2013年版 パン市場の展望と戦略

パン市場は、原料価格の乱高下や流通構造の変化、売り場の変化に大きく影響を受けており、市場そのものが変革期にあります。また、食の安全への意識の高まりや人口の高齢化など、外部環境も変わりつつあります。本調査レポートでは、こうしたパン市場をとりまく状況を踏まえて市場を分析、将来を展望いたしました。

発刊日
2013/03/06
体裁
A4 / 436頁
資料コード
C55103500
PDFサイズ
6.5MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
115,500
105,000
10,500
148,500
135,000
13,500
231,000
210,000
21,000
264,000
240,000
24,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:全国のパン関連企業の事業戦略、及び取扱商品の動向を調査・分析し、パン市場の現状と今後の市場見通しを明らかにすることを目的とする。
調査対象
<対象商品>パン(食パン、食卓パン、菓子パン、デニッシュ、フランスパン、調理パン、冷凍パン生地)
<対象先>パン市場参入企業30社。その他関連企業。
調査方法:直接面接取材、及び電話取材を実施。
調査期間:2012年12月~2013年2月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • パンの市場規模は1兆3,810億円に
  • パン流通別構成比の20年を振り返る
  • 今年も大手寡占化が進むパン市場
  • 量販のPB強化で値下げ圧力強まる食パン
  • 量販店とコンビニが菓子パン市場を牽引
  • 非常食と高齢者・健康食が新市場を開拓
  • 食事に定着しつつあるフランスパン
  • 変動する地域別メーカーシェア
  • スイーツに押されるコンビニ調理パン
  • 焼成後冷凍パンが簡便性で急成長
  • 生き残るアッパークラスベーカリー
  • 便利とコストで10%に近づく新チャネル
  • 主婦のパン消費をネット調査で詳細分析
  • 大手メーカー・ベーカリー30社の企業戦略を研究
  • 全国のパン製造・販売323社名鑑を掲載
  • 2016年のパン市場を大胆に予測

■本資料の概要

第Ⅰ章 注目業界動向
第Ⅱ章 マーケットの現状分析と展望
第Ⅲ章 有力企業の市場戦略分析
第Ⅳ章 食事パンの需要拡大に向けた探索調査
第Ⅴ章 注目企業の個別実態(30社)
第Ⅵ章 全国主要製パン企業名鑑(323社)

■掲載内容

第Ⅰ章 注目業界動向

1.変貌するパン業界、次の売場と商品は
2.パンのチャネル構成比の20年
3.参入企業のビジネスパターンと変遷
4.PBフレッシュパンの価値向上に取り組むコンビニ本部
5.全国14,884店体制、セブンイレブンのフレッシュパンビジネス
6.メーカーが商品開発に鎬をけずる量販店パンコーナー
7.ブランド力でファン層を囲い込む有力ベーカリー
8.様々に展開するベーカリーカフェ、ベーカリーレストラン
9.中食市場は堅調、パン消費が米消費を超える
10.食糧自給率の向上と米粉パンの普及
11.パンにおける異業種とのコラボレーション
12.非常食市場に展開するロングライフパン
13.販売チャネルが広がる半焼成冷凍パン、焼成後冷凍パン
14.介護、治療、健康の3領域がパンの新たな可能性を拓く
15.シニアの食事実態と健康状態
16.学校給食で地産地消が拡大
17.コンビニスイーツが好調
18.パン関連統計データ分析(工業統計表、食品産業動態調査)

第Ⅱ章 マーケットの現状分析と展望

1.パンの総市場規模推移(2007~2011年度) ~2011年度は1兆3,810億円
2.商品別市場構成比(2011年度) ~菓子パンの構成比が更に上昇
3.末端チャネル別市場構成比(2011年度) ~量販店、コンビニ、その他チャネルが拡大
4.地域別市場構成比(2011年度)
5.メーカーシェア(2011年度)
6.商品別メーカーシェア(2011年度)
  (1)食パン
  (2)食卓パン
  (3)菓子パン
  (4)デニッシュ
  (5)フランスパン
  (6)調理パン
  (7)冷凍パン生地
7.チャネル別メーカーシェア(2011年度)
  (1)量販店のメーカーシェア
  (2)コンビニのメーカーシェア
  (3)ベーカリーのメーカーシェア
8.全国地域別メーカーシェア(2011年度)
  全国、北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州
9.商品別動向
  (1)食パン ~PBもNBも価格訴求強まる
  (2)食卓パン ~安全・安心志向、健康志向、こだわり商品で面展開、夕食需要を喚起
  (3)菓子パン ~ビッグヒットが無い中、素材の吟味と季節感を訴求
  (4)デニッシュ ~フィリングやシートに多様性を持たせ、女性客を獲得
  (5)フランスパン ~ベーカリーの定番、ホールセールでも夕食需要を狙う
  (6)調理パン ~ベーカリーからコンビニまで、鮮度が命
  (7)冷凍パン生地 ~コスト削減とセブンイレブンの伸び率鈍化で市場横ばい
10.末端小売動向分析
  (1)量販店 ~ボリューム・価格訴求、健康・安全志向が主流
  (2)コンビニ ~フレッシュパンが頭打ち、店内焼成は微増
  (3)ベーカリー ~冷凍生地利用チェーン、FC店舗は厳しさ続く
  (4)百貨店 ~店舗のS&Bは終了、駅ビルや再開発に活路見出す
  (5)一般小売店 ~ホールセールメーカーの看板ショップは衰退
11.パンの消費動向分析
12.パン市場の拡大要因・阻害要因と2016年度展望
13.パンの総市場規模予測(2012~2016年度)
14.パンメーカー業績ランキング
  売上高ランキング
  売上高伸び率ランキング
  税引後利益高ランキング
  税引後利益率ランキング
  従業員1人当り売上高ランキング
  従業員1人当り税引後利益高ランキング
15.パンメーカー材料仕入先ランキング

