社
□ テンプスタッフ 株式会社
□ 東洋紡績 株式会社
□ 株式会社 東レリサーリセンター
□ 日本農産工業 株式会社
□ 株式会社 パシフィックバイオロジックス
□ 株式会社 パソナ
□ 株式会社 日立製作所
□ 日立ソフトウェアエンジニアリング 株式会社
□ ヒューマンリソシア 株式会社 (旧:ヒューマン・タッチ㈱)
□ 株式会社 プロテイン・エクスプレス
□ プロリゴ・ジャパン 株式会社
□ 株式会社 ペプチド研究所
□ 三菱レイヨン 株式会社
□ メッセンジャー・スケープ 株式会社
□ 横河アナリティカルシステムズ 株式会社


■□ 資 料 □■
◆バイオサービス企業リスト

■□ 図表目次 □
表-1 バイオサービス・ビジネス 主要参入メーカー一覧
表-2 バイオサービス・ビジネス全体の市場規模とシェア推移(2001~2003年度見通し)
表-3 合成受託サービスの市場規模とシェア推移(2001~2003年度見通し)
表-4 解析・分析受託サービスの市場規模とシェア推移(2001~2003年度見通し)
表-5 作製・精製受託サービスの市場規模とシェア推移(2001~2003年度見通し)
表-6 バイオ人材派遣・育成サービスの市場規模とシェア推移(2001~2003年度見通し)
図-1 バイオサービス・ビジネス 市場規模予測(2003~2008年度)
表-7 バイオサービス・ビジネス 市場規模予測(2003~2008年度)
図-2 合成受託サービス 分野別市場規模推移(2001~2003年度見通し)
表-8 合成受託サービス 分野別市場規模推移(2001~2003年度見通し)
図-3 解析・分析受託サービス 分野別市場規模推移(2001~2003年度見通し)
表-9 解析・分析受託サービス 分野別市場規模推移(2001~2003年度見通し)
図-4 作製・精製受託サービス 分野別市場規模推移(2001~2003年度見通し)
表-10 作製・精製受託サービス 分野別市場規模推移(2001~2003年度見通し)
図-5 バイオ人材派遣・育成サービス 分野別市場規模推移(2001~2003年度見通し)
表-11 バイオ人材派遣・育成サービス 分野別市場規模推移(2001~2003年度見通し)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています