2008年版 医療ビッグビジネスの展望と戦略

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

医療産業に関する市場調査を実施。特に、医療構造改革時のビジネスチャンスは何か?に焦点をあてたマーケティングレポート

発刊日
2008/08/31
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 173頁
資料コード
C50111700
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

リサーチ内容

第1章  中古医療機器流通ビジネスの展望

・中古OA機器のテイクオフ、エルク系のメディクエストなどが先駆者
・改正薬事法施行で販売に際し、メーカーへの通知義務発生。流通の厳格さ増す
・(図)中古医療機器の基本的な流通形態
・メーカーは高額な診断機器を「再生品」という位置づけで販促する動きも
・(図)海外にも流通する中古医療機器
・中古品はどちらかと言えば海外市場に活路。インド、インドネシアなどは有望地
・(表)中古医療機器市場の成長要因と停滞要因
・(表)主な中古医療機器ディーラー


第2章  医薬品・医療器材物流アウトソーシングビジネスの展望

・1980年代から外資系中心に活用。2000年以降、大手製薬の委託で脚光
・(図)物流アウトソーシングの主な範囲
・三菱倉庫、日立物流、伊藤忠商事、コラボワークスが医薬物流受託の主要4社
・(表)日立物流 関西メディカル物流センターの概要
・(表)三菱倉庫 桜島3号配送センターの概要
・共同物流への対応、生産物流・調達物流への広がりも期待
・医療器材系ではトレース管理、末端供給・回収物流などもソリューション対象に
・(図)医薬・医療器材関連 物流アウトソーシングの変遷
・(表)主要製薬企業の物流業務外部委託状況
・(表)主な医療機器メーカーにおける物流専門企業拠点の活用状況
・医療業界全体を大きく変えるインパクトのほどは十分
・(表)主要製薬企業の物流拠点一覧
  (1)(株)コラボクリエイト
  (2)東神倉庫(株)
  (3)ヤマトロジスティクス(株)


第3章  医療器材通信販売ビジネスの展望

・ミスミ、タケダ医療器材研究所(現富士クリニカルサプライ)等が開拓の市場
・アスクルの参入で市場認知度は向上。ディーラー、メーカーとも評価のビジネスに
・(表)アスクル医材通販で代理店契約を結んでいる主なディーラー
・価格面、物流面、使用品目数など副次的な別効果もおこる
・インターネット通販ビジネスはGHSのグループにて展開
・(図)医療器材通信販売ビジネスの成立、拡大する背景
  (1)アスクル(株)
  (2)(株)ケビンメディカル


第4章  主要医療機器ディーラーの経営概況

・大手に集約化傾向の医療機器ディーラー
・(図)年間売上300億円以上の医療機器ディーラー数 推移
・本業界では計7社が株式を公開
・(表)株式を公開している主な医療機器ディーラー
・医療機器ディーラーと医薬品卸の連携も今後のトレンドに
・(図)医療機器ディーラー等の機能変化 概念図
・(図)主要医療機器ディーラーの分布図
・(表)医療機器ディーラーの合併、提携、倒産等に関する最近の動向
・(表)主要大手医療機器ディーラーとグループ内の主な関連ディーラー
・(表)主要医療機器ディーラー売上高ランキング