第Ⅲ章 有力企業の市場戦略分析

1.事業の基本方針と方向性
2.商品政策(商品開発体制、商品開発ポイント、品揃え)
3.生産体制と衛生管理(HACCP、AIB)対策
4.焼き立てパン、冷凍パン生地への取組状況
5.直営店、FC店の出店状況
6.営業展開状況とコンビニ、量販店、生協との取引状況
7.販売促進策(キャンペーン、消費者対策)、物流対策
8.今後の市場戦略

第Ⅳ章 食事パンの需要拡大に向けた探索調査

調査の実施概要と回答者属性
1.パンを食べるシーン
2.食事の状況
  (1)パンを食べるシーン毎の1週間あたりの回数
  (2)パンを食べるシーン毎の食べるパンの種類
  (3)パンを食べるシーン毎の購入金額
3.パンの購入状況
  (1)パンの購入回数(1週間あたり)
  (2)パンの購入個数(1回あたり)
  (3)パンの購入金額(1回あたり)
4.パンを食べる理由
5.一番多く食べるパン
  (1)一番多く食べるパンの種類
  (2)一番多く食べる食パンの枚数
6.一番多く食べるパンのメーカー(ブランド名、店名)
7.一番多く食べるパンを選んだ理由
8.一番多く食べるパンの購入場所
9.パンの調理時間
10.パンを食べる時の食べ方(調理方法)
11.パンを食べる時に一緒に食べる食品・飲み物
12.パンの適当と思う価格
13.食事で食べるパンへの不満や要望
14.今後、食べたいパン
15.今後、食べたい食パンの枚数
16.今後、食べたいパンを選んだ理由
17.今後のパンの購入見通し

第Ⅴ章 注目企業の個別実態(30社)

アンデルセン・パン生活文化研究所 ~外販分野を分社独立、外販営業を積極化
イーグルデリカ ~神戸屋製品のOEMに徹する
イオンベーカリー ~合併新会社で早期に100億円体制目指す
イケダパン ~南九州で愛される「イケダ」ブランドを再構築
伊藤製パン ~価値を創造し、価値に見合った価格を訴求
オイシス ~2013年6月、滋賀工場竣工で事業基盤拡大
オリオンベーカリー ~ロングライフパンに注力
木村屋總本店 ~商品カテゴリーの選択と集中、シリーズ商品で売場の面取り
神戸屋 ~量から質への転換、本物の美味しさを後世に伝える
神戸屋レストラン ~パンの美味しい食べ方との出会いの場を提供、新業態を開発
コモ ~知名度アップに向け広告宣伝費を増やす
サンジェルマン ~2011年11月、本社、工場を新設移転
三味 ~日本一のデリカ専門店を目指して
敷島製パン ~「Pasco」統一10周年、消費者へ浸透
白石食品工業 ~東北に根ざして、地域経済に貢献
スイートスタイル ~本社を東京へ移転、関東に出店攻勢
スタイルブレッド ~焼成後冷凍パン、コンシューマー向け宅配にも参入
第一屋製パン ~TPS(トヨタ生産方式)手法で、生産効率向上、収益改善
タカキヘルスケアフーズ ~嚥下・咀嚼困難者向け「らくらく食パン」を開発、販路拡大中
たけや製パン ~おいしさ創造企業として、「良品廉価、顧客本位」を貫く
テーブルマーク ~焼成後冷凍、リテールパックを充実
デイプラス ~参入10年でLLパン販売30億円
ドンク ~接客力向上で売場に活力を取り戻す
日糧製パン ~道内産素材で商品開発、LLパンに新規参入
ブーランジュリーピノキオ ~「ふくらむ魔法の冷凍パン」品目拡大し、21種類に
フジパン ~「本仕込み」発売20周年で販促強化
フランソア ~「スイーツ・スイーツ」を立ち上げ、洋菓子部門を強化
山崎製パン ~インドネシアでホールセール事業に参入
ル・スティル ~ブラッセリー「VIRON」を展開
レアールパスコベーカリーズ ~新型ロードサイド店にもチャレンジ

第Ⅵ章 全国主要製パン企業名鑑(323社)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

115,500
105,000
10,500
115,500
105,000
10,500
148,500
135,000
13,500
231,000
210,000
21,000
264,000
240,000
24,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。