2005-2006年版 光ディスクドライブ/次世代大容量記憶装置市場

世界のPC標準搭載用光ディスクドライブ市場、PCアフタ用光ディスクドライブ市場の2007年までの推移を中心に調査・分析したレポート。

発刊日
2005/09/20
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 130頁
資料コード
C47100800
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
330,000
300,000
30,000
495,000
450,000
45,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第Ⅰ章.光ディスクドライブ世界市場分析編

Ⅰ.パソコン市場と光ディスクドライブ全体市場分析

1.パソコン市場と光ディスクドライブ

2.パソコン用ROMドライブの動向

3.パソコン用書換えドライブ(CD-RW、COMBO)の動向

4.パソコン用大容量書換えドライブ(DVD-W)の動向

5.パソコン用青色ドライブの動向

6.パソコン/光ディスクドライブ推移予測(世界市場、台数、2002~07年)
表・グラフ(パソコン/光ディスクドライブ数量推移)

7.光ディスクドライブ・世界市場推移予測(2002~2007)
7-1.光ディスクドライブ市場推移予測
表・グラフ光ディスクドライブ数量推移(世界市場、台数、搭載・アフタ計、ドライブ品目別、2002~07年)
7-2.光ディスクドライブOEM価格推移 (ハーフハイト)
表・グラフ光ディスクドライブOEM価格推移(世界市場、ドライブ品目別、台数/$、1998~2007年)
8.パソコン用光ディスクドライブ市場に対する各社の考え
(1)光ピックメーカA社/低調なレコーダ、好調なPC用DVD-W
(2)光ピックメーカB社/世界光ディスクドライブ市場の問題点
(3)光ピックメーカB社/日本光ディスクドライブメーカのアライアンス
(4)光ピックメーカB社/世界光ディスクドライブ市場シェア
(5)光ピックメーカB社/ライセンスのシェア、OPUのシェア
(6)光ディスクドライブメーカC社/光ディスクドライブの歴史
(7)光ディスクドライブメーカD社/光ディスクドライブにおける日本とアジア比較
(8)光ディスクドライブメーカE社/日本メーカのシェア急落とビジネスモデルの変化
(9)光ディスクドライブメーカF社/ドライブメーカのサバイバル戦略
(10)光ディスクドライブメーカG社/ミニディスク型ビジネスモデル
(11)光ディスクドライブメーカH社/フィリップスと日本メーカとの提携(前回版流用)
Ⅱ.CD-ROMドライブ市場分析
1.CD-ROM市場概要、展望

2.価格動向

3.メーカシェア

4.CD-ROMドライブ推移予測 (世界、台数、2002~07年、HH/スリム別)
表・グラフ(CD-ROMドライブ推移予測)
5.CD-ROMメーカシェア(世界、台数、2004・2005・2006年)
表・グラフ「PC用CD-ROMメーカシェア」(2004・2005年見込み・2006年予測)
6.主要メーカのCD-ROM戦略,考え方
Ⅲ.DVD-ROMドライブ市場分析
1.DVD-ROM市場概要

2.価格動向

3.メーカシェア

4.DVD-ROMドライブ推移予測 (世界、台数、2002~07年、HH/スリム別)
表・グラフ(DVD-ROMドライブ推移予測)

5.DVD-ROMメーカシェア(世界、台数、2004・2005・2006年)
表・グラフ「PC用DVD-ROMメーカシェア」(2004・2005年見込み・2006年予測)

Ⅳ.CD-RWドライブ市場分析
1.CD-RW市場概要、展望

2.価格動向

3.メーカシェア

4.CD-RWドライブ推移予測(世界、 搭載・アフタ計 、2002~07年、HH/スリム別)
表・グラフ(CD-RWドライブ推移予測)
5.CD-RWメーカシェア(世界、台数、2004・2005・2006年)
表・グラフ「PC用CD-RWメーカシェア」(2004・2005年見込み・2006年予測)
Ⅴ.COMBO市場分析
1.市場概要

2.価格動向

3.メーカシェア

4.COMBOドライブ推移予測
表・グラフ(世界、搭載・アフタ計、2000~2005年、HH/スリム別)
5.COMBOメーカシェア
表・グラフ「PC用COMBOメーカシェア」(2004・2005年見込み・2006年予測)
Ⅵ.DVD-W(DVD書換え型)ドライブ市場

