2015年版 ASEAN化粧品マーケティング総鑑

国内化粧品市場が成熟する中、新たな成長エンジンとして期待されるASEAN5ヶ国の化粧品市場の現状を分析することを目的に企画した。

発刊日
2015/09/08
体裁
A4 / 217頁
資料コード
C57114900
PDFサイズ
3.7MB
カテゴリ

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら
(準備中)の「詳細目次」「サンプル」は、資料発刊後のご提供になります。
注1)
利用範囲:以下に限定させて頂きます。詳細はこちら
①書籍とPDFレギュラーは購入法人(代理購入の場合は利用法人)の一事業所内
②PDFコーポレートは国内の複数事業所を含む購入法人(代理購入の場合は利用法人)内
※事業所とは、経済活動が単一の経営主体のもとにおいて一区画を占めて行われる場所を指します。
注2)
PDF提供方法:マイページより、ダウンロードにて入手頂きます。詳細はこちら
注3)
提供PDFの基本仕様:「Adobe Reader 7.0以上」、「印刷・検索可」、「編集・加工及びテキスト・図(グラフ)の抽出等不可」、「しおり機能無し」。詳細はこちら
  • マーケットレポートの販売規約はこちら
  • マーケットレポート購入についてのFAQはこちら

調査資料詳細データ

調査概要
Close

調査目的:当調査は、ASEANでも先進国とされる5カ国(インドネシア、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシア)化粧品市場を調査・分析することにより、中国化粧品市場の現状把握と今後を展望することを目的とする。
調査対象国:インドネシア、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシア
調査対象化粧品市場
スキンケア化粧品⇒ 化粧水、美容液、モイスチャークリーム、乳液、洗顔料、クレンジング、パック、他
メイクアップ化粧品⇒ ファンデーション、口紅、おしろい、アイブロウ、マスカラ、アイメイクアップ、ネイルカラー、リップクリーム、ほほ紅、他
ヘアケア化粧品⇒ シャンプー(リンスインシャンプー)、ヘアトリートメント、各種スタイリング剤、ヘアリンス、ヘアカラー、他
フレグランス化粧品⇒ オーデコロン、香水
調査対象先:化粧品メーカー、小売店、政府関連部門
調査方法:直接面接調査、電話調査および店頭調査
調査期間:2015年5月~2015年9月

調査結果サマリー
Close

ASEAN主要5ヶ国化粧品市場に関する調査結果2015 
 ~個人消費の拡大を受け今後も拡大基調を予測、競争環境は激化へ~
・2014年のASEAN主要5ヶ国の化粧品市場規模は前年比106.3%の1兆490億1,700万円
・今後も国民の所得増加を背景に市場は拡大基調を予測するも、競争環境は激化

資料ポイント
Close

  • ASEAN(アセアン)5カ国(インドネシア、タイ、フィリピン、ベトナム、マレーシア)化粧品市場が1冊で理解できる必読のマーケティング・レポート
  • ASEAN5ヵ国の国別概要・基礎情報を掲載
  • ASEAN5ヶ国の総市場概況と総市場規模推移(2010~2014年)、流通ルート別市場規模(2014年)、メーカーシェア(2014年)を掲載
  • 国別の製品別市場規模推移(2010~2014年)、製品別メーカーシェア(2014年)、国別の流通ルート別市場規模(2014年)を掲載
  • 日系メーカーの展開状況を掲載
  • 日系・欧米系・韓国系メーカー40社の進出国状況リストを掲載
  • 有力メーカー9社の事例研究を実施
  • ASEAN5ヶ国の化粧品市場の今後の見通しと市場開拓のためのマーケティング戦略を分析

資料概要
Close

第Ⅰ章 ASEAN5ヶ国の化粧品市場の全貌
第Ⅱ章 ASEAN5ヶ国の国別化粧品市場分析
第Ⅲ章 有力メーカーの戦略分析
第Ⅳ章 ASEAN5ヵ国の国別概要・基礎情報

リサーチ内容

■掲載内容

調査結果のポイント

第Ⅰ章 ASEAN5ヶ国の化粧品市場の全貌

1.ASEAN5ヶ国の市場概況と総市場規模推移(2010~2014年)
  1)総市場規模推移(2010~2014年)
  2)市場概況
    (1)インドネシア
    (2)タイ
    (3)フィリピン
    (4)ベトナム
    (5)マレーシア
2.ASEAN5ヶ国の国別市場構成比(2014年)
3.ASEAN5ヶ国の国別成長率比較(2010~2014年)
4.ASEAN5ヶ国のメーカーシェア(2014年)
  1)総市場
  2)国別
5.ASEAN5ヶ国の製品別市場規模(2014年)
  1)総市場
  2)国別
6.ASEAN5ヶ国の流通ルート別市場規模(2014年)
  1)総市場
  2)国別
7.日系メーカーの展開状況
8.ASEAN5ヶ国の化粧品市場の今後の見通しと市場開拓のためのマーケティング戦略
  1)ASEAN5ヶ国の化粧品市場の今後の見通し
  2)市場開拓へむけてのマーケティング戦略
    (1)訴求ポイントは‘美白’‘安全・安心’‘高品質’‘TOKYO発’
    (2)認知度の向上(PR・販促・広告宣伝)
    (3)流通パートナーの活用
    (4)所得層別にあわせた製品展開
    (5)BOP層へのアプローチ
    (6)ハラールへの対応
9.有力メーカー参入状況一覧(40社)

