2010年版 メディカルバイオニクス(人工臓器)市場の中期予測と参入企業の徹底分析

本年版で21版目となる本調査レポートでは、インプラント材、体外循環関連の各分野別/製品別34項目(57製品)について製品別市場規模推移、マーケットシェアを算出。さらに、今後の成長率とその要因、市場特性、有力企業の戦略などの分析を実施いたしました。

発刊日
2010/09/30
体裁
A4 / 724頁
資料コード
C52200900
PDFサイズ
8.0MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的・内容:①人工臓器、関連装置・製品34項目(品目)・57製品・分類の国内市場における99~2009年度の点数・金額ベース市場規模推移と製造販売業(メーカー):販売元シェア ②2010~2014年度までの中期予測③関連製品の相対性分析 ④注目製品の徹底分析 ⑤有力企業分析
調査対象:国内メーカー、及び、輸入製品総発売元
調査方法:面接取材とTEL取材併用
調査期間:2010年5月~2010年9月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 人工臓器、関連装置・製品34項目(品目)・57製品・分類の国内市場における99~2009年度の点数・金額ベース市場規模推移と製造販売業(メーカー):販売元シェアを算出。
  • 2010~2014年度までの中期予測を実施。
  • 関連製品の相対性分析。
  • 注目製品の徹底分析。
  • 有力企業の戦略分析。

■本資料の概要

PartⅠ 人工臓器(インプラント、体外循環)及び関連製品の市場動向と有力企業分析
PartⅡ 人工臓器、関連製品の品目別市場推移
PartⅢ 参入企業分析

■掲載内容

PartⅠ 人工臓器(インプラント、体外循環)及び関連製品の市場動向と有力企業分析

§1 薬事工業生産動態統計推移
  2008年 主要人工臓器製品、国内出荷は前年の3.8ポイントアップの3,710億61百万円
§2 調査品目における市場予測
  2010年度以降も国内販売部門の譲渡、子会社化、アライアンスによる競争力の変化が続く
  2009年度34項目(57分類・製品)で前年比3.3ポイントアップの5,672億円強、
  2010年度5,735億円強と低成長続く
  (表)調査品目における金額ベース市場規模
  (表)調査品目における数量ベース市場規模
  (表)品目別マーケットリーダー
§3 有力企業分析
  セント・ジュード・メディカル(旧:ゲッツブラザーズ) 2009/12期 20ポイントアップの416億円、
  CRM・CI事業部大幅増
  ボストン・サイエンティフィックジャパン 2009/12期 930億69百万円、IVR、CRM関連は新製品上市相次ぐ
  日本ライフライン 2010/3期 連結ベースで220億89百万円、単独ベースで203億73百万円、
  CV製品を除く各製品群2ケタのアップ実績
  グッドマン 2010/6期 連結ベースで146億59百万円、末梢血管、海外市場に注力
  テルモ 2010/3期 単独ベースで2,260億47百万円、連結ベースでは3,160億9百万円、
  心臓・血管領域商品群は連結ベースで1,358億円強に
  JMS 2010/3期 単独売上高357億円、連結は451億円
  日本ストライカー 2010年度は人工関節37,450ユニット・203.9億円、内固定材123.7億円を計画
  ジンマー 人工関節トップシェアの中、2010年度46,630ユニット計画
  ジョンソン・エンド・ジョンソン 2010年度 人工関節106億円計画
  日本メディカルマテリアル アルカリ加熱処理の人工股関節の販売が順調に推移、
  2010年度整形インプラント・121億円計画
  再生医療
  償還価格変更表