1.市場概要

2.価格動向

3.メーカシェア

4.DVD-W推移予測
表・グラフPC用DVD-Wドライブ推移予測(世界、搭載・アフタ計、2000~2005年、HH/スリム別)
5.PC用DVD-Wメーカシェア
表・グラフ「PC用DVD-Wメーカシェア」(2004・2005年見込み・2006年予測)
6.主要メーカのDVD-W戦略,考え方
(1)DVD-RAM陣営A社/勝ったのはDVD-RAM陣営?
(2)光ピックメーカB社/PC用DVD市場競合6社
(3)光ディスクドライブメーカC社/PC用DVD-Wで08年までもたせる
(4)光ディスクドライブメーカD社/PC用DVD市場
(5)光ディスクメディアメーカE社/DVD Multiへのシフト
(6)光ディスクメディアメーカF社/DVD-WのPC搭載状況
(7)松下電器産業/DVD-RAMの長所
表「DVD-RAM、-RW、+RWの機能比較表」
(8)光ディスクメディアメーカF社/DVD-Wの今後のSTEP
(9)光ピックメーカG社/2層ディスク技術のもつ意味
Ⅶ.ポストBD/HD DVD市場
1.BD/HD DVD市場概要、展望

2.主要メーカのBD/HD DVD戦略,考え方
(1)BD陣営/HD DVD陣営の企業一覧表
表「BD陣営/HD DVD陣営別にみた企業メンバー」
(2)光ディスクドライブメーカA社/BD普及戦略をこう考える
(3)光ディスクドライブメーカB社/HD DVD普及戦略をこう考える
(4)BD&HD DVD規格統合化の行方
(5)光ディスクドライブメーカC社/ポストDVDの流れ
(6)青色レーザメーカD社/レーザメーカからみたBD・HDDVD市場
(7)光ディスクドライブメーカE社/HDDVDの優位性
(8)ソニー/BD技術の推移と可能性
(9) 映像評論家/ハイビジョン録画の阻害要因
(10)TDK/BDメディアのコスト
(11) BENQ/ポストDVD
(12) 光ディスクドライブメーカF社/BD vs. HD DVDの行方を占う
(13) 光ディスクドライブメーカG社/BD vs. HD DVDの行方を占う
(14) 光ディスクドライブメーカH社/ハイビジョンの次、?デジタル・シネマ”?
(15)海外メーカのポストDVD戦略
1.Plasmon社/UDO(欧米)
2.中国・国家プロジェクト/EVD
3.台湾・国家プロジェクト/HD-DVD1(17GB)、HD-DVD2(27GB)
(16) 光ディスクドライブメーカI社/世界でのBDの狙い
Ⅷ.ホログラム記録装置市場
1.ホログラムデータ記録装置市場の実現にむけての動向

2.主要企業の動向
(1)オプトウェアのホログラム戦略
(2)光ピックメーカA社/携帯電話用にはホログラム
(3)ホログラム技術の新しい流れ
1.Inphase Technologies社
2.Aprilis社
3.3DCD Technology社
4.Mempile社
5.Optostor社
6.Optilink社
7.Polight Technologies社
(4)レンズメーカB社/自由局面ホログラム技術
Ⅸ.光ディスクドライブ用デバイス市場概要
1. 光ドライブメーカ⇔光ピックメーカ」の調達関係
表「CD-ROMドライブメーカ⇔ピックメーカ相関関係表」
表「CD-R/RWドライブメーカ⇔ピックメーカ相関関係表」
表「DVD-ROMドライブメーカ⇔ピックメーカ相関関係表」
表「COMBOドライブメーカ⇔ピックメーカ相関関係表」
表「DVD-Wドライブメーカ⇔ピックメーカ相関関係表」
2.主要メーカの光ディスクドライブ用デバイス事業戦略,考え方
(1)光ピックメーカA社/世界の光ピック市場動向2003~05年
(2)光ピックメーカB社/光ピック市場参入メーカ動向2005年
(3)光ピック用レーザダイオードメーカC社/2005年レーザダイオードのOEM価格
(4)光ピックメーカD社/世界最強の日本光ディスクドライブ用デバイス
(5)光ピックメーカD社/世界光ピック(OPU)市場における日本メーカのシェア
(6)光ピックーカE社/日本の強味DVD-W用OPUとライセンス
(7)光ピックメーカE社/世界のDVDビデオ用OPUメーカ動向
(8)光ピックーカF社/BD用OPU市場と低コスト化動向
(9)光ピックーカF社/COMBO用OPU
(10)光ピックーカG社/世界OPU市場
Ⅹ.光ディスク・メディア市場
1.世界光ディスクメディア市場における日本の現状

2.ブランドメーカ全盛時代における太陽誘電の自社生産戦略

3.世界光ディスクメディア市場メーカシェアと企業動向

第Ⅱ章.主要光ディスクドライブメーカ個票編

≪個票内容≫
<企業概要>
1.光ディスクドライブ、ユニットの出荷台数推移(2004年・2005年見込み・2006年予測)
CD-ROM、CD-RW、DVD-ROM、COMBO、DVD Dual系(DVD+R/RW、DVD-R/RW、DVD±R/RW)、DVD MULTI、Super MULTI、BD、HDDVD

2.地域別/PC用光ディスクドライブの出荷台数(05年見込、国内/米/欧/アジア他)

3.組織、生産体制、調達(ピックアップ調達先、生産能力、国内/海外生産数量)

4.市場概況、販売状況(国内/海外)
≪個票掲載企業11社≫
1.ティアック
2.東芝
3.日本電気
4.パイオニア
5.日立LG
6.プレクスター
7.松下電器産業
8.ミツミ電機
9.リコー
10.AOpen
11.Lite-On

第Ⅲ章.ブランドメーカ/パソコン量販店の考える大容量・書換え型光ディスクドライブ需要


≪アンケート内容≫
Q1.今、最も売れている光ドライブは何か?
1.CD-R/RW 2.コンボドライブ(「CD-RW」 & 「DVD-ROM」)
3.Dual系(DVD±R/RW)4.DVD-RAM系(DVD Multi含む)
5.スーパーMulti(RAM、-R/RW、+R/RW全てに対応するもの)
Q2.来年(2006年)、期待できると考える光ドライブは何か?また、そう考える理由は?
1.CD-R/RW 2.コンボドライブ(「CD-RW」 & 「DVD-ROM」)
3.Dual系(DVD±R/RW)4.DVD-RAM系(DVD Multi含む)
5.スーパーMulti(RAM、-R/RW、+R/RW全てに対応するもの)
Q3.現在、記憶容量4.7Gb以上のDVD書き換え型ドライブ(スーパーMultiなど)は、
どのような用途で使われていると思うか?

Q4.300Gbもの記憶容量のニーズはあると思うか?また、そう選んだ理由は?
1.300Gbの記録ニーズはある
2.300Gbの記録ニーズは少々ならある
3.あまりニーズはない
≪調査対象企業13社個票≫

●ブランドメーカ7社
アイ・オー・データ機器
プリンストンテクノロジー
メモレックス・テレックス
エアリア
ロジテック
日本Shuttle
バッファロー
●量販店6社
ヤマダ電機
ナカウラ
セキド
ナニワ商会
豊栄家電
ベスト電器
≪分析≫

