2012 PLM市場の実態と展望

CAD/CAM/CAEの延長線上にPLMがあり、近年、各社が強化傾向にある分野となっている。元来、開発系のシステムは統合化ニーズが高く、それを実現するものとしてPLMも位置づけられるが、CO2対応なども含め、その必要性はさらに高まっている。課題は製造業を襲う深刻な不況であるが、コスト削減方法や競争力強化、アジャイル開発強化のためにフロントコーディングが重視されるため、今年以降に予想される景気転換を契機に、注目される領域となっている。

発刊日
2012/06/29
体裁
A4 / 251頁
資料コード
C54108400
PDFサイズ
3.0MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:国内におけるPLM市場の実態を調査・分析する事で、当該関連企業および担当者の参考資料としてご利用頂く事を目的とする。
調査期間:2012年2月~2012年5月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 2009年~2015年予測までの中期市場予測数値を掲載。加えて、アプリケーション別、業種別など、切り口豊富に予測状況を紹介。
  • 2009年~2015年までの市場データを掲載。各社の詳細売上高を推計・集計し、売上高推移を明確に。また、各細目においてシェア情報を表・グラフを使いビジュアルに記載。
  • 有力企業各社の昨今の取り組み動向を詳細にレポート。各企業が注力するPLMアプリケーション情報など、業界動向分析には欠かせない定性情報が満載。

■本資料の概要

Ⅰ.総論
Ⅱ.データ編
Ⅲ.主要ベンダーの戦略展望
Ⅳ.個別企業編

■掲載内容

Ⅰ.総論

1.PLM市場概況
  1.1.2011年のPLM市場は順調に回復
  1.2.電機業界が伸び悩む
  1.3.追いつめられる日本の製造業
  1.4.沖縄経済特区(特別自由貿易地域)の試み
  1.5.日本の製造業の弱点
  1.6.SaaS型のPLMサービスが本格的に立ち上がる
  1.7.PLMメーカーがデータの下位互換を意識し始めた
2.PLM市場中期予測
  2-1.PLM関連売上高予測(全世界/2009-2015予測)
  2-2.地域別売上高予測(全世界/2009-2015予測)
  2-3.アプリケーション別売上高予測(全世界/2009-2015予測)
  2-4..PLM関連売上高予測(日本国内/2009-2015予測)
  2-5.アプリケーション別売上高予測(日本国内/2009-2015予測)
    2-5-1.CAD/CAM/CAE売上高予測(日本国内/2009-2015予測)
    2-5-2.PDM売上高予測(日本国内/2009-2015予測)
    2-5-3.デジタルファクトリー売上高予測(日本国内/2009-2015予測)
    2-5-4.ビューワ/DMU売上高予測(日本国内/2009-2015予測)
  2-6.業種別売上高予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2009-2015予測)
    2-6-1.電機業界に対する売上高予測(日本国内/2009-2015予測)
    2-6-2.精密機械業界に対する売上高予測(日本国内/2009-2015予測)
    2-6-3.機械業界に対する売上高予測(日本国内/2009-2015予測)
    2-6-4.輸送用機器業界に対する売上高予測(日本国内/2009-2015予測)
    2-6-5.プロセス型製造業に対する売上高予測(日本国内/2009-2015予測)
    2-6-6.その他業界に対する売上高予測(日本国内/2009-2015予測)
  2-7.年商別売上高予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2009-2015予測)
    2-7-1.大手企業に対する売上高予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2009-2015予測)
    2-7-2.中小・中堅企業に対する売上高予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2009-2015予測)
  2-8.ライセンス、サービス別売上高予測(日本国内/メーカー出荷ベース/2009-2015予測)
    2-8-1.ライセンス売上高予測(日本国内/2009-2015予測)
    2-8-2.サポート・保守・サービス売上高予測(日本国内/2009-2015予測)

