2008 家具産業白書 家庭用・オフィス用家具マーケットの展望と戦略

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

発刊日
2008/04/15
※納期はお問合せください。
体裁
A4 / 648頁
資料コード
C50200900
PDFサイズ
PDFの基本仕様
「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
※紙媒体で資料をご利用される場合は、書籍版とのセット購入をご検討ください。書籍版が無い【PDF商品のみ】取り扱いの調査資料もございますので、何卒ご了承ください。
カテゴリ

本資料はPDFにて販売いたします。但し、ご注文いただいてからご提供までに数日いただいております。予めご了承ください。

YDB会員の皆様へ
2010年7月以前に発刊した資料はYDBサービス対象外です。2010年8月以降に発刊した資料のご利用をご検討ください。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷不可」・「検索不可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

本資料納期のご案内
Close

本資料のPDF商品の納期は、お申込み後 2週間程度お時間を頂戴します。

リサーチ内容

総論:家庭用・オフィス用家具市場の将来展望

■家庭用家具市場の市場環境
■家庭用家具市場の参入企業の事業戦略
■家庭用家具市場の今後の見通し
■オフィス用家具市場の市場環境
■オフィス用家具市場の参入企業の事業戦略
■オフィス用家具市場の今後の見通し


第1章:家具市場を取り巻く環境

1.法・制度環境の動向
  1)グリーン購入法等の購買活動への取り組み
  2)個人情報保護法・内部統制をはじめとするセキュリティ対策
2.経済環境の動向
  1)家計における家具関連支出動向
  2)設備投資の動向
  3)住宅・建設の着工動向
  4)素材価格の動向
3.社会的環境の動向
  1)人口・世帯数の動向
  2)就業人口の動向
  3)ブライダル市場の動向
  4)通信販売・インターネット販売市場の動向


第2章:家庭用家具市場の実態

1.家庭用家具市場の概要
2.家庭用家具市場の動向
  1)木製家具の品目別国内生産動向
  2)木製家具の輸入動向
  3)木製家具の輸出動向
  4)有力家具産地の品目別出荷状況
  5)家庭用家具の市場規模推計
3.家具小売市場の動向
  1)家具小売市場の市場規模推計
  2)エリア別市場規模推計
  3)店舗数・店舗面積の動向
  4)百貨店の家具販売動向
4.有力参入業者の事業戦略
  1)家具メーカー
    ①販売動向
    ②注目している市場動向
    ③商品開発におけるコンセプト・注力ポイント
    ④商品生産体制
    ⑤販売価格の動向
    ⑥販売チャネルの動向
    ⑦注力している営業活動・販促活動
    ⑧今後の方向性・重要と考える競争要因
  2)有力家具産地の動向
    ①大川産地(協同組合 大川家具工業会)
    ②広島産地(広島家具工業協同組合)
    ③府中産地(府中家具工業協同組合)
    ④飛騨高山産地(協同組合 飛騨木工連合会)
  3)家具小売業
    ①最近の販売動向
    ②商品戦略
    ③店舗戦略
    ④販促戦略
    ⑤消費者のニーズ・購買行動の変化
    ⑥今後の方向性・重要と考える競争要因
5.家庭用家具市場における課題・問題点
6.家庭用家具市場の今後の見通し


第3章:オフィス用家具市場の実態

1.オフィス用家具市場の概要と注目市場動向
  1)オフィス用家具市場の概要
  2)注目される市場動向
2.オフィス用家具市場の動向
  1)金属製家具の品目別国内生産動向
  2)金属製家具の輸入動向
  3)金属製家具の輸出動向
  4)オフィス用家具の市場規模推計
3.有力参入企業の販売動向
4.有力参入業者の事業戦略
  1)販売動向
  2)注目している市場動向
  3)商品開発の動向
  4)販売価格の動向
  5)販売チャネルの動向
  6)営業・販促活動
  7)今後の方向性・重要と考える競争要因
5.オフィス用家具市場における課題・問題点
6.オフィス用家具市場の今後の見通し


第4章:有力参入企業の事業実態

1.家庭用家具関連事業者(メーカー)
  1.企業概要
  2.企業業績
  3.家具売上高の構成比
  4.主要仕入先と販売先
  5.自社家具事業における特徴
  6.最近注目している業界動向
  7.最近の販売動向
  8.商品開発の方向性
  9.販売価格の動向
  10.販売チャネルの動向・今後注力したいチャネル
  11.営業・販売活動への取り組み状況
  12.自社の家具関連事業における現状の課題・問題点
  13.家具関連市場全体における課題・問題点
  14.今後の市場において重要と考える競争要因
  15.自社における今後の方向性
  16.今後の市場の見通し
◆カリモク家具販売 株式会社
  ~“異業態とのコラボレーション”“アフターフォローの充実”により、需要の活性化を図る~
◆コイズミファニテック 株式会社
  ~中高級品学習机の有力メーカー~
◆シモンズ 株式会社
  ~高級ホテルでの採用を足がかりに、ブランドイメージ・信頼性を向上~
◆株式会社 白井産業
  ~組立家具のトップメーカー、住設のOEMにも注力~
◆株式会社 関家具
  ~変化するニーズに対応しながら、進化を重ねる「大川卸」~
◆ドリームベッド株式会社
  ~商品力相応の営業力強化中~
◆株式会社 光製作所
  ~本物の木の風合いのある商品を開発・上市~
◆飛騨産業 株式会社
  ~地元材にこだわり、2008年から欧米市場へも進出開拓~
◆フランスベッドホールディングス 株式会社
  ~ショールームの展開で家具店支援策を実施~
◆株式会社 松田家具
  ~“少量多品種”“イージーオーダー”への注力で競争力を向上~
◆株式会社 筑波産商
  ~メーカーと共同で商品企画・開発も展開~

