フォトプリンタ/インクジェットプリンタ市場の実態と展望

写真専用小型プリンタの2005年度出荷数量は1,000,000台を突破する見通し/独自の視点から「フォトプリンタ/インクジェットプリンタ市場」の実態に切り込む。

発刊日
2006/03/14
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 62頁
資料コード
C47117500
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

82,500
75,000
7,500
165,000
150,000
15,000
247,500
225,000
22,500
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章 フォトプリンタ市場の実態と展望

1.写真専用小型プリンタ

1.1 2004~2005年度の市場概況
1.1.1 2005年度には1,000千台を突破
表/図 写真専用小型プリンタの市場規模推移(2002~2005年度)
図 フォトプリンタの分類
1.1.2 市場が拡大する中でマーケティング・ミックスの模索は続く
1.2 昇華型との二頭立てからインクジェット方式主体へ
図 方式別の市場規模比較
1.3 市場拡大の背景
1.3.1 インクジェット方式登場の影響
1.3.2 イニシャルコストは二極化に向かう
図 写真専用小型プリンタの価格と出力速度①(インクジェット方式)
図 写真専用小型プリンタの価格と出力速度②(昇華型・Pivi)
1.3.3 ランニングコストにも値頃感が出る
1.3.4 デジカメのアクセサリとして売場展開
1.3.5 プロモーションの方向転換によって潜在ニーズを掘り起こす
1.4 通販/ネット販売チャネルでデジカメとのセット販売を図る
図 写真専用小型プリンタの販売チャネル内訳
1.5 ホームプリントか、店頭プリントか(ユーザアンケート結果)
表/図 デジカメ写真のプリントアウト①(家庭用プリンタ)
表/図 デジカメ写真のプリントアウト②(店頭プリント)
表/図 今後のプリント方法
1.6 有力企業のビジネス概況
1.6.1 セイコーエプソン
1.6.2 キヤノン
1.6.3 富士写真フイルム
1.6.4 コダック
表/図 写真専用小型プリンタの出荷数量・シェア①(全タイプ)
表/図 写真専用小型プリンタの出荷数量・シェア②(インクジェット方式)
表/図 写真専用小型プリンタの出荷数量・シェア③
(昇華型・プリンピクス・Pivi・チェキ)
表 各社の製品概要
1.7 今後の市場拡大に向けた付加価値の提案
図 写真専用小型プリンタの方向性
図 写真専用小型プリンタの国内市場規模予測(~2008年度)
2.業務用デジタルフォトプリンタ
2.1 市場規模は漸減傾向
表/図 業務用フォトプリンタの分野別市場規模推移
図 業務用フォトプリンタの分野別構成比
2.2 ホームプリンタと業務用フォトプリンタのプリントボリューム比較
表 プリントボリュームの試算
2.3 分野別市場動向
2.3.1 キオスク/コンビニ端末
表/図 業務用フォトプリンタの出荷数量・シェア①(キオスク/コンビニ端末)
2.3.2 DPE設置型
表/図 業務用フォトプリンタの出荷数量・シェア②(DPE設置型)
2.3.3 プリクラ用
表/図 業務用フォトプリンタの出荷数量・シェア③(プリクラ用)
2.3.4 BOX型
表/図 業務用フォトプリンタの出荷数量・シェア④(BOX型)
表/図 業務用フォトプリンタの出荷数量・シェア⑤(全タイプ)
2.4 市場規模予測
図 業務用フォトプリンタの市場規模予測(~2008年度)

第2章 インクジェットプリンタ市場の実態と展望

1.MFPが市場拡大を牽引、構成比は60%程度に
1.1 2003年度から2004年度にかけてほぼ横ばいで推移
表/図 インクジェットSFP/MFPの市場規模推移・予測(2003~2009年度)
1.2 2005年度はMFP>SFPに
1.3 2006年度以降の見通し
図 MFPの市場成長シナリオ

2.上位2社に対する注目度が更に高まる
2.1 快走していたエプソンをキヤノンが猛追
表 エプソン・キヤノンのインクジェットプリンタ2005年秋冬モデル比較
2.2 シェア3位以下のビジネス概況
表/図 インクジェットプリンタの国内ブランドシェア(SFP+MFP)
表/図 インクジェットSFPのシェア(2003~2005年度)
表/図 インクジェットMFPのシェア(2003~2005年度)

第3章 インクジェットLFP市場の実態と展望

1.市場概況
1.1 2004~2005年度の市場概況
表/図 インクジェットLFPの市場規模推移(2003~2005年度)
表/図 タイプ別の構成比(2003~2005年度)
1.2 需要分野毎の展開
図 各分野における代表的製品の位置付け①(CAD)
図 各分野における代表的製品の位置付け②(グラフィック)
図 各分野における代表的製品の位置付け③(サイン)
図 各分野における代表的製品の位置付け④(カッティング)
図 大判インクジェットの用途拡大
2.市場規模とメーカシェア
2.1 武藤工業・日本HPの二強体制は変わらず、三位以下ではキヤノンが躍進
表/図 インクジェットLFPの出荷数量・シェア(エンジンベース)
2.2 ブランドベースの出荷状況
図 大判インクジェットプリンタのエンジン・製品供給関係
表/図 インクジェットLFPの出荷数量・シェア(ブランドベース)
2.3 出荷金額とシェア
表/図 インクジェットLFPの出荷金額・シェア
3.タイプ別出荷数量(データ)
3.1 2003年度
3.2 2004年度
3.3 2005年度見込み
4.流通ルート別出荷数量(データ)
4.1 2004年度
4.2 2005年度見込み
5.用途別出荷数量(データ)

6.市場規模予測(データ)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

82,500
75,000
7,500
165,000
150,000
15,000
247,500
225,000
22,500

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。