2008 ネットワーク化するエアバックシステム&関連デバイス市場

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

発刊日
2007/12/28
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 158頁
資料コード
C49301300
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
286,000
260,000
26,000
429,000
390,000
39,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

リサーチ内容

Ⅰ はじめに

Ⅰ-Ⅰ 調査対象の定義
  Ⅰ-Ⅰ-Ⅰ 調査対象となるエアバッグシステム
  Ⅰ-Ⅰ-Ⅱ 初搭載車種一覧
Ⅰ-Ⅱ エアバッグの歴史
Ⅰ-Ⅲ 法規制等、今後の動向


Ⅱ エアバッグシステム別/地域別市場動向

Ⅱ-Ⅰ 世界エアバッグシステム市場概況
  Ⅱ‐Ⅰ‐Ⅰ 地域別エアバッグ市場規模推移
  Ⅱ‐Ⅰ‐Ⅱ 北米市場
  Ⅱ-Ⅰ-Ⅲ 欧州市場
  Ⅱ-Ⅰ-Ⅳ 日本&韓国市場
  Ⅱ-Ⅰ-Ⅴ アジア、その他地域
Ⅱ-Ⅱ システム別動向(シェア、将来予測)
  Ⅱ-Ⅱ-Ⅰ システム別エアバッグ市場規模推移
  Ⅱ-Ⅱ-Ⅱ フロントエアバッグシステム
  Ⅱ-Ⅱ-Ⅲ サイドエアバッグシステム
  Ⅱ-Ⅱ-Ⅳ カーテンエアバッグシステム
  Ⅱ-Ⅱ-Ⅴ ニーエアバッグ
  Ⅱ-Ⅱ-Ⅵ シートベルトプリテンショナ
  Ⅱ-Ⅱ-Ⅶ シートエアバッグ
  Ⅱ-Ⅱ-Ⅷ ロールオーバーセンサ付きカーテンエアバッグ


Ⅲ デバイス別市場動向

Ⅲ-Ⅰ ECU
  Ⅲ-Ⅰ-Ⅰ エアバッグECU市場
  Ⅲ‐Ⅰ‐Ⅱ ECUの構造とチャンネル数
  Ⅲ-Ⅰ-Ⅲ マイコン市場
  Ⅲ-Ⅰ-Ⅳ センターエアバッグセンサ&セーフィングセンサ
Ⅲ-Ⅱ サテライトセンサ
  Ⅲ-Ⅱ-Ⅰ サテライトセンサの種類
  Ⅲ-Ⅲ-Ⅱ 高Gセンサ
  Ⅲ-Ⅲ-Ⅲ ロールオーバー用センサ(低G&ジャイロ)
    ・低Gセンサ
    ・ジャイロセンサ
  Ⅲ-Ⅲ-Ⅳ 圧力センサ
Ⅲ-Ⅲ バッグモジュール
  Ⅲ-Ⅲ-Ⅰ バッグモジュール市場
  Ⅲ-Ⅲ-Ⅱ バッグモジュール生産動向
  Ⅲ-Ⅲ-Ⅲ インフレータ(スクイブ/ガス発生剤)
  Ⅲ-Ⅲ-Ⅳ テキスタイル(バッグ生地)
Ⅲ-Ⅳ スマートエアバッグ(乗員検知システム)
  Ⅲ-Ⅳ-Ⅰ スマートエアバッグ用ECU
  Ⅲ-Ⅳ-Ⅱ 乗員検知センサ
Ⅲ-Ⅴ シートベルトプリテンショナ
Ⅲ-Ⅵ ポップアップフード


Ⅳ サプライチェーン分析

Ⅳ-Ⅰ 参入プレイヤ系統図
Ⅳ-Ⅱ 自動車メーカ/Tire1の取引関係
  Ⅳ-Ⅱ-Ⅰ ECU→完成車
  Ⅳ-Ⅱ-Ⅱ バッグモジュール→完成車
Ⅳ-Ⅲ Tire1/Tire2の取引関係
  Ⅳ-Ⅲ-Ⅰ MCU→ECU
  Ⅳ-Ⅲ-Ⅱ センサ→ECU
    ・高Gセンサ
    ・ロールオーバーセンサ
  Ⅳ-Ⅲ-Ⅲ インフレータ→バッグモジュール