2.家庭用家具関連事業者(小売)
  1.企業概要
  2.企業業績
  3.家具売上高の構成比
  4.店舗展開状況
  5.主要仕入先と販売先
  6.自社家具事業における特徴
  7.最近注目している業界動向
  8.最近の販売動向
  9.商品戦略
  10.店舗展開戦略
  11.販売促進・営業戦略
  12.消費者のニーズ・購買行動の変化
  13.自社の家具関連事業における現状の課題・問題点
  14.家具関連市場全体における課題・問題点
  15.今後の家具小売市場において重要と考える競争要因
  16.自社における今後の方向性・注力分野
  17.今後の市場の見通し
◆株式会社 アクタス
  ~アクタスブランドへの共感者を増やす鍵は“人材育成”~
◆イケア・ジャパン 株式会社
  ~徹底したコスト戦略により、躍進をつづける世界最大の家具販売店~
◆株式会社 大塚家具
  ~コンサルティングセールスの強化により、顧客の需要の掘り起こしを図る~
◆株式会社 家具の大正堂
  ~神奈川県下のドミナント店舗戦略を展開、ハウスメーカー向け営業も強化~
◆株式会社 カッシーナ・イクスシー
  ~オフィス・コントラクト市場への取り組みを強化し、ブランド力をさらに強化~
◆株式会社 島忠
  ~年間3~4店舗出店し、着実な拡大を図るホームセンターの有力企業~
◆株式会社 ナフコ
  ~関西以西の更なる強化~
◆株式会社 ニトリ
  ~店舗数300、売上高3,800億円(2010年)を目指すホームファッションの成長企業~
◆安井家具 株式会社
  ~顧客ニーズを捉えた品揃えにより、“繁盛店”を目指す~
◆株式会社 リビンズ
  ~大型店との棲み分けを地道に模索するボランタリーチェーン~
◆株式会社 良品計画
  ~従来のシングル向け中心から、ファミリー層も視野にいれた展開~
◆ジェフサセントラル 株式会社
  ~マーチャンダイズの展開でオリジナル商品、販売ノウハウを提供~

3.オフィス用家具関連事業者
  1.企業概要
  2.企業業績
  3.家具売上高の構成比
  4.主要仕入先と販売先
  5.自社家具事業における特徴
  6.最近注目している業界動向
  7.最近の販売動向
  8.オフィス用家具、オフィス空間に対する企業意識の変化
  9・商品開発の方向性
  10.販売価格の動向
  11.販売チャネルの動向・今後注力したいチャネル
  12.営業・販売活動への取り組み状況
  13.自社の家具関連事業における現状の課題・問題点
  14.家具関連市場全体における課題・問題点
  15.今後の市場において重要と考える競争要因
  16.自社における今後の方向性
  17.今後の市場の見通し
◆株式会社 イトーキ
  ~ユニバーサルデザインとエコデザインを融合した「ユーデコスタイル」が商品コンセプト~
◆株式会社 稲葉製作所
  ~自社ブランド商品とOEM商品の二本柱で展開~
◆株式会社 内田洋行
  ~ユビキタス化した空間提案業務で差別化を図る~
◆株式会社 岡村製作所
  ~卓越した技術開発力を活かし、海外市場の開拓を目指す~
◆株式会社 オフィス企画
  ~FM事業を融合させたオフィス家具販売事業を展開~
◆共栄工業 株式会社
  ~技術力を活かし大手オフィスメーカー向けOEMとして展開~
◆コクヨファニチャー 株式会社
  ~グループ総合力を活かし、厳しい市場環境に挑む~
◆株式会社 コトブキ
  ~公共施設分野への特化により、確固たる地位を確立~
◆株式会社 ナイキ
  ~ITを活用したプレゼンテーションで“オンリー1”を目指す~
◆ハーマンミラージャパン 株式会社
  ~徹底的なR&Dに裏付けさせられた商品力・提案力により、ネットワークの構築に注力~
◆プラス 株式会社
  ~他社にはない“プラスらしさ”により、価格外競争に注力~
◆株式会社 ライオン事務器
  ~ライオン会(代理店)ルートの活性化を図る~


第5章:関連データ集

■ランキングデータ
  ◇家具(木製家具)メーカー 売上高ランキング
  ◇家具(木製家具)メーカー 税引後利益高ランキング
  ◇家具(木製家具)メーカー 売上高税引後利益率ランキング
  ◇家具(木製家具)メーカー 従業員1人当り売上高ランキング
  ◇家具(木製家具)メーカー 従業員1人当り税引後利益高ランキング
  ◇家具(金属製家具)メーカー 売上高ランキング
  ◇家具(金属製家具)メーカー 税引後利益高ランキング
  ◇家具(金属製家具)メーカー 売上高税引後利益率ランキング
  ◇家具(金属製家具)メーカー 従業員1人当り売上高ランキング
  ◇家具(金属製家具)メーカー 従業員1人当り税引後利益高ランキング
  ◇家具卸 売上高ランキング
  ◇家具卸 税引後利益高ランキング
  ◇家具卸 売上高税引後利益率ランキング
  ◇家具卸 従業員1人当り売上高ランキング
  ◇家具卸 従業員1人当り税引後利益高ランキング
  ◇家具小売業 売上高ランキング
  ◇家具小売業 税引後利益高ランキング
  ◇家具小売業 売上高税引後利益率ランキング
  ◇家具小売業 従業員1人当り売上高ランキング
  ◇家具小売業 従業員1人当り税引後利益高ランキング
■全国優良企業リスト
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
220,000
200,000
20,000
330,000
300,000
30,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、
個別のクライアント様からの調査も承っております

マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。