<市場動向シリーズ> 2013年版 半導体プロセス及び基板用研磨材市場

CMPスラリーを中心に各種ポリシング材メーカーの事業動向と今後の施策を徹底調査し、更に周辺調査を加えることで、CMPスラリー市場及び各種ポリシング材の現状と今後の動向を詳細に把握することを目的とした。

発刊日
2013/10/04
体裁
A4 / 62頁
資料コード
C55121820
PDFサイズ
0.9MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

88,000
80,000
8,000
176,000
160,000
16,000
264,000
240,000
24,000
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
③PDFグローバルコーポレートは、海外の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)および海外100%子会社
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:CMPスラリーを中心に各種ポリシング材メーカーの事業動向と今後の施策を徹底調査し、更に周辺調査を加えることで、CMPスラリー市場及び各種ポリシング材の現状と今後の動向を詳細に把握することを目的とする。
調査対象:CMPスラリーメーカーを中心に各種ポリシング材及び原料メーカーを対象とする。算出数値は全て世界市場ベースとする。
調査方法:直接面談取材による。
調査期間:2013年2月~2013年4月

リサーチ内容

■市場動向シリーズとは

矢野経済研究所が発刊した調査レポートの中から、市場動向に関する部分を抜粋、再編集し、まとめたものです。
本調査レポートは、2013年4月26日発刊の「2013年版 半導体プロセス及び基板用研磨材市場の展望と戦略~CMPスラリー、各種ポリシング材~」から第2章(半導体プロセス用CMPスラリー市場の展望)、第3章(各種ポリシング材市場の展望)を元に再編集し、「見やすく」、「分かりやすく」、「理解しやすい」資料にいたしました。

■本資料のポイント

  • CMPスラリー市場は再び成長局面へ
    主役はスクラッチフリーや新規膜向けスラリー等の微細化対応製品
  • ファウンドリー顧客の確保が売上成長のポイント
    TSMCに加えGLOBAL FOUNDRIESへの採用拡大も事業成長のキー
  • 【セリアスラリー】セリアの適用プロセスが拡大し、CMPスラリー市場成長の牽引役に
    韓国2社が急速に力をつけているなか、新構造向けの日立化成の巻き返しに注目
  • 【W、Cuバルクスラリー】メタル市場に本格参入の第一毛織。参戦の狙いは?
  • 【サファイア、SiC・GaN基板用】難基板だからこそ、研磨材メーカーの出番
    研磨材メーカーならではの強みを活かし、最終のダイヤモンド工程の代替を狙え

■掲載内容

1-1-1.半導体市場動向(半導体基板用ウェハー出荷面積)
1-1-2.半導体市場動向(半導体市場規模予測(地域別))
1-1-3.CMPスラリープロセス別のスペック一覧
1-1-4.CMPスラリープロセス別の市場規模推移(金額ベース、2010~2015年予測)
1-1-5.CMPスラリープロセス別の市場規模推移(構成比ベース、2010~2015年予測)
1-1-6.CMPスラリー市場動向
1-1-7.CMPスラリー市場のメーカーシェア(2012年、売上ベース)
1-1-8.大手ユーザー3社とCMPスラリーメーカーのサプライチェーン
1-1-9.CMPスラリーメーカー 地域別生産拠点
1-1-10.CMPスラリープロセス別の市場規模推移(金額(円)ベース、2010~2015年予測)
1-2-1.酸化膜向けスラリー市場規模推移(金額ベース、2010~2015年予測)
1-2-2.酸化膜向けスラリー市場
1-2-3.ILDスラリーの市場規模推移(金額ベース、2010~2015年予測)
1-2-4.ILDスラリー市場のメーカーシェア(2012年、売上ベース)
1-2-5.セリアスラリーの市場規模推移(金額ベース、2010~2015年予測)
1-2-6.セリアスラリー市場のメーカーシェア(2012年、売上ベース)
1-2-7.P-Siスラリーの市場規模推移(金額ベース、2010~2015年予測)
1-2-8.P-Siスラリー市場のメーカーシェア(2012年、売上ベース)
1-3-1.メタル向けスラリー市場規模推移(金額ベース、2010~2015年予測)
1-3-2.メタル向けスラリー市場
1-3-3.Wスラリーの市場規模推移(金額ベース、2010~2015年予測)
1-3-4.Wスラリー市場のメーカーシェア(2012年、売上ベース)
1-3-5.Cuバルクスラリーの市場規模推移(金額ベース、2010~2015年予測)
1-3-6.Cuバルクスラリー市場のメーカーシェア(2012年、売上ベース)
1-3-7.Cuバリアスラリーの市場規模推移(金額ベース、2010~2015年予測)
1-3-8.Cuバリアスラリー市場のメーカーシェア(2012年、売上ベース)

2-1-1.Siウェハー用 ポリシング材市場規模推移(金額ベース、2010~2015年予測)
2-1-2.Siウェハー用 ポリシング材市場動向
2-1-3.Siウェハー用ポリシング材(前段・中間)市場メーカーシェア(2012年、売上ベース)
2-1-4.Siウェハー用ポリシング(ファイナル)材市場メーカーシェア(2012年、売上ベース)
2-2-1.HD用 ポリシング材の市場規模推移(金額ベース、2010~2015年予測)
2-2-2.HD用 ポリシング材市場のメーカーシェア(2012年、売上ベース)
2-3-1.ガラス用セリア系ポリシング材の市場規模推移(金額ベース、2010~2015年予測)
2-3-2.用途別のガラス用 セリア系ポリシング材市場(2012年、売上ベース)
2-3-3.ガラス用 セリア系ポリシング材市場のメーカーシェア(2012年、売上ベース)
2-4-1.サファイア、SiC/GaN基板用ポリシング材市場動向
2-4-2.サファイア用 ポリシング材市場規模推移(金額ベース、2011~2015年予測)
2-4-3.サファイア用 ポリシング材市場動向
2-4-4.サファイア用 ポリシング材市場のメーカーシェア(2012年、売上ベース)

3-1-1.原料市場の動向(コロイダルシリカ)
3-1-2.原料市場の動向(酸化セリウム)
3-1-3.原料市場の動向(フュームドシリカ)
3-1-4.原料調達一覧

4.メーカー別の動向

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

88,000
80,000
8,000
176,000
160,000
16,000
264,000
240,000
24,000

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。