Ⅴ エアバッグネットワークのバスシステム最新動向

Ⅴ-Ⅰ バスシステム(車載LANプロトコル)
  Ⅴ-Ⅰ-Ⅰ エアバッグ用車載LAN登場の背景
  Ⅴ-Ⅰ-Ⅱ DSIからセンサネットワークが普及
  Ⅴ‐Ⅰ‐Ⅲ エアバッグ用センサバスの課題とPSI5
  Ⅴ-Ⅰ-Ⅳ ファイアリング系も含むトータルネットワークのASRB 2.0
  エアバッグ系車載LANの市場展望


Ⅵ エアバッグ開発最新動向

Ⅵ-Ⅰ 新型モジュール
  Ⅵ-Ⅰ-Ⅰ シートベルトエアバッグ
  Ⅵ-Ⅰ-Ⅱ 後突用リアガラスエアバッグ
  Ⅵ-Ⅰ-Ⅲ 歩行者保護用エアバッグ
Ⅵ-Ⅱ 統合制御システム
Ⅵ-Ⅲ 衝突検知技術
Ⅵ-Ⅳ リサイクル技術
Ⅵ-Ⅴ 特許出願動向
Ⅵ-Ⅵ 最新開発動向からみえる2020年のエアバッグシステム
  Ⅵ‐Ⅵ‐Ⅰ 次世代への萌芽(08年)
  Ⅵ‐Ⅵ‐Ⅱ プリクラッシュ統合へ(15年)
  Ⅵ‐Ⅵ‐Ⅲ 衝突回避はステアバイワイヤ(20年)


Ⅶ.自動車メーカ

Ⅶ-Ⅰ トヨタ自動車
  Ⅶ-Ⅰ-Ⅰ サイドエアバッグ全車標準搭載の真相
  Ⅶ-Ⅰ-Ⅱ トヨタのセンサバス
  Ⅶ-Ⅰ-Ⅲ セルシオ(’01)
  Ⅶ-Ⅰ-Ⅳ レクサスIS(’05)
Ⅶ-Ⅱ 本田技研工業
  Ⅶ-Ⅱ-Ⅰ ゼスト(’06)
  Ⅶ-Ⅱ-Ⅱ ゴールドウィング(’07)
  Ⅶ-Ⅱ-Ⅲ ホンダの安全に対する理念
Ⅶ-Ⅲ 日産自動車
  Ⅶ-Ⅲ-Ⅰ ポップアップエンジンフード
Ⅶ-Ⅳ マツダ
  Ⅶ‐Ⅳ‐Ⅰ 歩行者保護プリクラッシュセイフティ
Ⅶ-Ⅴ ダイムラークライスラー
  Ⅶ-Ⅴ-Ⅰ メルセデスベンツ Eクラス(’02)
  Ⅶ-Ⅴ-Ⅰ メルセデスベンツ Sクラス(’05)
Ⅶ-Ⅵ ジャガー
  Ⅶ-Ⅵ-Ⅰ XK(’06)
Ⅶ-Ⅶ ルノー
  Ⅶ‐Ⅶ‐Ⅰ メガ-ヌ スポール(‘04年)
Ⅶ‐Ⅷ フォルクスワーゲン
  Ⅶ‐Ⅷ‐Ⅰ ゴルフ・ボーラ(‘03)
Ⅶ‐Ⅸ Volvo
  Ⅶ‐Ⅸ‐Ⅰ S80(‘07)
  Ⅶ‐Ⅸ‐Ⅱ C70(‘06)
Ⅶ‐Ⅹ ヤマハ発動機
  Ⅶ‐Ⅹ‐Ⅰ SV-3(研究車両 ‘06)


Ⅷ.システムメーカ、モジュールメーカ

Ⅷ‐Ⅰ デンソー
Ⅷ‐Ⅱ ボッシュ
Ⅷ‐Ⅲ ホンダエレシス
Ⅷ‐Ⅳ 富士通テン
Ⅷ‐Ⅴ カルソニックカンセイ
Ⅷ-Ⅵ コンチネンタル/シーメンスVDO
Ⅷ-Ⅶ ケーヒン
Ⅷ‐Ⅷ デルファイ
Ⅷ-Ⅸ TRWオートモーティブ


