2011年版 家庭用厨房・給湯・暖房機器市場の最新動向と中期展望

過去3回(2004年版、2006年版、2009年版)にわたり、オール電化の普及に伴って激化した家庭用厨房・給湯・暖房機器市場を舞台とする“電気vsガス"の競合状況をレポートして参りました。その舞台は新築から既築市場へとシフトしております。本年版では、既築市場を中心に、電力事業者・機器メーカーの営業・チャネル戦略に焦点を当てながら、家庭用熱源の動向、各機器の市場動向について分析することで、今後の市場を展望いたしました。

発刊日: 2011/05/30 体裁: A4 / 395頁
資料コード: C53201900 PDFサイズ: 11.5MB
カテゴリ: 建設、住宅、不動産、建材、住宅設備機器 / 環境・エネルギー、自動車、機械、エレクトロニクス

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 216,000円 (本体 200,000円 消費税 16,000円 )
定価 216,000円 (本体 200,000円 消費税 16,000円 )
定価 248,400円 (本体 230,000円 消費税 18,400円 )
定価 432,000円 (本体 400,000円 消費税 32,000円 )
定価 464,400円 (本体 430,000円 消費税 34,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:家庭用厨房・給湯・暖房機器市場の有力参入事業者およびエネルギー事業者、関連業界・団体への調査・分析、統計資料等の分析により、各市場の現状と参入事業者の事業戦略を把握し、今後の業界を展望することを目的とする。
調査対象:厨房・給湯・暖房機器メーカー、電力事業者、ガス事業者、各業界団体、協会
調査方法:面接ヒアリング調査、一部書面および電話による補足調査
調査期間:2011年2月~2011年5月
 

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • オール電化の普及に伴って激化した家庭用厨房・給湯・暖房機器市場を舞台とする“電気vsガス"の競合状況を、既築市場を中心にレポート
  • 家庭用厨房・給湯・暖房機器市場規模を算出・予測(2005年度~2011年度年予測)
  • 参入企業(9社)の実態を調査

■本資料の概要

総論:家庭用厨房・給湯・暖房機器市場の将来展望
第1章:家庭用厨房・給湯・暖房機器市場を取り巻く環境
第2章:エリア別にみる家庭用エネルギーの現状
第3章 家庭用厨房機器の市場動向
第4章 家庭用給湯器の市場動向
第5章 家庭用暖房機器の市場動向
第6章 その他エネルギー関連設備機器の市場動向
第7章 有力機器メーカーの事業戦略

■掲載内容

総論:家庭用厨房・給湯・暖房機器市場の将来展望

家庭用厨房・給湯・暖房機器市場を取り巻くエネルギー環境
家庭用厨房機器市場の展望
家庭用給湯器市場の展望
家庭用暖房機器市場の展望

第1章:家庭用厨房・給湯・暖房機器市場を取り巻く環境

1.家庭用厨房・給湯・暖房機器の市場背景
  1)ストック重視の住宅施策
  2)新築住宅市場の動向
  3)住宅リフォームの動向
  4)住居に係る家計消費の動向
  5)製品安全対策の強化
  6)人口・世帯数・就業人口の動向
2.家庭用エネルギー市場の動向
  1)家庭におけるエネルギー消費状況
  2)家庭部門における省エネルギー施策の強化
  3)スマートグリッド関連の動向

<第1章 図表>
図表1-1-1-1 住宅のストック総数の推移
図表1-1-1-2 住生活基本法の概要
図表1-1-1-3 住宅建設五箇年計画・住生活基本計画の概要
図表1-1-1-4 住生活基本計画に盛り込まれた成果指標(住宅ストック関連)
図表1-1-1-5 長期優良住宅普及促進法の概要
図表1-1-2-1 利用関係別新設住宅着工戸数の推移
図表1-1-2-2 利用関係別床面積の推移
図表1-1-2-3 2010年 都道府県別新設住宅着工戸数
図表1-1-3-1 住宅リフォーム市場の市場規模の推移
図表1-1-4-1 1世帯あたり年平均1ヶ月間の可処分所得と消費支出の推移
図表1-1-4-2 1世帯あたりの家計における住居関連の年間消費支出
図表1-1-5-1 重大製品事故の受付・公表状況
図表1-1-5-2 重大製品事故の品目別報告件数およびその主要要因
図表1-1-5-3 長期使用製品安全点検・表示制度の概要
図表1-1-6-1 わが国の総人口の推移
図表1-1-6-2 わが国の世帯数・1世帯あたり人員の推移
図表1-1-6-3 年齢区分別人口の推移と予測
図表1-2-1-1 わが国における温室ガス排出量の推移
図表1-2-1-2 二酸化炭素の部門別排出量の推移
図表1-2-1-3 部門別最終エネルギー消費量
図表1-2-1-4 家庭にて消費されるエネルギーのエネルギー源別構成比
図表1-2-1-5 家庭にて消費されるエネルギーの用途別構成比
図表1-2-2-1 2008年度の省エネ法改正のポイント
図表1-2-2-2 トップランナー制度対象機器の省エネ目標・実績
図表1-2-3-1 「スマートコミュニティ・アライアンス」の参入企業
図表1-2-3-2 わが国の「国際標準化における26の重要アイテム」
図表1-2-3-3 国内企業におけるスマートグリッド・コミュニティ関連の取組み

