クラウドファースト・モバイルファーストによるIT市場の変貌

ビジネスの現場におけるITニーズは変革が進んでおり、「クラウドファースト」「モバイルファースト」のトレンドが急速に浸透している。それに伴い、新たな価値創造、既存市場の変革、SMB市場の獲得等様々な変化が起きている。本調査レポートでは、各分野でこのトレンドを推進する新興企業、スタートアップの動向を捉え、新しいビジネスモデルの特徴、既存プレイヤーの戦略や課題など、今後のIT市場の動向を分析した。

発刊日: 2014/12/16 体裁: A4 / 169頁
資料コード: C56115900 PDFサイズ: 10.0MB
カテゴリ: 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:IT市場における「クラウドファースト」「モバイルファースト」へのシフトに注目し、従来のプレイヤーとは異なるビジネスモデルで頭角を現しつつあるベンチャー企業の動向を調査した。IT市場のパラダイムシフトを理解し、対応していくための活動に資することを目的とする。
調査対象:ITベンダー
調査方法:直接面接調査。文献調査。
調査期間:2014年9月~2014年11月

資料ポイント
Close

  • クラウドファースト・モバイルファーストのパラダイムシフトの現状と展望を把握
  • 成長する注目企業17社に取材を実施
  • 新しいビジネスモデルの特徴の分析
    リーンスタートアップ、フリーミアム、SMB市場の獲得、クラウドエコシステム、海外展開等
  • 既存IT市場プレイヤーの動向
    有力企業のクラウド・モバイル戦略
    既存プレイヤーは市場の変化に追随できるか

資料概要
Close

Ⅰ クラウドとモバイルへシフトするIT市場動向
Ⅱ 注目企業のビジネスモデル
Ⅲ 起業の現状と展望
Ⅳ 関連市場の動向
Ⅴ 調査企業個票

リサーチ内容

■掲載内容

調査のポイント

図表1 事業所・企業統計調査による業種別の開廃業率
図表2 クラウドファースト/モバイルファースト企業のビジネスモデルの特徴

Ⅰ クラウドとモバイルへシフトするIT市場動向

1.クラウドファースト、モバイルファーストの潮流
  1.1.IT市場のパラダイムシフト
  1.2.調査企業の概要

Ⅱ 注目企業のビジネスモデル

2.注目企業の新しいビジネスモデル
  2.1.新しいビジネスモデルの登場
    2.1.1.無料提供モデル
    図表3 フリーミアムの有償化のフレームワーク
    2.1.2.SMB市場獲得
    2.1.3.プラットフォームビジネスへの展開
    図表4 LINEのプラットフォームビジネスの例
    2.1.4.クラウドエコシステム
    図表5 セールスフォース・ドットコムの国内出資企業
    2.1.5.Web、SNSによる営業・販売・広告宣伝
    2.1.6.海外展開
    2.1.7.継続利用のための仕組み構築
    2.1.8.まとめ スタートアップと既存IT企業の利益モデルの違い
    図表6 ベンチャー企業の収益モデル
    図表7 既存IT企業の収益モデル
  2.2.事例研究
    2.2.1.freee株式会社
    2.2.2.SanSan株式会社
    2.2.3.株式会社スタディスト
    2.2.4.株式会社ソニックガーデン
    2.2.5.株式会社サイダス
    2.2.6.株式会社HDE
  2.3.スタートアップ企業の成長モデル
  2.4.共通する課題
    図表8 創業期における起業形態別の資金調達先
    2.4.1.マネタイズ
    2.4.2.認知度の向上
    2.4.3.人材確保、人材育成
    2.4.4.ターゲット顧客と事業の拡張
    図表9 キャズムの概念
3.大手企業のクラウド・モバイル戦略
  3.1.大手企業のクラウドモバイル戦略
    3.1.1.セールスフォース・ドットコム
    図表10 セールスフォース・ドットコムの製品構成
    3.1.2.マイクロソフト
    3.1.3.IBM
    3.1.4.SAP
    3.1.5.オラクル
  3.2.既存SIer、パッケージベンダーの課題と今後の方向性
    3.2.1.SIの新しいビジネスモデルの考察
    3.2.2.クラウド化を躊躇するパッケージベンダー

Ⅲ 起業の現状と展望

4.起業の市場背景
  4.1.起業希望者数と起業家数の推移
    図表11 起業希望者数と起業家数の推移
  4.2.情報通信業の開業率
    図表12 事業所・企業統計調査による業種別の開廃業率(再掲)
  4.3.起業に際して直面する課題
    図表13 「起業準備者が直面している課題」と「起業家が起業時に直面した課題」
  4.4.起業大国”に向けての環境整備
    図表14 “起業大国“に向けた三つの課題と対応策
5.資金調達
  5.1.資金調達の環境
  5.2.日本政策金融公庫などによる融資
    図表15 スタートアップ企業/ベンチャー企業関連の各種融資制度(国民生活事業)
    図表16 スタートアップ企業/ベンチャー企業関連の各種融資制度(中小企業事業)
  5.3.信用保証協会の活用
    図表17 創業等関連保証・創業関連保証の概要
  5.4.補助金制度の活用
  5.5.税制による支援
    図表18 エンジェル税制の概要
  5.6.中小企業基盤整備機構による支援
    図表19 企業支援ファンドの仕組み
  5.7.ベンチャーキャピタル(VC)の動向
    図表20 ICTベンチャー向け技術評価制度
  5.8.コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)の動向
    図表21 ドコモ・イノベーションビレッジの概要
    図表22 KDDI Ventures Programの概要
6.経営知識の習得
  6.1.シードアクセラレータによるノウハウ伝授
    図表23 成長ステージに合わせた支援とイベントの事例
  6.2.ベンチャーの担い手の育成
    図表24 創業スクールの概要
    図表25 ICTベンチャーの創業・成長を促進するための各種支援策
    図表26 起業家甲子園・起業家万博の概要
7.販路開拓

Ⅳ 関連市場の動向

8.クラウド市場、モバイル市場の概況
  8.1.クラウド市場の概況
    8.1.1.普及機に入ったクラウド基盤の利用
    図表27 ITベンダーのクラウド基盤 利用状況推移(2010~2013)
    図表28 普及曲線
    図表29 クラウドコンピューティングの利用率
    図表30 クラウドコンピューティングの利用形態の推移
    8.1.2.クラウド基盤(IaaS/PaaS)市場の概況
    図表31 クラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス売上高(2012~2017年予測)
    図表32 社外クラウド基盤の利用目的(2012、2013比較)
    8.1.3.クラウド基盤サービスのさらなる普及
    8.1.4.その他クラウド基盤サービス市場拡大要因
  8.2.モバイル市場
    8.2.1.スマートフォン市場の動向
    図表33 スマートフォン 国内市場メーカー別出荷台数実績/予測
    図表34 スマートフォン国内市場メーカー別出荷台数実績/予測
    8.2.2.タブレット市場の動向
    図表35 タブレット国内市場出荷台数実績/予測
    図表36 タブレット 国内市場出荷台数実績/予測
    図表37 タブレット OSプラットフォーム別国内市場出荷台数実績/予測
    8.2.3.おサイフケータイ及びスマートフォン決済の動向
    図表38 国内 NFC・おサイフケータイ搭載スマートフォン出荷台数実績
    図表39 スマートフォン決済サービス一覧
    8.2.4.スマートデバイスの業務利用
    図表40 スマートフォンとタブレット端末の導入率推移
    図表41 業務利用目的でのスマートデバイスに対する関心(導入済み・導入検討中・関心あり)

Ⅴ 調査企業個票

アカウンティング・サース・ジャパン株式会社、株式会社あしたのチーム、
株式会社イノーバ、ウェブペイ株式会社、株式会社HDE、Kii株式会社、
株式会社co-meeting、株式会社サイダス、株式会社ジェネストリーム、
株式会社スタディスト、株式会社ソニックガーデン、株式会社チームスピリット、
トークノート株式会社、株式会社ブラケット、ブラビオ株式会社、freee株式会社、
株式会社マネーフォワード

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 324,000円 (本体 300,000円 消費税 24,000円 )
定価 356,400円 (本体 330,000円 消費税 26,400円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C50103100 2007-2009 ユーザ企業のIT投資実態と予測
C49101800 2007-2008 携帯電話世界市場動向調査
C49201300 2007年版 ブロードバンド白書
C48205400 2006年版 IP電話関連機器市場
C57101300 2015 主要ECサイトのデジタルマーケティング取組動向と展望