2010~11年版 AR/TV・Web会議システム市場 -ビジュアル・コミュニケーション調査VOL.2-

本調査レポートでは、TV会議システム世界・国内市場、ASP型Web会議システム国内市場、Web会議システム国内市場、TV会議システムHD対応機国内市場など、TV・Web会議システム市場の市場規模推移予測・シェアを台数・金額ベースにて算出いたしました。またAR(拡張現実)システム関連事業者(プロバイダ/ツールベンダ/HMDメーカ/先進ユーザ、他)の動向も調査分析。時空間共有ツールとしてのビジュアル・コミュニケーション市場を分析いたしました。

発刊日
2010/09/05
体裁
A4 / 314頁
資料コード
C52100600
PDFサイズ
4.3MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査対象:(1)TV会議システム/MCU/音声会議システムベンダ(2)Web会議システム/グループウェアベンダ(3)ARサービスプロバイダ/ARツールベンダ/AR先進ユーザ
調査対象地域:日本国内(一部海外企業を調査)
調査方法:直接面談から各種分析を実施
調査期間:2010年4月~2010年8月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • TV会議システム国内市場、TV会議システム世界市場、SI型(サーバへのソフトインストール型)Web会議システム国内市場、ASP型Web会議システム国内市場、TV会議システムHD対応機国内市場の市場規模推移予測(2014年まで)・シェア、台数&金額ベース市場規模推移、次世代会議システム分析を掲載。
  • AR(拡張現実)システム関連事業者(プロバイダ/ツールベンダ/HMDメーカ/先進ユーザ、他) の需要分野別可能性分析等を掲載。
  • TV会議/Web会議システムベンダ・SIer・代理店・その他27社、AR市場参入ベンダ11社の個表を掲載。

■本資料の概要

第Ⅰ章 総論-時空間共有ツールとしてのビジュアル・コミュニケーション-
第Ⅱ章 TV会議/Web会議システム市場分析
第Ⅲ章 AR(拡張現実)市場の需要分析

■掲載内容

第Ⅰ章 総論-時空間共有ツールとしてのビジュアル・コミュニケーション-

1.当調査レポートの狙いと内容
2.会議システムの定義
  (1)会議システムの製品品目一覧
  (2)Web会議システムの詳細分類
3.ワイヤレス系ブロードバンド普及と会議システム普及
  (1)固定系BBの主役は、ADSLからFTTHへと移行
  (2)端末の多様化によってブレイクしたワイヤレス系BB
  (3)2010年、不況でも伸びるTV/Web会議システム需要
4.国内TV会議/Web会議システムメーカ77社の品目別参入状況と製品
5.スカイプのIPOとTV会議戦略
  (1)スカイプの強味と高い成長性
  (2)テレビ連携に進むスカイプ
  (3)スカイプのIPO計画と今後のビジネスモデル
  (4)Web会議システムにおけるスカイプの位置付け
6.会議システム市場からの撤退&買収情報
  (1)2008~10年の撤退企業
  (2)キヤノンのテレビ会議システムからの撤退理由
  (3)Web会議システムにおける業務提携&資本提携
  (4)2005~2007年の撤退企業
  (5)2001~2004年の撤退企業
7.時空間共有ツールとしてのビジュアル・コミュニケーション
8.AR市場の概要
  (1)AR(Augmented Reality)の概念
  (2)AR(Augmented Reality)の歴史
  (3)AR(Augmented Reality)に用いられる端末
  (4)AR技術の分類
  (5)2010年のモバイルARブラウザ
9.ARのビジネスモデル別アプリケーション一覧
  (1)ARの4需要分野
  (2)ARの4需要分野別アプリケーション例
10.ARと会議システムの連動・融合の可能性分析
  (1)HMD利用システムは、会議システムとARの連動・融合領域
  (2)iPad/スマートフォン普及が拍車かける“ARと会議システムの融合化”
  (3)会議システムの次世代アプリ
  (4)会議システム&AR連動・融合の可能性 -会議システムベンダの考え方-
  (5)会議システム&AR連動・融合の可能性 -ARシステムベンダの考え方-

第Ⅱ章 TV会議/Web会議システム市場分析

Ⅰ.TV会議システム市場
1.テレビ会議システム世界市場の歴史と実態
2.TV会議システム世界市場 出荷台数推移(海外/国内,05~14年,台数)
3.TV会議システム国内市場 台数メーカシェア(国内,08/09/10年,台数)
4.TV会議システム国内市場 金額メーカシェア(国内,09年,金額)
5.TV会議システム世界市場 台数メーカシェア(世界,09年,台数)
6.TV会議システム世界市場の動向
  (1)国内市場動向
  (2)海外市場動向
7.TV会議システム市場の有力企業、注目企業
  (1)国内/世界の主要プレイヤー
  (2)続く買収
  (3)中国メーカの動向

Ⅱ.Web会議システム市場
1.Web会議システム世界市場の歴史と実態
2.Web会議システムSI型国内市場 サーバライセンス出荷本数推移(国内,05~14年,本数)
3.Web会議システムSI型 国内市場 メーカシェア(国内,08/09/10年,本数)
4.Web会議システムASP型国内市場 ASPサービス新規契約件数推移(国内,05~14年,件数)
5.Web会議システムASP型 国内市場 メーカシェア(国内,08/09/10年,件数)
6.Web会議システム 国内市場 金額メーカシェア(国内,09年,SI型/ASP型,金額)
7.Web会議システム市場の動向
  (1)SI型とASP型
  (2)Web会議システム国内市場分析
  (3)Web会議システムASP型ベンダの悩み
  (4)Web会議システム世界市場分析
  (5)Web会議システムの販売方法
8.Web会議システム市場の有力企業、注目企業
  (1)国内の主要プレイヤー
  (2)世界の主要プレイヤー
  (3)変わる国内販売チャネル

Ⅲ.会議システムの金額ベース分析
1.会議システム市場全体の動向(金額ベース)
2.会議システム 出荷金額推移(05~14年予測,TV会議/Web-SI型/ Web-ASP型,国内)
3.金額ベース市場分析(05~14年予測,TV会議/Web会議SI型/Web会議ASP型 推移比較)
4.金額ベースメーカシェア

Ⅳ.日本企業の今後の海外展開

Ⅴ.会議システム周辺機器市場の有力企業、注目企業
  (1)マイクスピーカ
  (2)TV会議用カメラ
  (3)Web会議用Webカメラ

Ⅵ.TV会議/Web会議システムHD化の推移、動向
1.TV会議システムにおけるHD化の推移、動向
2.Web会議システムにおけるHD化の推移、動向

Ⅶ.IT新潮流の会議システムへの影響分析
1.ユニファイドコミュニケーションの動きによる会議システム市場への影響
  (1)国内の現状として、広がりは遅れている
  (2)通信統合の意味がわからないユーザ
  (3)ユニファイドコミュニケーション Web会議システムと電話機能連携のポイント
2.グループウェアによるWeb会議システム市場への影響分析
  (1)グループウェアベンダの視点
  (2)Web会議ベンダの視点
  (3)グループウェアベンダが本気になった時
3.ITベンダの動きによるWeb会議システム市場への影響分析
  (1)海外ITベンダ動向
  (2)国内ITベンダ動向
4.クラウドコンピューティングの動きによる会議システム市場への影響

Ⅷ.会議システムが選ばれる基準
  (1)ユーザの使用目的に応じて
  (2)人間の感覚が決めて
  (3)適材適所
  (4)予算に応じた会議システムの使い分け
  (5)TV会議システムとWeb会議システムの連動

Ⅸ.『TV会議システム⇔Web会議システム』お互いをどう見ているか

Ⅹ.テレプレゼンスの方向性

ⅩⅠ.TV会議/Web会議システムベンダ個票 個票掲載28社
個票内容
  [調査内容]
  1.会議システムの出荷台数(国内,08・09・10年度):TV会議システム(内、HD化台数)/テレプレゼンス/
  MCU(多地点会議サーバ)/音声会議システム/Web会議システム(サーバへのソフト・インストール型/ASP型/
  その他),08年度/09年度/10年度見込(単位:台数、本数、件数)
  2.ハード流通(2009年度):品目(TV会議/Web会議(ソフト/ASP)),国内小計(直販/OEM/代理),
  海外小計(北米/欧州/アジア),OEM先,代理店名,製品調達先
  3.担当部署:品目(TV会議/Web会議),部署名(TV会議/Web会議)
  4.製品名,製品の特徴:品目(TV会議/Web会議),製品名(TV会議/Web会議)
  5.TV会議/Web会議システムの市場をどうみるか?
  6.同市場の有望企業、注目企業はどこか? その理由は?
  7.TV会議システムのHD化(ハイビジョン化)の動向をどう見る?
  2010年、2015年のTV会議システムにおけるHD比率は? HDが100%になる時期はくるのか?
  8.マイクロソフト「Online Services」、IBM「Lotus」といったグループウェアによるWeb会議市場への影響は?
  9.ITベンダが自社プラットフォームで会議システムの展開をどう考えているのか?
  10.ユーザはTV会議、Web会議、グループウェア、ソフトフォンなどの中からどれを選択するか?
  11.TV会議/Web会議システムメーカの他会議システムへの対抗策は?
  12.ユニファイドコミュニケーションが、どのように影響してくるか?今後の展望についてどう考えているか?
  13.クラウドコンピューティングが、どのように影響してくるか?今後の展望についてどう考えているか?
  14.テレプレゼンスの方向性は?
  15.AR(拡張現実)技術が会議システムに組み込まれていく可能性は?

個票掲載企業
【TV会議/Web会議システムメーカ】21社
  1.ソニー(株)  2.(株)日立製作所  3.ポリコムジャパン(株)  4.RADVISION Japan(株)
  5.シスコシステムズ合同会社(WebEx)  6.エイネット(株)  7.NJCネットコミュニケーションズ(株)
  8.NTTアイティ(株)  9.沖電気工業(株)  10.(株)オサムインビジョンテクノロジー
  11.キヤノンソフト情報システム(株)  12.(株)クレオ  13.サイバネットテクノロジ(株)
  14.ジャパンメディアシステム(株)  15.(株)SOBAプロジェクト  16.日本電気(株)
  17.ニューロネット(株)  18.(株)ネットスピードテクノロジー  19.(株)ブイキューブ
  20.富士通(株)  21.マイクロソフト(株)
【SIer・代理店・その他】6社
  22.日本システムウエア(株)  23.(株)日立ハイテクノロジーズ  24.VTVジャパン(株)
  25.プリンストンテクノロジー(株)  26.プレストネットワーク(株)  27.ヤマハ(株)

第Ⅲ章 AR(拡張現実)市場の需要分析

1.ARの成長シナリオ
  (1)ARの成長シナリオ総論
  (2)スマートフォン/携帯電話と共に伸びる
  (3)ARプラットフォームの現状と将来
  (4)ARの収益性
  (5)未来UIとしてのAR
  (6)HMDとの未来
  (7)ARは主役ではない
  (8)画像認識系ARの可能性
2.ARのニーズ分析
  2-1.「オープン環境×コンシューマ需要」でのARのニーズ
  2-2.「オープン環境×ビジネス需要」でのARのニーズ
  2-3.「クローズ環境×コンシューマ需要」でのARのニーズ
  2-4.「クローズ環境×ビジネス需要」でのARのニーズ
3.ARの活用される可能性が高いビジネスモデル
  3-1. AR活用の可能性ありランキング分析
  3-2. AR活用が難しいランキング分析
  3-3.「オープン環境×コンシューマ需要」におけるビジネスモデル別ARの動向
  3-4.「オープン環境×ビジネス需要」におけるビジネスモデル別ARの動向
  3-5.「クローズ環境×コンシューマ需要」におけるビジネスモデル別ARの動向
  3-6.「クローズ環境×ビジネス需要」におけるビジネスモデル別ARの動向
4.『欲しい情報が探せなくなる欠点』に対する改善点
5.『空間の所有権』に対する考え方
6.『タグがぶつかる危険性、ぶつかった場合の統制』に対する考え方
7.『ARを規制する法律とARがカバーする範囲』に対する考え方
8.『日本が持つAR技術の伝え方』に対する考え方
9.AR関連市場規模推移(国内)
10.AR市場参入ベンダ11社の戦略と市場への考え方

個票掲載企業11社
  1.(株)NTTドコモ  2.KDDI(株)/(株)KDDI研究所  3.(株)構造計画研究所
  4.サイバネットシステムズ(株)  5.(株)ゼンリンデータコム  6.ソニー(株)
  7.大日本印刷(株)  8.デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(株)
  9.東急電鉄(株)/(株)東急エージェンシー  10.(株)東芝  11.日本電気(株)
[調査内容]
  企業情報
  1.ARは今後、どういったシナリオを描いて成長していくのか?
  2.ARの利用先を「オープン環境―クローズ環境」、「コンシューマ需要―ビジネス需要」の二軸で切った場合、
  下記四項目ごと、どのようなニーズがあると考えるか?
    ○オープン環境×コンシューマ需要
    ○オープン環境×ビジネス需要
    ○クローズ環境×コンシューマ需要
    ○クローズ環境×ビジネス需要
  3.ビジネスモデル別AR活用の可能性分析
    ○オープン環境×コンシューマ需要
    ○オープン環境×ビジネス需要
    ○クローズ環境×コンシューマ需要
    ○クローズ環境×ビジネス需要
  4.ビジネスモデル別ARに対する動向、将来性のコメント
    ○オープン環境×コンシューマ需要
    ○オープン環境×ビジネス需要
    ○クローズ環境×コンシューマ需要
    ○クローズ環境×ビジネス需要
  5.ARと会議システムの接点はあるか?会議システムでのAR活用、ARでのコラボアプリはでてくるか?
  6.タグが増えた場合、欲しい情報が探しづらくなる。その欠点を解消するには?
  7.空間の所有権について。例えば、広告の場合、「ビル」という物件の権利と「広告」という事業の
  権利との戦いはどうすべきか?
  8.同時に多くのタグが出た場合、お互いのビジネス阻害要因になる。
  コンテンツ同士が喧嘩をはじめてしまう危険をどう見るか?
  また、タグ同士がぶつかる場合の統制についてどう考えているか?
  9.現在、ARを規制する法律はない。その現状において、ARがカバーする範囲はどこまでが考えられるか?
  10.日本は個々の技術を持っている。その技術をどのようにストーリとして見せていけばいいか?

図表目次

第Ⅰ章.総論

-時空間共有ツールとしてのビジュアル・コミュニケーション分析-
表「ビジュアルコミュニケーションの品目別定義/主要参入メーカ/掲載レポート」
表「会議システムの製品品目一覧表」
表「Web会議システムの詳細6分類一覧表」
図「Web会議システムの詳細3分類」
表「アクセス種別にみたBBの種類」
表「固定系BB アクセス種別普及予測(04~14年度)」
図「固定系ブロードバンドアクセス種別普及予測」
表「ワイヤレス系BB アクセス種別普及予測(08~14年度)」
図「ワイヤレス系ブロードバンドアクセス種別普及予測」
表「国内TV会議/Web会議システム関連メーカ77社の品目別参入状況一覧」
表「国内テレプレゼンスシステム参入メーカ/製品一覧表」
表「国内テレビ会議システム参入メーカ/製品一覧表」
表「国内Web会議システム 専用機型参入メーカ/製品一覧表」
表「国内Web会議システム SI型参入メーカ/製品一覧表」
表「国内Web会議システム ASP型参入メーカ/製品一覧表」
表「2008~10年のWeb会議システム販売・開発事業の終了情報」
表「2005~07年のWeb会議システム販売・開発事業の終了情報」
表「2003~04年 ビジュアル・コミュニケーションシステム品目別/撤退企業一覧」
表「2001~02年 ビジュアル・コミュニケーションシステム品目別/撤退企業一覧」
図「ARの需要4分野」
表「ARの4需要分野別にみた主要なアプリケーション例」
図「ARと会議システムの連動・融合(→HMD利用の遠隔会議・相談・作業支援)」
図「iPad/スマートフォン普及によるAR/会議システム融合化」
表「参入企業20社が考える『会議システムとARの連動』」
表「参入企業7社が考える『ARと会議システムの連動』」

