2015 クラウドコンピューティング(IaaS/PaaS)市場の実態と展望

本調査レポートでは成長が続くクラウドコンピューティング(IaaS/PaaS)市場を牽引するPaaSやエコシステム拡大の状況、などについて調査し、クラウドベンダーやクラウドインテグレーター、クラウドブローカーの現状や展望を考察した。

発刊日: 2015/06/10 体裁: A4 / 218頁
資料コード: C57102100 PDFサイズ: 6.3MB
カテゴリ: 情報通信

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

注1) 利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2) PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3) 提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:クラウドコンピューティング市場におけるクラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス市場について、ユーザー企業およびサービス提供事業者の現状を把握することを目的とする。
調査期間:ユーザーアンケート調査 2014年7月~2014年8月/市場調査・分析 2014年12月~2015年6月

調査結果サマリー
Close

クラウド基盤サービス(IaaS/PaaS)市場に関する調査結果2015 
 ~定着したハイブリッドクラウド&マルチクラウド~
・2014年のクラウド基盤サービス市場規模は前年比49.3%増の906億円と大きく拡大
・拡大を続けるクラウドエコシステム
・利用企業が増加し、2018年のクラウド基盤サービス市場規模は2,900億円を予測

資料ポイント
Close

  • クラウドコンピューティング(IaaS/PaaS)市場規模(2012~2018年予測)を掲載
  • クラウドコンピューティング(IaaS/PaaS)市場のシェア(2013~2015予測)を掲載
  • 主要ベンダーの動向を掲載
  • ユーザー企業によるアンケート調査結果(n=617)を掲載

資料概要
Close

Ⅰ 調査結果のポイント
Ⅱ クラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス市場の現状と展望
Ⅲ 企業個票
Ⅳ アンケート結果の分析
Ⅴ 集計編

リサーチ内容

■掲載内容

Ⅰ 調査結果のポイント

1.クラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス市場
  1.1.市場規模
  1.2.企業動向
  1.3.展望と課題

Ⅱ クラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス市場の現状と展望

2.拡大を続けるクラウド基盤サービス市場
  2.1.クラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス市場の市場規模とシェア
    2.1.1.クラウドコンピューティングの定義
    図表1 クラウドコンピューティングの分類
    2.1.2.クラウド基盤(IaaS/PaaS)サービスの市場規模
    図表2 クラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス売上高(2012~2018年予測)
    2.1.3.クラウド基盤(IaaS/PaaS)サービスベンダーのシェア(2013~2015年予測)
    図表3 クラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス売上高シェア(2013~2015年予測)
    自社の強みを活かしたサービス展開
    Public Relationsの活用でシェア拡大
    技術には積極的な姿勢を
    求められるコンサルティング能力
  2.2.クラウド基盤(IaaS/PaaS)サービス市場の動向
    2.2.1.企業内クラウドシェアの拡大
    図表4 ITベンダーのクラウド基盤 利用状況推移(2010~2014)
    2.2.2.クラウド基盤の利用は適材適所に~ハイブリッド&マルチクラウド
    2.2.3.ベンダー側でも進む複数クラウドの使い分け
    2.2.4.ITベンダーなしではクラウドの成長なし
    2.2.5.浸透スピードの加速が期待されるオープンクラウド
    2.2.6.次世代クラウドアーキテクチャ
    2.2.6.1.大注目 Docker
    2.2.6.2.丸ごと新しく イミュータブルインフラストラクチャ
    2.2.7.好調な滑り出しを見せるワンコインクラウド
    図表5 3社のワンコインクラウド比較
    2.2.8.増加する海底ケーブル建設への出資
    図表6 クラウドベンダーが出資する海底ケーブル
3.市場牽引の期待を集めるPaaS
  3.1.ビジネスに貢献するアプリケーションを
  3.2.System of Engagementを実現
  3.3.PaaSをもっと身近に
4.クラウドエコシステム
  4.1.AWSのエコシステム
    図表7 AWSのパートナー階層
    図表8 AWSが提供するトレーニング
    図表9 AWSパートナープログラム参加のメリット
  4.2.エコシステム拡大の様々な手法
    4.2.1.API
    4.2.2.投資
    4.2.3.パートナープログラム~case Google
    図表10 Googleのパートナープログラムのトラック
    4.2.4.ベンダー間でも進むエコシステム拡大
    図表11 ベンダー間の連携例
  4.3.マーケットプレイス
    4.3.1.AppExchange
    4.3.2.AWS Marketplace
    4.3.3.Microsoft Azure Marketplace
    4.3.4.IBM Cloud marketplace
    4.3.5.国内ベンダーによるマーケットプレイス