第2章:エリア別にみる家庭用エネルギーの現状

1.北海道エリア
  1)北海道エリアにおける家庭用エネルギーの特徴
  2)オール電化の普及状況
  3)電力会社による普及促進への取り組み
  4)ガス会社によるオール電化対策の取り組み
2.東北エリア
  1)東北エリアにおける家庭用エネルギーの特徴
  2)オール電化の普及状況
  3)電力会社による普及促進への取り組み
  4)ガス会社によるオール電化対策への取り組み
3.関東エリア
  1)関東エリアにおける家庭用エネルギーの特徴
  2)オール電化の普及状況
  3)電力会社による普及促進への取り組み
  4)ガス会社によるオール電化対策の取り組み
4.北陸エリア
  1)北陸エリアにおける家庭用エネルギーの特徴
  2)オール電化の普及状況
  3)電力会社による普及促進への取り組み
  4)ガス会社によるオール電化対策への取り組み
5.中部エリア
  1)中部エリアにおける家庭用エネルギーの特徴
  2)オール電化の普及状況
  3)電力会社による普及促進への取り組み
  4)ガス会社による対オール電化の取り組み
6.近畿エリア
  1)近畿エリアにおける家庭用エネルギーの特徴
  2)オール電化の普及状況
  3)電力会社による普及促進への取り組み
  4)ガス会社によるオール電化対策の取り組み
7.中国エリア
  1)中国エリアにおける家庭用エネルギーの特徴
  2)オール電化の普及状況
  3)電力会社による普及促進への取り組み
  4)ガス会社によるオール電化対策の取り組み
8.四国エリア
  1)四国エリアにおける家庭用エネルギーの特徴
  2)オール電化の普及状況
  3)電力会社による普及促進への取り組み
  4)ガス会社によるオール電化対策への取り組み
9.九州エリア
  1)九州エリアにおける家庭用エネルギーの特徴
  2)オール電化の普及状況
  3)電力会社による普及促進の取り組み
  4)ガス会社のオール電化対策の取り組み
10.家電量販店における電化推進への取り組み状況

<第2章 図表>
図表2-1-1 北海道エリアにおけるオール電化採用実績の推移
図表2-1-2 北海道エリアの新築住宅におけるオール電化採用率
図表2-2-1 東北エリアにおけるオール電化採用実績の推移
図表2-2-2 東北エリアの新築住宅におけるオール電化採用率
図表2-3-1 関東エリアにおけるオール電化採用実績の推移
図表2-3-2 関東エリアの新築住宅におけるオール電化採用率
図表2-4-1 北陸エリアにおけるオール電化採用実績の推移
図表2-4-2 北陸エリアの新築住宅におけるオール電化採用率
図表2-5-1 中部エリアにおけるオール電化採用実績の推移
図表2-5-2 中部エリアの新築住宅におけるオール電化採用率
図表2-6-1 近畿エリアにおけるオール電化採用実績の推移
図表2-6-2 近畿エリアの新築住宅におけるオール電化採用率
図表2-7-1 中国エリアにおけるオール電化採用実績の推移
図表2-7-2 中国エリアの新築住宅におけるオール電化採用率
図表2-8-1 四国エリアにおけるオール電化採用実績の推移
図表2-8-2 四国エリアの新築住宅におけるオール電化採用率
図表2-9-1 九州エリアにおけるオール電化採用実績の推移
図表2-9-2 九州エリアの新築住宅におけるオール電化採用率

