2013年版 有力少額短期保険会社の実態と展望

当業界では、規制を糧に従来の保険会社が扱ってこなかったニッチな保険商品を提供し、市場を形成しています。この数年では、一層の成長を目的に持株会社化やM&A等の業界再編の動きもあり、徐々にではありますが業界認知も進み、既存の保険会社と差別化を図り着実に消費者ニーズに応え成長している市場になっております。また、顧客利便性の向上の観点から見ますと、インターネットでの申込ができる環境も整いました。現在、保険商品・サービスの提供の在り方に関する金融審議会が開かれ、生・損保業界と同様に商品・サービス提供の在り方を見直すと同時に、早期の黒字化に加えて、企業態勢の確立や顧客利便性追求にも一層の努力が必要となっております。本調査レポートでは、こうした成長市場を支える有力企業を通して、各社の事業戦略と共に、市場の動向、マーケットサイズ、将来展望をまとめ、少額短期保険市場を始め、関係各位の一助に資するレポートの作成を趣旨としました。

発刊日
2013/06/28
体裁
A4 / 211頁
資料コード
C55110700
PDFサイズ
3.7MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

129,600
120,000
9,600
129,600
120,000
9,600
162,000
150,000
12,000
259,200
240,000
19,200
291,600
270,000
21,600

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:少額短期保険市場の参入企業の経営実態を通じ、市場動向と展望を明らかにすることを目的とした。
調査対象:少額短期保険市場において、実績がある企業、新規参入企業等を任意抽出。
調査方法:個別面接取材。
調査期間:2013年4月~2013年5月

リサーチ内容

■本資料のポイント

  • 全体構成を1.総論編、2.各論編、3.簡易個表、4.個表編に大別した。
    ・総論編は、業界動向、マーケットサイズ、法整備の現状、業界や各社の課題を踏まえて業界成長のための施策案でまとめた。
    ・各論編は、文献調査に加え、取材より得られた各社の収益性、営業戦略、商品政策、今後取り組むべき施策等、定量・定性両面から業界各社を分析した。
    ・簡易個表編は、各社公表数値及び取材で得られた情報により、業界参入企業71社の企業概要、経営数値、営業実績を簡略にまとめた。
    ・個表編は、取材協力企業15社の詳細なデータや、事業戦略を各項目ごとにまとめた。1社当たり4~5ページを割いた。
  • 法規制や競争激化を背景にした業界が抱える課題の中で、各社が実践する戦略と戦術、今後の方向性が明らかになっている。
  • アライアンス、新規参入、金融支援、事業支援を検討する際の参考資料としても活用が可能。

■本資料の概要

第Ⅰ章 総論編
第Ⅱ章 各論編
第Ⅲ章 簡易個表編
第Ⅳ章 個表編

■掲載内容

第Ⅰ章 総論編

1.業界動向、市場の成り立ちと背景
2.市場の全体像
  (1)取扱い分野
  (2)登録企業数推移と分野別参入企業
  (3)少額短期保険と既存の生・損保会社との相違点
3.市場規模
  (1)元受保険料(市場規模)推移
  (2)分野別の市場規模推移
  (3)分野別の元受保険料シェア
  (4)保有契約件数
  (5)分野別の保有契約件数シェア
4.業界平均に見る保険料及び保有件数の動向
  (1)1社当たりの平均元受保険料
  (2)1社当たりの平均保有件数
  (3)1件当たりの平均元受保険料
5.黒字企業の推移
6.法整備の現状、課題、要望(営業、商品面等)
  (1)規制の現状
  (2)今後の取組み
7.業界展望
  (1)業界の課題
  (2)個社の課題
  (3)成長に向けての業界全体における施策
  (4)成長に向けての個社が取組む施策
  (5)業界展望

第Ⅱ章 各論編

1.経営実態
  (1)収益性
  (2)収益構造改革策
2.営業戦略
  (1)加入チャネルとチャネル別件数構成
  (2)Webサービスの現状
  (3)直販における販路開拓策
  (4)通販・ネット販売における販路開拓策
  (5)代理店数及び代理店の特徴、代理店網拡大策
3.営業実績
  (1)元受保険料の推移
  (2)保有契約件数の推移
  (3)年間新規契約件数
  (4)獲得顧客層の特徴
  (5)個人顧客の動向と変化
4.商品政策
  (1)既存商品
  (2)商品の見直し、改善
  (3)新商品開発の計画、内容の方向性
5.経営課題と対策
  (1)各社の課題項目と強化項目
  (2)営業面
  (3)システム構築等
  (4)コスト面
  (5)業績向上のための施策
6.規制等における課題
  (1)営業規制における課題
  (2)商品性における課題
  (3)その他法規制緩和、厳格化の要望
  (4)異業種参入、新規参入等への捉え方
  (5)その他の業界課題

第Ⅲ章 簡易個表編

第Ⅳ章 個表編

①東京海上ミレア少額短期保険(株)
②日本住宅少額短期保険(株)
③いきいき世代(株)
④エイ・ワン少額短期保険(株)
⑤レオパレス少額短期保険(株)
⑥ジャパン少額短期保険(株)
⑦日本アニマル倶楽部(株)
⑧ベル少額短期保険(株)
⑨ブロードマインド少額短期保険(株)
⑩SBI少額短期保険(株)
⑪アイアル少額短期保険(株)
⑫エクセルエイド少額短期保険(株)
⑬イオン少額短期保険(株)
⑭日本費用補償少額短期保険(株)
⑮ワーカーズ・コレクティブ共済(株)

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

129,600
120,000
9,600
129,600
120,000
9,600
162,000
150,000
12,000
259,200
240,000
19,200
291,600
270,000
21,600

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。