Ⅸ.バッグモジュールメーカ

Ⅸ‐Ⅰ オートリブ
Ⅸ‐Ⅱ キーセイフティシステムズ(KSS)
Ⅸ‐Ⅲ タカタ
Ⅸ-Ⅳ 日本プラスト
Ⅸ-Ⅴ 豊田合成
Ⅸ-Ⅵ 芦森工業/東洋紡


Ⅹ.デバイスメーカ動向

Ⅹ‐Ⅰ NECエレクトロニクス(MCU)
Ⅹ‐Ⅱ ルネサステクノロジ(MCU)
Ⅹ‐Ⅲ 東海理化(プリテンショナ)
Ⅹ‐Ⅳ 日本化薬(インフレータ、MGG)
Ⅹ‐Ⅴ ダイセル化学(インフレータ)
Ⅹ‐Ⅵ フリースケール(マイコン)
Ⅹ‐Ⅶ International Textile Group(バッグ生地)
Ⅹ‐Ⅷ 住商エアバッグ・システムズ(サイドエアバッグ生地)
Ⅹ‐Ⅸ アイシン精機(乗員検知センサ)
Ⅹ‐Ⅹ IEE(乗員検知センサ)
Ⅹ‐ⅩⅠ テイエステック(サイドエアバッグ内蔵シート)

コラム 1 インドの自動車事情 その1
コラム 2 インドの自動車事情 その2
コラム 3 エアバッグシステムにおけるTire1の位置づけ


図表目次

図 1  サイドエアバッグ/カーテンシールドエアバッグ
図 2  運転席ニーエアバッグ/シートベルトプリテンショナ
図 3  ポップアップエンジンフードの仕組み
図 4 シボレー車に搭載された2レベル展開するエアバッグ(1975年)
図 5  地域別エアバッグ市場規模推移(W/W)
図 6  北米エアバッグ市場規模推移
図 7  欧州エアバッグ市場規模推移
図 8  日本&韓国エアバッグ市場規模推移
図 9  世界各国のエアバッグ製造労働費
図 10  中国&台湾エアバッグ市場規模推移
図 11  システム別エアバッグ市場規模推移(W/W)
図 12  フロントエアバッグ市場規模(運転席&助手席)
図 15  サイドエアバッグ市場規模(前後左右)
図 16  カーテンエアバッグ市場規模(左右)
図 17  カーテンエアバッグ搭載率推移(搭載車数ベース)
図 18  ニーエアバッグ市場規模(運転席&一部助手席)
図 19  ニーエアバッグ搭載率推移(搭載車数ベース)
図 20  後席シートベルト装着状況
図 21  後席シートベルトプリテンショナ搭載個数予測
図 22  後席シートベルトプリテンショナ搭載率推移
図 23  トヨタLS600hLに搭載されるシートエアバッグのモデル図
図 24  レクサスLS600hLのリラクゼーションシート(左ハンドル仕様)
図 25  VW EOSに搭載されたロールオーバープロテクション
図 26  ロールオーバー市場推移(06~12年 WW)
図 27  地域別エアバッグECUメーカーシェア
図 28  エアバッグECUの構成部品(点線内)
図 29  Boschが開発した24チャンネルECU
図 30  TRWのエアバッグECU内部画像
図 31  07年エアバッグ用マイコンメーカーシェア(個数ベース)
図 33  センターエアバッグセンサ内蔵エアバッグECU
図 34  セーフィングセンサの仕組み
図 35  セーフィングセンサの開発動向(93~05年)
図 36  エアバッグシステムにおける加速度センサ搭載例
図 37  エアバッグ向け加速度センサの市場規模予測(06~12年 WW)
図 38  エアバッグ用加速度センサメーカシェア(06年、WW)
図 39  バッグモジュールの構造
図 40  エアバッグモジュールのWWシェア(1997~2007年)
図 41  シングル/デュアルインフレータの外観(左:D席、右:P席)
図 42  TAKATAが提案するツインチャンバーエアバッグ
図 43  VOLVO C70のオープンカー用カーテンエアバッグ
図 44  タカタのエアバッグ製造ライン(張り合わせ/折り返し工程)
図 45  乗員検知&スマートエアバッグ市場規模(搭載車数ベース)
図 46  スマートエアバッグ搭載率推移(搭載車数ベース)
図 47  面圧センサ(左)と電界センサ(右)
図 48  BOSCHが開発した乗員検知システム「iBolt」
図 49  シートベルトプリテンショナの構造
図 50  ポップアップエンジンフード概要
図 51  ホンダレジェンドに搭載された欧州向けポップアップフード
図 52  日産ポップアップエンジンフード(アクチュエータ部)
図 53  エアバッグ市場参入プレイヤ系統図
図 54  インフレータメーカ(二重線)をめぐる資本関係図
図 55  エアバッグシステムのバス化(LAN化)イメージ
図 56  トポロジのイメージ(バス型(左)とリング型(左))
図 57  エアバッグ用バスにおけるノード数シェア
図 58  PIS5の推進組織
図 59  各種車載LANにおけるPSI5の位置づけ
図 60  エアバッグ系LAN 標準化の過程
図 61  電装メーカでのワイヤハーネス組みつけ工程
図 62  Fordのシートベルトエアバッグ
図 63  豊田合成が提案する3列後頭部エアバッグ
図 64  豊田合成が提案する歩行者保護用エアバッグ
図 65  トラック向け歩行者巻き込み防止用エアバッグ式フロントガード
図 66  Autolivが開発した歩行者用エアバッグ
図 67  BOSCHが提案するCAPSアプリケーション:SCM
図 68  ContiGuardにおけるTAKATAとの協業
図 69  Continentalのサウンドセンサ
図 70  スマートエアバッグ特許出願件数(1995~2004年)
図 71  スマートエアバッグ特許出願人割合(1995~2004年)
図 72  地域別エアバッグシステム発展のロードマップ(08年/15年/20年)
図 73 トヨタ自動車による交通事故死亡者減少率シミュレーション
図 74  ISに搭載されたオムニサポートエアバッグ
図 75  軽自動車初のホンダ ゼストのカーテンエアバッグ
図 76  ホンダゴールドウィングに搭載されたエアバッグ
図 77  日産のポップアップフード衝突実験
図 78  XKのポップアップフード用インフレータ
図 79  ルノーメガーヌスポールの10AirBag
図 80  VW ゴルフのカーテンエアバッグ
図 81  Volvo C70のドア内蔵型カーテンエアバッグ
図 82  YAMAMHAの2輪車用エアバッグ
図 83  小型化するボッシュのエアバッグECU
図 84  富士通テンのエアバッグECU開発経緯
図 85  富士通テンが描くセーフティシステムの発展
図 86  電磁センサとGセンサによる側突検知エアバッグECU
図 87  コンチネンタルのエアバッグ関連統合ソリューション
図 88  TRWエアバッグの歴史
図 89  AutolivのFixed-centred steering wheel
図 90  ステップワゴン3列シート用の小型カーテンエアバッグ
図 91  IEEが開発した乗員検知センサ