Ⅲ 企業個票

5.個票一覧
  5.1.アマゾンデータサービスジャパン株式会社
    図表12 AWSのイノベーション
    図表13 AWSの価格に対する考え方
  5.2.エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
    図表14 パートナーソリューションプログラムメニュー
  5.3.株式会社IDCフロンティア
    図表15 IDCFクラウドの概念図
    図表16 IDCFクラウド ロゴマーク
  5.4.株式会社インターネットイニシアティブ
    図表17 IIJクラウドエクスチェンジサービス for Microsoft Azure, ExpressRoute提供イメージ
  5.5.株式会社セールスフォース・ドットコム
    図表18 Salesforce1Platform概念図
  5.6.株式会社日立製作所
    図表19 フェデレーテッドクラウドを実現するサービス群(概念図)
  5.7.ニフティ株式会社
    図表20 ニフティクラウド ネットワーク新機能 概要図
  5.8.日本アイ・ビー・エム株式会社
    図表21 業界業務プロファイル(2014年11月発表当時の11種類。現在も拡充中)
  5.9.日本電気株式会社
    図表22 NEC Cloud IaaSサービスラインアップ(2015年4月末現在)
  5.10.日本マイクロソフト株式会社
    図表23 ExpressRoute技術概要図
  5.11.富士通株式会社
    図表24 パブリッククラウドサービスK5概要図
    図表25 利用範囲が拡がる富士通のクラウド
    図表26 富士通のハイブリッドクラウド管理サービス概念図

Ⅳ アンケート結果の分析

6.アンケートについて
  6.1.アンケート実施内容
7.クラウドコンピューティングの利用状況
  7.1.クラウド基盤を3つに分類
    図表27 クラウドコンピューティングの分類
  7.2.2014年の利用率と利用意向
    図表28 クラウドコンピューティングの利用状況と利用意向
  7.3.2010年からの推移
    7.3.1.ITベンダーのクラウド基盤 利用率推移
    図表29 ITベンダーのクラウド基盤 利用状況推移(2010~2014)
    7.3.2.インターナル・プライベートクラウド 利用率推移
    図表30 自社クラウド基盤(インターナル)の活用
    7.3.3.エクスターナル・プライベートクラウド 利用率推移
    図表31 エクスターナル・プライベートクラウド基盤の活用
    7.3.4.パブリッククラウド 利用率推移
    図表32 パブリッククラウド基盤の活用
  7.4.利用開始時期
    7.4.1.導入年
    図表33 クラウドの累積導入企業数推移
    7.4.2.今後の希望導入年
    図表34 利用を開始する時期
  7.5.クラウドの予算動向
    7.5.1.各クラウド基盤の予算動向
    図表35 自社クラウド基盤(インターナル)の構築予算(2013、2014比較)
    図表36 エクスターナル・プライベートクラウドの構築予算(2013、2014比較)
    図表37 パブリッククラウドの利用予算(2013、2014比較)
    図表38 各種クラウドの費用感(平均、中央値、回答社数)
    図表39 インターナル、エクスターナルの構築期間(平均、中央値、回答社数)
  7.6.プライベートクラウド基盤に活用している製品・技術
    図表40 プライベートクラウドで利用している製品・技術(MA)
    図表41 プライベートクラウドで導入検討している製品・技術(MA)
  7.7.利用するエクスターナル・プライベートクラウド
    図表42 利用中のエクスターナル・プライベートクラウド(MA)
  7.8.利用するパブリッククラウド
    図表43 利用中のパブリッククラウド(MA)
    図表44 導入検討中のパブリッククラウド(MA)
  7.9.社外クラウド基盤の利用目的
    図表45 エクスターナル・プライベートクラウドの利用目的(MA)
    図表46 パブリッククラウドの利用目的(MA)
  7.10.利用中のクラウド基盤社数
    図表47 利用しているクラウド基盤社数
    図表48 業種別・売上高規模別・従業員数規模別 利用中のクラウド基盤社数
  7.11.システム間連携
    図表49 システム間連携の方法(SaaS含む)(MA)
  7.12.将来のクラウド移行割合
    図表50 将来のクラウド移行希望割合(2014)
  7.13.まとめ

