2011 リユースファッションマーケット総覧

消費を変えるキーワードとして最近注目を集めている「エシカル消費」に象徴されるように、低価格かつ環境配慮型の衣料品リユース市場は、高いポテンシャルを秘めたマーケットとして、業界内外の関心が高まっております。こうした背景を受けて、あらたにリユースファッションに焦点を当てたマーケットレポートを企画いたしました。リユースファッション市場の市場規模や今後の予測、参入企業の戦略分析、今後の展望や課題点などをまとめ、当該マーケットの指標となるレポートとして発刊いたしました。

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
110,000
100,000
10,000
143,000
130,000
13,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000
330,000
300,000
30,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:ファッションアイテムのリユース(再使用)市場に着目し、同市場の成長性、仕組み、抱える問題点、主要企業の取組み動向を調査・分析することにより、業界関係者のマーケティング上の基礎資料とする。
調査対象:衣類、服飾雑貨、腕時計、ジュエリー・アクセサリーの中古品販売を行う小売事業者
調査方法:個別企業に対する、直接面接取材の他、郵送アンケート調査、文献調査などを併用
調査期間:2011年2月~2011年3月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 低価格かつ環境配慮型の消費として注目を集めるリユースファッションに焦点を当てたマーケットレポートをあらたに発刊。
  • リユースファッション市場の市場規模や今後の予測を算出。(2007~2010年度、2015年度予測)
  • 2009年度アイテム別構成比を算出。(衣類/服飾雑貨/時計/ジュエリー・アクセサリー)
  • 2009年度流通チャネル別構成比を算出。(店頭小売/通信販売/卸売/海外輸出/その他)
  • サプライチェーンを中心に業界構造を整理。
  • 主要プレイヤー一覧、ポジショニングマップを掲載。
  • 首都圏在住の男女に対し、消費者の古着購入に関する意識調査を実施。
  • 業界の課題や問題点を整理・分析、今後の市場動向を展望。
  • 主要企業(10社)の戦略分析を実施。

■本資料の概要

第1章 全体分析
第2章 消費者分析
第3章 主要企業の取組み事例

■掲載内容

第1章 全体分析

1.市場定義
  アイテム別・チャネル別からみた調査・集計対象領域の説明
2.主要プレイヤー
  参入企業のタイプ別分類と特徴
  主要参入企業各社の取組み動向
    (表)リユースファッション参入企業のタイプ別分類
    (表)主要企業・店舗一覧
    (表)参入企業の特徴
3.業界構造
  仕入れルート・販売ルート別の解説
    (図)リユースファッション市場の流通構造(サプライチェーン)
4.市場規模
  全体、アイテム別、流通チャネル別の市場規模の推計
  推計方法の解説、並びに推計値の検証
  注)アイテム別=衣類/服飾雑貨/腕時計/ジュエリー・アクセサリー
  注)流通チャネル別=店頭小売/通信販売/卸売/海外輸出
    (図)リユースファッション小売市場規模推移(2007~2010年度)
    (図)リユースファッションアイテム別市場規模、構成比(2009年度)
    (図)新品と中古品のアイテム別市場規模の比較(2009年度)
    (図)リユースファッション流通チャネル別の市場規模、構成比(2009年)
5.消費傾向・変化
  消費者の購買行動の変化・傾向を整理
    (表)消費者の購買行動の変化・傾向
6.課題・問題点
  業界特性、外部環境変化の2視点から、業界が抱える課題・問題点を整理
    (表)業界特性からみる課題・問題点
    (表)外部環境の変化からみる課題・問題点
    (表)リユースファッション業界の機会・脅威
7.将来展望
  リユースファッション小売市場の成長性、成長要因、今後の成長条件を考察
    (図)リユースファッション小売市場規模予測(2015年度)

第2章 消費者分析

1.調査概要・まとめ
  首都圏在住の古着購入経験者800人に対し、古着の購入動向・意識調査を実施
  【調査概要】
  ■調査対象:首都圏(1都3県)在住の18~54歳の男女で、古着購入経験者
  ■調査期間:2011年3月上旬
  ■調査方法:Web調査法
  ■有効回答:800件(男性400、女性400)
  調査結果のサマリー(設問別、属性別)
    (表)調査結果ダイジェスト
    (表)年齢別の古着購入、売却特性
2.調査結果
  ①.古着(中古衣料)の購入頻度
  ②.古着(中古衣料)の購入場所
  ③.古着(中古衣料)の年間平均消費支出金額
  ④.古着(中古衣料)の購入アイテム
  ⑤.誰が着る古着(中古衣料)を購入したか
  ⑥.古着(中古衣料)購入の際、重視する点
  ⑦.今後の古着(中古衣料)購入意向
  ⑧.よく利用する古着(中古衣料)ショップ
  ⑨.古着店への売却経験
  ⑩.古着店への売却方法
  ⑪.古着店への売却頻度
  ⑫.古着店に売却するきっかけ
  ⑬.古着の売却にあたり重視するポイント
  ⑭.古着(中古衣料)を古着店に売らない理由
  ⑮.今後の古着(中古衣料)の売却意向

