2005年版 可視光通信システムのアプリケーション展望

可視光通信システムの市場概況、主要関連システムの市場動向ほか/注目の新技術「可視光通信システム」の今後の展開と方向性に関する調査分析レポート。

発刊日
2005/05/31
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 241頁
資料コード
C47200300
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
396,000
360,000
36,000
594,000
540,000
54,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

 ~はじめに~

当レポートは、昨今有望な新技術と名高い可視光通信システムについて調査・研究を行なったものであります。同技術は、人間の身の回りにありふれている目に見える光(可視光)を使って通信を行うという最新の通信技術です。

可視光通信ではオフィスや家の中や道路上の照明や、交通信号機や広告用電光掲示、ディスプレー、電子機器の表示などの、目に見える光を発する装置に使用さ れる可視光を高速に点滅させる事により、データを送信します。そして、デジタルカメラ、携帯に装備されたカメラのように、可視光を受け取るシステムは実は すでに普及しています。

そして可視光通信の優れた特性として、従来の無線や赤外線で生じていた人体への影響や電波法の制約などの問題点を克服する事ができる、というものがありま す。「ユビキタス(遍在的)」で「超高速」、「人体や電子機器にも影響しない」という、今までにない新しい通信手段として期待されています。

当研究所では、このような背景から可視光通信技術に焦点を当て、研究企業各社からの面接調査によって、最新の市場動向をはじめ、課題問題点や今後のマー ケットなどを広範囲に捉えて、将来的に有望なアプリケーションを体系的に検証しました。また、可視光通信技術の研究企業各社からは、現在想定される市場に はどのようなニーズや課題・問題点、普及促進政策などの取り組み事例や市場成長(拡大)へのシナリオなどが存在するのかを総合的に把握し、今後の展開と方 向性を予測するものです。

最後になりますが、本レポート作成にあたり、貴重なお時間と貴重な資料を、ご提供頂いた取材企業の皆様及び各方面の方々に、多大なるご協力を頂きました。この場をお借り致しまして深く感謝の意を表する次第です。

株式会社矢野経済研究所
インフォメーション・テクノロジー
コムテック事業部ユビキタスチーム
可視光通信システムプロジェクト

1. 調査目的
可視光通信システム市場に参入・研究している企業の実態と将来の見方を横断的に調査・研究することによって、市場全体にとって将来性のあるアプリケーションを展望し、関連各社の事業戦略立案の基礎資料に供することを目的とする。
2. 調査対象先目次参照
3. 調査方法専門調査員による直接面接取材及び電話によるヒアリング取材併用
4. 調査,編集期間2005年3月~2005年5月
5. 企画,調査,編集責任者

株式会社矢野経済研究所大阪支社コムテック事業部ユビキタスチーム

リサーチ内容

第Ⅰ章 市場総論

1.現在までの市場概況

2.システムの基本構成と技術動向
(1)可視光通信システムの基本構成と技術動向
(2)照明光の現在(LED・蛍光灯・白熱灯)
(3)PLC(高速電力線通信)の動向
1.概要
2.PLCのビジネスモデル
3.PLCのメリットと課題
4.国内の動向
5.海外の動向
(4)学術研究者に聞く(可視光通信コンソーシアム会長 中川正雄教授)

3.利用分野とアプリケーション
(1)照明光
1.PC・携帯などへのデータ通信
2.AV伝送
3.家庭内位置情報
(2)ユビキタス
1.位置情報
2.企業広告
3.空港での利用
4.マルチリンガル
5.音楽(アミューズメント)
(3)ITS

4.可視光通信の研究企業(調査企業)一覧

5.研究企業の当ビジネスへの参加(参入)の経緯

6.研究企業(調査企業)の展開事業分野

7.主要開発製品とシステム概要

8.可視光通信ビジネスへの見解

9.取組動向

10.有望アプリケーション(サービス)

11.無線など他の通信方法への影響と位置付け

12.普及促進政策

13.ターゲットユーザー(アプリケーション)

14.標準化への見方

15.価格政策と低価格化のポイント

16.アプリケーション開発の主要テーマ

17.他社との差別化戦略

18.市場業界動向

19.現状の課題・問題点

20.今後の市場見通しと市場拡大のシナリオ


第Ⅱ章 主要関連システムの市場動向

1.ワイヤレスネットワークシステム市場
(1)無線LAN市場の概要
(2)IEEE802.11規格の動向
(3)ユーザー状況(個人/法人)
(4)無線PANの動向

2.国内移動体通信市場
(1)移動体通信サービス市場
(2)携帯電話端末市場(2003・2004年度)
(3)カメラ搭載携帯電話動向
(4)非接触ICカード対応携帯電話動向

3.LED市場
(1)LED市場規模推移
(2)LED需要分野出荷構成と市場動向
(3)LED参入メーカーの動向

4.白色LED市場
(1)白色LEDの世界市場規模
(2)照明用白色LED世界市場規模推移
(3)照明用白色LED国内市場規模推移
(4)照明用白色LED分野別構成と市場動向

5.LED(韓国台湾)市場
(1)序論
(2)韓国LED市場動向:GaN系LEDチップ生産能力ベース
(3)台湾LED市場動向:GaN系LEDチップ生産能力ベース
(4)韓国LED市場動向:LED事業ベース
(5)台湾LED市場動向:ウェハ・チップメーカベース

6.照明市場
(1)2005年の照明総市場は1兆520億円になると推定
(2)今後期待される用途分野は商業店舗におけるリニューアル需要
(3)コンパクト化と長寿命化をキーワードに商品開発競争が進行
(4)電材資材卸業者が今後期待する市場は商業店舗施設と病院福祉施設
(5)勝組み企業となるためのポイントはスピード感と提案力

7.パソコン市場
(1)市場概況とメーカー別国内出荷台数推移
(2)ユーザー別・タイプ別出荷状況
(3)海外企業との連携強化
(4)2004年度は6.8%の堅調な伸びへ

8.光通信ビジネス市場
(1)市場概況
(2)通信事業者の設備投資は第二フェーズへ移行
(3)光伝送設備はFTTHサービス事業者の加入者獲得戦略を達成する手段
(4)相次ぐGE-PONシステム導入によりFTTH市場はギガビット伝送で過熱


第Ⅲ章 個別企業実態調査票


アジレント・テクノロジー・インターナショナル株式会社
カシオ計算機株式会社
KDDI株式会社
清水建設株式会社
株式会社情報システム総合研究所
ソニー株式会社
東京電力株式会社
株式会社東芝
豊田合成株式会社
日本信号株式会社
日本電気株式会社
浜松ホトニクス株式会社
松下電器産業株式会社
松下電工株式会社
三菱重工業株式会社

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

198,000
180,000
18,000
396,000
360,000
36,000
594,000
540,000
54,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。