Ⅱ.データ編

1.PLMの出荷状況(全世界)
  1-1.PLM売上高推移(全世界)
  1-2.PLM売上高シェア(全世界)
  1-3.地域別売上高の推移
  1-4.アプリケーション別売上高の推移(全世界)
    1-4-1.CAD/CAM/CAE売上高の推移(全世界)
    1-4-2.CAD/CAM/CAE売上高シェア(全世界)
    1-4-3.PDM売上高推移(全世界)
    1-4-4.PDM売上高シェア(全世界)
    1-4-5.デジタルファクトリー売上高の推移(全世界)
    1-4-6.デジタルファクトリー売上高シェア(全世界)
    1-4-7.ビューワ/DMU売上高の推移(全世界)
    1-4-8.ビューワ/DMU売上高シェア(全世界)
2.PLMの出荷状況(日本国内)
  2-1PLM売上高推移(日本国内)
  2-2.PLM売上高シェア(日本国内)
  2-3.アプリケーション別売上高推移(日本国内)
    2-3-1.CAD/CAM/CAE売上高の推移(日本国内)
    2-3-2.CAD/CAM/CAE売上高シェア(日本国内)
    2-3-3.PDM売上高の推移(日本国内)
    2-3-4.PDM売上高シェア(日本国内)
    2-3-5.デジタルファクトリー売上高の推移(日本国内)
    2-3-6.デジタルファクトリー売上高シェア(日本国内)
    2-3-7.ビューワ/DMU売上高の推移(日本国内)
    2-3-8.ビューワ/DMU売上高シェア(日本国内)
  2-4.業種別売上高の推移(日本国内)
    2-4-1.電機業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-4-2.電機業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
    2-4-3.精密機械業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-4-4.精密機械業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
    2-4-5.機械業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-4-6.機械業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
    2-4-7.輸送用機器業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-4-8.輸送用機器業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
    2-4-9.プロセス型製造業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-4-10.プロセス型製造業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
    2-4-11.その他業界に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-4-12.その他業界に対するPLM売上高シェア(日本国内)
  2-5.顧客企業年商別売上高の推移(日本国内)
    2-5-1.中小・中堅企業(年商500億円以下)に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-5-2.中堅・中小企業(年商500億円以下)に対するPLM売上高シェア(日本国内)
    2-5-3.大企業(年商501億円以上)に対するPLM売上高の推移(日本国内)
    2-5-4.大企業(年商501億円以上)に対するPLM売上高シェア(日本国内)
  2-6.ライセンス、サービス別売上高の推移(日本国内)
    2-6-1.ライセンス売上高の推移(日本国内)
    2-6-2.ライセンス売上高シェア(日本国内)
    2-6-3.サポート・保守・サービス売上高の推移(日本国内)
    2-6-4.サポート・保守・サービス売上高シェア(日本国内)

Ⅲ.主要ベンダーの戦略展望

オートデスク
  クラウドベースのPLMを開発
シーメンスPLMソフトウェア
  HD-PLMのフレームワークに基づいた製品を拡充
図研
  Basis Of Monozukuriというコンセプトを提唱
ダッソー・システムズ
  新たな戦略の基盤「3Dエクスペリエンス」を発表
PTCジャパン
  日本に製品開発(R&D)センターを開設
富士通
  日本のものづくり強化に貢献
ラティス・テクノロジー
  6つのキーとなる業務と対象部門にソリューションを提供

Ⅳ.個別企業編

アンシス・ジャパン株式会社
株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ
SAPジャパン株式会社
エムエスシーソフトウェア株式会社
オートデスク株式会社
シーメンスPLMソフトウェア株式会社
株式会社C&Gシステムズ
株式会社CD-adapco
株式会社図研
ダッソー・システムズ株式会社
日本イーエスアイ株式会社
日本オラクル株式会社
NEC(日本電気)株式会社
日本ユニシス株式会社
PTCジャパン株式会社
富士通株式会社
ラティス・テクノロジー株式会社

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。