表 1  エアバッグ初搭載車種一覧
表 2  自動車安全技術に対する興味と購入意向
表 3  エアバッグ関連メーカのアジア地域への進出状況
表 4  ECUチャンネル数と接続されるエアバッグモジュール&プリテンショナ
表 5  エアバッグ用センサの用途別分類
表 6  エアバッグ加速度センサのアプリケーションとレンジ
表 7  システムメーカ別ロールオーバーセンサの構成
表 8  ロールオーバー向け低Gセンサのメーカシェア(06年 WW)
表 9  ロールオーバー向けジャイロセンサのメーカシェア(06年 WW)
表 10  主要エアバッグモジュールサプライヤの財務指標(06年)
表 11  エアバッグモジュールメーカの世界進出動向(外資系)
表 12  エアバッグモジュールメーカの世界進出動向(日系)
表 13  エアバッグモジュール生産拠点一覧(日本除く)
表 14  乗員検知センサの種類と特徴
表 15  BIG3 乗員検知システムの概要と納入メーカ
表 16  ポップアップエンジンフード搭載車概要
表 17  主要自動車メーカ/エアバッグシステムメーカ取引相関図
表 18  主要自動車メーカ/エアバッグモジュールメーカ取引相関図
表 19  主要自動車メーカ/エアバッグモジュールメーカ取引相関図
表 20  ECUメーカ/センサメーカ相関図
表 21  ロールオーバー用 低Gセンサ
表 22  ロールオーバー用 ジャイロセンサ
表 23  国内エアバッグモジュール/インフレータメーカ取引相関図
表 24  DSI/PSI5比較表
表 25  Safe‐by‐Wire Plusコンソーシアムメンバ企業
表 26 エアバッグ系車載LANの比較
表 27  アプリケーション別バス化の現状と今後の展開
表 28  トリガセンサ/フル電子センサセーフィングの比較表

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

143,000
130,000
13,000
286,000
260,000
26,000
429,000
390,000
39,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。