11.電力・ガス事業者の事業戦略
北海道電力 株式会社
東北電力 株式会社
東京電力 株式会社
株式会社 北陸電力リビングサービス
中部電力 株式会社
関西電力 株式会社
中国電力 株式会社
四国電力 株式会社
九州電力 株式会社
北海道ガス 株式会社
仙台市 ガス局
東京ガス 株式会社
日本海ガス 株式会社
東邦ガス 株式会社
大阪ガス 株式会社
四国ガス 株式会社
西部ガス 株式会社

第3章 家庭用厨房機器の市場動向

1.家庭用厨房機器の市場概況
  1)市場概況
  2)市場構造・流通構造
  3)熱源別にみた厨房機器の採用状況
2.IHクッキングヒーター市場の動向
  1)市場規模の推移
  2)市場規模における各種セグメント別構成比
  3)メーカーシェア
  4)主要参入事業者の商品・営業戦略
    <パナソニック><日立アプライアンス><三菱電機ホーム機器>
  5)IHクッキングヒーター市場の課題・問題点
  6)IHクッキングヒーター市場の今後の見通し
3.ガスコンロ市場の動向
  1)市場規模
  2)ガスコンロの市場規模における各種セグメント別構成比
  3)メーカーシェア
  4)主要参入事業者の商品・営業戦略
    <リンナイ><パロマ><ハーマン>
  5)ガスコンロ市場の課題・問題点
  6)ガスコンロ市場の今後の見通し

<第3章 図表>
図表3-1-1-1 家庭用厨房機器(コンロ)の主な分類
図表3-1-2-1 家庭用厨房機器(コンロ)の商流イメージ
図表3-1-3-1 厨房機器の熱源別市場規模推移
図表3-1-3-2 厨房機器の住居形態別・熱源別採用状況(2010年度)
図表3-2-1-1 IHクッキングヒーターの市場規模の推移
図表3-2-1-2 オールメタル対応型IHクッキングヒーターの市場規模の推移
図表3-2-2-1 IHクッキングヒーターのエリア別構成比(2010年度)
図表3-2-2-2 IHクッキングヒーターの設置先住宅の熱源別構成比(2010年度)
図表3-2-2-3 IHクッキングヒーターの新築・既築別構成比(2010年度)
図表3-2-2-4 IHクッキングヒーター 設置先住宅別導入状況(2010年度)
図表3-2-2-5 IHクッキングヒーターの流通チャネル別構成比(2010年度)
図表3-2-3-1 IHクッキングヒーターのメーカーシェア(2010年度)
図表3-2-3-2 オールメタル対応型IHクッキングヒーターのメーカーシェア(2010年度)
図表3-2-6-1 IHクッキングヒーター市場規模の推移・予測
図表3-3-1-1 ガスコンロの市場規模の推移
図表3-3-1-2 ガスコンロの天板形状別市場規模構成比(2010年)
図表3-3-2-1 ガスコンロのエリア別市場規模(2010年)
図表3-3-2-2 ガスコンロの設置先住宅の新築・既築別構成比(2010年)
図表3-3-2-3 ガスコンロの流通チャネル別構成比(2010年)
図表3-3-3-1 ガスコンロ市場のメーカーシェア(2010年)
図表3-3-3-2 ビルトイン型ガスコンロのメーカーシェア(2010年)
図表3-3-3-3 テーブルコンロ型ガスコンロのメーカーシェア(2010年)
図表3-3-6-1 ガスコンロの市場規模の推移・予測

第4章 家庭用給湯器の市場動向

1.家庭用給湯器の市場概況
  1)市場概況
  2)市場構造・流通構造
  3)熱源別にみた給湯器の採用状況
2.エコキュート・電気温水器市場の動向
  1)市場規模
  2)市場規模における各種セグメント別構成比
  3)メーカーシェア
  4)主要参入事業者の商品・営業戦略
    <パナソニック><コロナ><三菱電機><ダイキン工業>
  5)エコキュート市場の課題・問題点
  6)エコキュート市場の今後の見通し
3.ガス給湯器の市場動向
  1)ガス給湯器・エコジョーズの市場規模
  2)エコジョーズの市場規模における各種セグメント別構成比
  3)ガス給湯器・エコジョーズ市場のメーカーシェア
  4)ガス給湯器・エコジョーズ市場の主要参入事業者の商品・営業戦略
    <リンナイ><ノーリツ><パロマ>
  5)家庭用コージェネレーションシステム(エコウィル・エネファーム)の市場規模
  6)家庭用コージェネレーションシステムの市場規模における各種セグメント別構成比
  7)家庭用コージェネレーションシステム市場のメーカーシェア
  8)家庭用コージェネレーションシステム市場の主要参入事業者の商品・営業戦略
    <東京ガス><大阪ガス>
  9)ガス給湯器市場の課題
  10)ガス給湯器市場の今後の見通し

