2006年版 シニアビジネスの実態と展望

発刊日
2006/02/14
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 228頁
資料コード
C47112700
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
231,000
210,000
21,000
346,500
315,000
31,500
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章 シニアビジネスの消費構造の徹底分析

1.シニア層の拡大と消費意識
1-1.シニア層の拡大
1-2.シニア層の消費意識
2.シニア層の徹底分析
2-1.シニアビジネスのマーケットネーム
2-2.団塊世代の徹底分析
2-2-1.団塊世代の人口分析
2-2-2.団塊世代の地域分布
2-2-3.団塊世代の消費志向
2-3.アクティブシニアの徹底分析
2-3-1.アクティブシニアの推計
2-3-2.アクティブシニアと要介護(要支援)認定の年齢考察
2-4.リタイアメント(退職者)の徹底分析
2-4-1.退職者数の分析
2-4-2.退職金における市場創造

第2章 シニアビジネスの実態と展望


1.シニアビジネスの実態分析
1-1.シニアビジネス市場のセグメント
1-1-1.加齢による意識変化からみるビジネス要素
1-1-2.シニアビジネスのキーワード
1-1-3.シニアビジネスのセグメント
2.シニアビジネスの展望分析
2-1.悦楽思考市場の戦略
2-2.不安削減市場の戦略
2-3.シニアビジネスの展望
2-3-1.シニアビジネス市場規模推移
2-3-2.シニアビジネスの展望

第3章 シニアビジネス事例

1.アンチエイジング

株式会社セルガレージ
株式会社バイオマーカーサイエンス
ANTI-AGING DOCTORS株式会社
2.PET施設における会員制健康倶楽部
グランドハイメデッイク倶楽部
セントラルメディカル倶楽部
メディカルサポートシシテム
セレブ
ジャパンメディカルクラブ
JMR健康クラブ
プライベートヘルスケアサービス
3.会員制スポーツ倶楽部
3-1.フィットネスクラブ・スポーツクラブの市場動向
3-2.主要クラブ運営企業の動向
4.健康志向グルメ
アンチエイジングレストラン キヨズキッチン
5.会員制リゾート倶楽部
株式会社パルアクティブ
リゾートソリューション株式会社
6.シニア向け講座
ヤマハ株式会社 ~50歳からの大人の音楽レッスン~
7.資産運用サービス
住友信託銀行株式会社 ~信託世代倶楽部~
三菱UFJ証券株式会社 ~団塊倶楽部~
8.シニア人材派遣
株式会社ソフトパワー
株式会社NARP
9.住宅サービス
大阪商工会議所・経済産業部
株式会社ラストリゾート
10.シニア出会紹介サービス
有限会社M'Sブライダルジャパン

