2010年版 LCD-TV用前面板市場の展望と戦略

前面板付きLCD-TV市場が急速に立ち上がっています。これまでもLCD-TVに前面板を付与するケースは見受けられましたが、市場が形成されるほどの動きにはありませんでした。しかし、デザイン性向上等の観点から市場が急拡大をみせており、2010年には400万台まで拡大する可能性があります。それに伴い、ガラス、反射防止フィルム、光学透明充填剤等で新たな需要の立ち上がりや技術変化が生じています。本調査レポート「2010年版LCD-TV用前面板市場の展望と戦略」では、市場参入企業の製品を紹介させていただくとともに、メーカーシェア及びサプライチェーンなどの市場規模や市場動向を把握・分析し、各種材料に関しても考察することで、精度の高いお役にたてるようなレポートを作成いたしました。

発刊日
2010/11/26
体裁
A4 / 101頁
資料コード
C52115300
PDFサイズ
2.1MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 前面板付きLCD-TV、LCD-TV用前面板、LCD-TV前面板用材料(反射防止フィルム、ほか)の市場動向を調査・分析。
  • TV~前面板~各種材料のサプライチェーンを掲載。
  • 参入各社の戦略、注力する用途や開発の方向性を直接取材により調査・分析。

■本資料の概要

第1章 LCD-TV 用前面板市場の現状と将来予測
第2章 LCD-TV 用前面板及び関連市場の動向と展望
第3章 LCD-TV 用前面板及び関連メーカーの動向と戦略

■掲載内容

第1章 LCD-TV 用前面板市場の現状と将来予測

デザイン性向上だけが前面板の役割ではない
TVメーカーは前面板のポテンシャルを引き出し、TVの付加価値向上につなげ
デザインニーズに基づき、LCD-TV用前面板市場が急拡大
しかし、2012年以降は先行きが不透明な状況に
  (図表)将来予測全体 LCD-TV用前面板市場規模推移(2009~2015年)
アフターマーケットでは、消費者が「TVの保護」のために前面板を自ら調達
TVメーカーは消費者ニーズの掘り起こしが必要
  (図表)将来予測① LCD-TV用前面板市場規模推移(2009~2015年)
  (図表)将来予測② LCD-TV用前面板市場規模推移(2009~2015年)
  (図表)将来予測③ LCD-TV用前面板市場規模推移(2009~2015年)
  (図表)将来予測④ LCD-TV用前面板市場規模推移(2009~2015年)

第2章 LCD-TV 用前面板及び関連市場の動向と展望

1.前面板付きLCD-TV 市場
  「デザイン」の良さをどう伝えるか、売り方から見直すことも必要に
    (図)前面板付きLCD-TVの構造
  2010 年の前面板付きLCD-TV 市場規模は400 万台超にまで成長
  2011 年は600~700 万台にまで拡大する見込み
    (図表)前面板付LCD-TV市場規模推移(2009~2011年)
  ソニーが積極的に量的拡大を追求する一方、LG は消極的な姿勢に転ずる
    (図表)前面板付LCD-TVメーカー別販売台数推移
  Samsung が前面板付きLCD-TV を手がけない4 つの理由と、検討するための4 つの条件
    (図)前面板付LCD-TVメーカー別シェア推移
2.LCD-TV 用前面板市場
  部材メーカーと一体となった「必須機能」の実現が最重要課題
  PDP 光学フィルターメーカーにとっての重要なアプリケーションに
  PDP ガラスフィルターでの需要減を、LCD-TV 用前面板で補完
    (図)LCD-TV用前面板の構造と名称
    (図表)LCD-TV用前面板市場規模推移(2009~2011年)
    (図表)薄型TV用前面板市場規模推移(2009~2011年)
  2010 年に入りプレーヤー数が急増、2011 年にはコーニングも参入
    (図表)LCD-TV用前面板メーカー別販売量推移
    (図)LCD-TV用前面板メーカー別シェア推移
3.LCD-TV 用前面板部材関連市場
  ソニーの設計思想を受け、前面板部材市場は2011 年に大きく変化
  3-1.全体
    (図)LCD-TV用前面板部材構成
  3-2-1.クリアLR
  クリアLR は枠印刷含めたバリューチェーン構築が重要に
    (図表)LCD-TV前面板用クリアLRフィルムメーカー別販売量推移
    (図表)クリアLR市場規模推移(2009~2011年)
    (LCD偏光板、PDP光学フィルター、LCD-TV前面板)
    (図)LCD-TV前面板用クリアLRメーカー別シェア推移
  3-2-2.クリアLR 基材(TAC、PET)
  2011 年はクリアLR の大部分がTAC へ、60μmTAC の需要も拡大
    (図表)LCD-TV前面板用クリアLR基材市場推移(TAC、PET)
  3-2-3.フィルムへの枠印刷
  フィルム枠印刷ニーズは高まる一方、プレーヤーは事実上2 社のみ
    (図)前面板向け枠印刷 イメージ図
  3-3.支持体(ガラス、プラスチックシート)
  「Gorilla」ガラスがLCD-TV 用前面板に採用、2011 年は白板比率が全体の過半以上に向上
    (図表)LCD-TV前面板用基材市場推移(青板、白板、プラシート)
  3-4.光学透明充填剤
  2010 年よりエアギャップを埋める光学透明充填剤がTV 向けで採用スタート
  ソニーケミカル以外のメーカーもサンプルワークを本格化
    (図)光学透明充填材の充填方法(ODF例)
    (表)光学透明充填剤 (樹脂/フィルム) 概要
4.LCD-TV 用前面板サプライチェーン及び価格
  ユーザーニーズの変化に伴い、サプライチェーンは複雑化し始める
    (図)日本及び韓国におけるサプライチェーンの違い
    (図)ソニーにおける2010年と2011年のサプライチェーンの違い
    (図)LCD-TV前面板及び関連材料価格
    (表)前面板付LCD-TVメーカーにおける部材調達先(2010年)
    (表)前面板付LCD-TVメーカーにおける部材調達先(2011年見込み)