<第4章 図表>
図表4-1-1-1 家庭用給湯器の主な分類
図表4-1-2-1 家庭用給湯器の商流イメージ
図表4-1-3-1 給湯器の熱源別市場規模推移
図表4-2-1-1 電気温水器の市場規模の推移
図表4-2-1-2 エコキュートの市場規模の推移
図表4-2-1-3 電気式給湯器(エコキュート+電気温水器)に占めるエコキュートの比率
図表4-2-2-1 エコキュートのエリア別構成比(2010年)
図表4-2-2-2 エコキュートの設置先住宅の熱源別構成比(2010年)
図表4-2-2-3 エコキュートの新築・既築別構成比(2010年)
図表4-2-2-4 エコキュートの戸建・集合別構成比(2010年)
図表4-2-2-5 エコキュートの流通チャネル別構成比(2010年)
図表4-2-3-1 エコキュート市場のメーカーシェア(2010年)
図表4-2-6-1 電気温水器・エコキュートの市場規模の推移・予測
図表4-3-1-1 給湯単能機の市場規模の推移
図表4-3-1-2 ふろ給湯器の市場規模の推移
図表4-3-1-3 給湯暖房機の市場規模の推移
図表4-3-1-4 エコジョーズの市場規模の推移
図表4-3-2-1 エコジョーズのエリア別構成比(2010年)
図表4-3-2-2 エコジョーズの設置先住宅の新築・既築別構成比(2010年)
図表4-3-2-3 エコジョーズの設置先住宅の戸建・集合別構成比(2010年)
図表4-3-2-4 エコジョーズの設置先住宅別状況(2010年)
図表4-3-2-5 エコジョーズの流通チャネル別構成比(2010年)
図表4-3-3-1 給湯単能機市場のメーカーシェア(2010年)
図表4-3-3-2 ふろ給湯器市場のメーカーシェア(2010年)
図表4-3-3-3 給湯暖房機市場のメーカーシェア(2010年)
図表4-3-3-4 エコジョーズ市場のメーカーシェア(2010年)
図表4-3-5-1 エコウィルの市場規模の推移
図表4-3-5-2 エネファームの市場規模の推移
図表4-3-6-1 エコウィルの設置先住宅の新築・既築別構成比(2010年度)
図表4-3-6-2 エネファームの設置先住宅の新築・既築別構成比(2010年度)
図表4-3-6-3 エコウィルの採用における「ダブル発電」の比率(2010年度)
図表4-3-6-4 エネファームの採用における「ダブル発電」の比率(2010年度)
図表4-3-7-1 エコウィル市場のメーカーシェア(2010年度)
図表4-3-7-2 エネファーム市場のメーカーシェア(2010年度)
図表4-3-10-1 エコジョーズ、ガス給湯器全体の市場規模の推移・予測
図表4-3-10-2 エネファームの市場規模の推移・予測

第5章 家庭用暖房機器の市場動向

1.家庭用床暖房市場の概況
  1)市場概況
  2)市場構造・流通構造
2.電気式床暖房市場の動向
  1)電気式床暖房の市場規模
  2)市場規模における各種セグメント別構成比
  3)メーカーシェア
  4)主要参入事業者の商品・営業戦略
    <大建工業><パナソニック電工>
  5)電気式床暖房市場の課題
  6)電気式床暖房市場の今後の見通し
3.温水式床暖房市場の動向
  1)温水式床暖房の市場規模
  2)市場規模における各種構成比
  3)主要参入事業者の商品・営業戦略
    <東京ガス><大阪ガス>
  4)温水式床暖房市場の課題
  5)温水式床暖房市場の展望
4.浴室暖房乾燥機市場の動向
  1)市場概況・流通構造
  2)浴室暖房乾燥機の市場規模
  3)市場規模における各種構成比
  4)メーカーシェア
  5)主要参入事業者の商品・営業戦略
    <マックス><大阪ガス>
  6)浴室暖房乾燥機市場の課題
  7)浴室暖房乾燥機市場の今後の見通し