PartⅡ 人工臓器、関連製品の品目別市場推移

§1 人工肺市場 並びに各種関連製品
  市場概要
  1.人工肺市場
  市場規模:2009~2010年度は44,470~45,500ケの推移、一般開心術用は微減39,400ケ、
  オールインワンは11,500セット強に
  企業別動向:テルモ41.6%のシェアの中、国産メーカーはオールインワン強化で2010年度アップ計画
  2.遠心式体外循環用血液ぽんぷ:遠心ポンプ市場(ポンプヘッド)
  市場概要
  市場動向:2009年度コーンは6.5ポイントアップの22,350ケ(2010年度:23,900ケ)、ポンプは大幅増の122台
  3.人工肺回路市場(メイン回路)
  市場動向:オールインワン強化で国産メーカーアップ実績
  4.Hemoconcentrator(血液濃縮器)市場
  市場動向:2009年度3.4万ケ、JMS「アクアストリーム」各社への供給で53%のシェア
  5.人工心肺装置市場
  市場動向:2009年度の71台、2010年度74台、ソーリン・グループ「Stockert S5」、
  泉工医科工業「HAS」シリーズ大幅増
  6.心筋保護供給装置・心筋保護液注入(冷却)装置 Cardioplegia System市場
  市場動向:2009年度52台、2010年度55台予測
§2 心臓関連注目市場
  市場動向
  ・レーザー血管形成術・新生術市場
  ・Off-Pumpは微減推移
  ・血管領域自動吻合器/血管縫合補助器具市場
§3 ペースメーカ
  市場概要
  市場規模:2009年度(企業決算ベース)は交換術の大幅増で4,725ケ増の58,885ケ、
  2010年度は62,000ケ弱、デュアルチャンバⅣ型は28,000ケに
  企業別動向:Medtronic No1シェアも、St.Jude Medical、Sorin Group:ELA Medical、
  Biotronikがシェアアップ
  カテーテルアブレーション市場
  市場概要
  市場規模:2009年度36,685本、症例数ベースで30,000例強、2010年度は41,000本弱の予測
  企業別動向:日本ライフライン「アブレイズ」トップシェアの中、J&Jイリゲーションタイプ大幅増、
  セント・ジュード・メディカルもイリゲーションタイプ上市、国産の東レは治験開始
  RF心房細動手術装置:2010年度は6,000例弱
§4 植込み型(埋込型)除細動器/両室ペーシング機能付除細動器(埋込型頻拍性不整脈治療装置)
  市場概要
  市場規模:企業決算ベースでICDは2009年度4,560ケ(2010年度:4,950ケ予測)、
  CRT-Dは2,345ケ(2010年度:2,745ケ予測)
  企業別動向:新製品上市によるシェア変動の中、国内のワイヤレス通信機能:遠隔モニタリングシステムでは
  Biotronik、St.Jude Medical、Medtronicが先行
  ホームモニタリングについて
§5 人工弁
  市場概要
  市場規模:2009年度1.4ポイントアップの17,240ケ(出荷数量)、
  2010年度18,000ケ強予測の中、生体弁は60%強まで高まる可能性
  企業別動向:エドワーズライフサイエンスの生体弁「MAGNA」続伸の中、2010年度よりSJM「Epic」上市予定
  RF心房細動手術装置:2009年度5,050例、2010年度5,600例まで拡大予測の中、センチュリーメディカル
  「Synergy」上市で2010年度もアップ計画
§6 人工弁輪 Annuloplasty Ring
  市場概要
  市場規模:2009年度は8,950ケ、2010年度10,630ケ予測
  企業別動向:「IMR ETlogix」も上市したエドワーズライフサイエンスが圧倒的シェア、
  セント・ジュード・メディカルは「Seguin」「Rigid Saddle Ring」で大幅増計画
§7 人工血管(Graft) Stent Graft
  市場概要
  市場規模
  (1)2009年度トータル市場:数量ベースでは2.7ポイントアップの54,012本、
  2010年度の各社計画値で56,280本、Stent Graftの症例増で腹部領域の伸び率鈍化
  (2)ポリエステル市場(Polyester):2009年度は33,952本、2010年度各社計画値で35,600本、
  胸部直管・腹部はマイナス実績に
  (3)PTFE、ePTFE、PU市場:2009年度は20,060本、2010年度20,680本計画、シャント分野は安定推移続く
  企業別動向:ライフライン「J Graft シールド NEO」、テルモ「トリプレックス」大幅増
  Stent Graft:2009年度腹部領域で4,540例(2010年度:5,680例)、胸部領域で1,355例(1,800例)、
  2010年~2013年新製品相次ぐ
§8 補助人工心臓セット
  市場概要
  市場規模:2009年度体外設置型補助人工心臓は198セット(2010年度:197セット計画)、
  体内植込型は新製品上市/上市予定相次ぐ
  開発動向:植込型補助人工心臓ではニプロの「HeartMate-XVELVAS」承認、
  テルモ、センチュリーメディカル、サンメディカル技術研究所が2010~2011年度上市予定
§9 血管系メタリックステント
  Coronary Stent市場
  市場概要
  市場規模:2010年度出荷ベースで32.6万本(実質症例数ベース:22.2万例)、
  DESタイプは23.9万本(同:16.9万例)予測
  企業別動向:2010年度は免疫抑制剤Everolimus使用の「XIENCE V」「PROMUS」販売開始で、企業シェア変動
  末梢血管用ステントセット(Coronaryを除く血管系メタリックステント)市場概要
  市場規模:2009年度43,300本(35,000例)、頸動脈は5,400例にとどまる
  企業別動向:J&Jは「PRECICE」を含めNo1シェア、BSJは2010/4より「Carotid WALLSTENT」上市、
  腎動脈用も予定
§10 各種補填材料、補綴材料
  市場概要
  市場規模:2009年度トータルで5.6ポイントアップの141億86百万円、2010年度152億円予測
  市場動向
  (1)心臓血管領域(組織代用人工繊維布:心血管系用):CABGの症例減などで、マイナス実績の9億41百万円
  (2)脳神経外科領域(人工硬膜・臓器欠損補強用):自家組織採用で2009年度8億79百万円、
  コヴィディエンジャパン「合成吸収性硬膜補強材」上市
  (3)腹部領域(組織代用人工繊維布:ヘルニア修復・胸壁補強用、臓器欠損補強用):
  2009年度は微増の26億6百万円(2010年度28億18百万円予測)、J&Jやコヴィディエンなど新製品相次で上市
  (4)一般外科・産婦人科(合成吸収性癒着防止材):科研製薬発売「Seprafilm」続伸の中、
  2010年度93億円計画、新規参入相次ぐ可能性
  (5)呼吸器・肺外科(組織代用人工繊維布:臓器欠損用補強材/自動吻合器対応用):
  2009~2010年度 6億円弱の市場形成、「ネオベールシートタイプ」が高シェア維持
§11 人工関節
  人工関節トータル市場
  市場概要
  新機能区分の特性
  人工関節市場規模:2009年度 数量ベース6.0ポイントアップの17万ユニット強
  企業別動向: 上位4社の数量ベース(ユニットベース)占有率は僅かながらシェアダウン
  リビジョン市場:股関節1,578ユニット、膝関節1,067ユニット
  人工股関節市場
  市場規模:数量ベースで3.6ポイントアップの9.8万ユニット
  企業別動向:上位5社のシェアは68.9%の占有率、実績も二極化傾向
  パーツ別市場動向
  (1)ステム セメントレス増加続く
  (2)HA・AWガラスコーティング・アルカリ加熱処理ステム:2009年度3.4万本
  (3)HA・AWガラスコーティング・アルカリ加熱処理カップ:2009年度2.5万ケ
  (4)ジルコニアヘッド:2009年度9,441ケとマイナス傾向
  (5)メタToメタは2009年度6,584ケ、セラToセラ4,038ケ
  1.THR市場
  市場動向:数量ベース3.0ポイントアップ、ジンマーがトップシェアキープ
  臼蓋側のセメントレス3.7万ケ、ハイブリッド5,349ユニット
  2.バイポーラ市場
  市場動向:2009年度4.4ポイントアップの5.4万ユニット、上位2社ユニットベースで伸び悩み、
  イグザグテックが2010年度から参入
  3.単純人工骨頭・ユニポーラ市場
  単純人工骨頭・ユニポーラ市場:2009年度720ユニット、泉工医科工業が参入
  人工膝関節市場
  市場動向:2009年度9.3ポイントアップの6.9万ユニット
  手技別動向:2009年度セメント固定が続伸
  モバイルタイプは約11,700ユニット、HAコーティング:約6,400ユニット
  片側置換:2009年度4,327ユニット
  人工膝関節の手技別(CR, PS, CS)症例数 : PS症例が引続き増加傾向
  人工肩・人工肘・人工指・その他関節
  人工肩関節市場動向:2009年度1,680ユニット強
  人工肘関節市場動向:2009年度949ユニット
  人工指・その他関節の市場規模と企業別動向:2009年度1,480ユニット
  特集1.人工股関節・膝関節の低侵襲手術(MIS手術)の市場
  市場概要
  1.人工股関節のMIS症例
  市場動向:2009年度4万例で全出荷数の40.8%
  2.人工膝関節のMIS症例
  市場動向:2009年度3.5万例強でトータル出荷数の51.2%の割合に
  特集2.骨温存型人工股関節市場
  市場概要
  市場動向:2009年度23,149本、2010年度32,320本強と続伸、2010年度バイオメット・ジャパンが参入
  特集3.人工骨頭帽市場
  市場概要
  市場動向:2009年度240ユニット、2010年度280ユニット予測
  特集4.THRカップのクロスリンクポリエチレン市場
  市場概要
  市場動向:2009年度のTHRカップ総市場に対する割合は52.1%
  特集5.THRのヘッドサイズの動向
  市場概要
  市場動向:ヘッド径が大きなサイズの割合が拡大傾向
  特集6. 腫瘍用人工関節市場
  市場概要
  市場規模:2009年度の総市場は620ユニット
  部位別の傾向:2009年度の数量ベースでは股関節43.4%、膝関節47.6%、その他の関節9.0%
  総市場の各社シェア:2009年度も日本ストライカーがトップシェア
§12 ボ-ンセメント 脳外科用セメント
  ボーンセメント
  市場概要
  市場動向:2009年度約28.3億円、日本ストライカーが50%以上のシェア
  脳外科用セメント(頭蓋骨用の骨セメント)
  市場動向:2009年度1.1億円
§13 内固定材
  市場概要
  内固定材トータル市場規模:2009年度1.9ポイントダウンで 446.5億円
  CHS・DHS-ガンマタイプ含む
  市場規模:2009年度4.4ポイントアップの8.9万例、金額ベースでは1.5ポイントダウン
  企業別動向:上位企業二極化の実績の中、ストライカー、ジンマー、S&Nなどがシェアアップ
  ガンマタイプ(髄内固定法)の市場動向:2009年度6.6万ユニット、泉工医科工業とナカシマメディカルが参入
  キャニュレイテッドスクリュー
  市場規模:2009年度1.3ポイントダウンの28,166症例
  企業別動向:日本ストライカー30%以上のシェア
  随内釘(インターロッキング .エンダー等)
  市場動向:2009年度は2.2ポイントダウンの30,866ユニット、J&Jトラウマ事業部が販売開始
  髄内釘の部位別数量(主要7社):上腕骨用が続伸
  その他内固定材(スクリュー、プレート、ワイヤー、ピン、ステープル)
  市場動向:2009年度2.4ポイントアップの約170億円
  橈骨遠位端骨折用プレートの市場動向:続伸で2009年度32,300ユニット強
  吸収性スクリュー・ピン市場動向:2009年度9億40百万円、セント・ジュード・メディカルが胸部で
  アップ実績、シンセス新規参入、J&Jデピュー・ジョイントがメッシュ発売
  アンカー市場動向:2009年度12.6億円
§14 ミニ・マイクロプレートシステム
  市場概要
  市場規模:2009年度トータル市場は81億75百万円、2010年度各社計画値で84億71百万円
  企業別動向:メディカルU&Aの吸収性製品が大幅アップ、シンセスが吸収性製品を発売
  頭蓋骨弁固定製品市場:2009年度8.4億円に減少
  吸収性製品市場規模:2009年度29.0ポイントアップの18億円
§15 創外固定器
  市場概要
  市場規模:トータル市場は微減して22.26億円
  企業別動向:フレームセットは日本ストライカーがトップシェア
  ディスポタイプ市場動向:マイナス実績続く
§16 脊椎固定システム
  市場概要
  市場規模:2009年度金額ベース9.0ポイントアップ313億円強、2010年度340億円弱
  企業別動向:メドトロニックソファモアダネックのシェアは44.1%に
  頸椎症例:2009年度で10,500ユニット強
  椎体スペーサー・椎体間スペーサー市場:推定症例数はセラミックを含めて約15,800例
  経皮的椎体形成術(骨セメント療法):2製品が新規に薬事承認
  人工椎間板
§17 人工靱帯・固定材料
  市場概要
  人工靭帯市場動向:2009年度微増の2.35万本、2010年度2.44万本
  ACLスクリュー・ステープル(靱帯固定用製品)市場動向:2009年度2万本強
§18 人工骨
  市場概要
  市場規模:2009年度75.4億円の市場、ペーストタイプは13.5億円
  企業別動向:HOYAはトータルで34.5億円の中、吸収性人工骨「スーパーポア」の薬事許可取得と
  「バイオペックス-Rアドバンス」の発売、クラレメディカルは「リジェノス」をジンマー経由で販売開始
  頭蓋骨特注品市場:2009年度1,918個
  国内外メーカーの販売提携と開発状況
§19 皮膚欠損用創傷被覆材・真皮欠損用グラフト
  市場概要
  市場規模:2009年度 1.6ポイントアップの74億38百万円、2010年度76億88百万円の低成長
  2009年度の褥瘡(下腿潰瘍含む)での採用市場は49億23百万円にとどまる
  企業別動向:皮膚欠損用創傷被覆材は上位2社で73%のシェアの中、
  J&J展開製品の皮膚欠損用創傷被覆材は日本シグマックス、真皮欠損用はS&Nウンドマネジメントに移管
  難治性創傷治療機器(局所陰圧閉鎖処置)の動向:KCI社の「V.A.Cシステム」が薬事承認と保険収載の中、