第3章 主要企業の取組み事例

1.株式会社ドンドンアップ
  概要、事業戦略の特徴、仕入れ・買い取り戦略、出店戦略、課題と目標について記述
    (図)業績・利益動向
    (表)仕入れルート別構成比
    (表)業態別の店舗数推移(2007~2010、直営/FC別)
    (表)標準店舗モデル(コンセプト、月商、店舗面積、立地、中心顧客層、平均客単価、
       取扱いアイテム数、商品構成比、人員)
2.株式会社クロカワ
  概要、事業の特徴・強み、出店戦略、仕入れ、買い取り戦略について記述
    (図)業績・利益動向
    (図)セグメント別売上高構成比
    (表)業態別の店舗数推移(2007~2010、直営/FC別)
    (表)標準店舗モデル(コンセプト、月商、店舗面積、立地、中心顧客層、平均客単価、
       取扱いアイテム数、商品構成比、人員)
    (表)査定方法
    (図)ユナイテッドアローズとクロカワのタイアップ事例
3.ツーハンズ株式会社
  概要、事業の特徴・強み、出店戦略、仕入れ・買い取り戦略、販売戦略について記述
    (表)業態別の店舗数推移(2007~2010、直営/FC別)
    (表)店舗一覧
    (表)標準店舗モデル(コンセプト、店舗面積、立地、中心顧客層、平均客単価、
       取扱いアイテム数、商品構成比、人員)
4.株式会社デファクトスタンダード
  概要、事業戦略の特徴、商品戦略、セールスプロモーション戦略、課題と今後の展望について記述
    (図)業績・利益動向
    (図)デファクトスタンダードのビジネスフロー
    (図)ブランディアサービス利用者の性別・年齢別構成比
    (図)ブランディアサービス利用者のモバイル・PC別構成比
    (表)買い取り商品ジャンル別トップ10(男女別)
5.ブックオフコーポレーション株式会社
  概要、リユース事業の商品戦略、出店戦略、セールスプロモーション戦略、競合企業、課題について記述
    (図)業績・利益動向
    (表)事業セグメント別売上高・構成比
    (図)リユース事業のアイテム別売上高構成比
    (表)ブックオフスーパーバザーの店舗別売上実績
    (表)業態別店舗数推移(2010年3月期、9月期)
6.株式会社買取王国
  概要、特徴・強み、出店戦略、商品・販売戦略、仕入れ・買い取り戦略について記述
    (図)業績・利益動向
    (表)業態別店舗数(2011年2月末現在、直営/FC別)
    (表)標準店舗モデル(コンセプト、月商、店舗面積、立地、中心顧客層、平均客単価、
       取扱いアイテム数、商品構成比、人員)
    (図)商品別売上高構成比
    (図)販売チャネル別売上高構成比
7.株式会社トレジャー・ファクトリー
  概要、事業戦略の特徴、出店戦略、セールスプロモーション戦略、競合、課題と展望について記述
    (図)業績・利益動向
    (図)仕入れ・買い取りチャネル別の構成比推移(2007~2009年度)
    (表)既存店の販売状況
    (表)商品別売上高・構成比の推移(2007~2009年度)
    (表)業態別店舗数の推移(2007~2010年度、直営/FC別)
    (表)標準店舗モデル(コンセプト、店舗面積、立地、中心顧客層、平均客単価、
       取扱いアイテム数、商品構成、人員)
8.株式会社セカンドストリート
  概要、商品戦略、出店戦略、セールスプロモーション戦略、競合、課題について記述
    (図)業績・利益動向
    (図)セカンドストリートの商品別売上高構成比
    (図)ジャンブルストアの商品別売上高構成比
    (図)業態別店舗数の推移(2007~2011見込)
    (図)セカンドストリートの利用顧客の男女比
    (図)ジャンブルストアの利用顧客男女比
9.光商事株式会社
  概要、特徴・強み、出店・販売戦略、商品戦略、仕入れ・買い取り戦略について記述
    (図)業績動向
    (表)業態別店舗数推移(2008~2010、直営/FC別)
    (表)標準店舗モデル(コンセプト、店舗面積、立地、中心顧客層、平均客単価、商品構成比)
    (図)販売チャネル別売上高構成比
    (図)アイテム別売上高構成比
    (表)仕入れルート別構成比
10.株式会社コメ兵
  概要、特徴、出店・販売戦略、商品戦略、仕入れ・買い取り戦略について記述
    (図)業績・利益動向
    (表)タイプ別店舗数の推移(2008~2013計画)
    (表)2011年3月期の主な出店・リニューアル
    (表)店舗一覧
    (図)アイテム別売上高構成比
    (図)仕入れルート別構成比

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

110,000
100,000
10,000
110,000
100,000
10,000
143,000
130,000
13,000
220,000
200,000
20,000
253,000
230,000
23,000
330,000
300,000
30,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。