2009年版 危機管理産業の現状と展望

事業としての「危機管理産業」を掌握するために市場調査を実施し、その産業構造、事業規模を明確化し、事業者の、事業手法、競争要因、課題を抽出した。

発刊日
2009/06/29
体裁
A4 / 214頁
資料コード
C51101000
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:危機管理産業に関わる事業を展開する企業、団体、行政など
調査方法:①面接取材、電話調査、アンケート調査など
       ②官公庁、業界団体などの統計資料の収集・分析
       ③当社蓄積情報の収集・分析
調査実施期間:2009年3月1日~2009年6月15日
 

リサーチ内容

1章.危機管理産業の全体像

1.危機管理産業の定義
2.企業防災の促進に関する行政政策
3.企業にける危機管理の現状
  (1)BCP策定状況
  (2)危機管理産業の成長性と課題
4.防災救護用品の事業特性
5.防災監視警報システムの事業特性
6.入退出管理システムの事業特性
7.危機管理産業の現状と方向性
8.危機管理産業の市場規模


2章.危機管理産業の動向

1.防災救護用品
  (1)事業展開の経緯
    図表:【防災救護用品の区分】
    図表:【主要企業の参入の経緯】
  (2)販路の特性
    図表:【主要企業の販路開拓手法】
    図表:【主要企業の販路・顧客特性】
  (3)事業運営上の特徴
    図表:【主要企業の事業特性】
  (4)市場規模
    図表:【防災救護用品・出荷量】
    図表:【防災救護用品・サプライヤー別出荷量】
    図表:【防災用機材・サプライヤー別出荷量】
    図表:【災害備蓄用品・サプライヤー別出荷量】
  (5)事業運営上の課題
    図表:【主要企業の課題・方向性】
  (6)関連分野の動向
    ①新型インフルエンザ対策用品の概況
    図表:【インフルエンザ対策用品の分類】
    ②AEDの概況
    図表:【AED需要分野別出荷量】
    図表:【AED・サプライヤー別出荷量】
    ③自動販売機ルート飲料の概況
    図表:【飲料用自動販売機・普及台数】
    図表:【飲料用自動販売機・飲料メーカー別設置台数】
2.監視警報システム
  (1)防災監視警報システム
    ①事業概況
    図表:【主要企業の事業内容】
    ②事業運営上の特徴
    図表:【主要企業の事業特性】
    図表:【主要企業の販路・顧客特性】
    ③市場規模
    図表:【防災監視警報システム・サプライヤー別出荷量】
    ④事業運営上の課題
    図表:【主要企業の課題・方向性】
  (2)入退出管理システム
    ①事業概況
    図表:【主要企業の事業内容】
    図表:【主要企業の事業特性】
    図表:【主要企業の販路・顧客特性】
    図表:【主要企業の課題・方向性】
    ②市場規模
    図表:【入退出管理システム・サプライヤー別出荷量】


3章.主要企業の展開事例と課題

1.(株)赤尾<防災救護用品>
2.コクヨS&T(株)<防災救護用品>
3.帝国繊維(株)<防災救護用品>
4.東京都葛飾福祉工場<防災救護用品>
5.(株)廣瀬商会<防災救護用品>
6.ミドリ安全(株)<防災救護用品>
7.アキレス(株)<防災救護用品(ゴムボート,エアーテント)>
8.(株)トウ・アドキューピー<防災救護用品(保存食)>
9.本田技研工業(株)<防災救護用品(発電機)>
10.ダイドードリンコ(株)<防災救護用品(販促で活用)>
11.フクダ電子(株)<防災救護用品(AED)>
12.山本光学(株)<インフルエンザ対策用品>
13.日本無線(株)<災害監視警報システム>
14.(株)パトライト<防災監視警報システム(回転表示灯)>
15.(株)エーオーアール<防災監視警報システム(電波受信機)>
16.(株)クマヒラ<入退出管理システム>
17.(株)山武<入退出管理システム>
18.エイ・ビー・エス・ジー・コンサルティング・インク<リスク管理コンサルト>
19.リスクマネジネメント協会<リスクマネジネメントの普及>


4章.危機管理産業の事業化が見込まれる業界

1.BAS関連業界(ビルディングオートメーションシステム)
    図表:【主要BAS事業者の特徴】
    図表:【BASシステム機器・出荷量】
    図表:【BASシステム機器・メーカー別出荷量】
2.ビル管理業界
    図表:【主要ビル管理会社からみた顧客のニーズ】
    図表:【ビル管理事業・市場規模】
    図表:【ビル管理事業・主要企業別売上高】
3.マンション管理業界
    図表:【マンション管理業者からみた管理組合の要望】
    図表:【マンション管理事業・市場規模】
    図表:【マンション管理事業・規模別売上高】
4.オフィスサービス業界
  (1)全体像
    図表:【主要オフィスサービスのビジネス概況(2008年)】
  (2)オフィス通販サービス
    図表:【オフィス通販サービスでの製品カテゴリー/製品分類】
    図表:【オフィス通販・出荷量】
    図表:【オフィス通販・サプライヤー別出荷量】
  (3)オフィス向け配置菓子
    図表:【主要配置菓子事業者のサービス一覧】
    図表:【オフィス向け配置菓子・出荷量】
    図表:【オフィス向け配置菓子・サプライヤー別出荷量】
  (4)オフィスコーヒーサービス
    図表:【オフィスコーヒーサービス・出荷量】
    図表:【オフィスコーヒーサービス・サプライヤー別出荷量】
  (5)オフィスウォーターサービス
    図表:【オフィスウォーターサービス・出荷量】
    図表:【オフィスウォーターサービス・サプライヤー別出荷量】


5章.主要企業の事業内容

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています