2007年版 有機EL市場の現状と将来展望

発刊日: 2007/03/26 体裁: A4 / 79頁
資料コード: C48114900 PDFサイズ:
カテゴリ: マテリアル / 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 151,200円 (本体 140,000円 消費税 11,200円 )
注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

第1章 有機ELの概要

1-1.有機ELの特徴と分類
1-2.有機ELパネルの構造
1-3.有機ELパネルの製造方法
1-4.有機ELと液晶の比較
1-5.有機ELとLEDの比較


第2章 有機EL現状分析

2-1.有機ELディスプレイ開発、製品化の経緯
2-2.参入企業一覧
2-3.アライアンス状況
2-4.有機EL搭載製品一覧
2-5.有機ELパネルスペック一覧表
2-6.有機EL材料の開発動向
2-7.パッシブマトリクス駆動有機ELディスプレイ開発動向
2-8.アクティブマトリクス駆動有機ELディスプレイ開発動向
2-9.有機EL世界市場規模
2-10.有機ELの用途別市場規模
2-11.FPD市場規模(参考資料)
2-12.照明市場規模
(1)電球類年間販売統計
(2)白色LED、照明用白色LED世界市場規模


第3章 有機ELの課題

3-1.現状での液晶との比較
3-2.ディスプレイとしての有機ELの課題
3-3.現状でのLEDとの比較
3-4.照明用光源としての有機ELの課題
3-5.有機EL製造装置、有機材料の課題


第4章 有力関連企業の動向

4-1.日本精機
4-2.TDK
4-3.東芝松下ディスプレイテクノロジー
4-4.有機エレクトロニクス研究所
4-5.凸版印刷
4-6.コニカミノルタテクノロジーセンター
4-7.セイコーエプソン
4-8.アイメス
4-9.トッキ


第5章 有機ELの将来動向

5-1.カラー化方式の動向
5-2.有機膜製造方法の動向
5-3.アプリケーション別動向予測
(1)携帯電話
(2)車載
(3)携帯音楽プレーヤー
(4)照明
(5)テレビ、モニター
5-4.中期市場規模予測
5-5.今後の展望

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 151,200円 (本体 140,000円 消費税 11,200円 )

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C48205400 2006年版 IP電話関連機器市場
C50301000 2008年版 環境ITシステム関連市場の現状と将来展望
C50105500 2008 フォトプリンタ/インクジェットプリンタ市場の実態と展望
C50103100 2007-2009 ユーザ企業のIT投資実態と予測
C48116000 2007 多機能・複合型/複写機・プリンタ・FAX市場の実態と展望