第3章 LCD-TV 用前面板及び関連メーカーの動向と戦略

オプトン ジャパン株式会社
  ガラス加工技術及び貼合技術をアドバンテージに
  LCD-TV及びPDP-TV向けでの展開強化
  ライン増設に加え、2011年には新工場も稼動予定
  LCD-TV用前面板の販売量が急拡大

LG Chem, Ltd.(LG 化学)
  LG 電子のトップサプライヤーとして、LCD 及びPDP ともにサポート
  2009 年よりフィルムフィルター設備を改造し、LCD-TV 用前面板ラインに転用
  LCD-TV 用前面板の2011 年販売量は前年を下回る可能性も
  PDP 光学フィルターではスパッタガラス比率が向上
  LCD-TV 用前面板では2011 年下期よりTAC-ANR の量産へ

Samsung Corning Precision Materials Co., Ltd.(サムスン・コーニング・プレシジョン・マテリアルズ)
  PDP 光学フィルター事業規模の維持を図りつつ
  スパッタガラスの強みを活かせる新規用途開拓も推進
  シールドレス化の影響はありながらも、2010 年光学フィルター販売量は前年を上回る
  2011 年のスパッタガラス比率は100%へ
  LCD-TV 用前面板ガラスは2011 年から薄型化の動き

AVATEC Co.,Ltd.
  コスト競争力及びガラス加工~成膜~貼合までの一貫体制が強み
  LCD-TV 用前面板向けでは貼合に加え、プラシートへの枠印刷にも対応

SKC Haas Display Films Inc.(SKC ハース)
  2010 年はPDP 光学フィルターに特化、2011 年よりLCD 用の販売を本格化
  2010 年初頭にRoll to Roll 対応のフィルムフィルター設備を新設
  2010 年はフィルムフィルター需要が急増するも、2011 年以降は横ばいを見込む
  2011 年もAR レス、シールドレスの動きがさらに進展

東レフィルム加工株式会社
  LCD-TV 用前面板市場では無配向PET フィルムでの展開を視野に入れる
  蒸着によるエッチングメッシュを開発、2010 年末からPDP 向けに量産へ
  2010 年末からPET フィルム1 枚使いのフィルムフィルターを量産
  反射防止フィルムの外販では、ユーザー及び自社にとってのベストなやり方を検討

凸版印刷株式会社
  クリアLR 及びAG 市場で世界トップを目指す
  トッパンTOMOEGAWA オプティカルプロダクツが2010 年2 月に発足
  生産技術等でシナジーがすでに現出
  TV の需要対応のためクリアLR 及び低ヘイズAG の提案を積極化
  2011 年度の反射防止フィルム販売量は市場以上の拡大を追求
  LCD-TV 用前面板向けの販売量が急拡大、フィルムへの枠印刷体制も整備

日油株式会社
  PDP-TV 用反射防止フィルムでスタンダードポジション構築
  次はLCD-TV 用前面板及び偏光板向けへ
  第5 ラインの増設時期は未定であるも、増設の際は2 ヘッド対応も検討
  F/F 市場拡大により反射防止フィルム需要は堅調推移
  2011 年は「1800」及び「9900」を積極的に提案
  LCD-TV 用前面板向けには「X シリーズ」の廉価グレードの開発推進

株式会社有沢製作所
  2011 年度はPDP 向けにLR-PET 及びHC-PET で販売量拡大へ
  コントラスト向上フィルムは2011 年中の上市を目指す

日本化薬株式会社
  色素及び粘着剤等の内製を強みに、光学フィルム事業の拡大へ
  2010 年からは直接PDP モジュールメーカーに光学フィルムを販売

KNW Co.,Ltd.
  グラビア印刷及びクリーン対応が強み
  フィルムへの枠印刷でユーザーのデザイン向上ニーズを満たす
  全社売上高はブランケット及びDOF 中心に拡大基調続く
  DOF は韓国のみならず日本ユーザー向けにも採用
  2011 年2 月に9 色対応グラビア印刷機の新設へ

ソニーケミカル&インフォメーションデバイス株式会社
  2010 年「SVR7000」を上市、前面板付きLCD-TV に搭載
  2007 年上市の「SVR1100」を基本グレードにアプリケーションに合せた3 タイプを展開
  ユーザーの要求レベルに応じたテクニカルサポートにも対応

住友スリーエム株式会社
  高度な精密加工技術、接着技術を活かし「高透明性自己粘着型フィルム」を展開
  2007 年に「高透明性自己粘着型フィルム」3 グレードを上市
  貼り合せ工法も含めたオールインワンソリューションでの提供力が強み
  2010 年内に液状接着剤のリリースを目指し、多様なユーザーニーズへの対応を図る

協立化学産業株式会社
  UV 硬化樹脂で培った貼り合せ技術をベースに今後の大型化対応に注力
  LCD やカメラモジュール等でのUV 硬化樹脂の貼り合せ技術を応用し
  2007 年に表示特性向上機能性樹脂「HRJ」4 タイプを上市
  2007 年以降生産量は増加傾向
  前面板付きLCD-TV の普及拡大によっては、今後専用ライン構築の必要性も

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。