◇企業別個表
  (1)北海道ブロック
    アクト、オオタメディカル、札幌メディカルコーポレーション、常光、
    昭和メディカル、竹山、ノアインターナショナル、プラステンメディカル、
    プロメディックス、北医企画、北海メディカル、マック、ムトウ、明成メディカル、
    メディカル池田
  (2)東北ブロック
    アイ・シーメディカル、青木器械店、秋田医科器械店、いわしや、江渡商事、
    エヌジェイアイ、大沢商事、大塚商店、岡崎医療、共立医科器械、協和医療器、
    コーア、コセキ、三櫻、三協医科器械、三陽、シーアイメディック、シバタ医理科、
    シバタインテック、ジオット、すすむ器械店、テスコ、トキワ器械店、南部医理科、
    日機装東北医工、樋口ホスピタルサプライ、ファーストメディカル、丸木医科器械、
    メッツ
  (3)関東ブロック
    アークパル、アステック、いわしや西方医科器械、エム・アイ・シー、
    栗原医療器械店、群馬エム・イーテクニカルサービス、ケイアイ医科器械、
    コマツ医科工業、サンライフ、スガマ、セントラルメディカル、ソルブ、
    東和医科器械、中嶋メディカルサプライ、日成メディカル、日東、長谷川医科器械、
    双葉、豊前医化、ヘルス、マコト医科精機、メディカルサイエンス、
    メディカルバイオサイエンス
  (4)東京ブロック
    アイティーシー、アクティブメディカル、イソメディカルシステムズ、
    イトー医科器械、伊藤商会、イノメディックス、いわしや永井、いわしや盛田器械店、
    イワケン、ウイン・インターナショナル、エムシー、齋藤医療器械、佐々木器材、
    サンセイ医機、サンメディックス、サンユーメディカル、サンワケミカ、ティック、
    ディーブイエックス、東京医療サービス、トプコン・メディカル・ジャパン、
    永島医科器械、西野医科器械、ネットワーク、根本商会、野上器械店、ハートライフ、
    バイタル、パルメディカル、フジタ医科器械、プロキュア、ホスピタルサービス、
    本郷いわしや、松吉医科器械、メディセオメディカル
  (5)北信越ブロック
    アイメドテック、池田医療電機、伊藤医療器、エム・イー、エムシーサービス、
    エムテック、上条器械店、共栄医科器械、越屋、コムラ、ジェイメディカル、
    セントラルメディカル、中央メディカル、冨木医療器、中日本メディカルリンク、
    永田メディカル、ハイメック、半田、福井医療、マスト、丸文通商、源川医科器械、
    メディス
  (6)東海ブロック
    アクセス、井上精機、オーラムメディカル、大森器械店、オズ、加藤器械店、
    協和医科器械、CTM、昭和医科工業、東西医用器、トゥルムホッホメディテック、
    中辻医科器械、名古屋医理科商会、西村医療器、フェニックス、フォーム、
    フレンドリー、ホープ産業、マストレメディカル、三輪器械、
    ムサシエンジニヤリング、メディカルケイ、メディカルプロジェクト、メドテクニカ、
    八神製作所、ワールド・メディカル・サプライ
  (7)近畿ブロック
    アダチ、石黒メディカルシステム、石坪、エム・イー・サイエンス、エルアンドエル、
    エルクコーポレーション、北畠医科器械、京都医療設計、
    グリーンホスピタルサプライ、小西医療器、佐野器械、三笑堂、城南メディカル、
    誠光堂、大黒、ダテ・メディカルサービス、西村医科器械、西村器械、日光医科器械、
    バンドー、ホクシンメディカル、ホスピタルサービス、増田医科器械、増富、
    水野医科器械、宮野医療器、村中医療器、メディテイク、やよい、祐本医科器械
  (8)中国ブロック
    アミック、海井医科器械、カーディオメディックス、カナヤ医科器械、
    カワニシホールディングス、共和医理器、五洋医療器、ジェイ・シー・ティ、
    セブンケア、タニモト、鳥取医療器、西日本メディカルリンク、ピー・エム・エス、
    藤井医療器、マイテック
  (9)四国ブロック
    いわしや医療器、エヒメ医療器、大島器械、サンメディカル、シーメック、
    四国医療器、大一器械、日新器械、ムトウ四国
  (10)九州・沖縄ブロック
    アイティーアイ、井本医科器械、エー・エムメディカル、エムアイディ、
    エム・ケイ物産、沖縄メディコ、オグチ器械、鹿児島オルソ・メディカル、キシヤ、
    木村医療器、九州風雲堂販売、九州メディカルサービス、河野商事、
    シー・アール・シー・サービス、ジー・エム・メディカル、人健メディカライジング、
    田吹医科器械、長崎病協、南西医療器、ネオテック、八郷医療器、バイオメディカル、
    富士医科精器、メディカル・アプライアンス、山下医科器械、八尾日進堂、
    ユニファ、横尾器械


第5章  主要大規模病院の新・改築状況

・(表)主要大規模病院の新・改築状況(300床以上、2005年完成以降)
*掲載内容:病院名、県名、病床数、着工年、完成年、設計事務所、施工会社、概要など[約360病院を掲載]


第6章  関連資料

・(表)日本医療機器販売業協会 企業会員一覧
・(表)主要診断機器の上位輸出国
  【(1)心電計、(2)走査型超音波診断装置、(3)磁気共鳴画像診断装置、
   (4)その他の診断用電気機器、(5)コンピュータ断層撮影装置、
   (6)歯科用エックス線機器、(7)その他医療用等エックス線機器】

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

121,000
110,000
11,000
242,000
220,000
22,000
363,000
330,000
33,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。