2012 ITベンダーのグローバル戦略(概要版)-成長するアジア市場の動向-

2012 ITベンダーのグローバル戦略-成長するアジア市場の動向-の概要版です。
日本のIT業界のグローバル化動向を分析するレポートです。成長市場として注目されるアジアにおけるビジネスチャンスを把握するため、ITベンダーの海外事業の現状と課題、今後の方向性を調査しました。

発刊日
2012/11/06
体裁
A4 / 146頁
資料コード
C54112200
PDFサイズ
2.4MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

129,600
120,000
9,600
129,600
120,000
9,600
162,000
150,000
12,000
259,200
240,000
19,200
291,600
270,000
21,600

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:日本市場におけるIT業界のグローバル化の動向を把握するため、日系ITベンダーの海外事業の動向を調査した。本書は、当該関連企業及び担当者の、海外進出や海外事業に関する経営戦略策定に資することを目的としている。
調査対象:海外事業を行っている日系ITベンダー及び外資系ITベンダーの日本法人の中から、弊社が独自に選定
調査方法:直接面談調査による
調査期間:2012年7月~2012年10月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 2012 ITベンダーのグローバル戦略-成長するアジア市場の動向- の概要版。
  • 日本発のグローバルITベンダーを目指す上でのポイントは何か?商材、ターゲット顧客、価格、人材など、様々な側面から分析。
  • シンガポールとインドネシアで、日系ITベンダー、現地ITベンダー、ユーザ企業に直接取材を行い、現地のリアルな情報を掲載。

■本資料の概要

第1章 ITベンダーのグローバル化動向
第2章 調査企業個票

■掲載内容

第1章 ITベンダーのグローバル化動向

1. 海外売上比率からみる全体の動向
    海外売上比率は低い水準にあり、グローバル化の進展は遅れ気味
    図表1 国内民間IT市場規模推移(2008年~2012年予測)
    図表2 ITベンダーの海外売上高と目標
    図表3 今後3年間におけるIT投資の目的(2008年)
    図表4 今後3年間におけるIT投資の目的(2012年)
2. 海外事業における取引先
  2.1 取引先の傾向とその課題
    日系企業依存体質が目立つ 現地との価格差が課題
  2.2 日系企業向けビジネスのポテンシャル
    日系企業依存体質からの脱却は可能か
    図表5 日本企業による海外拠点でのIT投資規模
    図表6 海外IT投資額の把握状況
    図表7 海外投資を決定する拠点
    図表8 2011年度海外投資の地域別比率
    図表9 海外拠点で利用しているITベンダー(MA)
  2.3 現地企業向け事業の可能性とポテンシャル
    M&Aやパートナーを活用したアプローチが必要となる
    図表10 顧客の傾向と現地企業向けビジネスの状況
3. 提供するソリューション
    独自ソリューション/パッケージの海外での市場性が問われる
    図表11 子会社とグループ企業のITガバナンス範囲の関係
    図表12 所管する子会社とITガバナンスの範囲(業種別、企業規模別)
    図表13 中国の日系データセンター事業者
    図表14 注力するソリューション
4. 注力する国、地域の動向
    中国は現段階では静観か 地域では内陸へも進出、ASEANへの関心は高まる
    図表15 拠点がある国と注力する国/地域
5. M&A、パートナーシップの状況
    現地企業向けビジネスの推進には良いパートナーが不可欠
    図表16 M&A、パートナーシップの状況
    図表17 主要ベンダーのM&A状況
6. 海外事業における課題
    人材、利益の確保、現地化などが共通の課題となる
    図表18 海外事業における課題
7. 日系ITベンダーの海外事業の現状と展望
    図表19 システムインテグレーターの海外売上高の状況
    図表20 日系ITベンダーの海外事業の現状と方向性(SIer)
    図表21 日系ITベンダーの海外事業の現状と方向性(パッケージベンダー)
8. インド系ベンダーの動向
    保守的な日本企業の攻略に苦戦するも潜在能力は高い
9. 参考資料:中国市場の動向(CCIDコンサルティングの調査による)
  9.1 中国データセンター市場
    図表22 中国の次世代データセンター市場推移
    図表23 次世代データセンターの業種別比率(2009年)
  9.2 中国ソフトウェア市場
    図表24 中国ソフトウェア市場の推移(2009年~2014年予測)
    図表25 中国ソフトウェア市場の内訳(2011年)
10. 参考資料:ASEANに関するデータ
    図表26 基本情報(タイ)
    図表27 基本情報(インドネシア)
    図表28 基本情報(ベトナム)
    図表29 基本情報(シンガポール)
    図表30 基本情報(ミャンマー)
    図表31 基本情報(フィリピン)
    図表32 基本情報(マレーシア)
    図表33 東南アジアの地図
    図表34 ASEANの概要
    図表35 ASEANの国別人口比率
    図表36 人口とGDPの関係
    図表37 国別の一人当たりGDP(2009年、2011年)
    図表38 GDP伸び率
    図表39 アジア各国の賃金比較
    図表40 シンガポールのICT市場規模推移(2006年~2010年)
    図表41 シンガポールICT市場の分野別比率推移(2006年~2010年)
    図表42 タイICT市場推移(2009年~2011年)

第2章 調査企業個票

1 伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
2 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
3 株式会社コア
4 JBCCホールディングス株式会社
5 TIS株式会社
6 株式会社DTS
7 株式会社電通国際情報サービス
8 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社
9 日本電気株式会社
10 株式会社日立ソリューションズ
11 富士通株式会社
12 アスプローバ株式会社
13 インフォテリア株式会社
14 ウイングアーク株式会社
15 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート
16 クオリティ株式会社
17 インフォシス・リミテッド
18 ウィプロ・テクノロジーズ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

129,600
120,000
9,600
129,600
120,000
9,600
162,000
150,000
12,000
259,200
240,000
19,200
291,600
270,000
21,600

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。