第Ⅱ章 ASEAN5ヶ国の国別化粧品市場分析

[インドネシア編]
1.市場沿革
2.市場規模推移(2010~2014年)
  1)総市場
  2)製品別市場
    (1)製品別総市場
    (2)スキンケア市場
    (3)メイクアップ市場
    (4)ヘアケア市場
    (5)フレグランス市場
3.市場概況
4.外資系メーカーのマーケティング戦略
  1)生産戦略・製品戦略
  2)流通戦略・プロモーション戦略
5.メーカーシェア(2014年)
  1)総市場
  2)スキンケア市場
  3)メイクアップ市場
  4)ヘアケア市場
  5)フレグランス市場
6.流通ルート別市場規模(2014年)
7.今後の展望
  1)美白化粧品の需要拡大
  2)自然派化粧品の需要拡大
  3)ハラール化粧品ブランドの増加

[タイ編]
1.市場沿革
2.市場規模推移(2010~2014年)
  1)総市場
  2)製品別市場
    (1)製品別総市場
    (2)スキンケア市場
    (3)メイクアップ市場
    (4)ヘアケア市場
    (5)フレグランス市場
3.市場概況
4.外資系メーカーのマーケティング戦略
  1)生産戦略・製品戦略
  2)流通戦略・プロモーション戦略
5.メーカーシェア(2014年)
  1)総市場
  2)スキンケア市場
  3)メイクアップ市場
  4)ヘアケア市場
  5)フレグランス市場
6.流通ルート別市場規模(2014年)
7.今後の展望
  1)美白化粧品の需要拡大
  2)男性用化粧品ブランドの増加
  3)HM、CVSなど組織小売業ルートの拡大

[フィリピン編]
1.市場沿革
2.市場規模推移(2010~2014年)
  1)総市場
  2)製品別市場
    (1)製品別総市場
    (2)スキンケア市場
    (3)メイクアップ市場
    (4)ヘアケア市場
    (5)フレグランス市場
3.市場概況
4.外資系メーカーのマーケティング戦略
  1)生産戦略・製品戦略
  2)流通戦略・プロモーション戦略
5.メーカーシェア(2014年)
  1)総市場
  2)スキンケア市場
  3)メイクアップ市場
  4)ヘアケア市場
  5)フレグランス市場
6.流通ルート別市場規模(2014年)
7.今後の展望
  1)美白化粧品の需要拡大
  2)BOP層へアプローチするブランドの増加
  3)ドラッグストアや組織小売業ルートの拡大

[ベトナム編]
1.市場沿革
2.市場規模推移(2010~2014年)
  1)総市場
  2)製品別市場
    (1)製品別総市場
    (2)スキンケア市場
    (3)メイクアップ市場
    (4)ヘアケア市場
    (5)フレグランス市場
3.市場概況
4.外資系メーカーのマーケティング戦略
  1)生産戦略・製品戦略
  2)流通戦略・プロモーション戦略
5.メーカーシェア(2014年)
  1)総市場
  2)スキンケア市場
  3)メイクアップ市場
  4)ヘアケア市場
  5)フレグランス市場
6.流通ルート別市場規模(2014年)
7.今後の展望
  1)美白化粧品・UVケア製品の需要拡大
  2)マス向けブランドの拡大
  3)ドラッグストアや組織小売業ルートの拡大

[マレーシア編]
1.市場沿革
2.市場規模推移(2010~2014年)
  1)総市場
  2)製品別市場
    (1)製品別総市場
    (2)スキンケア市場
    (3)メイクアップ市場
    (4)ヘアケア市場
    (5)フレグランス市場
3.市場概況
4.外資系メーカーのマーケティング戦略
  1)生産戦略・製品戦略
  2)流通戦略・プロモーション戦略
5.メーカーシェア(2014年)
  1)総市場
  2)スキンケア市場
  3)メイクアップ市場
  4)ヘアケア市場
  5)フレグランス市場
6.流通ルート別市場規模(2014年)
7.今後の展望
  1)高級化粧品の需要拡大
  2)自然派化粧品の需要拡大
  3)民族毎にターゲットを絞ったブランドの増加

第Ⅲ章 有力メーカーの戦略分析

花王
カネボウ化粧品
コーセー
資生堂
ピー・アンド・ジー(P&G)
マンダム
ユニリーバ(Unilever N.V./Unilever PLC)
ロート製薬
ロレアル(L'Oréal)

第Ⅳ章 ASEAN5ヵ国の国別概要・基礎情報

1.ASEAN5ヶ国別概要一覧
2.ASEAN5ヶ国における経済動向
  1)実質GDP成長率推移
  2)名目GDP推移
  3)1人あたり名目GDP比較
  4)貿易収支
3.ASEAN5ヶ国における人口動態
  1)総人口推移
  2)国別人口推移

購入商品を選択し「購入申込」ボタンをクリックしてください。

165,000
150,000
15,000
165,000
150,000
15,000
198,000
180,000
18,000
330,000
300,000
30,000
363,000
330,000
33,000

※セット価格は、同一購入者の方が書籍とPDFの両方を同時にご購入いただく場合の特別価格です。

書籍のみをご注文される方は、FAXまたはメールにてご注文頂けます。申込書はこちら

このレポートの関連情報やさらに詳しい情報についての調査を検討したい

矢野経済研究所では、個別のクライアント様からの調査も承っております。
マーケティングや経営課題の抽出、リサーチの企画設計・実施、調査結果に基づく具体的な戦略立案・実行支援に至るまで、課題解決に向けた全ての段階において、クライアント企業をトータルでサポート致します。
詳細は、受託調査・コンサルティングのご案内をご覧ください。