2006年版 光通信ビジネス産業年鑑~加入者急増! NGNを牽引するFTTH~

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

発刊日
2006/08/28
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 264頁
資料コード
C48104700
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

154,000
140,000
14,000
308,000
280,000
28,000
462,000
420,000
42,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

調査概要
Close

◆調査対象:
・通信キャリア
・光通信関連機器メーカー

◆調査方法:
弊社専門研究員による直接面談取材を原則とし、一部テレフォンサーベイ、文献調査を行った。

資料ポイント
Close

急速に普及し始めたFTTH市場に参入している通信キャリア、光通信機器メーカーの事業実態や事業戦略を調査分析することにより、国内FTTH関連市場の現状を把握するとともに、今後の当該市場の動向を予測することを目的とする。

リサーチ内容

第1章 日本のFTTHサービス及びネットワーク動向

第1節 FTTHサービスの普及状況
第1項 契約者数の推移
第2項 契約者数の将来予測
第2節 政府のブロードバンド政策

第3節 光伝送システムの設備投資動向
第1項 全体動向
1.光伝送システム投資額の推移状況
第4節 光ファイバケーブル投資動向
第1項 光ファイバケーブル整備状況
第2項 光ファイバ投資額の推移状況
(1)中継系における今後の光ファイバの潜在需要は厳しい状況
(2)アクセス系光ファイバには積極的投資
(3)通信事業者の光ファイバ構築計画
(4)政府の方針
(5)光ファイバケーブル整備全体動向
(6)CATV動向
第3項 今後の動向

第2章 光通信用伝送装置市場

第1節 光伝送システム市場
第1項 光伝送システム市場全体動向
1.国内市場概況
第2節 コア・メトロ用光伝送システム市場
第1項 SONET/SDHシステム市場
1.市場概況
2.国内市場規模の推移状況
3.主要ベンダー動向
4.SONET/SDHシステム市場の将来展望
第2項 WDMシステム市場
1.国内市場概況
2.国内市場規模の推移状況
3.ベンダーシェア
4.主要ベンダー動向
5.WDMシステム市場の将来展望
第3節 メトロ用伝送システム市場
第1項 CWDMシステム市場
1.市場概況
2.国内市場規模の推移状況
3.ベンダーシェア
4.主要ベンダー動向
5.CWDMシステム市場の将来展望
第4節 FTTHシステム市場
第1項 光アクセス機器市場
1.市場概況
2.国内市場規模の推移状況
第2項 PONシステム市場
1.市場概況
2.国内市場規模の推移状況
3.ベンダーシェア
4.主要ベンダー動向
5.PONシステム市場の将来展望
第3項 メディアコンバータ市場
1.市場概況
2.国内市場規模の推移状況
3.ベンダーシェア
4.主要ベンダー動向
5.光メディアコンバータ市場の将来展望
第5節 光ファイバ市場
第1項 光ファイバ市場予測

第3章 海外におけるFTTH動向

第1節 連邦通信委員会(FCC)の最近の政策
第1項 FCCの5ヵ年計画とブロードバンド政策
第2項 ブロードバンド
第3項 FCCの最近の政策動向
第2節 北米のブロードバンド市場動向
第1項 北米のブロードバンド状況
1.ブロードバンド加入者数推移
2.利用技術(接続方式)別通信速度別回線数
第2項 北米でのFTTHの普及状況
第3節 米国通信キャリアの動向
1.AT&T(旧SBC)
2.スプリント・ネクステル(旧スプリント社)
3.ベライゾン・コミュニケーションズ
4.ベル・サウス
5.クエスト・コミュニケーションズ・インターナショナル
第4節 韓国のブロードバンド状況
第1項 近年の政府の政策
第2項 インターネット及びブロードバンド加入者状況
第3項 その他の動向

第4章 企業個表

第1節 通信キャリア
1.東日本電信電話
2.西日本電信電話
3.エネルギア・コミュニケーションズ
4.ケイ・オプティコム
5.KDDI
6.九州通信ネットワーク
7.STNet
8.中部テレコミュニケーション
9.UCOM
10.NTTアクセスサービスシステム研究所
第2節 国内系メーカー
1.三菱電機
2.富士通
3.NEC
4.日立製作所
5.住友電気工業
6.古河電気工業
7.日立電線
8.沖電気工業
9.パナソニックモバイルコミュニケーションズ
10.フジクラ
11.東洋ネットワークシステムズ
12.平河ヒューテック
13.FXC
第3節 外国系メーカー
1.シスコシステムズ
2.コリジェントシステムズ
3.アライドテレシス
4.日本アルカテル
5.ノーテルネットワークス
6.UTスターコムジャパン
7.アドバンスト・ケーブル・システムズ
8.ADVA

◆個表項目

第4章

第1節 通信キャリア
・企業情報
・FTTH市場に対する見解及び動向
・光通信ネットワーク設備動向
・アクセス網の伝送設備
・開通期間・施工技術について
・今後の動向
第2節 国内系メーカー/第3節 外国系メーカー
・企業情報
・同社の光通信市場の現状
・主な取り扱い製品
・今後の動向
・主要光通信関連製品の国内出荷状況
*項目は掲載企業ごとに若干異なります。

内容見本
内容見本

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

154,000
140,000
14,000
308,000
280,000
28,000
462,000
420,000
42,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。