<第5章 図表>
図表5-1-1-1 床暖房の主な分類
図表5-1-2-1 住宅用床暖房の商流イメージ
図表5-2-1-3 ヒートポンプ式床暖房の市場規模の推移
図表5-2-1-4 住宅用床暖房におけるヒートポンプ式床暖房の比率
図表5-2-2-1 電気式床暖房のエリア別構成比(2010年度)
図表5-2-2-2 電気式床暖房の新築・既築別構成比(2010年度)
図表5-2-2-3 電気式床暖房の戸建・集合別構成比(2010年度)
図表5-2-2-4 電気式床暖房の流通チャネル別構成比(2010年度)
図表5-2-3-1 電気式床暖房のメーカーシェア(2010年度)
図表5-2-6-1 電気式床暖房の市場規模の推移・予測
図表5-3-1-1 温水床暖房器の端末タイプ
図表5-3-1-2 住宅用温水式床暖房の市場規模の推移
図表5-3-1-3 住宅用床暖房における温水式床暖房の比率
図表5-3-2-1 温水式床暖房の新築・既築別構成比(2010年度)
図表5-3-2-2 温水式床暖房の戸建・集合別構成比(2010年度)
図表5-3-5-1 温水式床暖房・ヒートポンプ式床暖房の市場規模の推移・予測
図表5-4-1-1 浴室暖房乾燥機の主な分類
図表5-4-1-2 浴室暖房乾燥機の商流イメージ
図表5-4-2-1 浴室暖房乾燥器の市場規模の推移
図表5-4-2-2 浴室暖房乾燥機におけるミストサウナ採用状況(2010年度)
図表5-4-3-1 浴室暖房乾燥機の新築・既築別構成比(2010年度)
図表5-4-3-2 浴室暖房乾燥機の戸建・集合別構成比(2010年度)
図表5-4-4-1 電気式浴室暖房乾燥機のメーカーシェア(2010年度)
図表5-4-4-2 ガス式浴室暖房乾燥機のブランドメーカーシェア(2010年度)
図表5-4-7-1 浴室暖房乾燥機の市場規模の推移・予測

第6章 その他エネルギー関連設備機器の市場動向

1.太陽光発電システム市場の動向
  1)市場概要
  2)市場規模の推移
  3)市場規模におけるセグメント別構成比
  4)主要メーカーの動向
  5)今後の市場見通し
2.太陽熱温水器市場の動向
  1)市場概要
  2)市場規模の推移
  3)市場規模におけるセグメント別構成比
  4)主要メーカーの動向
  5)今後の市場見通し

<第6章 図表>
図表6-1-2 住宅用太陽光発電システムの市場規模推移
図表6-1-3-1 住宅用太陽光発電システムの新築/既築別構成比の推移
図表6-1-3-2 住宅メーカーの太陽光発電システム搭載住宅供給状況(2009年度)
図表6-1-3-3 住宅太陽光発電システムの太陽電池メーカー別シェア(2009年度)
図表6-2-2 太陽熱温水器の市場規模推移
図表6-2-3-1 太陽熱温水器の新築/既築別構成比(2010年)
図表6-2-3-2 太陽熱温水器の戸建/集合別構成比(2010年)
図表6-2-3-3 太陽熱温水器(自然循環式Iメーカーシェア(2009年)
図表6-2-3-4 ソーラーシステム(強制循環式)メーカーシェア

第7章 有力機器メーカーの事業戦略

JX日鉱日石エネルギー 株式会社
株式会社 長府製作所
株式会社 ノーリツ
株式会社 ハーマン
パナソニック株式会社
株式会社 パロマ
マックス株式会社
三菱電機ホーム機器株式会社
リンナイ株式会社

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 216,000円 (本体 200,000円 消費税 16,000円 )
定価 216,000円 (本体 200,000円 消費税 16,000円 )
定価 248,400円 (本体 230,000円 消費税 18,400円 )
定価 432,000円 (本体 400,000円 消費税 32,000円 )
定価 464,400円 (本体 430,000円 消費税 34,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C50117200 2009年版 自動車リースの現状と展望
C50103100 2007-2009 ユーザ企業のIT投資実態と予測
C58102800 2016 ユニフォームレンタル市場における主要企業実態調査
C57117200 2015年版 住宅設備機器市場の展望と戦略
C54109400 2012年版 産業用熱交換器市場の現状と展望