Ⅴ 集計編

8.プロフィール
  8.1.業種
    8.1.1.売上高規模別 業種
    8.1.2.従業員数規模別 業種
  8.2.売上高規模
    8.2.1.業種別 売上高規模
    8.2.2.従業員数規模別 売上高規模
  8.3.従業員数規模
    8.3.1.業種別 従業員数規模
    8.3.2.売上高規模別 従業員数規模
  8.4.IT関連要員数規模
    8.4.1.業種別 IT関連要員数規模
    8.4.2.売上高規模別 IT関連要員数規模
    8.4.3.従業員数規模別 IT関連要員数規模
9.利用状況
  9.1.プライベートクラウド(自社クラウド基盤)の利用率
    9.1.1.業種別 プライベートクラウド(自社クラウド基盤)の利用率
    9.1.2.売上高規模別 プライベートクラウド(自社クラウド基盤)の利用率
    9.1.3.従業員数規模別 プライベートクラウド(自社クラウド基盤)の利用率
  9.2.プライベートクラウド(自社クラウド基盤)で活用している製品・技術(MA)
    9.2.1.業種別 プライベート(自社クラウド基盤)で活用している製品・技術(MA)
    9.2.2.売上高規模別 プライベート(自社クラウド基盤)で活用している製品・技術(MA)
    9.2.3.従業員数規模別 プライベート(自社クラウド基盤)で活用している製品・技術(MA)
  9.3.プライベートクラウド(自社クラウド基盤)の導入/導入予定時期
    9.3.1.業種別 プライベートクラウド(自社クラウド基盤)の導入/導入予定時期
    9.3.2.売上高規模別 プライベートクラウド(自社クラウド基盤)の導入/導入予定時期
    9.3.3.従業員数規模別 プライベートクラウド(自社クラウド基盤)の導入/導入予定時期
  9.4.プライベートクラウド(自社クラウド基盤)の構築予算
    9.4.1.業種別・売上高規模別・従業員数規模別 プライベートクラウド(自社クラウド基盤)の構築予算
  9.5.プライベートクラウド(自社クラウド基盤)の構築期間
    9.5.1.業種別・売上高規模別・従業員数規模別 プライベートクラウド(自社クラウド基盤)の構築期間
  9.6.エクスターナル・プライベートクラウドの利用率
    9.6.1.業種別 エクスターナル・プライベートクラウドの利用率
    9.6.2.売上高規模別 エクスターナル・プライベートクラウドの利用率
    9.6.3.従業員数規模別 エクスターナル・プライベートクラウドの利用率
  9.7.利用中/検討中のエクスターナル・プライベートクラウド(MA)
    9.7.1.業種別 利用中/検討中のエクスターナル・プライベートクラウド(MA)
    9.7.2.売上高規模別 利用中/検討中のエクスターナル・プライベートクラウド(MA)
    9.7.3.従業員数規模別 利用中/検討中のエクスターナル・プライベートクラウド(MA)
  9.8.エクスターナル・プライベートクラウドの導入/導入予定時期
    9.8.1.業種別 エクスターナル・プライベートクラウドの導入/導入予定時期
    9.8.2.売上高規模別 エクスターナル・プライベートクラウドの導入/導入予定時期
    9.8.3.従業員数規模別 エクスターナル・プライベートクラウドの導入/導入予定時期
  9.9.エクスターナル・プライベートクラウドの利用目的(MA)
    9.9.1.業種別 エクスターナル・プライベートクラウドの利用目的(MA)
    9.9.2.売上高規模別 エクスターナル・プライベートクラウドの利用目的(MA)
    9.9.3.従業員数規模別 エクスターナル・プライベートクラウドの利用目的(MA)
  9.10.エクスターナル・プライベートクラウドの利用予算
    9.10.1.業種別・売上高規模別・従業員数規模別 エクスターナル・プライベートクラウドの構築予算
