2004 住宅FC・VCの将来展望と事業戦略

発刊日
2004/06/25
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 239頁
資料コード
C46200300
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

 総 論

◆住宅FC・VCの将来像
◆住宅FC業界のトレンド
◆住宅市場における位置付けとシェア
◆高収益企業の要因
◆好調な地域ビルダーの特徴
◆大手ハウスメーカーのサバイバル戦略
◆工務店グループの役割
◆中小工務店の方向性
◆FC展開のノウハウ
◆供給棟数及びグループ売上高の推移
◆加盟会員数ランキングと推移

第1章 住宅市場の最近動向と住宅FCの対応


1.ネットワークビルダーの台頭
(1)地域ビルダー化するハウスメーカー
(2)求められるネットワーク化

2.戸建住宅業界の再編と業態革新

3.工務店グループ化の現状

4.住宅ストックにおける事業戦略

5.大手ハウスメーカーの動向

6.国産材の地域ネットワーク

7.品確法が住宅業界に与える影響

8.贈与税減税の影響と工務店の対策
(1)贈与税減税の影響
(2)工務店の対策

第2章 工務店の実態と方向性

1.工務店の経営実態
(1)法人形態及び資本金
(2)施工実績及び工法等
(3)経営の現状と事業展開の方向
(4)グループ(FC、組合など)化への取り組み等

2.工務店モニター調査結果報告
(1)登録工務店のプロフィール
(2)実績推移
(3)建築基準法の改正、住宅性能表示制度への対応など
(4)フランチャイズチェーンについて
(5)最も手に入れたい情報
(6)経営内容

第3章 住宅FCの市場動向と実態

1.住宅FC業界の概要
(1)住宅FC業界の動向
(2)FCとVCの相違点
(3)FC事業の特徴と課題

2.フランチャイズシステムのタイプ
(1)工法別の分類
(2)タイプ別の分類

3.住宅FC市場規模と将来予測

4.加盟工務店数の推移

5.主要FCのマーケットシェア
(1)供給棟数シェア
(2)加盟店数シェア

6.本部売上高の構成バランス

7.住宅FCの勢力図
(1)地域別加盟工務店数の分布
(2)地域別供給棟数の分布

8.工務店協同化等実態調査結果について
(1)グループ本部の概要
(2)加盟工務店の動向
(3)事業展開

第4章 有力住宅FCの成功要因と今後の方向性


1.好調な地域ビルダーの特徴
2.グループ化の現状と課題
3.工法別工務店の収益性
4.工務店ネットワークの最適規模
5.FC・VC事業成功の要因
6.中小工務店における組織化の必要性
7.今後の工務店のあり方
8.今後の住宅FC・VCの方向性


第5章 有力住宅FC・VC企業の事業戦略

1.参入企業の動向
2.伸びるオール電化住宅のFC化
3.住設メーカーによる工務店のネットワーク化
4.商品戦略
5.営業戦略・加盟店支援策
6.現状の問題点・課題
7.今後の事業展開、注力分野
8.今後の市場見通し

参考資料


1.住宅FC・VCの組織一覧
2.組織別加盟システム
3.組織別建築工法の特徴


主要組織・企業の事例研究
1)アイフルホーム(株式会社アイフルホームテクノロジー)
2)アキュラネット(株式会社アキュラホーム)
3)イシンホーム・パートナー・サポートシステム(株式会社イシン)
4)IHSS(インポートハウジングソードシステム株式会社)
5)フクビエアサイクルチェーン本部(エアサイクルホームシステム株式会社)
6)永大産業ED会(永大産業株式会社)
7)エースホーム住宅フランチャイズチェーン(エースホーム株式会社)
8)ルネス・ビルディング・パートナー(株式会社エル・シー・エー・リコンストラクション)
9)パーフェクトバリアチェーン(エンデバーハウス株式会社)
10)カスタムグループ(カスタムハウジング株式会社)
11)カトランFC(カメヤグローバル株式会社)
12)KESFC(株式会社シェルター)
13)ジャパンホーム(ジャパンホーム株式会社)
14)クレバリーホーム(株式会社新昭和)
15)スウェーデンハウスパートナーシステム(スウェーデンハウス株式会社)
16)イノスグループ(住友林業株式会社)
17)東急ホームネットワーク(東急ホーム株式会社)
18)トステムホームウェル(トステムホームウェル株式会社)
19)HPシステムFC(株式会社ニューホームシステム)
20)FPグループ(松本建工株式会社)
21)三井ハウジングパートナー(三井ホーム株式会社)
22)ユニバーサルホーム(株式会社ユニバーサルホーム)
23)ロイヤルハウス(ロイヤルハウス株式会社)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。