●Q1・2・3・4の質問に対する結果分析

Q1.貴社で販売している1.~5.の光ディスクドライブの中で、今どれが売れていますか? 売れている順番に並べて下さい。
1)最も売れている製品は?
2)2番目売れている製品は?
3)3番目売れている製品は?
Q2.来年(2006年)、貴社が「期待できる」と考える光ディスクドライブ品目は、下記1.~5.のどれですか? 期待している順番に並べて下さい。また、そう考える理由は?
1)全体13社・ブランドメーカ7社・量販店6社の2005年光ディスクドライブ期待度順位付け
2)ブランドメーカ・量販店各社の2005年光ディスクドライブ期待度ランキングと順位付けの理由
Q3.現在、記憶容量4.7Gb以上のDVD書き換え型ドライブ(スーパーMultiなど)は、どのような用途で使われていると思いますか?
1)ブランド7社の考え
2)量販店6社の考え
Q4.次世代光ディスクドライブとしては、BDやHDDVD、さらにはホログラム技術を利用したものも考えており、記憶容量は 300Gbにも及ぶようです。こうした300Gbもの記憶容量のニーズはあると思いますか?下記1.~3.からお選びください。また、1.2.を選んだ方 にお聞きします。ユーザは何に使うと思いますか?また、そう選んだ理由は?
1)下記が1.2.3.それぞれを選んだ企業の数をまとめた表
2)下記が1.2.を選んだ各社の「考えられるニーズ内容とその理由」についての回答をまとめた表
1.DVD(プレーヤ&レコーダ)市場予測
1-1.世界DVD(プレーヤ&レコーダ)市場予測(台数、99~2009年)
 表・グラフ「世界DVDビデオ&レコーダ市場予測」
1)2003~2004年の動向2)2005~2009年の動向
1-2.国内DVDビデオ&レコーダ市場予測(台数、99~2009年)
 表・グラフ「国内DVDビデオ&レコーダ市場予測」
1-3・DVDレコーダ世界/国内市場動向
(1) 世界DVDレコーダ市場動向2004~2005年
図・表「DVD/HDDレコーダ市場のシェア推移と予測」
(2) 世界のDVDレコーダ&プレーヤ市場推移
(3) 国内DVDレコーダ市場の現状(2004~2005年)と主要メーカ動向
 グラフ「国内DVD/HDDレコーダ市場メーカシェア(2004・2005年)」
(4) 国内で普及進むハイビジョンDVDレコーダの市場動向
(5)松下電器産業のDVDレコーダ戦略
(6)ソニーのDVDレコーダ動向
(7)東芝のDVDレコーダ動向
(8)パイオニアのDVDレコーダ動向
(9)シャープのDVDレコーダ動向
(10)日立製作所のDVDレコーダ戦略
(11)三菱電機のDVDレコーダ戦略
(12)三洋電機のDVDレコーダ戦略
(13)船井電機のDVDレコーダ戦略
1.1999年の三菱電機との連携
2. 中国工場の活用
3. トヨタ生産方式的な独自生産システム
「FPS」(フナイ・プロダクション・システム)によって効率の限界を突破
4. 低価格で対抗
5. 狙い絞り込み、北米での量販ルートを確立
(14)世界のDVDレコーダ製品
(15)日本DVDレコーダメーカの強さ
(16)中国DVDビデオメーカの弱点
2.テレビ市場予測
2-1.カラーテレビ(CRT+フラットパネル(液晶・PDP)+プロジェクション)世界市場推移
 図・表「世界カラーテレビ市場予測」
CRTカラーテレビ市場動向(世界)
(1)2004年の動向(世界)
(2)~2009年までの動向(世界)
(3)国内の動向
3.VTR市場予測
3-1.世界VTR市場予測(台数、1999~2009年)
 図・表「世界VTR市場予測」
(1)2003~2004年の動向
(2)2005~2009年の動向
3-2.国内VTR市場予測(台数、1999~2009年)
 図・表「国内VTR市場予測」
4.ビデオカメラ市場予測
4-1.世界ビデオカメラ市場予測
 図・表「世界ビデオ一体型カメラ市場予測」
(1)2003~2004年の動向
(2)2005~2009年の動向
4-2.国内ビデオカメラ市場予測
 図・表「国内ビデオ一体型カメラ市場予測」
5.ホームオーディオ市場予測
5-1.世界ホームオーディオ市場予測
 図・表「世界ホームオーディオ市場予測」
(1)2003~2004年の動向
(2)2005~2009年の動向
5-2.国内ホームオーディオ市場予測
 図・表「国内ホームオーディオ市場予測」
(1)国内ホームオーディオ市場動向
6.カーAVC市場予測
6-1.世界カーAVC市場予測
 図・表「世界カーAVC市場予測」
(1)世界全体の動向
(2)2003~2004年の動向(世界)
(3)2005~2009年の動向(世界)
6-2.国内カーAVC市場予測
図・表「国内カーAVC市場予測」
(1)2004~2009年の動向(国内)
7.国内デジタルコンテンツ市場
表「デジタルコンテンツ」市場予測規模2002~05年」

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
330,000
300,000
30,000
495,000
450,000
45,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。