2007年版 製薬市場の10年展望

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

発刊日
2007/03/26
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 220頁
資料コード
C48116300
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
286,000
260,000
26,000
429,000
390,000
39,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

リサーチ内容

第1章 激変する医療環境下で製薬企業はブロッグバスターを生み出すことができるのか

「三方よし」の医療制度改革が出来るのか
医療制度改革と患者負担の増加
医療制度改革のポイントは患者負担増と医療の質の向上
医療制度改革を軌道に乗せるには
医療制度改革は“医療難民”を生み出すか
医療制度改革に翻弄される医療機関
存在を評価されない病院は淘汰の渦に飲み込まれる
社会医療法人の創設で公私のあり方が変わるのか
変質化したまことしやかな噂が乱れ飛ぶDPCの認定規制
注目される「医療施設体系のあり方に関する検討会」の結論
診療所は今後も増加の道をたどるのか
IT化の推進は医療機関にどのような影響を及ぼすことになるのか
後期高齢者医療制度のゆくえ
薬価制度改革はどのような方向に向かうのか
製薬業界は医療機関側からの「一人勝ち」ではないかとの批判にどのように答えるのか
製薬企業にとって魅力ある薬価制度改革は可能なのか
今後、薬価制度改革はどのような方向に向かうのか
後発品使用促進のインフラ整備は進むのか
医療機関側からか、それとも患者側からか
後発品使用拡大は製薬市場にどのような影響を及ぼすことになるのか

拡大鈍化する医薬分業と今後の薬局経営のポイントをさぐる
拡大鈍化する医薬分業
医薬分業の現状
医薬分業のゆくえ
今後の薬局経営のポイント
医療法改正
薬事法改正
薬学教育6年制と新設薬科大学の増加
ジェネリック医薬品
薬局情報公表制度
調剤報酬のゆくえ
経営形態
構造変革進む医療品流通市場
進む医薬品卸のグループ化
毎年改定が及ぼす影響
「価格競争」から「仕組みの競争」への転換-フィービジネスへの転換
共同配送の可能性
製薬企業直販の可能性
日本型医薬品卸のあるべき姿を目指して
業界再編加速する製薬企業
勝算無き市場再編
医薬品需要が低迷する状況下で製薬企業は安定収益を持続出来るのか
外国人投資家にとって今後も製薬企業は買いなのか
MR数は拡大から適正化へ転換するのか

第2章 診療報酬改定の医療機関への影響度(現状と今後)

はじめに

06年マイナス改定が医療機関に与えた影響
06年改定後に病院数は9,000を切る
病院から見た06年改定ポイント
急性期、回復期、慢性期の中小病院に与えた影響
急性期A病院(一般病床99床)のケーススタディ
回復期リハビリテーション病棟に与えた影響
医療療養型のC病院(90床)のケーススタディ

第5次医療法改正への対応
医療法改正も患者の視点重視
患者への医療に関する情報提供の推進
医療計画制度の見直しを通じた医療機能の分化・連携の推進
地域や診療科による医師不足問題への対応
医療安全の確保
医療従事者の資質の向上
医療法人制度改革
有床診療所の規制の見直し
質から量への転換

医療機関の具体的な経営戦略・戦術
戦略とはやらないことを決めること
急性期病院の具体的な対応策
回復期・療養型病院の具体的な対応策

次回改定の予測
21の附帯決議にちりばめられたKEYWORD
7対1入院基本料の功罪
病棟単位の届出を認めるかがポイント
DPCの拡大はどうなる
DPC病床比トップの沖縄と最下位青森の大格差
日医はDPCの問題点を指摘

今後の医療機関の変化
昔はよかった症候群病院ではいけない
病院経営に必要な8つの化

第3章 閉塞感のある医薬品開発から脱却するために

はじめに

大混乱の医療現場
医師不足、看護師不足
専門医、専門薬剤師の育成
看護師を巡る問題
在宅医療の推進

変わりつつある医薬品市場

抗体医薬、分子標的治療薬で市場が拡大しつつあるオンコロジー領域
新たな概念の副作用対策

医薬品産業ビジョンで臨床治験は推進されたのか?
治験に関わる要員の教育・育成
臨床研究評価へのインセンティブ
製薬企業のあり方
CRO、SMOのあり方
未承認薬問題

患者中心の医療の実現のために製薬企業のあり方

日本発の製薬企業を存在させるには今、何が必要なのか


第4章 医療・医薬品予測

強化される医療給付費の伸び率抑制
健康予防体制強化は医療費の伸びを抑制できるのか
疾病予防で医療費2兆円を抑制できるのか
在宅医療の推進は医療費抑制につながるのか
医療給付費抑制と国民皆保険制度
抑制強化は国民皆保険制度を歪めないのか
国民の痛み増すことで医療費抑制を確約できるのか
対GDP比10%までは容認か
免責制度導入の可能性
2006年以降の国民医療費見通し

医薬品生産高は低迷状態から脱却できるのか
2008年の改定を見据えた市場はどのように変化するのか
強引な自社品売上拡大を図ることは薬価引き下げを招く
毎年改定はありうるのか
配合剤は拡大するのか
画期的新薬については製薬会社が価格設定
後発品の需要拡大は医薬品需要全体にどのような影響を及ぼすのか
2005年から2014年にかけての生産高の変化

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
286,000
260,000
26,000
429,000
390,000
39,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。