  9.11.エクスターナル・プライベートクラウドの構築期間
    9.11.1.業種別・売上高規模別・従業員数規模別 エクスターナル・プライベートクラウドの構築期間
  9.12.パブリッククラウド(SaaS含まず)の利用率
    9.12.1.業種別 パブリッククラウド(SaaS含まず)の利用率
    9.12.2.売上高規模別 パブリッククラウド(SaaS含まず)の利用率
    9.12.3.従業員数規模別 パブリッククラウド(SaaS含まず)の利用率
  9.13.活用しているパブリッククラウド(SaaS含まず)
    9.13.1.業種別 活用しているパブリッククラウド(SaaS含まず)
    9.13.2.売上高規模別 活用しているパブリッククラウド(SaaS含まず)
    9.13.3.従業員数規模別 活用しているパブリッククラウド(SaaS含まず)
  9.14.パブリッククラウド(SaaS含まず)の導入/導入予定時期
    9.14.1.業種別 パブリッククラウド(SaaS含まず)の導入/導入予定時期
    9.14.2.売上高規模別 パブリッククラウド(SaaS含まず)の導入/導入予定時期
    9.14.3.従業員数規模別 パブリッククラウド(SaaS含まず)の導入/導入予定時期
  9.15.パブリッククラウド(SaaS含まず)の利用予算
    9.15.1.業種別・売上高規模別・従業員数規模別 パブリッククラウド(SaaS含まず)の利用予算
  9.16.パブリッククラウド(SaaS含まず)の利用目的(MA)
    9.16.1.業種別 パブリッククラウド(SaaS含まず)の利用目的(MA)
    9.16.2.売上高規模別 パブリッククラウド(SaaS含まず)の利用目的(MA)
    9.16.3.従業員数規模別 パブリッククラウド(SaaS含まず)の利用目的(MA)
10.その他
  10.1.利用中のクラウド基盤社数
    10.1.1.業種別・売上高規模別・従業員数規模別 利用中のクラウド基盤社数
  10.2.システム間連携の方法(SaaS含む)(MA)
    10.2.1.業種別 システム間連携の方法(SaaS含む)(MA)
    10.2.2.売上高規模別 システム間連携の方法(SaaS含む)(MA)
    10.2.3.従業員数規模別 システム間連携の方法(SaaS含む)(MA)
  10.3.全システムにおける外部クラウドサービスの将来シェア
    10.3.1.業種別 全システムにおける外部クラウドサービスの将来シェア
    10.3.2.売上高規模別 全システムにおける外部クラウドサービスの将来シェア
    10.3.3.従業員数規模別 全システムにおける外部クラウドサービスの将来シェア
ユーザー企業アンケート票

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 194,400円 (本体 180,000円 消費税 14,400円 )
定価 226,800円 (本体 210,000円 消費税 16,800円 )
定価 388,800円 (本体 360,000円 消費税 28,800円 )
定価 421,200円 (本体 390,000円 消費税 31,200円 )

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。

この資料を請求する人は、こちらも見ています

資料コード 資料名
C58106300 2016 クラウドコンピューティング(IaaS/PaaS)市場の実態と展望
C48205400 2006年版 IP電話関連機器市場
C56106100 2014 クラウドコンピューティング市場の実態と展望
C50301000 2008年版 環境ITシステム関連市場の現状と将来展望
C54108400 2012 PLM市場の実態と展望