2007年版 メタボリックシンドローム関連市場の実態と展望

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

発刊日
2007/04/20
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 212頁
資料コード
C48117700
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
231,000
210,000
21,000
346,500
315,000
31,500
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

リサーチ内容

第1章 メタボリックシンドローム関連市場総論

1-1.メタボリックシンドローム概論
1-1-1.メタボリックシンドロームとは
(1)メタボリックシンドローム概念の歴史
(2)メタボリックシンドローム診断基準
(3)小児診断基準

1-2.メタボリックシンドローム患者数
1-2-1.メタボリックシンドローム該当者数・予備群数
1-2-2.現代人の生活習慣の状況
(1)運動習慣
(2)栄養摂取状況
1-2-3.行政の対応
(1)国民の健康作りの観点
(2)国民医療費の増大の観点
(3)国民医療費減少のための病気予防重視へ
(4)「新健診・保健指導」による新たなビジネス機会の創出
(5)地方自治体のメタボリックシンドロームへの取り組み

1-3.メタボリックシンドローム関連市場
1-3-1.メタボリックシンドローム関連市場のとらえ方
(1)ダイエット市場とメタボリックシンドローム関連市場
(2)メタボリックシンドローム関連市場
1-3-2.メタボリックシンドローム関連市場規模
1-3-3.今後の展望

第2章 メタボリックシンドローム関連市場各論

2-1.予防分野(食品・栄養、運動)
2-1-1.健康食品
2-1-2.特定保健用食品(トクホ)
(1)トクホ市場規模
(2)品目別市場規模
-1.概略
-2.コレステロール抑制製品
-3.高血圧対策訴求製品
-5.中性脂肪対策訴求製品
(3)今後の展望
(4)今後注目される健康食品素材
-1.バガス(サトウキビ繊維)
-2.ローズマリー
2-1-3.特別用途食品
2-1-4.フィットネス市場
(1)フィットネスクラブを取り巻く環境
-1.政府の対応
-2.国民の運動に対する意識
(2)フィットネスクラブ市場
-1.市場概況
-2.フィットネスクラブのメタボリックシンドローム戦略
(3)フィットネス機器市場
-1.市場概況
-2.市場規模
(4)今後の動向
-1.フィットネスクラブにおける健康相談サービス
-2.振動トレーニングマシン

2-2.診断分野(健診・検診、健康管理機器)
2-2-1.健診・検診市場
(1)市場規模
2-2-2.在宅検診
2-2-3.新保健指導対応のビジネスモデル
2-2-4.家庭用健康管理機器
(1)市場規模
-1.家庭用血圧計
-2.体重計・体重体組成計
-3.歩数計
2-2-5.主要参入企業のメタボリックシンドローム関連製品動向

2-3.改善・治療分野(医療)
2-3-1.肥満治療
(1)市場概況
(2)肥満治療
2-3-2.運動療法
2-3-3.漢方とメタボリックシンドローム
2-3-4.一般OTCとメタボリックシンドローム

第3章 関連資料

メタボリックシンドロームに関連した特定保健用食品一覧
厚生労働大臣認定運動型健康増進施設
厚生労働省指定運動療法施設
主な人間ドック実施施設一覧
生活習慣病外来(メタボリックシンドローム外来)設置の主な医療機関

【図表目次】
 
図表1-1 メタボリックシンドロームに対する考え方
図表1-2 メタボリックシンドローム診断基準(WHO)
図表1-3 メタボリックシンドローム診断基準(アメリカ)
図表1-4 メタボリックシンドロームの診断基準(日本)
図表1-5 メタボリックシンドロームの病態メカニズム
図表1-6 メタボリックシンドローム小児診断基準7
図表1-7 日比式肥満区分による肥満児の割合-児童・生徒(6-14歳)
図表1-8 メタボリックシンドローム該当者と予備群の状況(男性)
図表1-9 メタボリックシンドローム該当者と予備群の状況(女性)
図表1-10 メタボリックシンドローム該当者・予備群
図表1-11 運動習慣者
図表1-12 栄養素摂取状況(男性)
図表1-13 栄養素摂取状況(女性)
図表1-14 肥満者(BMI≧25)の割合年次推移(男性)
図表1-15 肥満者(BMI≧25)の割合年次推移(女性)
図表1-16 1エクササイズに相当する運動と生活活動の例
図表1-17 日本の人口構成比
図表1-18 国民医療費(1985年~ 厚生労働省)
図表1-19 2008年度から実施される特定健診・保健指導の主な健診項目
図表1-20 都道府県の食育に関する要綱・計画等の策定状況
図表1-21 政令指定都市の食育に関する要綱・計画等の策定状況
図表1-22 メタボリックシンドローム予防のための健診・保健指導の基本的な考え方
図表1-23 ダイエット市場とメタボリックシンドローム関連市場
図表1-24 広義・狭義のメタボリックシンドローム関連市場
図表1-25 メタボリックシンドローム関連市場のセグメントと製品・サービス関連図
図表1-26 メタボリックシンドローム関連市場規模(億円)
図表1-27 メタボリックシンドローム関連市場構成比
図表1-28 主なメタボリックシンドローム関連市場参入製品サービス一覧
図表2-1 食品等の区分
図表2-2 「特定保健用食品」の許可を受けるための必要条件
図表2-3 特定保健用食品市場規模(メーカー希望小売価格ベース)
図表2-4 メタボリックシンドローム関連トクホ市場内訳
図表2-5 メタボリックシンドローム関連トクホ市場規模推移
図表2-6 コレステロール上昇抑制製品市場規模推移(億円)
図表2-7 高血圧対策訴求製品市場規模推移(億円)
図表2-8 血糖値抑制訴求製品市場規模推移(億円)
図表2-9 中性脂肪対策訴求製品市場規模推移(億円)
図表2-10 特別用途食品表示許可一覧表
図表2-11 主要フィットネスクラブ企業の業績推移(売上高単位:百万円)
図表2-12 フィットネスクラブ会員年代別構成比(%)
図表2-13 フィットネスクラブ会員年代別構成比グラフ
図表2-14 有酸素運動と無酸素運動の比較
図表2-15 フィットネス機器の市場規模推移と予測(2001年~2007年)
図表2-16 振動トレーニングマシン一覧
図表2-17 (株)アロードのフランチャイズ加盟条件
図表2-18 DIET-END FITNESS 店舗一覧
図表2-19 V-BALANCE 設置店一覧
図表2-20 健診市場規模(2004年)
図表2-21 健診・人間ドック延べ受診者数
図表2-22 年代別健診受診率
図表2-23 健診機会別受診率
図表2-24 在宅検診検査件数推移(万件)
図表2-25 Web等を利用した主な健康支援サービス
図表2-26 家庭用電子血圧計の市場規模推移と予測(2002年~2006年)
図表2-27 家庭での血圧測定の意義
図表2-28 日本高血圧学会(JSH)の高血圧治療ガイドライン2004の概要
図表2-29 体重体組成計の市場規模推移と予測(2002年~2006年)
図表2-30 年齢別歩行数(%)
図表2-31 歩数計の市場規模推移と予測(2002年~2006年)
図表2-32 肥満者(BMI25以上)の割合(男性)
図表2-33 肥満者(BMI25以上)の割合(女性)
図表2-34 運動状況(男性)
図表2-35 運動状況(女性)
図表2-36 肥満外来のある主な病院・クリニック
図表2-37 肥満に使われる漢方
図表2-38 メタボリックシンドローム関連漢方薬の生産高推移(2000~04年)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
231,000
210,000
21,000
346,500
315,000
31,500

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。