2010年版 冷凍パン生地市場の現状と展望

本調査レポートでは、冷凍パン生地の市場動向、参入パターン別の冷凍パン生地流通動向、冷凍パン生地輸入商社の動向、製法別・販売チャネル別冷凍パン生地の商品動向・需要動向、市場の問題点と課題、市場拡大要因を明らかにいたしました。また有力企業の企業戦略を徹底研究いたしました。製造現場の省力化、商品充実策が追い風となる冷凍パン生地市場、品揃え強化の菓子パン、苦戦続く食パン・食事パンの次の一手、海外展開を強化する国内メーカー戦略、日本市場に注目するEUの巨大メーカー動向、為替変動でEU製品は優勝劣敗の過渡期になる冷凍パン生地市場の勝ち残り企業は。2013年までに新たに生まれる市場を解明いたしました。

発刊日
2009/12/23
体裁
A4 / 221頁
資料コード
C51206200
PDFサイズ
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

242,000
220,000
22,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:国内の冷凍パン生地メーカーと冷凍パン生地輸入商社における冷凍パン生地の取扱状況と、
       各社の市場戦略について調査し、冷凍パン生地の市場実態と今後の市場見通しを行うことを
       当調査の目的とする。
調査対象製品:冷凍パン生地(生地玉冷凍、成型冷凍生地、ホイロ後冷凍生地)
          周辺商品(半焼成冷凍、焼成後冷凍〔製品冷凍〕、パイ生地、ケーキ生地、その他)
調査対象企業:国内の冷凍パン生地メーカー、冷凍パン生地輸入商社
調査方法:当社専門研究員による直接面接調査を実施。
調査期間:2009年10月~2009年12月
 

リサーチ内容

■掲載内容

第Ⅰ章 マーケットの現状分析と展望

1.冷凍パン生地の市場概況
  (1)パン市場における冷凍パン生地の位置付け
  (2)参入パターン別の冷凍パン生地流通動向
  (3)冷凍パン生地輸入商社の動向
  (4)ベーカリー製品の輸入推移(2000~2009年)
  (5)周辺商品の市場動向(半焼成冷凍、製品冷凍、冷凍ケーキ、他)
  (6)周辺商品の市場動向(冷凍パイ生地)
  (7)冷凍パン生地市場の問題点と課題
  (8)冷凍パン生地の市場拡大要因
  (9)冷凍パン生地向け小麦粉使用量推移(2000~2009年)
2.冷凍パン生地の商品動向、需要動向
  (1)製法別~生地玉冷凍、成型冷凍生地、ホイロ後冷凍生地、他~
  (2)販売チャネル別~ベーカリーチェーン、個人ベーカリー、ホテル、外食、事業所給食、他~
  (3)コスト構造と企業戦略
3.冷凍パン生地の市場規模推移(2004~2008年度)
  (1)冷凍パン生地全体
  (2)食パン・食卓パン
  (3)菓子パン類
  (4)生地玉冷凍
  (5)成型後冷凍
  (6)ホイロ後冷凍
  (7)輸入冷凍パン生地
  (8)半焼成冷凍パン、焼成後冷凍パン
4.冷凍パン生地のメーカーシェア(2008年度)
  (1)冷凍パン生地全体
    ①メーカーシェア  ②売上高ランキング一覧
  (2)食パン・食卓パン
    ①メーカーシェア  ②売上高ランキング一覧
  (3)菓子パン類
    ①メーカーシェア  ②売上高ランキング一覧
  (4)外部販売分
    ①メーカーシェア  ②売上高ランキング一覧
  (5)内部使用分
    ①メーカーシェア  ②売上高ランキング一覧
  (6)生地玉・シート
    ①メーカーシェア  ②売上高ランキング一覧
  (7)成型後冷凍
    ①メーカーシェア  ②売上高ランキング一覧
  (8)ホイロ後冷凍
    ①メーカーシェア  ②売上高ランキング一覧
  (9)冷凍パン生地周辺商品
    ①メーカーシェア  ②売上高ランキング一覧
5.冷凍パン生地の今後の市場見通し
6.冷凍パン生地の市場規模予測(2009~2013年度)
  (1)冷凍パン生地全体
  (2)食パン・食卓パン
  (3)菓子パン類
  (4)生地玉冷凍
  (5)成型後冷凍
  (6)ホイロ後冷凍
  (7)輸入冷凍パン生地
7.冷凍パン生地の市場規模推移と予測一覧(2004~2013年度)


第Ⅱ章 パン市場の現状分析と展望

1.変貌するパン業界、次の売場と商品は
2.参入企業のビジネスパターンと変遷
3.コンビニはPB焼きたてパンの比率をアップ
4.競合激しい量販店パンコーナー、高まるPB比率
5.有力ベーカリーは商品力と業態開発で差別化
6.ベーカリーカフェ、ベーカリーレストランの注目動向
7.パンの総市場規模推移(2003~2007年度)
8.商品別市場構成比(2007年度)
9.末端チャネル別市場構成比(2007年度)
10.地域別市場構成比(2007年度)
11.メーカーシェア(2007年度)
12.パン市場の拡大要因・阻害要因と2012年度展望
13.パンの総市場規模予測(2008~2012年度)
14.パン関連統計データ分析
  (1)家計調査年報(2008年)
  (2)商業統計表(2007年)
  (3)工業統計表(2007年)

第Ⅲ章 有力冷凍パン生地メーカー、商社の市場戦略分析

1.参入経緯、参入方法
2.注力商品の傾向と商品開発動向
3.生産・輸入動向
4.販売動向
5.物流体制、及び対策
6.今後の市場戦略


第Ⅳ章 注目企業の個別実態調査(19社)

(株)アナナスジャパン,(株)アンデルセン・パン生活文化研究所,(株)イズム,オーランドフーズ(株),(株)オイシス
岡野食品産業(株),(株)神戸屋,サンフレッセ(株),敷島製パン(株),昭和冷凍食品(株),(株)シンポフーズ
トップト食糧(株),日本リッチ(株),(株)パントーネシステム,ヒーシュタントジャパン(株),(株)フランソア
フルハウス・ジャパン(株),ミヨシ油脂(株),山崎製パン(株) 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

242,000
220,000
22,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。