第4章 参考資料


主要アンチエイジング医療機関228
主要シニア向け商品・サービス一覧(2004年11月~2006年2月)
日本抗加齢医学専門医
日本抗加齢医学指導士

図表一覧

図表1-1 50歳以上対全人口比推移(1970~2030年)
図表1-2 シニア人口指数推移(1970~2030年)
図表1-3 日本人口推移(1970~2030年)
図表1-4 平成16年度年齢階級別1世帯当り年平均1か月間の収入と支出
図表1-5 世帯主の年齢階級別仮想個人消費額と可処分所得に対する
仮想個人消費額の割合
図表1-6 シニア層をターゲットとした造語的マーケットネーム
図表1-7 シニア層をターゲットとした造語的マーケットネームにポジショニング
図表1-8 団塊世代を含めた前後5年間の出生数
図表1-9 シニア層に占める団塊世代
図表1-10 団塊世代の都市圏における人口移動コーホート分析(表)
図表1-11 団塊世代の都市圏における人口移動コーホート分析(グラフ)
図表1-12 2000年国勢調査による団塊世代に含まれる50~54歳人口
図表1-13 団塊世代の背景年表
図表1-14 年齢層別消費支出に占める『交通・通信』の割合推移(表)
図表1-15 年齢層別消費支出に占める『教養・娯楽』の割合推移(表)
図表1-16 年齢層別消費支出に占める『その他消費支出』の割合推移(表)
図表1-17 年齢層別支出に占める『交通・通信』の割合推移(グラフ)
図表1-18 年齢層別消費支出に占める『教養・娯楽』の割合推移(グラフ)
図表1-19 年齢層別消費支出に占める『その他消費支出』の割合推移(グラフ)
図表1-20 家計調査 ~世帯主の年齢階級別1世帯当たり年平均1ケ月間の
収入と支出(全世帯)の推移~
図表1-21 要介護度
図表1-22 要介護(要支援)認定者数(表)(2000~2005年)
図表1-23 要介護(要支援)認定者数推移(2000~2005年)と増加率
図表1-24 要介護(要支援)認定者数介護度別年齢区分推移(2000~2005年)
図表1-25 要介護(要支援)総認定者数年齢区分(2000~2005年)
図表1-26 要介護(要支援)総認定者数年齢区分比(2000~2005年)
図表1-27 就業状態、農林業・非農林業、従業上の地位別15歳人口
図表1-28 年齢階級、産業別就業者数
図表1-29 2005年における50~59歳の就業構造推計
図表1-30 2005年度退職予備軍(50~59歳)の就業構造
図表1-31 平成13年民間企業退職金実態調査による平均退職金
図表1-32 退職自由、勤続年数別退職者数及び平均退職金の企業規模計
図表1-33 年齢階級別平均勤続年数の推移(1999~2003年)
図表1-34 50~59歳常用雇用における退職金市場創造規模

図表2-1 将来の日常生活への不安
図表2-2 シニアビジネスの要素フロー
図表2-3 高齢者の日常的楽しみと今後取り組みたい活動の上位比較
図表2-4 キーワードで見たシニアビジネス
図表2-5 シニアビジネスの市場セグメント
図表2-6 シニアビジネスの追求
図表2-7 会員制ビジネスでシニア層の獲得フロー
図表2-8 JR東日本ジパング倶楽部 会員数と旅行商品実績額(1995~2004年)
図表2-9 年齢階級別・日常生活情報の情報源
図表2-10 50歳以上人口推移(2005~2030年)
図表2-11 50歳以上アクティブシニア人口推移(2005~2030年)
図表2-12 50歳定年退職者数推移(2005~2030年)
図表2-13 シニアビジネス市場規模推移(2005~2030年)
図表2-14 退職金の除くシニアビジネス市場規模推移(2005~2030年)
図表2-15 不安を感じる理由
図表2-16 日ごろから特に心がけていること
図表2-17 今後取り組んでみたい活動
図表2-18 老後の生活に備えるために現在行っていること
図表2-19 統計からみるキーワード
図表2-20 注目されるシニアビジネスの市場セグメント

図表3-1 PET検査市場の営業戦略図
図表3-2 会員制健康倶楽部の集客・集患の仕組み
図表3-3 個人・法人向け会員制健康倶楽部
図表3-4 フィットネスクラブ、スイミングプールの市場規模
図表3-5 余暇活動参加人口の推移(スポーツ部門)
図表3-6 フィットネスクラブの経営動向
図表3-7 日ごろ特に心がけていること(上位5位)-再掲-
図表3-8 会員制リゾート倶楽部市場規模推移(1990~2004年)
図表3-9 会員制リゾート倶楽部宿泊施設 年間延べ宿泊者数の状況
図表3-10 格安・会員制リゾート倶楽部のフロー
図表3-11 1週間総学習・研究の時間 5歳階級区分(50~74歳)1996年/2001年
図表3-12 主な生活支援サービス付金融機関会員倶楽部
図表3-13 主なシニア人材派遣会社
図表3-14 シニア層住宅選択肢
図表3-15 シニア層を主とした出会紹介サービス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
231,000
210,000
21,000
346,500
315,000
31,500

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています