2012年版 ハンディターミナル市場の現状と将来展望

ハンディターミナル市場を総覧したレポート。メーカー編とユーザー編から構成。各社のハンディターミナルに関する販売実績、ならびに事業戦略を把握し、かつユーザーのニーズ動向を同時に調査することで、各社の事業戦略の基礎資料に供することを目的とするとともに、ハンディターミナルがスマートフォンやタブレット端末と競合するのかを検証した。

発刊日
2012/07/13
体裁
A4 / 318頁
資料コード
C54202830
PDFサイズ
2.5MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

410,400
380,000
30,400
410,400
380,000
30,400
442,800
410,000
32,800
820,800
760,000
60,800
853,200
790,000
63,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:各社のハンディターミナルに関する販売実績、ならびに事業戦略を把握し、かつユーザーニーズ動向を調査することで、各社の事業戦略の基礎資料に供することを目的とする。
調査方法:直接面談取材および電話によるヒアリング取材を併用。
調査期間:2012年4月~2012年6月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 本調査レポートは、1988年より第12版目。業界を網羅した随一の研究レポート。
  • ハンディターミナル市場の2015年度までの市場規模推移を予測。
  • タイプ別/需要分野別/新規・リプレース別/タイプ別メーカーシェアなど多様な切り口を実現した市場研究レポート。
  • ハンディターミナルを供給しているベンダー側から、ハンディターミナルを導入しているユーザー側までを徹底調査。
     
  • スマートフォンの市場規模推移については、弊社発刊資料「2011-2012 携帯電話世界市場動向調査」より一部抜粋。

■本資料の概要

Ⅰ ハンディターミナル市場の動向と分析
Ⅱ ハンディターミナルメーカーの動向と分析
Ⅲ メーカー企業個票
Ⅳ ハンディターミナルユーザーの動向と分析
Ⅴ ユーザー企業個票

■掲載内容

Ⅰ ハンディターミナル市場の動向と分析

1.ハンディターミナル市場の動向総括
2.市場規模推移
  (1)市場規模推移(全体)
    図表:市場規模推移(全体)
  (2)市場規模推移(タイプ別)
    図表:市場規模推移(タイプ別、台数)
    図表:市場規模推移(タイプ別、金額)
  (3)需要分野構成比率
    ①需要分野構成比率(全体)
    図表:需要分野構成比率(全体)
    ②需要分野構成比率(スキャナ一体型)
    図表:需要分野構成比率(スキャナ一体型)
    ③需要分野構成比率(標準型)
    図表:需要分野構成比率(標準型)
    ④需要分野構成比率(ノートパッド型)
    図表:需要分野構成比率(ノートパッド型)
    ⑤新規・リプレース導入比率
    図表:新規・リプレース導入比率
3.今後の市場見通し
  (1)市場成長を阻害する要因
    図表:世界市場 スマートフォン出荷台数推移と予測
    図表:国内タブレット市場規模推移
  (2)市場を成長させる要因
    図表:電子決済市場規模予測
    図表:世界市場規模推移
4.市場規模予測
  (1)市場規模予測(全体)
    図表:市場規模予測(全体)
  (2)市場規模予測(タイプ別)
    図表:市場規模予測(タイプ別、台数)
    図表:市場規模予測(タイプ別、金額)

Ⅱ ハンディターミナルメーカーの動向と分析

1.ハンディターミナルメーカーの動向総括
2.メーカーシェア
  (1)全体
    ①2011年度のメーカーシェア
    図表:2011年度のメーカーシェア(台数)
    図表:2011年度のメーカーシェア(金額)
    ②2010~2012年度(見込)のメーカーシェア
    図表:2010~2012年度(見込)のメーカーシェア(台数)
    図表:2010~2012年度(見込)のメーカーシェア(金額)
  (2)スキャナ一体型
    ①2011年度のスキャナ一体型メーカーシェア
    図表:2011年度のスキャナ一体型メーカーシェア(台数)
    図表:2011年度のスキャナ一体型メーカーシェア(金額)
    ②2010~2012年度(見込)のスキャナ一体型メーカーシェア
    図表:2010~2012年度(見込)のスキャナ一体型メーカーシェア(台数)
    図表:2010~2012年度(見込)のスキャナ一体型メーカーシェア(金額)
  (3)標準型
    ①2011年度の標準型メーカーシェア
    図表:2011年度の標準型メーカーシェア(金額)
    ②2010~2012年度(見込)の標準型メーカーシェア
    図表:2010~2012年度(見込)の標準型メーカーシェア(台数)
    図表:2010~2012年度(見込)の標準型メーカーシェア(金額)
  (4)ノートパッド型
    ①2011年度のノートパッド型メーカーシェア
    図表:2011年度のノートパッド型メーカーシェア(台数)
    図表:2011年度のノートパッド型メーカーシェア(金額)
    ②2010~2012年度(見込)のノートパッド型メーカーシェア
    図表:2010~2012年度のノートパッド型メーカーシェア(台数)
    図表:2010~2012年度のノートパッド型メーカーシェア(金額)
3.メーカーの動向
  (1)市場への見解
    図表:各メーカーの主な市場への見解
  (2)導入ユーザーの状況
    図表:各メーカーのユーザー例
  (3)アプリケーション
    図表:各メーカーのアプリケーション例
    図表:分野別アプリケーション例
  (4)販売・流通体制および販売促進策
    図表:各メーカーの販売構成比
    図表:各メーカーの主な販売促進策
  (5)価格政策
    図表:各メーカーの主な価格政策
  (6)製品開発
    図表:各メーカーの主な製品開発動向
  (7)課題・問題点
    図表:各メーカーの主な課題・問題点

Ⅲ メーカー企業個票

NECインフロンティア株式会社、カシオ計算機株式会社、キヤノンマーケティングジャパン株式会社、
シャープシステムプロダクト株式会社、株式会社デンソーウェーブ、
パナソニックシステムネットワークス株式会社、富士通フロンテック株式会社

Ⅳ ハンディターミナルユーザーの動向と分析

1.ハンディターミナルユーザーの動向総括
2.ユーザーの動向
  (1)導入概要
    ①導入端末
    図表:導入端末の種別
    ②リプレース期間
    図表:リプレース期間
  (2)適用業務
    図表:ハンディターミナルの主な活用内容
  (3)導入の経緯
    ①機種選定条件
    図表:ハンディターミナルの機種選定条件
    ②導入の決め手
    図表:ハンディターミナル導入の決め手
    ③導入の目的
    図表:ハンディターミナル導入の目的
    ④他機器との比較の有無
    図表:他機器との比較の有無
  (4)導入の満足度
    図表:ハンディターミナルの満足度
  (5)保守体制
    図表:保守委託先企業
  (6)現在の評価
    ①プラス評価
    図表:現在使用中のハンディターミナルに対するプラス評価
    ②マイナス評価
    図表:現在使用中のハンディターミナルに対するマイナス評価
  (7)次期機種に期待する点
    図表:次期機種に期待する点
  (8)今後の計画について
    図表:次期リプレース計画
    図表:次期リプレースまでの期間
  (9)ハンディターミナルからスマートフォン・タブレット端末への代替予定について
    図表:スマートフォン・タブレット端末への代替予定
3.業種別ユーザー動向
  ★調査項目
    ・企業概要(業種、担当部署)
    ・導入概要(種別、メーカー名、機種名、導入台数、導入時期、リプレース時期、購入窓口)
    ・導入の決め手(導入の決め手)
    ・適用業務(適用部署、対象人員、主な活用内容)
    ・導入の経緯(導入の目的、機種選定条件、比較メーカー、比較機器)
    ・導入の満足度
    (堅牢性・耐久性、操作性、画面の大きさ・見易さ、バッテリ容量、重量、読み取り精度)
    ・保守体制(委託企業)
    ・現在の評価(期待した効果、プラス効果、マイナス効果、総合評価)
    ・次期機種に期待する点(機能性及び操作性等)
    ・今後の計画(次期リプレース計画、対象業務拡大予定)
    ・代替予定(ハンディターミナルからスマートフォン・タブレット端末への代替予定の有無)
    ・その他
  (1)導入概要
    ①小売業 ②卸売業 ③運輸業 ④倉庫業 ⑤製造業
    ⑥ガス・電気・水道 ⑦保険・金融業 ⑧医療
  (2)適用業務
    ①小売業 ②卸売業 ③運輸業 ④倉庫業 ⑤製造業
    ⑥ガス・電気・水道 ⑦保険・金融業 ⑧医療
  (3)導入の経緯
    ①小売業 ②卸売業 ③運輸業 ④倉庫業 ⑤製造業
    ⑥ガス・電気・水道 ⑦保険・金融業 ⑧医療
  (4)導入の満足度
    ①小売業 ②卸売業 ③運輸業 ④倉庫業 ⑤製造業
    ⑥ガス・電気・水道 ⑦保険・金融業 ⑧医療
  (5)保守体制
    ①小売業 ②卸売業 ③運輸業 ④倉庫業 ⑤製造業
    ⑥ガス・電気・水道 ⑦保険・金融業 ⑧医療
  (6)現在の評価
    ①小売業 ②卸売業 ③運輸業 ④倉庫業 ⑤製造業
    ⑥ガス・電気・水道 ⑦保険・金融業 ⑧医療
  (7)次期機種に期待する点
    ①小売業 ②卸売業 ③運輸業 ④倉庫業 ⑤製造業
    ⑥ガス・電気・水道 ⑦保険・金融業 ⑧医療
  (8)今後の計画
    ①小売業 ②卸売業 ③運輸業 ④倉庫業 ⑤製造業
    ⑥ガス・電気・水道 ⑦保険・金融業 ⑧医療
  (9)ハンディターミナルからスマートフォン・タブレット端末への代替予定
    ①小売業 ②卸売業 ③運輸業 ④倉庫業 ⑤製造業
    ⑥ガス・電気・水道 ⑦保険・金融業 ⑧医療

Ⅴ ユーザー企業個票

小売業
  株式会社エムアンドシーシステム、コーナン商事株式会社、株式会社大創産業、株式会社フジ、
  株式会社マツモトキヨシ、ユニー株式会社、株式会社ライフコーポレーション
卸売業
  沖縄コカ・コーラボトリング株式会社、北関東ペプシコーラ販売株式会社、株式会社昭和、
  三菱食品株式会社、南九州コカ・コーラボトリング株式会社、ヤマエ久野株式会社、
  株式会社山星屋
運輸業
  株式会社アルプス物流、白金運輸株式会社、信州名鉄運輸株式会社、セイノーホールディングス株式会社、
  福岡運輸株式会社、松岡満運輸株式会社、三井倉庫ロジスティクス株式会社
倉庫業
  イヌイ倉庫株式会社、株式会社オーナミ、三和倉庫株式会社、株式会社中央倉庫、東洋埠頭株式会社、
  日本トランスシティ株式会社、福岡倉庫株式会社
製造業
  グンゼ株式会社、住友化学株式会社、住友ゴム工業株式会社、中外製薬株式会社、
  中越パルプ工業株式会社、株式会社中山製鋼所、レンゴー株式会社、ガス・電気・水道、
  秋田水道局・秋田管工事業協同組合、九州電力株式会社、下関上下水道局、西部ガス株式会社、
  北陸ガス株式会社、横浜市水道局
保険・金融業
  日本生命保険相互会社、札幌信用金庫、西兵庫信用金庫
医療
  足利赤十字病院、大阪厚生年金病院、社会保険中央総合病院、長岡赤十字病院、長野赤十字病院、
  深谷赤十字病院
参考資料 ハンディターミナル主要機種一覧

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

410,400
380,000
30,400
410,400
380,000
30,400
442,800
410,000
32,800
820,800
760,000
60,800
853,200
790,000
63,200

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。