2012年版 医療モール事業の現状と展望

現在、医療モール運営を行っているのは、デベロッパー、医療コンサルティング会社、総合スーパーマーケット、薬局チェーンなど、業種が多様です。特に最近では規制が緩和されたことや事業との連携が図りやすい薬局チェーンが積極的に取り組む動きが見られるようになりました。矢野経済研究所では2006年9月に「医療モール事業の現状と展望 2006年版」をまとめ、発刊いたしました。その後、市場環境も変化し、新たな運営会社も参入してきたことから、現在の状況や今後の見通し等について把握し、分析を行うため、あらためて市場調査資料を作成いたしました。

発刊日
2012/06/29
体裁
A4 / 242頁
資料コード
C54104600
PDFサイズ
13.7MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

リサーチ内容

■本資料のポイント  

  • プライマリーケア医療提供体制の今後のゆくえについて明示
  • 医療モール企画・開発に携わる企業の状況について取材
  • 特定の医療モールを訪問し、その実態を取材
  • 医療モール運営に携わる薬局の現状と今後について、アンケート調査によりその実状を把握
  • 全国925ヵ所の医療モールを一挙掲載(医療モール名、所在地、クリニック名、主な診療科目名、等)

■本資料の概要

第1章 診療所と医療モール事業の現状
第2章 医療モール関連企業の動向
第3章 医療モールに関するアンケート調査結果
第4章 医療モール一覧

■掲載内容

第1章 診療所と医療モール事業の現状

変貌を遂げる診療所
  医療連携推進政策強化にも関わらず頭打ちする診療所数
  多様化する診療所の経営形態
  在宅医療がグループ診療を拡大
医療モールの栄枯盛衰
  医療モールの分類
  医療モールのメリット・デメリット
  医療モールの成功・失敗要因
  医療モールの運営者比較
  今後、増加することが予想される医療モールの形態
今後、医療モールの運営者の中心的存在となることが予想される薬局
  調剤バブルは継続
  在宅医療強化の動きが活発化
  門前薬局は曲がり角
  M&A等で規模を拡大する大手薬局チェーン
  医療モールは薬局にとって新たな戦略テーマに

第2章 医療モール関連企業の動向

(株)アイ・エム・シー
  商業施設や介護施設とのコラボも模索
  高知でも医療モール型の開業ニーズは高い
  今後は年間3件を目標に医療モール開発、四国以外への展開も

(株)アイセイ薬局
  調剤薬局の調整能力が医療モール成功の可否を握る
  ステークホルダーの厚みによるドクター誘致の実現
  「医療」と「介護・福祉」との組み合わせを強化

(株)アイロムメディック
  「首都圏」「駅近」「オフィスビル」などをキーワードとしたモール開発
  新しい形態のクリニックモールを引続き模索
  調剤薬局事業・SMO事業などとのグループシナジーを最大限に図る

(株)アインファーマシーズ
  JR立川駅や川崎駅の駅ビルにも開設、今後も主要駅立地に注力
  好立地確保が医師誘致のポイント、調剤とドラッグの双方出店も

(株)エム・クレド
  郊外型ドラッグストアでの拡張型展開も
  診療圏調査では覆面調査による実態把握、今後は人材面のサポートをより強化
  ワンストップ性だけでなくプラスαの要素が必要に

(株)大林プロパティマネジメント
  慎重な物件選定、モールの満室稼動に重点
  施設併設型による様々な医療モールを開設
  不動産物件への高い期待度、サブリースには拘らない考え

クオール(株)
  医療モール型よりも異業種との併設型出店が柱に
  医療法人との連携を前提とした出店が基本

(株)ケイエムコンサルティング
  医療法人が母体となっていることで安心感を提供
  2011年12月に新宿メディカルモールをオープン
  急速な事業規模拡大よりも、1件1件を確実に

JA三井リース(株)
  「メディパーク」ブランド以外でも多くの実績を誇る
  高い入居稼働率を維持も、医療モール開設には拘らない方針
  三井とJAのグループ基盤を活かし、新たな開業スタイルを提案
  総合メディカル(株)
  よい医療は、よい経営から
  医療モールを通じて開業する医師に最適な立地と設備を提供
  開業後も継続的に運営サポート

日本調剤(株)
  今後も1都3県中心の展開、不動産確保・ドクター誘致は様々な方面から
  親和性の高い商業施設との併設に注力

ファーマライズ(株)
  システム化・共有化範囲の広さが医療モール事業参入のポイントに
  将来的には10ヵ所程度の医療モールを開設したい意向

望星サイエンス(株)
  「医療と保育」「医療と介護福祉」など一体型の施設開発にも注力
  クリニックの継承案件が増加、医療モールは淘汰も進む

(株)メディヴァンス
  医療モール特化から開業支援全般へとシフト
  ドラッグストア併設型も有望な形の一つ
  「the医院開業」をベースに様々な方面から医師を誘致

(株)メディカルシステムネットワーク
  良質な医療インフラの構築を通じて地域住民のQOL向上に貢献
  医療モールを「まちづくり」の視点から積極的に推進
  同社の成功事例「メディカルスクエア千歳」

薬樹(株)
  地元である神奈川を中心に、国道16号線内側エリアでの展開
  医療モールに拡大の余地、同社では年間5~6件のモール型出店を計画

弊社研究員の特定医療モール訪問感想

第3章 医療モールに関するアンケート調査結果

薬局に対する「医療モールの開発・運営」に関するアンケート調査結果
  質問1.医療モール型の薬局の出店状況について
  質問2.医療モールへの薬局の出店件数
  質問3.医療モールの企画開発あるいは運営の有無
  質問4.医療モールの企画開発あるいは運営の件数
  質問5.医療モールの特徴
  質問6.医療モールの企画開発あるいは運営に携わる理由
  質問7.医療モールの企画開発あるいは運営を行う際の医師の確保の方法
  質問8.今後、医療モールの企画開発あるいは運営にどのように取り組んでいくのか
  質問9.今後の医療モールの計画について
  質問10.「医療モール」の定義・枠組み

第4章 医療モール一覧

主な医療モール一覧
 

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

132,000
120,000
12,000
132,000
120,000
12,000
165,000
150,000
15,000
264,000
240,000
24,000
297,000
270,000
27,000
396,000
360,000
36,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を見た人は、こんな資料も見ています