2014 社会インフラにおけるグローバルICT需要の中長期予測 ~スマートシティ、交通、水関連、エネルギー、ヘルスケア~

世界の社会インフラ/公共サービス投資(インフラ開発)におけるICT事業及び、主要国におけるインフラ開発事業の構造把握を目的とする。

発刊日
2014/09/30
体裁
A4 / 240頁
資料コード
C56114900
PDFサイズ
4.3MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:ワールドワイドでの社会インフラ・公共サービスの実態調査・文献調査をもとに、インフラ開発におけるICT需要と2025年を目処とした中長期需要予測(シミュレーション)を行う。
調査対象国・エリア:ワールドワイド(インフラ投資が旺盛な国・地域を重点的に調査)。詳細調査は24ケ国、簡易調査は約20ケ国で実施
調査方法:文献調査を基本として、一部で直接面接調査(国内)及びアンケート調査・電話調査(国内、海外)なども併用
調査期間:2014年5月~2014年9月

資料ポイント
Close

  • ワールドワイドでのインフラ投資規模を算定。そこでの国別、分野別の構成、さらにはICT投資規模をシミュレーション(シナリオライティング)として提示
  • 国・地域別のインフラ開発動向、分野別の主要プレーヤー一覧、主要カテゴリーの事業構造などを明らかにする
  • テーマ研究として世界のスマートシティ事例研究を実施
  • 調査対象分野:社会インフラ:交通インフラ(道路、鉄道、橋梁、トンネル、港湾、空港など)、エネルギー関連(電気、ガス、再生可能エネルギーなど)、資源開発(石油・天然ガス、鉱物資源、資源輸送インフラ整備など)、公共サービス:水関連(上下水道、排水処理など)、通信、自然・環境、インフラ建物(学校、病院、図書館、公共住宅、ダム、堤防などの公共基盤)
    ※医療・ヘルスケアは別途掲載とした
  • 調査対象国・エリア:ワールドワイド(インフラ投資が旺盛な国・地域を重点的に調査)、詳細調査24ケ国/簡易調査約20ケ国

資料概要
Close

第Ⅰ章 世界の社会インフラ/公共サービス概要
第Ⅱ章 国別のインフラ開発動向

リサーチ内容

■掲載内容

~調査結果のポイント~

1.市場動向
  (1)世界の社会インフラ/公共サービスの全体動向
    (図表)世界インフラ投資の国・地域別内訳(2013年度)
    (図表)世界インフラ投資の分野別内訳(2013年度)
    (図表)世界のインフラ投資規模予測の内訳(2010~2025年)
  (2)世界インフラ投資におけるICT投資シミュレーション
    (図表)世界インフラ投資におけるICT投資シミュレーション(2010~2025年)
    (図表)インフラ開発でICTが注目される背景
2.地域ごとの動向
3.カテゴリー別の現状と展望