第Ⅱ章.TV会議/Web会議システム市場分析

図表「TV会議システム出荷台数推移(海外/国内,2005~14年,台数)」
図表「TV会議システム国内市場 台数メーカシェア(2008/09/10年度,台数ベース)」
図表「TV会議システム国内市場 金額メーカシェア(2009年度,金額ベース)」
図表「TV会議システム世界市場 台数メーカシェア(2009年度,台数ベース)」
表「参入企業7社が考える『TV会議システム市場動向』」(2010年時点)
表「参入企業7社からみた『TV会議システム市場の有力企業、注目企業』」
図表「Web会議システムSI型 サーバライセンス出荷本数推移(国内,2005~2014,本数)」
図表「Web会議システムSI型 国内メーカシェア(2008/09/10年度,本数ベース)」
図表「Web会議システムASP型 新規契約件数推移(国内,2005~14年,本数)」
図表「Web会議システムASP型 国内メーカシェア(2008/09/10年度,件数ベース)」」
図表「Web会議システム国内市場 メーカシェア(2009年度,金額ベース)」
表「Web会議システムSI型、ASP型の出荷推移」
表「参入企業9社が考える『Web会議システム市場動向』」
表「参入企業17社が考える『Web会議システム市場の有力企業、注目企業』」
図表「会議システム出荷金額推移(国内,2005~14年,台数/本数/件数/金額ベース)」
表「会議システムの出荷金額推移」
表「参入企業10社が考える『会議システム市場動向』」
表「参入企業6社が考える『今後の海外展開』」
表「参入企業4社からみた『会議システム関連市場の有力企業、注目企業』」
図表「TV会議システムHD対応機出荷台数推移(国内市場,2005~14,台数)」
表「参入企業20社がみる『会議システムHD化の動向』」
表「参入企業18社からみた『ユニファイドコミュニケーションの動きによる会議システム市場への影響』」
表「参入企業23社からみた『グループウェアによるWeb会議システム市場への影響』」
表「参入企業14社からみた『ITベンダの動きによるWeb会議システム市場への影響』」
表「参入企業18社からみた『クラウドコンピューティングの動きによる会議システム市場への影響』」
表「参入企業19社が捉えている『ユーザ側が選択する会議システム』」
表「参入企業18社が考える『他会議システムへの対抗策』」
表「参入企業13社が考える『テレプレゼンスの方向性』」

第Ⅲ章.AR(拡張現実)市場の需要分析

表「AR採用における携帯電話/スマートフォン」
図「家電インターフェースの仮想化」
表「参入企業11社が考える『ARの成長シナリオ』」
図「AR展開のマトリックス分析」
表「参入企業6社が考える『オープン環境×コンシューマ需要』でのARのニーズ」
表「参入企業7社が考える『オープン環境×ビジネス需要』でのARのニーズ」
表「参入企業7社が考える『クローズ環境×コンシューマ需要』でのARのニーズ」
表「参入企業7社が考える『クローズ環境×ビジネス需要』でのARのニーズ」
表「参入企業11社が考える『ビジネスモデル別AR活用可能性』ランキング」
表「参入企業11社が考える『ビジネスモデル別AR活用が難しい』ランキング」
表「参入企業9社が考える『オープン環境×コンシューマ需要におけるビジネスモデル別ARの動向』」
表「参入企業11社が考える『オープン環境×ビジネス需要におけるビジネスモデル別ARの動向』」
表「参入企業9社が考える『クローズ環境×コンシューマ需要におけるビジネスモデル別ARの動向』」
表「参入企業9社が考える『クローズ環境×ビジネス需要におけるビジネスモデル別ARの動向』」
表「参入企業5社が考える『欲しい情報が探せなくなる欠点に対する改善点』」
表「参入企業2社が考える『空間の所有権』」
表「参入企業2社が考える『タグがぶつかる危険、ぶつかった場合の統制」
表「参入企業2社が考える『ARを規制する法律とARがカバーする範囲』」
表「参入企業2社が考える『日本が持つAR技術の伝え方』」
表「ARを採用する可能性のある市場の推移(国内)」

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000
495,000
450,000
45,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。