  新規参入相次ぐ可能性
  参考:自家培養皮膚「ジェイス」は、2010年度大幅増の3億63百万円計画、
  オリンパスは傷治療薬の販売権を欧米で獲得
§20 組織拡張器
  市場概要
  市場動向:2009年度119セット減の1,881セット
§21 人工鼻
  市場概要
  市場規模:2009年度HME+HMEFトータル市場718万ケ、2010年度782万ケ
  企業別動向:スミスメディカル、コヴィディエンなど上位企業アップ実績の中、
  TeleFlex:Gibeck製品はインターメドが販売
§22 コラーゲンインプラント
  市場概要
  市場動向:2009年度 承認品トータル市場4億55百万円、美容外科ルートのマイナス傾向続く
§23 胆管メタリックステント
  市場概要
  市場規模:2009年度17,620本、経内視鏡は62%割合
  企業別動向:BSJが新製品でシェア回復の中、ゼオンメディカルも新製品上市
§24 食道用メタリックステント・人工食道チューブ
  市場規模:BSJ独占市場の中、センチュリーメディカル「Niti-S食道ステント」で参入、
  パイオラックスも逆流防止弁付を上市
§25 気管・気管支、メタリックステント・チューブ
  市場規模:2009年度1,520本、2010年度は1,540本
§26 人工喉頭・電気式発声器
  市場概要
  市場動向:2009年度電気式発生器/Medical Deviceトータルで1億91百万円、2010年度2億10百万円、
  名優「プロヴォックス」続伸
§27 尿道ステントセット/BPH治療用メタリックステント
  市場概要
  市場動向:トータル2,600本、永久留置型500本、一時留置型/長期留置型2,100本の中、撤退相次ぐ
  前立腺肥大症/前立腺癌について
  BPH高温度治療装置:2009年度は1台のみ
§28 人工腎臓透析市場
  市場概要
  患者数:2009年末の慢性透析患者8,053人増の290,675人
  ダイアライザー
  市場規模:2009年度出荷ベースで4,500万本弱、PS膜/PES膜で3,000万本強
  企業別動向:旭化成クラレメディカル、ニプロ高シェアの中、フレゼニウスの販売権は日機装に
  人工透析用血液回路
  市場動向:川澄化学、日機装で48.3%のシェア
  透析装置
  市場動向:新製品相次ぐ中、2009年度11,400台強、透析管理システムはオープン化で市場拡大続く
  在宅血液透析
  市場動向:2009年患者数は229人、診療報酬アップの中、
  日機装はフレゼニウスからCAPDの販売権移管でグルーピング戦略の可能性
  人工腎臓透析用剤
  市場動向:2009年度粉末製剤の割合は80%強に、味の素製薬アップ実績続く
  CAPD市場 Continuous Ambulatory Peritoneal Dialysis
  市場動向:2009年度患者数増加、No1シェアのバクスターシェアアップの中、フレゼニス製品は日機装が展開
§29 人工肛門・人工膀胱(ストーマ装具)
  市場概要
  市場規模:単価アップなども有り、2009年度は4.7ポイントアップの131億70百万円、
  人工肛門は102億91百万円、人工膀胱28億79百万円
  企業別動向:2009年度の人工肛門 ホリスター、ダンサックが続伸
§30 人工内耳(セット)
  市場概要
  市場動向:2009年度650例、2010年度680例、メドエル:日本光電「PULSAR」でアップ実績
§31 脳動脈瘤手術クリップ
  市場概要
  市場規模:2009年度は53,900ケ(症例数は23,300例強)、塞栓術は8,600例に
  企業別動向:瑞穂医科工業、ビー・ブラウンが順調な実績
§32 シャントバルブ
  市場概要
  市場規模:2009年度後半からのiNPH(特発性正常圧水頭症)の伸びで症例数ベースは15,020例
  企業別動向:J&JはiNPH強化でアップ実績の中、ビー・ブラウンエースクラップ圧可変式「Pro GAV」で
  2010年度大幅増計画
§33 (カテーテルアクセス)ポート・CAP
  市場概要
  市場規模:2009年度トータル1.6ポイントアップの86,590ケ/セット、静注用も「XELOX」療法の増加で
  4.0ポイントアップの74,765ケ/セットにとどまる
  企業別動向:No1シェアのメディコンもXELOX療法の影響で微減、他メーカーも伸び率鈍化
  単品カテーテル:動注用は2009年度で9,300本まで市場縮小
§34 微繊維性コラーゲン(局所止血剤・外科用接着剤・止血接着剤)
  市場概要(止血・接着剤)
  市場動向:2009年度トータルで176億29百万円、植物性・合成止血剤新規参入、開発相次ぐ

PartⅢ 参入企業分析

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。