第Ⅰ章 世界の社会インフラ/公共サービス概要

1.世界の社会インフラ/公共サービスの概況
  (1)社会インフラ/公共サービスが注目される背景
    (図表)日本の公共事業費の推移(1998~2013年度)
    (図表)主要国での総固定資本形成伸び率(2014/2013比)
  (2)社会インフラ/公共サービスでICTが注目される背景
    (図表)インフラ開発でICTが注目される背景
    (図表)インフラビジネスにおけるICTのスタンス①
    (図表)インフラビジネスにおけるICTのスタンス②
  (3)インフラ関連ビジネスでの日本の取り組み
    (図表)日本のインフラ関連情報
  (4)主要国でのインフラ関連基礎データ
    ①交通インフラ/インフラ構造物
    (図表)橋梁・高速道路・鉄道・トンネル数(2012年)
    ②エネルギー関連
    (図表)総世帯・総事業所・総発電量(2012年)
    ③自然・環境
    (図表)火山・河川・森林火災件数・森林面積(2012年)
    ④ヘルスケア・医療
    (図表)肥満人口・在宅患者・高齢者・総世帯(2012年)
    <高齢者見守りサービス>
  (5)世界の主なインフラ関連事業者一覧
    ①総合インフラ関連
    ②建設・ゼネコン
    ③水関連
    ④鉄道関連
    ⑤道路関連
    ⑥海運・空港関連
    ⑦エネルギー関連
    ⑧通信
    ⑨資源開発
    ⑩開発・不動産関連
  (6)再編進む重電業界の動向
    (図表)重電業界での連携関係
    ①独シーメンス
    (図表)シーメンスの事業体制(2014年10月以降)
    ②米GE
    ③スイスABB
    ④日本の有力重電メーカー
    日立製作所、東芝、三菱重工業
2.世界の社会インフラ/公共サービス投資規模/ICT投資規模シミュレーション
  (1)世界の社会インフラ/公共サービス投資規模予測(2010~2025年)
    (図表)世界のインフラ投資規模予測(投資額ベース:2010~2025年)
    (図表)世界のインフラ投資規模予測の内訳(投資額ベース:2010~2025年)
  (2)世界の社会インフラ/公共サービス投資の国・地域別内訳
    (図表)世界インフラ投資の国・地域別内訳(2013年)
  (3)世界の社会インフラ/公共サービス投資の分野別内訳
    (図表)世界インフラ投資の分野別内訳(2013年度)
    ①水関連ビジネス
    (図表)世界3大水メジャーの概要
    (図表)世界の主要水関連ビジネス事業者
    (図表)日本商社の水関連ビジネスへの取り組み
    ・海水淡水化ビジネス
    ・有力メーカーの水関連ビジネス展開
    ②高速鉄道
    ③空港
    ・空港運営ビジネスへの参入企業
    ・主な空港オペレータの運営事例
    ④再生可能エネルギー
    ・風力発電
    ・集光型太陽熱発電
  (4)世界インフラ投資におけるICT投資規模シミュレーション(2010~2025年)
    (図表)世界インフラ投資におけるICT投資規模シミュレーション(2010~2050年)
    (図表)世界インフラ投資におけるICT投資規模シミュレーション(中位推移)
  (5)インフラ投資に関する各種定量情報
    (図表)インフラ投資関連情報
  (6)ヘルスケア・医療関連動向
3.地域/国別のインフラ投資動向
  (1)アジア
    (図表)アジアでの主なインフラプロジェクト投資規模
  (2)中東・アフリカ
    (図表)中東・アフリカでの主なインフラプロジェクト投資規模
  (3)米州・オセアニア
    (図表)米州・オセアニアでの主なインフラプロジェクト投資規模
  (4)欧州
    (図表)欧州での主なインフラプロジェクト投資規模
4.世界のスマートシティ/スマートコミュニティプロジェクト
  (1)欧州
    <ドイツ:E-Energyプロジェクト>
    <ドイツ:T-CITYプロジェクト>
    <フランス:リヨン/グランドリヨンスマートコミュニティプログラム>
    <イギリス:マンチェスター・スマートコミュニティ・プロジェクト>
    <イギリス(グラスゴー):Future Cities Demonstratorプロジェクト>
    <スペイン:マラガ・スマートコミュニティプロジェクト>
    <オランダ:アムステルダムスマートシティ・プロジェクト>
    <ポルトガル:プラニットバレープロジェクト>
    <デンマーク:EDISON/EcoGrid EUプロジェクト>
    <スウェーデン:ストックホルム・ロイヤルシーポートプロジェクト>
    <地中海周辺地域/北アフリカ:テザーテックプロジェクト>
  (2)その他地域
    <UAE:マスダールシティプロジェクト>
    <インド:デリー・ムンバイ産業大動脈構想>
    <中国:(中国・シンガポール)天津エコシティプロジェクト>
    <中国:中新広州知識城(広州ナレッジシティ)プロジェクト>
5.インフラ開発へのICT導入での問題点・課題

第Ⅱ章 国別のインフラ開発動向

1.アジア地域
  中国、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム、ラオス、カンボジア、
  ミャンマー、バングラディッシュ、インド
2.中東・アフリカ地域
  サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、エジプト、南アフリカ
3.米州・オセアニア地域
  アメリカ、カナダ、ブラジル、オーストラリア、ニュージーランド
4.欧州地域
  ドイツ、フランス、イギリス、イタリア

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

162,000
150,000
12,000
162,000
150,000
12,000
194,400
180,000
14,400
324,000
300,000
24,000
356,400
330,000
26,400

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。